真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

                                 11/24 11/25 11/26 11/27 11/28 11/29

11月24日 富山県の回転寿司屋のクオリティーの高さと安さは異常
 実家から今さっき、戻ってきた。
 いやぁ、今回ほど新潟に戻りたく無くなったのは初では?ってぐらいに実家生活を満喫。
 と言っても、何やってた?と聞かれると何もやってないのだけど。スキー靴買いに行ったり、スキーにワックス塗ったり、タイヤ交換したりとそれなりに作業はあったものの、ボーッと小説読んだり、テレビ見てたんで。
 特にTVは実家に帰った時の楽しみのケーブルテレビの「時代劇専用チャンネル」の番組がツボ。「阿倍一族」、「子連れ狼」(萬屋版)、「鬼平犯科帳」、「新 必殺仕置人」、「御家人斬九郎」と好きな時代劇連発だったし。
 唯一の不満は放送されてた「三匹が斬る」シリーズが「ニュー三匹が斬る」だったので、千石(役所広司)のかわりに千両(近藤真彦)が三匹メンバーなことぐらい。
 年末には日本テレビ年末時代劇(「忠臣蔵」、「白虎隊」、「田原坂」、「五稜郭」、「奇兵隊」、「勝海舟」、「源義経」、「風林火山」、「鶴姫奇伝」)9本を9夜に渡って放送らしい。VIVA!!時専。
 あとは実家はやっぱり食いもの(゚д゚)ウマー 。散々、美味い物を食ってきた。
 今回は回転寿司屋で食ったサバがむちゃくちゃ(゚д゚)ウマー 。

 さて、実家に帰って見ると町村合併で揉めているらしい。
 ウチの町(入善町)は朝日町、宇奈月町、黒部市と合併する事が決まってるのだが、揉めてるのは市の名前と市庁舎の場所。
 名前だが、「新川市」、「黒部川市」、「黒部市」の3つが候補らしく、どうも「黒部市」にする方向でハナシは進んでるのだが、入善町民に反対者が多いらしい。「黒部市」だと吸収合併度が強いから。
 住所も「黒部市入善町○○」じゃなくて、「黒部市○○」になるそうで、それが町民的に×だとか。どうしても町民感情としては「入善町」を残したいので。
 市庁舎も建て直すのは確定なんだが、黒部市に作るか、入善町に作るかで揉めてる様子。黒部市には北陸新幹線の駅ができる予定で、そこ付近に建てるのがよい気がするが、そこは他の町村の人にしてみると激しく不便な場所。
 で、入善町に持ってきたい、という人が入善町民に多いらしい。
 個人的な意見としては市庁舎の場所に関しては黒部市の新幹線の駅予定地に作るべきかなぁ?って気もするが、町の名前が黒部市になるのは嫌だなぁ。「入善」って名前には愛着があるし。
 やっぱ、市町村合併というのは難しいものですな。

11月25日 嫁を脚本に起用した理由を「身内だからじゃないです。才能に惚れ込んでいます。」って答えたのはネタだよね?ネタって言ってよ、福田!!

 すっかり月日も流れ、「『ガンダムSEED』ってナニ?ガンダムのパクリの同人誌か何か?」と忘却の彼方だったワケだが、寝た子を起こすイベントがあったそうで。
 (((( ;゚Д゚)))ザクグフゲルググ
 いくつもツッコミどころはあるんだが、いくつか。
 ・Gは最終巻だけ見た。
 ほう、それであんだけ各種メディアでこき下ろしてたのか、「G」を。というか、最終巻だけ見てもあのアニメのよさはまったくわからん気が・・・。
 最終巻の最初の話は「さらば師匠!マスター・アジア、暁に死す」(全49話中、第45話にあたる)だが、例えて言うと「『水戸黄門』を印籠登場シーンから見始める」ようなもん。そこに至るまでの経緯とかいっさい無視か!!
 ・「バスター(ガンダム)のデザインってねえ(笑)ちょっとね」的な発言
 ガワラ御大に謝れ!!つーか、バスターはカッコよかったと思うが、プラモが売れなかったのは長距離兵器搭載ガンダムに接近戦しかやらせない挙句、主人公引き立てメカにしたお前の演出のせいでは?と小一時間(略)。
 バスターガンダムが茶色&緑という激しく売れなさそうな色使いだったことは認めるが。
 ・Xは一話見てビデオ返しました(笑)
 ( ゚д゚)・・・。さらに「ガンダムは他の何倍も予算がかけられて素晴らしいが、外れたらひどい目にあいますよ。高松君とか池田君とか…(笑)」って発言まで・・・。ちなみに高松さんは「X」の監督、池田さんは「W」の監督。(というか、前半の監督。後半はいろいろあって降りた(というか、降ろされた?バンダイとの確執があったらしい。んで、後半は高松さんが引き継いだ))
 ホント、福田は平成ガンダムの監督が嫌いだなぁ。
 あと、「ドラグナーは反面教師」というコメントがあったのだが、どーいうニュアンスで言ったのやら。ドラグナーは見たこと無いんでコメントしにくいが、思い入れのある人にしてみるとイヤな引用のされ方だろうねぇ。
 結論:福田はもう何も話すな
 ちなみに、最初の考えではエンディングは「フレイは人間爆弾になる予定でした。人間爆弾となってAAに帰ってきたフレイは、自分だけ生身で艦の外で自爆しますが、サイも一緒に外に出て死ぬ予定だったんです。それで、キラは死んで、アスランは片腕くらい無くなってる予定だったんだけどなぁー。」だそうだが、実際にやってたらもっとある意味で「祭り」だったろうなぁ。
 もうタネぽ。

 さて、今日の朝、鈴木&西海先生と話してて、なんか来年3月の日本農芸化学会へ参加することになりそうです、オレ。
 まぁ、そろそろ学会にも行かなきゃなぁ、とは思ってたし、農芸化学会は会員だし、農学部関連の学会の中では日本で1番大きな学会だし。
 で、場所が広島大学らしいですわ。
 ・・・。広島?
 えーっと、新潟から富山まで「北越」に乗って、富山から新大阪まで「サンダーバード」で、新大阪から山陽新幹線?それとも新潟から東京まで上越新幹線で、東京から東海道新幹線?
 などと言っていたら鈴木君が一言。
 「新潟から広島まで飛行機あるじゃないか(ニヤリ)」
 ちなみに、研究室内でオレの飛行機嫌いは先生も知る周知の事実。ぐ、ぐむぅ。
 とうとうオレの初フライトになるのか?・・・。って、飛行機デビューが国内線か・・・。

11月26日 松平健が「マツケンサンバII」を紅白歌合戦で歌う姿を見てみたかった・・・。

 今年の紅白歌合戦の出場歌手が発表された。
 ( ゚д゚)・・・。何て盛り上がりに欠けそうな出演者達なんだろう。
 目玉は復活した長渕剛と初登場の倉木麻衣らしいんだが、小粒な目玉ですなぁ。特に紅組。
 長渕は前回出た時には1人だけベルリンからの中継&3曲熱唱で見てて「嗚呼、特別待遇だなぁ。つーか、白組の勝ちか」と視聴者として冷めたカンジだったのを思い出す。
 知らない人が結構いたり(民謡の人とかクラッシックの人だと思うが)、何でコイツが出るんだ?と思う人がいたり。
 個人的にはいいかげん安室は切り時じゃねーかなぁ、とか思いますがね。(朋ちゃんはNHKの番組の司会をやっているうちは安泰だろうな、昔の西田ひかる同様
 つーかさ、華がないよなぁ、最近の紅白。
 企画モノ枠(?)だと思われるところにはなわとテツ&トモ、女子十二楽坊がいるが、賞味期限切れかなぁ?との思いも強い。まぁ、テツ&トモはNHKで番組持ってるから選ばれたのかもしれないが。
 女子十二楽坊はキライじゃないが、「歌合戦」なのになぁ・・・。ゲスト出演でよかったんじゃねーの?
 というわけで、すごく興味の持てない紅白歌合戦。それでも悲しい日本人の性で大晦日は家族そろって見るだろうなぁ。(今年はケーブルテレビの「時代劇専門チャンネル」で「日本テレビ年末時代劇」の再放送を見るという手もあるが。ちなみに大晦日は「奇兵隊」
 とりあえず、毎年見てて背筋が凍るほどクソ寒い応援合戦とか、妙なコントを削除してくれねーかなぁ?

11月27日 個人的に水戸黄門というと西村晃

 2chの時代劇板見てて知ったんだが、24日の「子連れ狼」と「水戸黄門」、視聴率が同じだったんだな。(ともに11.1%)
 「子連れ狼」の数字はだいたいそんなもん(ちと高いか?大抵10%前後)だが、「水戸黄門」はなぁ・・・。
 自他ともに認める時代劇好きなオレだが、「水戸黄門」だけは見る気にならない。厳密に書くと、今の黄門。
 昔の黄門はものすごく面白かったが、今のはヒドイ。数話見てるが、脚本はグダグダだし、黄門はただの説教ジジイだし、格の殺陣はいつまで経ってもガクガクしてるし、由美かおるは歳だし。
 特に脚本のグダグダっぷりはどーしようもねぇなぁ。なんつーか、「どーせ年寄りしか見てないからこの程度でいいや」ぐらいの印象。
 そしてフィルム撮りからビデオ撮りになったのも痛い。どーいうワケか、他局の時代劇もいくつかはビデオ撮りだが、TBSの時代劇はズバ抜けて照明がヘタクソ。あんなにテカった黄門じゃダメだろ。
 つーかね、TV局自体が「時代劇=年寄り向け」と考えてるフシがあるからなぁ。今じゃ軒並み放送時間が19時台だし。個人的にはもっと遅い時間帯がよいのだが、遅い時間帯に時代劇を放送すると年寄りから抗議が入るらしいんだよな、TV局に。
 昔、「水戸黄門」で「次回に続く」みたいなことをやったらTV局に「結末がわからないと万が一ポックリ逝った時の心残りになるから1週で必ず完結させろ」という年寄りからの抗議が多数来て、それ以来必ず1週完結にする事にした、というハナシを聞いた事がある。真偽の程はともかく、ありそうなハナシではある。
 視聴者の抗議といえば、「子連れ狼」で腕を切り落とす殺陣があったのだが、数日後には「残酷な殺陣は子供に悪影響だ」とかっていう視聴者のバカ投書が新聞に載ってたしなぁ。(余談だが、新聞のバカ投書といえば先日、「『ちびまる子ちゃん』のお父さんの言葉使いが乱暴で見てて不快になるし、子供に悪影響だから変えろ」とかいう投書があったなぁ。真性のバカか?)
 世も末だな。
 ドラマが視聴率取れなくなった、と騒がれてる今だからこそ、22時あたりでガッチリした時代劇を放送すると当たると思うのだがどうだろう?(初期の「必殺!」とか「影の軍団」は22時台だったらしいのだが。放送時間)

 ちなみに、いつまで経っても「水戸黄門」のお色気担当が由美かおるなのは、「由美かおるより若い女優には年寄りが萌えられない」とか、「由美かおるより若い女優の入浴シーンは年寄りに刺激が強すぎる」なんてハナシがウワサとしていつも付きまとうのだが、若者的には由美かおるはキツいんでそろっと若手女優とくノ一役を変わって欲しいところ。

11月28日 「新選組!」が三谷幸喜のNo.1の作品になるといいなぁ

 何だってー!!(AA略)
 つーか、膳場アナが結婚してた事自体がビックリで、離婚したと聞いて更にビックリ。
 しかし、スポーツ報知HPの膳場アナの写真はもー少し何とかならんかったのか?

 で、本題。
 「笑の大学」が映画化ですか。
 「笑の大学」は三谷幸喜の2人芝居で、その年の演劇賞をけっこう取った作品。舞台版は座付作家が近藤芳正で、検閲官が西村雅彦。
 おそらく三谷幸喜の舞台作品の中でNo.1の作品ではなかろうか?と思う。
 オレ自身、以前、NHK-BSで放送してたのを見たが、笑えるんだけども後半はシリアスで真面目な演劇で見てて引き込まれた覚えがある。(たぶん、実家に録画したビデオがあるはず)
 映画版は座付作家が稲垣メンバーで、検閲官が役所広司らしい。映画だから2人芝居という事は無いだろうと思うが、どーするんだろう?
 個人的な希望としては、西村さん、近藤さんもどこかにちょこっと出てくるといいのだが。
 ちなみにオレが1番好きなTVドラマはダントツで「王様のレストラン」なんだが、DVD-BOXを買いたいけど金が無い・・・。(三谷幸喜脚本ドラマのNo.1は「王様のレストラン」だと思うが如何?)

 そうそう、DVDといえばamazonから注文してた「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」を発送しましたってメールがきたなぁ。
 「所詮、子供向けのアニメ」と思わずにいろんな人に見てもらいたい素晴らしい映画なのだが。(戦国時代好きの観点で言わせてもらうと、おそらく戦国時代の合戦を1番忠実に再現している映像作品はコレ
 そーいえば、前にmochiyaに録画してたビデオをやったんだが、結局アイツは見たのだろうか?

11月29日 来週、「ラスト・サムライ」見に行って今年の映画館での映画鑑賞は見納めの予定

 今朝のニュースで会見の模様を見たが、「元気な姿」っていうよりはただのボケ老人に見えたのは気のせいか?インタビューしてた芸能レポーターとの会話が何ひとつかみ合ってなかったけど。

 さて、今日は映画を見に出かけてた。(「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」
 よく考えると今月だけで「マトリックス レボリューションズ」、「スカイハイ」、「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」と3本の映画を見に行ったのか、映画館に。
 そういえば気がつくと、今じゃビデオ屋に行ってビデオをレンタルすることはほとんどなく、見たい映画は映画館に積極的に見に行くようになった。
 やっぱり家の近所にシネコンがあるのはデカイ。車で10分でいけるもんなぁ、ワーナーマイカル。こうなると気軽な娯楽だもん、映画見に行くの。さらにワーナーだと大学でチケット売ってるのだよ、1200円で。コレもデカイな。(ちなみに学生の場合、通常は1500円)
 あとね、アパートだと映画に対する集中力が沸かない。最近はアパートを真っ暗にして見てるんだが、いいところで新聞の勧誘や宗教の勧誘がきたり、隣の部屋から壁越しに声が聞こえたり、下の階が飲み会やってたり。
 アパートの部屋が畳なのもマイナス。ゴロゴロしながら見てると、くだらねぇ映画の場合、見ながら寝てしまう。
 つーかね、いつも生活してる部屋でいい映画を見ると映画の面白さが減っちゃう気がするのはオレだけ?
 映画見て、現実とは違う世界に浸りたいのに目の前が見慣れたアパートの部屋なのはちょっと・・・。
 ホームシアターのある家をTVで見るとすげぇうらやましいもんなぁ。
 ちなみに数え間違い出なければ今日見た「木更津〜」で今年映画館で見た映画は15本(あくまでも映画館で見た映画で、それ以外にビデオやTVの映画番組も入れるともっと増えるはず)。コレが多いのか少ないのかは人それぞれの取り方だろう。個人的には「思ったよりは行ってなかったのね」、って感想。