真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

                                 5/18 5/19 5/20 5/21 5/22 5/23 5/24

5月18日 大切な人との出会いは難しく、そしてその機会は偶然によって支配されてる気がする
 昨日、社会時代の同期からすさまじく久しぶりに携帯にメールが届いた。どうもメアドを変えたらしい。
 会社を辞めて以降、すっかり疎遠になっちまって、最近じゃ音信不通だったので嬉しかったり戸惑ったり。つーか、会社にいた頃は同期同士仲が良かったんだが、辞めて以降は同期な人々とは全然交流が無い訳で。(まぁ、寂しい反面、そんなもんかなぁ、って気がすごくするけど)
 んで、近況報告などを聞いたわけだが、さすがに辞めて1年以上経過するとイロイロ変わるねぇ。
 なんか社会人らしいなぁ、とか思うと同時に、何となく「置いていかれた」感も強かったり。
 まぁ、コレは昔の同級生や先輩・後輩と久しぶりに連絡とっても感じることだけどね。こっちは相変わらず、「おきらくごくらく」(by 「ウゴウゴルーガ」)が座右の銘な学生さんだが、周りのみんなはすっかり社会人モードで、疎遠にもなるし、久々に合うと違和感を感じることも多々。
 特に今の年になると、そこかしこから恋愛話や「結婚します(しました)」やら、「子供が生まれました(生まれます)」やら、「なんか、もう1人じゃないもんね」みたいな雰囲気がスカラー波並みに押し寄せてきて、正直、祝福7割、「うわぁ、大丈夫なのか?オレ」って焦りが3割。僻みが少々。
 なんて言うか、社会的な立場的にも、人間性的にも「周りは偉い人ばかり」な心境。そーなるとこっちも気軽に連絡取れないしさ。
 
 つーか、こんな事を書くのも今が精神的におかしいからかもしれないけど。
 前々から言ってるようにオレ自身は他の人に比べて躁鬱の気が激しい。ちょっとしたことですぐに浮かれるし、ちょっとしたことですぐに萎える。
 で、今は完璧に鬱状態。はっきり言って無気力な事この上ない。例えば、スポーツジムに行かなきゃ、とか思うわけだがカラダが重くて行く気力がわかなかったり、映画を見るのも面倒になって見ないままビデオの返却日になったり、読みかけの小説を読む気力がわかなかったり。
 惰性で行えるものは別に問題無いんだが、ちょっとでもアタマやカラダを使う事はやろうとするとやる気がしないし、無理にやるとドっと疲れる。
 かといってずーっと鬱かといえばそうじゃなくて、急にハイになることもある。極端な事を言うと、車を運転してて、好みの女の子を見ただけで車内で「ひゃっほーう!!」と叫ぶ事もあったり。
 流石に車の窓を開けて、女の子に向っては叫ばないのでご安心を。
 んで、こーいう時に「嗚呼、オレって独りなんだなぁ」とフト心に冷たい風が吹き込むわけで。
 別に恋人がいるとかいないとかじゃなくって、身近に自分を支えてくれる人がいるのかなぁ、とかふと考えてしまう訳ですよ。
 幸いな事に、オレにとって心の支えになってくれている人たちが何人かいてくれるし、「この人には自分の気持ちをさらけ出せるなぁ」と思うような、かけがえの無い人も性別問わず数人いる。
 ホント、この人たちには多謝多謝。
 しっかし、こーいう時には家族ってのは救いが無いね。イヤ、このHPをウチの兄貴も読んでるはずなんでこーいうコトを書くのはマズイが。
 どうしても実家から電話があったりすると「元気な自分」みたいなのを演じようとしちゃうからさ。身内には余計な心配はさせたくないっしょ?そーいう意味で精神的な負担というか、足枷というか。
 つーか、自分でも妙な見得があるんですかねぇ?なんとなく「周りに弱みを見せると殺(や)られる」みたいな。
 「ハリネズミのジレンマ」?(コレはちょっと違うか)つーか、「追い詰められたチンピラの心理」つーか(まぁ、「こちんぴ」)だしな。
 大学にいると周りは先生以外は後輩だからさ、なんか精神的に強い人でなきゃ、とか思ったりするのですよ。
 元々は次男キャラ(まぁ、次男だしさ)つーか、「人に頼りたい」キャラだから、無理してんのかなぁ・・・。

 嗚呼、なんかとりとめのない文章になってしまった。スイマセン。
 さてと、まったく気力が起きないがゼミの予習をするか。つーか、英語なんて見たくないよ・・・。

5月19日 最近は寝グセのまま対局に行く事は少ないらしい

 えー、昨日の雑記が何気に反響多数でして、いろんな人から、「大丈夫?」とか、「気分転換したほうがいいよ」とか、「自分を信じて!!」とか「病院逝け」とか温かかったり、生温かかったりするメールを頂いた。多謝。
 ホントは病院に行くべきなんだろうが、オレ自身が医者嫌いなのと、医者に行っちゃうと本当にダメなカンジがしちゃうんで、行くつもりはないです。今のところ。
 さすがに「発掘!あるある大辞典」の昨日のテーマが「軽うつ」だったんだけど、「これに1つでも当てはまると鬱要注意です」って8つの設問すべてが○だった時にはTVの前で笑っちまったけどね。HAHAHA。
 ホント、このHPを見てる皆さんには不快な思いばっかりさせて申し訳ない。
 自分の中では根本的な要因がわかっちゃいるんだけどね・・・。(論文ディスカッションがトリガーを引いたのは間違いないが、あんなもんが根本要因ではなく、もっと心の奥の深い闇が原因なんだが、それについて書くのは適切でないので書かない)

 さて、本題。
 今、将棋の名人戦の第4局が開催されていて、森内俊之名人に羽生善治竜王(王将・王座)が挑戦している。
 ちなみに羽生が3連勝してて、第4局に勝つと名人位奪取。
 羽生は1996年に7冠を達成し、取ったりとられたりで今は3冠なんだが、オレも含めて一般人には「将棋=羽生」のイメージが強いのではなかろうか?
 オレ自身は将棋はさほど強くなく、戦法の型みたいなものもわからない。せいぜい、4つ年上の兄貴と小さい時に将棋を指していた覚えがあるぐらい。(たぶん勝った事は無かったんじゃなかったかな?今やるとどうかはわかんないけど)
 まぁ、これだけTVゲームの普及した現代では、兄弟や友達同士でで将棋盤で将棋を指すこと自体ないのかもしれないが。駒の動かし方を知らない人のほうが多いだろうし。
 そんなわけで、将棋自体はド素人なんだが、棋士には非常に憧れるというか、尊敬する。なんていうか、マネが出来ないじゃないですか、あーいう人たちってのは。それに他の勝負事を争う人々と違ってなんか神秘性があるというか。
 しかもすさまじく狭き門だしな、棋士になるというのは。(奨励会を勝ち抜かなければいけない)
 おそらく、羽生が7冠を独占した頃、「月下の棋士」というマンガにハマっていたのも大きな要因のひとつだろうが。
 結果が出るのは明日(名人戦は1局に2日かけるのだよ)。どうなるかねぇ?
 ちなみに、将棋のタイトルはどれも永世位ってのがある。要は長くそのタイトルを持ってる人に与えられる名誉称号みたいなもん。
 持ってる人自体、そんなに多くは無いのだが、羽生はすでに4つの永世位を持っている。(永世棋聖・永世王位・名誉王座・永世棋王)
 名人位もあと2期(今回奪取するとあと1期)、竜王位があと1期(今持ってるので防衛すればOK)、王将位があと3期(これも持っているので防衛しつづけるとOK)で、史上初の「永世7冠」の誕生となる。
 今が32歳なので、おそらく引退までには達成するのではないだろうかと思う。
 何気にオレ達はすごい大天才と同時期に生きているのだよ。  

5月20日 別にタモさんは893には見えないんだけど・・・。(大門団長@渡哲也は犯人以上に893チック)

 一時期よりは精神的に多少安定してきたかなぁ、とか思う今日この頃。
 精神的にも肉体的にも全然本調子とは程遠いけども、少なくとも2,3日前よりはずいぶんマシ。
 ただ相変わらず胃は痛いけどな。個人的には会社員時代末期に匹敵するほど。つーか、胃の痛みで動きが止まる、ってのはマズイなぁ。
 とりあえず薬局行って「ガスター10」でも買ってくるかな。あんなモンじゃ全然効かないけど。

 さて本題。
 今日、大学で後輩に「こちんぴさん、恐いんですけど・・・。」と言われた。え?何でよ?
 何でも、朝、自転車に乗って大学に向っていたらオレを見かけたらしいのだが、サングラスをかけていて恐そうに見えたんで、「おはようございます」と声をかけようと思ったが声をかけれないままに追い抜いてしまったとの事。
 ちなみに今日のオレの服装だが、ブラウンのシャツにジーンズ、赤いスニーカー。
 そしてブラウンのサングラス。ちなみに薄いブラウンなので、目もちゃんと確認できる。
 ガラ悪いかなぁ?
 後輩が言うには「大学にサングラスかけてくるってのはありえない」らしいのだが、オレは自宅にいるときと研究室にいるときにはサングラスをかけてることがほとんどで、特に晴れている時にはサングラスは必須なのだが・・・。
 ちなみに会社員時代はサングラスにスーツで通勤なーんてことも多々。やっぱ893チックに見えてたんだろうか?
 サングラスをかけてても別に恐い人ではないです。念のため。

5月21日 大学生活で1番お気楽で1番遊んでたのは3年生の時だった気がする

 羽生さん名人位復位オメ。つーか、あと1期で永世名人か。すごいなぁ。

 さて本題。
 今日、人手が足りないので3年生の学生実験の指導に行ってきた。本来はM2が指導に行く事が多いので、D1のオレは行かないのだけどね。
 あくまでも実験指導が目的ですから。「カワイイ女の子いないかなぁ?」ってのが目的ではないです。念のため。
 ちなみに、今の後輩達の中にもオレが指導した人はいるのだが、オレの印象を聞いてみたところ、「常にキレまくってる恐い人」だったらしい。
 どうも声が大きいのでキレてるのと勘違いされてたらしい。あと、先生と実験方法について討論になったことがあったのだが、それがお互いにキレあってるように見えたらしい。
 で、今回。
 行ってみてビックリだったのが、お前らは本当に農学部の学生なのか?と思うような化学知識の無さ。
 例えば、「A液:50mM Tris-HCl(pH 7.5)、100mM KCl 250ml」と実験手引きに書いてある試薬が作れない。
 「質問があるんですけど〜」とか言うので聞いてみると、「Trisって粉末ですよね?」なーんって質問に始まり、「何グラム取ればいいんですか?」とか、「pH調整はいつすればいいんですか?」とか。
 TrisとKClを計算で算出した量取って、水で溶かしてpHをHClで合わせて、250mlにfill upする、という一連の作業が出来ないってどーいうことだ?
 少なくともモル濃度の計算は高校化学でやってるはずだし、そーいうのが出題されている入試に合格したからいるんじゃないのか?君たちは。(応用生物化学科は受験に化学は必須科目)
 しかもすでに半年以上(去年の10月〜)学生実験をやってて、そんな質問なのか!!
 他にも「NaOH溶液を作れ」と指示したら、試薬瓶に大量のNaOH(固体)を入れるヤツがいたり。普通はビーカーで溶かして、fill upして試薬瓶だろ・・・。
 オレが学生実験やってたのは6年前だったがここまでみんな酷くは無かった気がするけどなぁ・・・。(一部除く)
 そうそう、女の子の髪がかなりな茶髪な子が多いのが「コレが若さか」ってカンジ。個人的には黒髪好きなのでちょっと萎え。
 ・・・。どーのこーの言って女の子もちゃんと見てるじゃん、オレ。

5月22日 Don't run away don't run away don't run away!!(逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!!)
 
 「新世紀エヴァンゲリオン」が実写化に向けて動き出したらしい。
 ヲイヲイ、ウソだろ?って気がするがホントっぽい。まだ、具体的な話は決まっていないようだが。
 最近ではハリウッドもネタ不足なのか日本のアニメ・漫画・ゲームの実写化が盛んに検討されている。少なくともオレの知る限りでは「ドラゴンボール」、「鉄腕アトム」、「ルパン3世」、「鬼武者」、「鉄拳」の映画化が進行してたはず。
 あんまり外人が「KA-ME-HA−ME−HA---!!!」とか言ってるのが想像つかんけどな。
 しかしながら、日本のアニメや漫画の実写化ってのは難しいと思うんだがなぁ。
 リメイク作品としては過去にも「北斗の拳」、「ストリートファイター2」、「シティーハンター」という前例(?)があるけど。あと広義の意味での実写化といえばガノタ的に黒歴史なクソCG映画「Gセイバー」(ストーリーは映画オリジナルだけど。アレは酷かった・・・。)や、いまや伝説となっているPSソフト「機動戦士ガンダム」での「四角い顔、濃いヒゲの剃り跡、ぱっくりケツアゴ」のシャア・アズナブルなど、異人の美的センスを疑う作品がほとんど。
 つーか、どうしても根強い原作ファンがいる以上、すさまじくリスキーだと思うんだけどなぁ、アニメとかの実写化。
 で、エヴァ。日本では一大ブームを巻き起こし、見ていてイタいなぁ、と思うヲタの方々を多数生み出した濃ゆい作品。
 ブーム当時は全然見ていなかった(全部通してみたのが2年前だからな)が、「綾波レイ等身大フィギュア」が売れている、というニュースを見て、「嗚呼、ヲタってワケわかんねぇや」と思ったのは覚えてる。
 曖昧模糊としたラストだったが大丈夫なのかねぇ?アメリカ人って何となく単純明快な映画を好むイメージなんだけど。
 そしてキャラをどの程度似せる気があるのか、ってのも気になる。ちなみに日本人が綾波レイの格好をしても激しく違和感あったな。(綾波のカッコした女優さん(髪はズラで青髪)が出てくるビデオっての見たことがあってね。何のビデオかはナイショだが。別のビデオではアスカ風プラグスーツ着た女優さんもいたな)
 何となく、シンジがやたらとカッコよくなったり、綾波やアスカがゴツくなってたり、ミサトさんがマッチョでワイルドな女性軍人になってそうな予感。(吹替え版はどうするんだろう?「北斗の拳」はケンシロウ役は神谷明だったが、「シティーハンター」はジャッキー・チェン主演だから石丸博也だったねぇ)
 物語はCGバリバリのエヴァ初号機や弐号機が使徒と戦い、「Oh!ヤツを倒したぞ、HAHAHA」ぐらいのノリで。
 ・・・嗚呼なんかヤだ。ちょっと見てみたい気もするけどな、レンタル100円とかの時にネタとして。

5月23日 こちんぴ経済ニュース

 ・「ダイエーホークス」身売り話
 いやぁ、売るって話がここ数年出たり消えたりだったけどついに売りに出すのか?今まで以上に信憑性は高いようだが。
 実は赤字まみれの本社ダイエーに比べるとホークスのほうは観客動員数も年間100万人超えな超優良企業。まぁ、福岡ドーム&隣接してるホテルは赤字らしいんだけど。
 最近のダイエーは強いんで、売るんなら今なんだろうなぁ。やっぱ万年Bクラスとかだと安く買い叩かれそうだし。
 で、買取先だが数社候補があるようだが、売り出すダイエーの要望は福岡残留。まぁ、すっかり福岡に馴染んでる球団だし、無理に移転する必要もあるまい。
 ただこうなると愛称の「ホークス」がどうなるんだろうねぇ?南海時代の愛称もホークスだったし、「若鷹軍団」なーんて新聞に書かれるほど認知されてるし。
 少なくとも「青波軍団」って書かれることがあるオリックスブルーウエーブよりはマトモな球団愛称だと思うけど。
 これを例えばマイクロソフトが買収すると「福岡マイクロソフトウインドウズ」に改名したり、コカコーラが買収すると「福岡コカコーラボトラーズ」に改名したりするのかなぁ、と馬鹿な事を考えてみる。
 まぁ、こんな冗談みたいな事をオレが書けるのもオレが小学生以来の西武ライオンズファンだから、ってのもあるけどな。
 福岡に住む人にとっては深刻な問題かな?

 ・北陸銀行と北海道銀行が合併へ
 富山県出身のオレにしてみると寝耳に水なニュース、というか、富山ではウワサになってたのかな?
 北陸銀行ってのは北陸で最大手の銀行で北陸3県、特に富山県でその影響力は絶大。どのくらい絶大かというと北陸銀行が潰れると富山県の会社の多くがアオリを喰らって倒産すると言われるほどの銀行。おそらく富山県にある会社のほとんどのメインバンクは北陸銀行のはずだし、ほとんどの県民が給料振込みや預金等に使ってるのは北陸銀行。
 ところがこの銀行、はっきり言うと数年前から県民の間で「ヤバイらしいよ」というハナシが飛び交ってる。
 原因はバブルが弾けて不良債権を山のように抱えている事と、海外支店の赤字。そもそも北陸を基盤とする銀行が海外にいくつも支店を出してた時点でおかしいのだが。
 自己資本比率も低いので、公的資金も注入してたりする。
 で、そんな北陸銀行がくっつく事にしたのが北海道銀行。記事を見るかぎりでは先方さんもずいぶんと香ばしい経営状態なご様子。
 個人的にはヤバイ銀行とヤバイ銀行がくっついて、もっとヤバくなっちゃった?とか思うのだが大丈夫なのかねぇ?
 ちなみに全国1位だと言われている富山県民の預金量のためか、地方銀行第2位の預金量になるそうです。
 こりゃぁ、経営破たんしてペイオフなんかやったら血を見るね、富山県。つーか、オレ名義の講座もあるので潰れるなよ、北陸銀行。
 余談だが、北陸銀行は富山県では「ホクギン」。石川県で「ホクギン」というと北國銀行で、新潟だと北越銀行。予想だが合併先の北海道銀行も「ホクギン」って呼ばれてたんじゃないのか?

5月24日 体力ゲージは激しくゼロに近いね

 ストレスが溜まった時にはカラオケが1番!!ってことで、mochiyaとカラオケに行った。
 まぁ、小役人結婚式に向けて練習とか、試しておきたい曲を歌ったりとかしたかったし。(オレとmochiyaはパーペキっぽいが他の2人は無問題?)
 で、朝起きて部屋の掃除をし、シャワー浴びてからmochiyaにあったのが10:30過ぎ。
 その後、ラーメン屋に行ったものの開店前だったので2人でブラブラ歩いて時間を潰し、ラーメン屋へ。(「原商店」。味等に関してはリンク先にあるヤツのサイト参照。たぶんれびうしてるだろうから。モチモチした麺と激しくカツオブシの香りの和風スープなラーメンでございました。あとね、とんがり飯(チャーシュー(とん)としょうが(がり)のご飯)が(゚д゚)ウマー 。煮卵を食わなかったのが心残りだが
 ラーメン屋を出て、信号待ちをしてたら追突事故を目撃するという、ちょっと珍しい体験をしたあとでカラオケ屋へ。
 まぁ、2人で7時間耐久なわけだが。
 さすがにキタ、つーか喉痛い。後半とか高いキーの曲全然ダメだったし。
 とりあえず「SKILL」は鬼。つーか、どうして女子部パートの声は大丈夫なのにその後の男子パート(というか福山&影山)のほうが声が高くて出せないというのはどういうことよ?(「声が高い」+「激しいシャウト」)
 で、カラオケ後、2人でメシ食って別れ、今この雑記を書いてるわけで。
 今日一日、メシ食ってカラオケやっただけでした(断言)。

 そうそう、カラオケの2000円分の金券(6/24まで)をもらったので、行きたい人がいたら声かけて。(←まだ歌うのか!!)