真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

                                 2/29 3/1 3/2 3/3 3/4 3/5 3/6

2月29日 再会した時にちょっと泣きそうになった
 ヴィッツ様、戻ってキタ━━━( ´∀`)゚∀゚)*゚ー゚)・ω・) ゚Д゚)´ー`)・∀・) ̄ー ̄)・A・)´Д`)丶`∀´>━━━!!
 って、コトでまず写真。

 BEFORE

   

 AFTER

    

 
 いやぁ、戻るもんですなぁ。ちなみに車高が低くなったとか、竹槍付きマフラーになったとか、ヒートロッドが出るようになったとか、そんな改造は無し。以前と何も変わっていない。わかりにくいが「ヘタクソ棒」(車幅がわかりやすいように左側に付いている棒)もちゃんと装備。まぁ、左側はほぼ無傷だったから残ってて当然なんだが。
 ただ修理のほうは完全ではなく、右前方のタイヤホイールが傷でズタズタになっていたんだが、それを修理工場が直してなかったのが昨日発覚(つーか、ペイントしてあったから、塗装だけで直す気は無かったみたい)し、ディーラーの担当者が「なんか気分悪いから、直しちゃいましょう。どーせ保険だし、部品発注しちゃったし」とか言い出して、部品取替えが決定したので後日、もう一度修理の必要が出た。
 まぁ、修理と言っても30分ほどで終わるらしいが。
 あとはNo Wax加工をしてたのが塗料塗りなおしによってハゲたんで、それもやり直し。こっちは塗料が定着した後じゃないとマズイそうで、1ヵ月後ぐらいに再度、車持ち込み。これも朝預けると夕方には終わる程度のメンテだけど(ちなみにこれも保険)。
 約3週間ちょい振りにヴィッツ様に乗ってみると何となく違和感。何がどう違うと言われると説明しにくいが、2年以上親しんできた感覚とはちょいとズレが。
 乗るのが久しぶりだからか、大幅な修理のせいかはハッキリしない、っていうか両方だろうなぁ。いくら直ったといっても100%事故前と同じ、ってこともあるまい。
 そうそう、写真じゃわかりにくいがフロントのナンバープレートは結構ボコボコ。えらく変形してたのを延ばし直して付けてるから。
 「気になるようなら富山に帰った時(富山ナンバーなので)にディーラーに言うと交換できますよ、保険で」とディーラーの担当者は言ってたが、直す気は無い。そんなに気にならない、ってのもあるし、オレにとっては戒めとして残しておきたい、ってのもあって。
 今回の事ではいろんな人に迷惑と心配をかけました。心よりお詫び申し上げます。今後は今まで以上に気をつけて、運転したいと思います。

 ちなみに車の修理にかかった総額はハッキリ書かないが、「新品の安い軽自動車が買える(税・諸経費込み)」程度、ってトコか?大台は突破してないが、限りなく近い。ディーラーが言うには「内部の電気系統とか、いろんな部分がダメになってて、修理を進めるうちにいろんな部品を変えなきゃ、ってことになりまして。HAHAHA」ってことだが、ホントかねぇ?ボラれた気もしないでもないが(最初の見積りの倍以上だからなぁ・・・。)。
 まぁ、奇跡との等価交換と思えば仕方ないか?幸い、修理代金は車両保険に入ってたおかげですべて保険でカバー(破損した高速道路の修理代は雪解け後に修理するそうなんで、いくらほどの出費になるか今のところ謎。)。
 ♪よーく考えよー 保険は大事だよー  

3月1日 食品メーカーのヤツは翻訳コンニャクを早く作れ!!

 昨日はヴィッツ様が戻ってきて、今日は論文かよ。

 ってことで、11月半ばに投稿した論文の審査結果が3ヵ月半も経ってからやっときた。遅すぎ。鈴木先生が言うには相場(?)は1〜2ヶ月で返事が来るのが普通らしい。つーか、「受理しましたよ」郵便が届いたのが向こうが出した日付から3週間以上経ってからで、今回のも向こうが郵送した日付は2/9。鈴木君予想では「多分、船便で来たんじゃないの?」とのコト。
 えー、このご時世に電子メールとか、飛行機によるエアメールじゃなくて、船便なの?まぁ、それぐらいしかこんなクソ遅い郵便の理由が思い当たらないのだけど。
 まさか、ハトor矢文

 で、内容。
 平たく言うと「もう1回出直して来い」ってカンジ?
 いやね、当然のように英語で返事がきて、鈴木君は海外経験豊富なので普通に読んで内容も把握してたが、筋金入りの英語嫌いなオレにしてみると内容がさっぱりなので、大体の意味しかわかってないのだよ、今のところ。今日の雑記を書いてから辞書見ながら詳しく読むつもりだけど。
 で、そんなカンジでアバウトに読んだ内容。
 
 ・事務局
 残念だが、君の論文を載せるスペースはウチの学会誌には無い。2ヶ月以内に書き直して提出したらもう1回審査しなおしてもよいけど。
 ・審査員A 
 内容は意義のある内容だし、面白いけどいくつか問題点がある(実験内容に関してのいくつかの不満点の指摘や疑問、アドバイスなどが書かれていたが専門的なのと、企業秘密的な内容なのでこれ以上は書けない)。
 ・審査員B
 内容は面白いと思うが、問題点もいくつか(内容は伏せる)。つーか、内容云々の前に、君の論文は記述の変な部分が多すぎ、っていうか、英語下手過ぎ。英語が母国語の人間に直してもらえ。そしたらもう1回審査してやってもよいぞ。

 こんなカンジ。どっちかというと審査員Aのほうが好意的なのかなぁ?質問内容は結構理不尽というか、どー答えていいか返答に困りそうな事書いてあるけど。Bのほうは内容に対してのツッコミはあんまり無いが、英語力の無さを指摘してますなぁ。こっちはちとヘコんだ。さすがに「poorly written」とまで書かれると泣ける。まぁ、オレの英語力の無さは周知の事実だけどさ、ハッキリ書きすぎdeath。
 救いがあるとすれば2人とも内容には概ね好意的で、書き直せば何とかなるかもしれない事。reject(却下)じゃないので、直した後の原稿の出来によってはaccept(受理)の見込みがあるかも、ってことで。
 というわけで、これからはまた英語と格闘する日々が続きそう。とりあえず、身近に母国語が英語の外人はいないのだが、誰に校正をお願いしようか?
 しっかし、あと1年半で論文を2つ通して、博士論文も書かなきゃいけない、ってのはキツくね?博士論文もどーせ英語で書くことになるだろうし。このペースで間に合うのかなぁ?個人的には厳しいんじゃないのか?と思ってるのだけど。
 元々、順調にいくと9月卒業という中途半端な時期の卒業になるから、卒業を半期延ばすってのは冗談半分で鈴木君が言っていたが、現実味が増したかも。
 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。

3月2日 マッチで〜す!!

 ( ゚д゚)ポカーン
 久しぶりに感じたジェネレーションギャップ。
 「片岡鶴太郎は昔、近藤真彦のモノマネやりながらアツアツのおでんを食べてた」
 ある世代以上にはお馴染みのネタなんだが、オレより下の学年はわからないらしい。「オレたちひょうきん族」の定番だったのに。ひょっとして今の人達的に鶴ちゃんは「絵を書いたり書道したりする、シブい個性派俳優」なのか?
 みんな、ダマされてるぞー!!

 さて、今日も英語シリーズ。
 他の研究室の留学生に実験についての説明を求められた。オレが普段使ってる機械の解析方法がよくわからないので教えてくれとのコト。
 んで、説明しようとしたら、
 「ワタシ、ニホンゴ、Noネ」
 ギャガ━━Σ(゚д゚lll)━━ン!!! 結局、会話は成立しなかったよ。_| ̄|○

 日常会話程度ならばカタコトの英語と身振り手振りで何とかいけそうな気もするが、専門用語は無理ぽ。
 誰か作ってくれないか?翻訳コンニャク。
 とりあえず、最近は自分の英語力の無さを痛感する事が多いなぁ。

 そういえば、昨日の「八丁堀の七人」の後に新番組「銭形平次」の番宣があったが安っぽいなぁ。悪い予感は的中してて村上弘明に町人マゲは似合ってなかった。あと、平次親分は身長がある人は向いてない気がするんだよなぁ。
 そしてビデオ撮りだったのが萎え。とうとうテレ朝時代劇までフィルム撮りを止めてビデオ撮りになるのか?時代劇には向かないんで止めて欲しいなぁ。予告編だけならいいんだけど。
 そうそう、「新選組!」の視聴率だがまた落ちた(18.5%)らしい。
 個人的には面白いんだけどなぁ。まぁ、演出の人が6話から変わって、テンポが悪くなった気はするんだけどさ(大河は何人かで持ち回りだから)。
 週刊誌には軽いとか、史実無視とか、演技が下手とか、そんな煽り記事は多いが、オレの周りじゃ評判悪くないのに。つーか、何気に残されてるエピソードにも忠実なのにね(今週分で言うとやたらと切腹痕を見せたがる原田とか、日本外史で勉強する近藤とか)。
 面白いのに見てる人が少ないのは残念だし、視聴率が悪いとNHKが妙なテコ入れを画策するのでそこそこの数字は欲しいですなぁ。
 来週からいよいよ浪士組参加を控えたエピソードになると思われるので、盛り返してくるといいな。
 ちなみに、NHKのスタジオパークに行くと見学もできるのだが、2ch情報では何日か前に見学者シャットアウトでの撮影があったらしく、どうもそれは鴨暗殺だった模様。

3月3日 ゴジラの中の人も大変だな

 三匹キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!
 いやね、今朝新聞見たら新潟の朝の時代劇再放送枠で今日から「新・三匹が斬る」がスタートなので。ちなみに殿様・千石・たこの3人の揃い踏みが見れるのはここまで。次のシリーズからマッチ参戦でグっと面白くなくなるから。
 無論、ビデオ録画してきた。これで当分の間の楽しみが出来た。

 そーいえば、今朝のニュースは一様にコレを取り上げてたねぇ。
 何か、数年前にも同じ事いって休止し、その後で「ゴジラ ミレニアム」とか銘打って復活した覚えがあるのだが。そんなワケでどーせ数年後には復活じゃねーの?と思うんだけどさ。
 最近は興行成績も全然ダメで、「とっとこハム太郎」と同時上映という扱いだし。一番最初に同時上映になった年にはあまりにもゴジラが怖くてハム太郎目当てで来たお子様達に不評だったと聞いた。それ以来、描写がヌルくなったらしいのだが、それだとゴジラ好きの大きいお友達は見に行かないんじゃないの?
 オレ自身はさほどゴジラには興味は無いし、昔、TVでやってたのを数作見た程度なんで特に感慨はないなぁ、休止になっても。
 とりあえず、次回作には歴代の怪獣を総動員し、歴代の出演者も総動員してオールスターキャストでお届け予定らしいのだが、個人的にはゴジラシリーズに貢献度の高い高嶋ファミリーを総動員して欲しいもんだなぁ、と思う。忠夫も鬱病から復帰したようだし。
 でも、監督を北村龍平がやる時点で駄作決定なワケだが。
 「あずみ」で大コケし、「スカイハイ 劇場版」でドラマの「スカイハイ」ファンをすべて敵にした監督ですぜ。
 ワイアーアクションを無暗に多用する監督だが、ひょっとしてゴジラもやるのか?ワイヤーアクション。

 そうそう、今日は雛祭りですな。女性の方々、オメ。

3月4日 修論発表会のほうが印象的。オレの動揺っぷり&ボコられ具合が

 昨日、ウチに帰ってから「新・三匹が斬る」見たがやっぱ面白いなぁ。
 高橋英樹や役所広司がエラく若かったり、ゲストに出てた「絶世の美女」って設定の人がどう見てもただのおばちゃんだったりとツッコミどころ満載な点も○。
 そして、「三匹と関係のある人が殺される」→「ここでまた三匹ブチキレですよ」→「三匹、キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!」のコンボがいつもの事とはいえ、ツボですな。
 しっかし、三匹は人斬り過ぎ(w。昨日もザっと40人近く斬ってたし。
 そうそう、ちゃんと福本清三先生も斬られてた。昨日は次席家老の配下役。
 そして福本先生、3/11の「徹子の部屋」にご出演らしい。そういえば、先生と「徹子の部屋」はいろいろと縁がある(「探偵ナイトスクープ」に「いつも時代劇で斬られてる『用心棒の先生』役の人を出して欲しい」みたいなネタが先生ブレイクのキッカケの1つだったので。その後、朝日新聞やNHKのドキュメント番組で先生の生き様が紹介され、「ラストサムライ」出演へと繋がっていく)なぁ。
 当日はビデオ録画しなきゃな。

 さて、今日はウチの研究室は卒論発表会。何気に卒論発表会は5年前ですか、オレ。歳とったな。_| ̄|○
 質問されて精神的にボコられたのと、終わった後の飲み会で「半蔵」(飲み屋)に行き、酔ったmochiyaの合気道の技で腕(というか、手のひら?)を極められたことぐらいしか覚えてない。オレの記憶違いでなければ、ヤツは2こ上の先輩(N川さん)の腕を極めたまま、2次会の会場に拉致ってた気がする。
 つーか、5年前と言われてもピンとこないなぁ。卒論発表自体はずーっと昔のような気もするが、当時の面子とは何回も集まってたりするしねぇ。
 とりあえず、4年生はがんばれ。

3月5日 これが若さか

 眠い。
 昨日は6時から卒論発表会の打ち上げで、2次会が終わったのは0時。んで、ウチに帰ってシャワー浴びた後、「新・三匹が斬る」とNHKの「スタジオパークからこんにちわ」(ゲストは石坂浩二。「新選組!」関連のことを話すと聞いたのでビデオ録画。話以上に生放送の間、ずーっとズボンのチャック開きっぱなしの石坂浩二が面白かった)を見て2時に就寝。
 で、朝の6時半に起きて8時に登校し、実験ですよ。飲み会の次の日が平日なのはキツイね。
 ちなみに明日も明後日も実験。というより、3月休みなし。むぎゅ。

 さて、今日の昼は後輩と外食したんだが、その時の事。
 今日の新潟は真冬のような天気で、吹雪だったんだが、女子高生達が歩いていて、全員がすげぇミニ。無論、生脚。
 寒くないもんなんですかねぇ?つーか、寒いよなぁ、たぶん。スカートの下にスパッツ着用なのかもしれないが、それにしたって寒そうだ。
 オレが学生の頃はスカートはあそこまで短くは無かった。ちなみに一世を風靡したルーズソックスが普及したのは高校卒業後。アレを最初に見た時はさすがにひいた。
 制服のスカートといえば、ウチの中学には妙な掟があった。別に明文化されてるわけじゃないんだけど。
 「1年と2年はストッキング禁止」
 ね?変でしょ。

 3年生は黒のストッキングを履いてきてもいいのだが、下の学年でストッキング着用者がいると「なんか、あの娘、生意気じゃなくって!?(何故かお蝶夫人風)」みたいなカンジでイヂめられたらしい。今にして思えばどーでもいいようなコトだと思うんだけどね。
 高校生に限らず、大学生でもガンバる人はミニスカに生足&ブーツみたいなカンジで大学に来る。年に数回、ミニスカ生足ピンヒールという剛の者も見るが、さすがにアレは雪国を舐めてる気がする。
 若いからできるのか、オシャレさんなカンジをアピールしたいからガンバるのか、男のオレにはよくわからんが、コレだけはいえる。
 オレは「ミニスカ+ブーツ」は大好きだ。(;´Д`)ハァハァ

 脚フェチなのでね、オレ。個人的には生脚よりもストッキング派。ガーターベルト着用だとさらに(*゚∀゚)=3ムッハー 。

3月6日 「鯖は魚偏にblueですか?」がオレの中で一番のツボの長嶋語録

 3月のクセに雪降ってるのは何かムカツク。つーか、今日は休みなので大学は暖房が入っておらず、ガチで寒い。
 勘弁してくれ。

 長嶋さんが入院しているが、予想以上に大騒ぎですなぁ。
 オレはアンチ巨人なので彼には特に思い入れも無く、「ちょっと天然キャラな人」ぐらいの印象しかない。ちょうどウチらが子供の頃は長嶋さんはやたらとオリンピックに行ってはカール・ルイスに向って、「Hey,カール」とか呼びかけるオッサンだったし。
 ある程度の歳の人にとってはスーパースターなんだろうが、どうも実感がわかない。当然、巨人の監督に復帰した時もさほど感慨は無く、大騒ぎするマスコミや長嶋さんが監督になった事で急に視聴率が好調になった野球中継に対して冷ややかな感情しか持たなかった。
 というわけで、倒れて大騒ぎになって「嗚呼、スゴイ人だったんだなぁ」というカンジ。
 良くなるといいですな、長嶋さん。