真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

                                 2/9 2/10 2/11 2/12 2/13 2/14 2/15

2月9日 「大きいお友達」は大喜び?
 秘宝館を更新したのとすさまじく体調不良なので更新は簡単に。
 とりあえず、気になったことだけ。
 家に帰ってきて新聞読んでたら今週の「週刊現代」(だったと思う)の広告が出てて、
 「『忍風戦隊ハリケンジャー』、悪の女幹部ヌードグラビア」
 って見出しがあった。顔写真だと、どーも、ウエンディーヌ様が脱いだ模様。
 今日が番組最終回だったのに、いきなりですか。
 そういえば、去年の今ごろは「百獣戦隊ガオレンジャー」の悪の幹部、ツエツエ様熟女ヌード披露してたな、番組終了後すぐに。
 なんとなくイメージは大切にしてもらいたいものですな。

2月10日 矢文をくれた方には矢文でお返し

 今日、突然、研究室の先輩が遊びにきた。「ひなた」氏、と書くとわかる人も多いかと思うのだが。
 何でも、急に有休が取れたので唐突に札幌雪祭りが見たくなり、名古屋から飛行機で札幌へ。んで、突然、研究室に立ち寄りたくなって飛行機で新潟へ。
 ちなみに今日、新潟に来るのはまったくアポなし。
 会うのは2年ぶりぐらいのハズなのだけど、全然変わってないですな。
 そうそう、研究室の同期にひなた氏が来たことをメールで知らせたら返事がきた。
 「私は今、札幌雪祭りに来てるよー!!ドラえもんの雪像の前で写真撮っちゃった」
 ・・・。恐るべし、札幌雪祭り。

 (余談だが、ひなた氏に「HP見てるけど書き込みしにくくてさ」と言われた。やっぱ、固定メンツが多いBBSってのは書き込みしにくいものなのだろうか?管理人としてはまったく知らない人からBBSに書き込みがあると「ひゃっほーう」と叫んで律動体操したいぐらいに嬉しいので、お気軽にカキコしていただけると幸い)

 研究室がらみといえば、こないだの金曜にスキーに行く前にアパートに荷物を取りに戻ったらハガキがきてた。
 誰からかなー?と思ったら最近、音信不通だった研究室の同期。(雪祭りに行ってる人とは別人)
 ハガキに簡単なコメントと可愛い女の子のイラストが書いてあったのだが、あのイラストは本人のつもりなのだろうか?微妙に似てたけど、本人だったらJAROに電話なカンジ。
 というわけで、昨日の夜は彼女宛に手紙を書いていた。
 まぁ、手紙、っていってもラブレターなわけもなく、ただの近況報告だけど。
 メールをくれた人にはメール、電話をくれた人には電話、手紙をくれた人には手紙で返すのがオレの流儀。
 なので、乱文・乱筆にもかかわらずがんばって書いたさ、手紙を。
 パソコンと違って文章校正するには書き直さなきゃいけないし、漢字はすぐに思い出せないけどさ。
 でもメールとか電話に比べると手紙が1番嬉しいんだよね、もらった時に。
 なんかその人の個性っていうか、パーソナリティーが出てるカンジがして。

 しっかし、ここ2週間ばかり立て続けに連絡をとっていなかった人たちが現れたり、連絡くれたりするのだが何かあるのだろうか?
 これで前の会社の同期とか、昔の同級生とか、好きだった女の子とか、そんなカンジの人たちが急に現れたりしたら・・・。
 ((;゚Д゚)ガクガクブルブル。何かあるんですか、オレの身に・・・。

2月11日 時代劇でお勉強

 頭痛が痛い。
 つーか、鈍痛と悪寒と胃の不快感と全身の倦怠感が慢性的に続く今日この頃。
 寝れば治ると思って昨日は21:30に寝たものの、夜中の3時に妙な夢を見て目が覚めてしまうし。(夢の内容はいろんな人に差し障りがあるので激しくヒミツだ)
 こんな時にインフルエンザウイルスと接触するような事があったら確実に殺られますな。

 んで、そんな中、午前中に部屋の掃除をした後、部屋でぶっ倒れてたワケなのだが、TVで「長七郎江戸日記」の再放送をやっていたので見た。
 嗚呼、やっぱカッコいいよ、長七郎。
 ストーリー的にはオチがすっかりわかるけども。だって、役者さんみると誰が悪なのか一目瞭然だし。
 そうそう、悪役の1人が「あの2人は相対死(あいたいじに)ということで報告しますので」とか言ってたが、これは心中の間違いだな。
 「長七郎江戸日記」は3代将軍家光の時代。んで、相対死って言葉は8代将軍吉宗(暴れん坊将軍)の治世に南町奉行の大岡越前守忠相が心中って言葉を嫌って作った造語。(人形浄瑠璃で心中モノがはやったせいで、「心中」って言葉のイメージがよく、当時の江戸で心中者が多かったので言い換えさせた。また、「心中」という文字を組み合わせると「忠」になるのも、「忠」という言葉のイメージを汚す、という事で言い換えさせるようにした、というハナシもある)ってことで、時代考証的には間違い。
 なーんてことに気付きながら時代劇を見る、ってのも日本史的な観点で面白いかもなぁ、と思ったり。

2月12日 明後日は「もののけ姫」放送

 今年の大河の主役、市川新之助に隠し子発覚らしいっす。
 数年前には市川染五郎も隠し子騒動で騒がれたけど、梨園に隠し子はつきものなんですか?

 さて、本題。
 「千と千尋の神隠し」が米アカデミー賞の長編アニメ部門にノミネートされたねぇ。
 下馬評ではガチガチの大本命らしいのだが、そんなに面白いアニメだったの?オレはこないだのTV放送も見ていないし、無論、劇場にも行ってないので内容はわかんないけど。
 ただ、取るだろうねぇ、アカデミー賞。海外のアニメのクオリティーは日本に比べて高いとはいえないし。
 海外では画面が赤くないし。
 私論だが、ジブリ作品だけど、日本のアニメ業界(というか邦画としても)でズバ抜けた巨額の制作費と宣伝費をつぎ込んで作っておいて「空前の大ヒット」というのは何だかなぁ、という気がする。
 正直なハナシ、「宮崎駿のアニメ」と「その他のアニメ」との世間(特に「アニメ」=「低俗なもの」と思ってる人々)の認識の差が非常に歯痒いというか。
 例えば、ジブリ作品は「金曜ロードショー」で何度も放送されるけど、劇場版「クレヨンしんちゃん」は基本的にはクレしん放送枠でスペシャル版として1回だけ放送。間違っても「日曜洋画劇場」じゃ放送なんてしない。
 別に放送局が違うから、ってワケじゃなくて、日テレ系アニメで言うと「名探偵コナン」の劇場版も本放送枠でスペシャルとして放送するだけ。
 どーしてそんなにジブリだけは優遇されるのだ?
 実際に視聴率がアホみたいに取れるらしいんだけどさ、ジブリ作品。でも、例えばゴールデンタイムで「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙」とか放送しても結構な数字を取るんじゃないのか?と思うわけで。
 幼女〜少女が主人公だったり、役者やタレントにヘタクソなアフレコさせたり監督が「引退宣言→撤回」を繰り返したりするからなのか?
 以上、何となく世間に蔓延する「ジブリのアニメだけは別格」みたいな雰囲気に激しく嫌悪感を感じるオレの独り言でした。

2月13日 城島リーダーからはジャニーズなオーラを感じないのだが、アイドルとしてOKなのか?

 どーしても大学にパソコンがあって、アパートで更新できないために鮮度が落ちるのだが、昨日のTVネタを。
 昨日の「歌の大辞テン」、1番ツボだったのは「『Resistance』を歌うTM Network」でも「『ガラスの十代』を歌う、なぜか上半身裸の光GENJI」でも、「『恋人はワイン色』を歌うCHAGE&ASKA(まだCHAGEに髪がある!!)」でもなく、「鏡の中のアクトレス」(11位)が聴けた事。
 結構、好きだったのだよ、あの曲。たしか、アニメ「きまぐれ☆オレンジロード」主題歌じゃなかったっけ?(こういうときにMXさえ使えれば・・・。誰か持ってない?)
 しっかし、ビビアンの「翔べ!ガンダム」批判にブチ切れた1st世代はどれぐらいいたんだろう・・・。

 今朝のワイドショー、当然のように「市川新之助、隠し子発覚」がトップニュース。
 それにしても、世間(というか、ワイドショーのバカコメンテイター)はどーして歌舞伎界には甘いんだ?
 オヅラ小倉なんか、「いやぁ、25歳とは思えない堂々とした会見で、さすが武蔵ですねぇ」なんてアホなことを言ってたが。
 オレから見ると、数年間付き合ってて、子供も出来て、認知もしておいて「彼女とは結婚する気はありません」ってのはどーいうことだ?って思うわけで。
 その程度の恋愛感情しかないのにずーっと付き合ってたってこと?それとも「家の格」みたいなもんが原因で結婚しないの?
 どうも伝統芸能な人々の考えはよくわからないのだが、こーいうニュースを見てると、「嗚呼、ウチらみたいな庶民とは別次元にいるのかなぁ」とは思うね。
 そうそう、新之助の武蔵だが、いつ見ても大仁田厚を連想するのはオレだけか?

 今朝、「TVガイド」見たら載ってたんだが、「はぐれ刑事純情派」スペシャルで城島リーダー復活ですか。
 4年ぶりの復活らしいんだが、リーダーが出ていたときはたまに見ていたんで、何となく感慨深い。(ケイン以降はぜんぜん見てない。だって、ケインの演技がツラいんだもの
 少なくとも、吉田栄作とか、西島秀俊とか、ケインとか賀集に比べりゃ、安っさん(藤田まこと)の相棒なカンジが強いね、リーダー。
 たしか、安っさんの娘と恋人だったんだが、警部補に昇進して離島にある警察署勤務になって、番組卒業だったんだよな、リーダー。
 で、今回の役どころ。
 離島の警察署から戻ってきて、殉職
 嗚呼、リーダー・・・。

2月14日 「バレンタイン」で真っ先に思い出すのは元ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタイン・・・。

 今日はバレンタインデーなのだが激しくどーでもいいや。ぶっちゃけ、オレは甘いもの好きだが、チョコはそんなに好きじゃないので。
 まぁ、大学に来て自分のデスクの引出しを何気に開けてみたり、お昼ご飯にチョコパン買ったりしたけどさ。
 嗚呼、まったく気にしてないさ。気にしてないとも。
 。・゚・(ノД`)・゚・。

 さて、話題を変える。
 バービーボーイズ復活だそうです。
 なんでも3日限りの復活で、Epicソニーのライブイベント参加が目的。
 朝のニュースで見た時には思わず部屋で叫ぶほどビックリしたのだが、正直なハナシ、バービー復活で盛り上がれそうなのはオレ(26歳)が下限ですかねぇ?つーか、オレより下の世代はわかるのだろうか?
 ちなみに、他のライブ参加メンバーは、大江千里・大沢誉志幸・小比類巻かほる・佐野元春・鈴木聖美・鈴木雅之・TM NETWORK・THE MODS・渡辺美里。んで、これにバービーボーイズ。
 嗚呼、80年代後半〜90年代前半にある程度の年齢だった人的には超豪華メンバー。つーか、すさまじく行きてーな、ライブ。
 つーか、2/22の代々木第一体育館のチケットがけっこうヤフオクで出回ってんだよなぁ、今調べたら。
 「じゃぱんまねーぷっしゅ」が出来た社会人時代なら確実に行ってると思うが・・・。

2月15日 愛について

 昨日のバレンタインデーにウチの研究室は飲み会をやったんだが、最後までグダグダ残っていたらいつのまにやら恋愛話になっていた。
 実はオレ自身、恋愛話をするのが好きではない、つーかキライだったりする。
 なんつーか、こっぱずかしさ、とでも言えばいいんだろうか?そーいうのがあってね。
 どうも、保守的というか古風というか、あんまり人にベラベラと恋愛観や恋愛経験を言うのはイヤなのだよ。(酔った時とか、失恋時にグダグダな時は除く)
 まぁ、そーいうわけで、いつの間にやらアパートに帰ったわけだが、なんとなく、オレの恋愛観をいい機会(?)なんでHPに書いてみる。

 オレ自身は「一目ぼれ」ってのには経験が無い。
 「あ、あの娘、可愛いなぁ」とかそーいうのは日常茶飯事だが、そんなのは一瞬の感情なだけで、ずーっと続くモンでもないし。
 どうも、ある人と知り合ったとして、その人の性格とか内面的なものがわかってこないとピンとこないようだ。なんで、自分の気持ちに気がつくまでにすっごく時間がかかる。
 んで、よく「価値観の同じ人と付き合いたい」とか言うね。離婚の時とかも「価値観が違ってた」なーんて芸能人がインタビューに答えたり。
 同じ価値観の人と付き合うってのは面白いのか?と思うわけで。
 まぁ、ある程度基礎的な部分は同じであって欲しいけど、別の価値観の人と出会って、自分の知らなかったモノの見方に対して、いろいろと想う、ってのも恋愛要素じゃねーのかなぁ、と思う。
 次は概念的なことじゃなくて、もう少しイメージしやすいハナシ。
 どうも過去の少ない経験を思い返すと、「常識のある人」ってのが好きらしい。
 ここでいう、「常識」ってのはアタマの賢さとか、そーいう事じゃなくて、なんて言うか、人間としての常識、とでも言えばいいのかねぇ?
 例えば一緒にいて、「オイオイ、そんな事も気がつかないのかよ!!」みたいなコトがあるとグッとひくほうなので。なんていうか、「場の雰囲気」みたいなものを察する事のできる人にひかれるわけで。
 みんなが気付いていない事に気がついたり、ちょっとしたことをちゃんとやれるような人とか、さりげない気配りの出来そうな人に好意を持つようだ。
 自分で言うのもなんだが、以外に細かい事に目が行くのだよ、オレ自身が。なんで、それ以上に細やかな人にすっごくひかれる。
 慎ましやかで細かい事に気がつく人が理想なんだが、そーいうタイプが好みのオレはやっぱり古風というか、「昔の人」ってカンジなのかも。
 恋愛に対する感覚もどうも堅いしな。
 
 でも、「好きだ」と思った相手には必ず恋人がいるという罠。
 つーか、周りの男で彼女のいないヤツは大勢いるが、彼氏のいない女の子には出会ったことが無いのですが仕様ですか?

 んで、昨日、後輩が言った、名(迷?)言。
 「オンナを何で選ぶかっていったら、『顔』か『カラダ』じゃないですか?」
 Σ(゚Д゚;エー。セメテ「『顔』と『性格』」ッテ言エヨ。