真・こちんぴ雑記帳

                       10/11 10/13 10/16

10月11日 今週、来週も普通に忙しいんだよな、今月
 仕事のほうだが、先週の金曜日に会社の大トラブルも何とか解消。
 8時半に出社して、会社出たの23時前だったけどな。無論、晩飯抜き。
 昨日は1日ほぼ死んだように家で突っ伏していた。厳密には日中にジムにトレーニングに行ったが、体がすっげぇ重かった。
 今日も本調子とは言えないが、多少マシになった。
 ちなみに現時点で今月の残業時間は30時間超えている。流石にこのペース(月100時間)は無いが、60時間超すはありそうだ。今週の土曜日も出勤だし。

10月13日 映画館までは自宅から1時間かかるので、仕事帰りに行こうって気にはならない

 こんな記事があったので、またまたぁ、とか思いつつ、富山にあるTOHOシネマのページを開いた。
 まず、この状態にビックリ。

 

 何だ?この鬼滅シフト。
 今回の無限列車編にかけて、「田舎の列車ダイヤよりも密」というハナシもネット上では出ていたようだが、ウチのほうも日中は1時間に1本電車が来るかどうかレベルなので、この上映ペースは列車より密だわ。
 ちなみに「鬼滅の刃」上映までは1席飛ばしの予約しか出来ないのだが、「鬼滅の刃」公開日から3日間は全席販売。完全に映画館は「全集中 金の呼吸 集客の型」発動ですよ。
 そして富山県ですら、今日の時点でかなり予約が怪しい。
 オレは公開初日は当然仕事だし、翌日の土曜日も仕事なので、18日の日曜日狙い。18日の予約状況が上の画像で、コレで見るとまだまだ余裕っぽいが、いい感じの上映時間回は今日の時点で半分以上の入りになっている。
 真ん中あたりの列は軒並み完売。完全に密じゃないですか!
 なお、土曜日の舞台挨拶回はすでに売り切れ。16,17も確認したが、富山ですらいくつかの枠はすでに残り僅かを示す△マークになっていた。
 それにしても、ここまで化けるアニメになるとは思わなかったなぁ。漫画の方は全く読んでいないので、普通にいつものクール通り、「初回を録画→とりあえず見る→面白かったら録画継続」の流れで見たというのに。
 まぁ、劇場版を見に行こうか、と思うだけでも珍しいのだが、それにしたってタイミングが良かったとしか。深夜アニメあるあるだが、評判が良くても2期や映画化でタイミングを逸して盛り上がりを逃すパターンが大半なので。

10月16日 もうお歳暮カタログが届くような時期なんだな

 オレはお中元とお歳暮を贈るのに伊勢丹のHPを利用している。
 で、お歳暮カタログが今日届いたので見ていたらこんなのが。

 

 ( ゚д゚)・・・。
 誰が贈るんだろう?そして誰がもらうんだろう?全く理解できん。
 そしてオレ自身もどうしたらいいもんか悩むことが。
 お中元・お歳暮は大学時代の恩師2人と出身研究室に贈っている。
 恩師2人は特に悩むところはない。問題は出身研究室のほう。
 例年、お中元にはアイスクリーム、お歳暮にはビールと決めている。
 お中元は学生時代にもらうと嬉しかったのはアイスクリームだったから。その頃は研究室にはエアコンが無く、涼をとるのはお茶台の近くの扇風機か、実験用低温庫(5℃)しかなく、クソ暑い中、アイスクリームが来るとテンション上がったので。今の学生さんはどうなのかわからんが。
 お歳暮は研究室がそういう部屋だったのでOBからハム・ソーセージが大量に届くので、それで研究室で忘年会をするのが毎年恒例だったから、その時に消費されるであろうビールを。実際、幹事をやると食い物はふんだんにあるが、酒代が意外とかさむ印象があった。
 で、今年。
 コロナ禍で例年通りの忘年会なんかやるんだろうか?ちなみにウチの会社は忘年会中止の通達がつい最近あった
 忘年会も無いのにビールを贈るのも何だかなぁ、という気はする。とはいえ、今の時期に研究室に「忘年会やりますか?」と聞くのも野暮だよねぇ。