真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

                                 2/2 2/3 2/4 2/5 2/6 2/7

2月2日 Surprise!!
 昨日、近所のスーパー(某 清水フード大学前店)に買い物に行ったときのこと。
 夕方だったので、駐車場が無茶苦茶混んでいて、駐車スペースが無かったのだよ。んで、そんな中、駐車スペース発見!!
 と思ったら、1台の軽自動車が枠をまたいで駐車してた。要は1台で2台分のスペースを使ってたわけで。
 しかもその車の中で、大学生(と思われる)のカップルがキスしてやがるんですけど!!ちなみに言っておくが、夕方と言ってもまだ明るいです、ええ。
 まぁ、キスだけなら別にいいんだけど、明らかに男の手が女の子の胸を触っていて、これから長くなりそうだったので、クラクションならして、ありったけの笑顔でアイコンタクトを送ってあげた。(世間では「ガンを飛ばす」とも言う)
 こっちがサングラスかけていたんでアイコンタクトがわかってもらえるか疑問だったが、慌ててエンジンをかけるとすごいスピードでスーパーから出ていきましたとさ。
 別にイチャつくのはお前らの勝手だが、時と場所には気を使って欲しいものだ。
 というか、ブサイクなカップルほど公衆の面前でイチャつきたがるのは何か理由でもあるのか?

 今日の「忍風戦隊ハリケンジャー」
 サンダール、キタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!
 「見せてもらおうか、地球忍者のカラクリ巨人の性能とやらを」
 「当たらなければ、どうということはない」

 嗚呼、まさしくこれは、
 ♪ビーム輝く フラッシュバックに 奴の影 シャア シャア シャア♪(「シャアが来る」)
 しかもニュースキャスター役が島田敏。サタラクラの声の人、っていうか、パプティマス・シロッコ
 ハリケンスタッフ、やりすぎです。

 今日大学に来てみたら、ある先輩からメールがきていた。ヲヤ、珍しい。
 そーいえば、2,3日前にはある後輩がフラっと研究室に遊びにきたし、昨日は研究室の同期から突然電話があって、1時間に渡って雑談したし。
 アレ?こんだけ重なるって何かあるのか?
 ひょっとしてウルトラサイン?(←古っ!!)

2月3日 現実を見つめるのが吉

 今日は節分ですな。無論、オレは撒くけどね、豆。
 そうそう、今はスーパーに行っても大豆よりも落花生のほうが幅を利かせているのだねぇ。なんか風情って点でいくと落花生を投げるのは無茶苦茶無粋な気がするのだけど。
 つーか、落花生じゃ痛いだろ、鬼さんが。(←鬼さん?)
 節分と言えば、「恵方巻」ってのも最近は全国的なブームらしいっす。
 その年の良い方角(今年は南南東だとか)を向いて、切っていない太巻きを無言で一気に食い尽くすというお年寄りにはオススメできないカンジの行事。
 元は関西が発祥のようだけど。

 そうそう、今日から新潟で行われるスガシカオLiveの先行予約が開始だったので、申し込んできた。(余談だが、デスク周辺のカレンダーに忘れないようにメモっておいたのだが、「スガシカオLIVE先攻受付」って書いてあった・・・。バカか?オレ)
 1人2枚まで、だったので2枚申し込もうかと思ったけど、結局1枚だけ予約。
 ヤフオクにでも出せば、1枚5250円のチケットが確実に1万超えるだろーなー、とか思ったものの、何となくそーいう不純な動機でチケット取るのは気が引けてね。
 やっぱり、好きなアーティストのLiveには正規の料金で買ったチケットで行ってこそ楽しめるだろうし、多くの人にチケットが行き渡るほうがいいし。
 なーんて、書いてるオレ自身、先行予約受付でチケットが入手できるとは限らず、今は神頼みの心境だけど。
 あ、やっぱり2枚取ればよかったかなぁ。
 「あのさ、Liveのチケットが手に入ったんだけど、オレと一緒に行かない?」
 「あ、スガシカオのLiveだー。私行きたかったんだ。(はあと)」

 みたいな事が無いとは言えない訳で・・・。
 ・・・。無いよな、やっぱ。

2月4日 「餓狼伝」と「全日本妹選手権!!」が読めるのは「アッパーズ」だけ!!

 今日、朝日新聞のTV番組に対する読者投稿で「千と千尋の神隠し」についての投稿があったのだが、
 「鮮やかな色彩で楽しめました」
 みたいなコトが書いてあったんだけど、「鮮やかな色彩」=「画面が赤い」ってこと?

 祝!!福本清三先生、東映残留。
 実は昨日が先生の60歳の誕生日だったのだが、東映社員な先生にとって、それは退職を意味する。
 というわけで、ファンはドキドキしていたのだが、先生のHPとして有名な「名脇役・福本清三」情報では東映に籍を置いて俳優活動を続けられるということ。
 今後がどうなるのかはわからないが、とりあえずよかった。
 しかし、こーなると、「嘱託斬られ役者」ってコトになるのだろうか?
 ちなみに先生は今はハリウッド映画の「ラスト・サムライ」撮影のためにニュージーランドにいるのだが、昨日の誕生日に放送された「八丁堀の七人」では「飲み屋のツケ2両を踏み倒そうとイチャモンをつけるものの、マゲを青山様(村上弘明)に斬られてパニくる街のゴロつき」で登場。嗚呼、すばらしい。

 今週から「ヤングマガジンアッパーズ」「バジリスク」ってマンガが連載になった。
 実は山田風太郎の「甲賀忍法帖」のマンガ化なのだが。(作画は、せがわまさき。オレはまったく知らんマンガ家のだが。「鬼斬り十蔵」ってマンガを描いてたらしい)
 何で今ごろ?って気もするが、「魔界転生」は映画化されるし、「甲賀忍法帖」も映画化のウワサがあるのでマンガ化されることになったんだろうか?
 まぁ、見た印象としては原作に忠実。つーか、石川賢がやりすぎ(「魔界転生」、「柳生十兵衛、死す」)。
 気になったのは家康の前で忍者装束の服部半蔵(確かに忍者だが、武士と言うか官僚だと思うのだが、当時の服部半蔵)とアゴに金○袋がついたような顔の家康。つーか、忍者よりも異形。
 とりあえず興味のある方はご一読を。でも、小説で読むほうが面白いと思うんだけどなぁ、「甲賀忍法帖」は。
 しっかし、連載マンガの燃え萌えの2極化が激しいですな、「アッパーズ」。

2月5日 「黄色い悪魔」画像無いかなぁ?壁紙にしたい・・・。

 バリアフリーマンがいるのに「アイドル超人」とはどーいうコトだとゆでを小1時間(略)。

 「僕の生きる道」にすっかりハマって余韻に浸ってる時に草なぎ画伯のボブ・サップは反則。
 個人的には「黄色い悪魔」(ピカチュウ)がツボ。つーか、あの絵は好きだよ、ピカチュウに似てるかどうかはともかく。
 しかし、アレでも企画開始当初に比べれば上手くなってきてるんだよなぁ、草なぎ。

 「シャア専用ポータル」見てたら、見つけたストラップ
 けっこう、アリかな?ちょっと緑が鮮やか過ぎるのがマイナスだが。
 しかし、コレ作ったヤツはわかってねーなー。シャア専用モデル出せよ!!具体的には赤いヤツ。そしたら買うのに。
 つーか、ジョニー・ライデンモデルとかシン・マツナガモデルのほうが見栄えはよさそうだけどね。
 でもシールドで売り出せそうなのはザクだけかなぁ。ガンダムシールドはジムと同じだし、グフとかゲルググのシールドはインパクト無いし。
 シールドにインパクトのあるモビルスーツか・・・。
 ・・・。ギャン?

2月6日 記憶力がいい上司も、記憶力が無い上司もやりにくいっすよね、体験談ですが

 今日、鈴木君とディスカッションしてた時の事。
 ある実験方法について、大元となった論文を大学の図書館に検索してもらったら、「『どこの大学・研究所にも存在しなくて、国会図書館で調べても無かったので国内には存在しないようです』って回答されました」って報告したら、鈴木君が一言。
 「ウチの部屋にあるよ」
  _, ._
( ゚ Д゚)エッ

 確かにあったさ、部屋の隅っこの本棚のすごい下のほうに欲しかった論文が掲載されてる本がボロボロなカンジで。(ボロボロなのは仕方ないけど。29年前の雑誌だし)
 灯台下暗し。なんだったんだ?7Days。(←古っ!!つーか、バービーボーイズの曲が元ネタだと何人がわかったのやら)
 
 そうそう、明日から第六回ガンダムファイトに出発なので更新は微妙。
 明日は午前中に終わる(予定)の実験次第。土曜は確実に×。日曜は更新予定。
 研究室の面子は知ってるが、鈴木君には「スキーと麻雀しに行ってきます」とは言いにくいので言ってない。なんで、15時頃に気配を残さず消える予定。
 ちなみに罰ゲーム用アイテムはmarvelous(驚くべき、信じられない、ステキな)なカンジのモノを用意。
 他の奴らが何を用意してるのかは謎だが、今回は「not 100」方式なだけに今まで以上の修羅場が予想される。
 ちなみにオレの用意したもののキーワードは「和」(一部は値段のあまりの安さと外見の胡散臭さで買ったのでコンセプト外だが) 

2月7日 映画製作はバクチだが、「北京原人」や「RED SHADOW 赤影」を作るのは最初っから負けだと思うぞ、東映!!

 ども、GF直前で実験も手につかないカンジのこちんぴです。
 M2は来週の修論発表の準備で大変だし、4年生は来週の卒論提出で大変なワケだが、そんな中、スキーなんで何となく心苦しいのだが。(ホント、みんなゴメンよ)
 
 そーいえば、ホントだったのね、「甲賀忍法帖」映画化。
 だいぶ前にネットで情報だけは見たんだけど、こうなると確定ですな。まぁ、角川書店から文庫が再版されたり、「ヤングマガジンアッパーズ」で「バジリスク」ってタイトルでマンガ化されたりしたんでネタじゃなくてマジだとは思ったけど。
 しかも監督は本木克英ですか。富山県出身の監督なんでがんばって欲しいが、この人、今までコメディー作品しか監督してないハズなんだけど・・・。
 しかし、こーやってみるとずいぶんバクチでないですか?松竹。
 「八犬伝」はおそらく薬師丸ひろ子主演だった「里見八犬伝」のリメイクだと思われる(ウワサは「甲賀忍法帖」のウワサと同時期ぐらいからあった)し、宇多田ヒカルのダンナが監督な「新造人間キャシャーン」と北野武監督・主演の「座頭市」
 そして、未だに続編作るのね、「ウルトラマンコスモス」・・・。