真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

                                 6/6 6/7 6/8 6/9 6/10 6/11

6月6日 一部の人に限定なカンジのネタ3本
 スパロボやってて、「機甲戦記ドラグナー」の主題歌をちゃんと聴きたくなり、mochiya経由で入手。
 山瀬まみ、普通に歌が上手いんですけど。かなりビックリだ。
 しかし、「VICTORY」は何度聴いても自分で歌うよりは、人が歌ってる時に別パート歌いたくなる曲だな。何て言うか、1人で歌うよりは、わかってる人と複数で歌いたくなる曲と言うか。わかりやすくいうと、TOKIOの「うわさのキッス」の♪うわさのキッスをあげる(イェイイェイ)と同じ(←未だに1年前ぐらいの小役人結婚式3次会カラオケがトラウマらしい)

 今日のデカレン。激しくはっちゃけた話の回だが相変わらず面白い。つーか、運転代行するボス最高。さりげなく部下の仕事をヘルプしてサポート。嗚呼、理想の上司だ。
 まぁ、なんだけど。
 今日の黄&桃のチャイナドレスはTVの前の大きいお友達向けか?(*゚∀゚)=3ムッハー
 来週は京都に出動らしい。多分、映画村で「デカレンVS新選組」という謎の企画をやっているので連動企画だと思われ(そーいえば去年のアバレンも今の時期に京都に行ってたな)。
 東映公式によると、赤のご先祖が新選組隊士で、ダンダラ羽織が蔵から出てきた設定らしいのだが、現実世界で考えると一大事件(新選組のダンダラ羽織は現存してるものが無い。新選組=ダンダラ羽織のイメージだが、隊士の評判があまりよくなかったので結成初期に作られて以降は作られなかった。ドラマで鳥羽伏見の頃までアレ着てるのは本当はマズイんだが、まぁ、お約束ってことで)ですな。
 剣は相変わらず(゚听)イラネ。

 うぉぉぉ、とうとう出るのか。値段がかなり張るが、需要があんまり無い気がするから、こんなもんか?
 このアニメ、当時は原作好きだったので違和感があったんだが、今になってみると面白かったと素直に思う。というか、原作ではグダグダのまま、有耶無耶にしてしまった味将軍ネタをちゃんと完結させた手腕は評価すべきだし、「原作よりもアニメ化のほうが面白くなった作品」と言っても過言ではない。
 人と話してて味っ子の話になった時に、「嗚呼、あの丼開けたら光が出るヤツ」とか、「嗚呼、あの料理食って大阪城壊したアニメ?」と言われた事多数。アニメ版のほうのインパクトはやはり大きい。
 しかし、今にしてみるといろいろと感慨深い声優陣だなぁ。たしかオレの記憶違いでなければ今じゃ「名探偵コナン」のコナン役でお馴染みの高山みなみがアニメではじめて主役を張ったのがコレのハズ(何かでそう書いてあるのを見た覚えがある)だし、しげる(原作にはいないアニメのオリキャラ)のならはしみきと堺一馬の一龍斎貞友はいまじゃそれぞれ「クレヨンしんちゃん」のみさえとまさお君だし。
 小西和也の声の鈴置洋孝は言わすと知れたブライト艦長なんだが、このアニメじゃ「当たり前、当たり前、当たり前!!とかなりMADに叫んでたのが印象的。 

6月7日 昨日は捨助がけっこうツボ

 昨日の「新選組!」。
 又三郎死んじゃったね。最初はかなり嫌なヤツだったが、演技が上手かったんでちょっと残念。最後の死にっぷり&後ろへの倒れっぷりも見事(しかし、「夢を語る→死亡」ってのはある意味、ドラマのお約束だよな)。
 中の人だが、本業(?)は「水玉れっぷう隊」というお笑いの人らしい。役者さんじゃなかったんだが、見事に演じきっての退場だったと思う。
 筒井道隆はいつ見ても変わらないなぁ。「王様のレストラン」の禄郎くんとあまり変化なし。「王様のレストラン」が9年前のドラマだから、今は30過ぎのハズなんだが。
 演技力も変わりなし。まぁ、彼の場合にはあの「上手いんだか下手なんだかわからない朴訥とした台詞回し」が味ですから。殿様とか、世間知らずの若者を演じるとハマるよな。
 鴨はどうなるかを知っていても「嗚呼、もう終わったな、コイツ」と思わずにいられない行動。
 今までの新選組モノだと大抵、鴨が大砲ぶっ放すんだが、今回は無し。というか、あの時点で壬生浪士組が大砲持ってたとは考えにくいから、今回の騒ぎぐらいでちょうどいいと思う。
 今後は、8・18の政変、新見粛清、鴨暗殺、内山彦次郎暗殺、池田屋騒動、禁門の変とイベントが目白押し。というか、今後の新選組は内部粛清の嵐なんだよな。
 前フリが長かった分、これから主要隊士が一人一人減っていくのは結構辛いものがある。
 今まで見てなかった人は逆に今から見ればギリ間に合うって感じ。とりあえず、見てみて!!

6月8日 「ブラックワイドショー」を見ていた人が多いのかは不明だが、多分どの番組よりもコアなファンは多いと思う

 それはひょっとしてギャグで言っているのか?
 クロ高実写化は絶対にコケる気がするのだがいいのか?ちなみに主人公の神山役はリンク先見てわかるように須賀貴匡。仮面ライダー龍騎と書くほうがピンと来るか?
 氣志團が出演するとか、渡辺裕之が出る(何の役だ?)らしいですよ、「宇宙船」7月号のプロデューサーのインタビューだと。あと、板尾創路とかエンケン(遠藤憲一)も出演。
 ちなみにゴリラとメカ沢新一は着ぐるみを予定してるそうな。

 とうとう発売キタ━━━( ´∀`)゚∀゚)*゚ー゚)・ω・) ゚Д゚)´ー`)・∀・) ̄ー ̄)・A・)´Д`)丶`∀´>━━━!!
 3月に東京であった「第三惑星放送協會“ブラックワイドショー”惑星協會員 マる秘合同剣修」がついに発売。6月にDVD化されるという情報は聞いていたけど、正式発売決定はやっぱり嬉しい。
 無論、買うよ、オレは。というか、amazonで予約しましたが、何か?
 このイベント自体、かなりの盛り上がりだったらしいので内容には期待。あ、でも前作(第三惑星放送協會 ”ブラックワイドショー” 惑星通達 モハ2-135号)の出来はイマイチだったので期待しすぎちゃいけないのかな?
 ちなみに、日テレの魚住りえアナの局アナ最後の仕事がこの舞台だった模様。
 レギュラー番組としての復活は無理でも、スペシャル番組として半年に1回ぐらいは放送して欲しいなぁ。

6月9日 釈ちゃんはポケモンの映画で声優やった事が過去にあるらしい

 釈ちゃんは好きだが、吹替はどうだろう?
 つーか、フジテレビは映画の吹替に畑違いの俳優使うの好きだよな。「バック・トゥー・ザ・フューチャー」のWユウジ(織田裕二&三宅裕司)とか、「タイタニック」の妻夫木聡&竹内結子とか。
 
吹替の出来に関してはネタになるほどに下手くそだったなぁ、ということしか覚えていない。
 磯部勉とか、津嘉山正種は俳優だけど、オレの中では磯部勉はメル・ギブソンの吹替だし、津嘉山正種はケビン・コスナー。村井国夫もハリソン・フォード(まぁ、磯部勉もよく当ててるが)だな。まぁ、この3人は俳優の吹替という点で言えば別格中の別格だろう。というか、磯部勉と津嘉山正種に関しては普通のドラマ以上に洋画の吹替の印象が強いくらいだし。
 ちなみに、アンジェリーナ・ジョリーの吹替だが、調べてみると菊川怜も1作だけやってるんだな。あとはセーラーヴィーナス役の声優さん(深見梨加)が1作。逆に言うとまだFix(洋画で吹替声優が固定化されること。ジャッキー・チェン=石丸博也とか、アーノルド・シュワルツネッガー=玄田哲章とか、ショーン・コネリー=若山弦蔵とか)されてないということなので、上手くいくとこれからも「アンジェリーナ・ジョリー=釈ちゃん」ということが・・・。
 無いとは言えんが望み薄かな?

6月10日 バカばっか

 昨日の夜にNHK見てたら「プレマップ」という番宣番組で「新選組!」の今後をやってた(総合23:55〜0:00。教育だと6:40〜6:45。「新選組!」以外の場合もあるので注意)。主に鴨暗殺シーン。
 鴨かっこよすぎ。暗殺の回(第25話)は激しく鴨祭りの予感。
 そして、それ以降の池田屋に向かう流れもチラっと映ってたが、近藤に威厳が出てた(今よりも声が低くなってた)上、「内山様のような人がいる限り、徳川幕府はよくならない」(ちょっとうろ覚え)みたいな事も言ってた。今までとは違って、あの近藤なら内山を暗殺しても違和感なさそうだ。
 やっぱりこれから一気に佳境に入っていくんだなぁ。6,7月には鴨暗殺や池田屋や禁門の変があって、それ以降は内部の争いがメインとなって、いわゆる「新選組モノ」の見せ場となるエピソード満載になるのだろう。
 無茶苦茶、楽しみだ。

 バカ?
 オレ自身はプロレスは好きだが、プロレスラーが国会議員になるのは嫌い。馳浩みたいに地方から出馬するのはまだOK(馳は議員としても頑張ってるようだしな)だが、比例代表で客寄せパンダのような扱いで立候補するのが1番嫌だ。
 バカ?
 何なんだ?この罰ゲームチックなユニフォームは?
 いっつも思うのだが、日本のオリンピックユニフォームはダサダサだよな。いっつも入場式を見てると「うわぁぁぁぁぁ!!」ってカンジ。
 せっかくの晴れ舞台だけに、もう少しマトモなデザインで出場させてあげたいなぁ、と思う。

6月11日 公式HPで販売中のカーステッカーも( ゚д゚)ホスィ。車に貼ってあるとインパクト大

 上様、キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!
 今まではマツケンのサイトやマツケンの舞台でしか入手できなかった「マツケンサンバII」がとうとうメジャー発売ですよ!!しかも、「マツケンサンバI」、「マツケンマンボ」、「マツケンでGo!」も収録の隙のない作り。
 さらに「マツケンサンバII」プロモ収録のDVD付。嗚呼、ファンのツボを心得ているよ、マツケン。
 ちなみにこの映像が「めざましテレビ」で流れた時は大塚さんや高島アナ、映画「海猿」のプロモで来ていた加藤あいがクスクスしてたのが印象的。
 まぁ、初めて見た時の衝撃度はハンパじゃないからな、「マツケンサンバII」。
 来年の大河ドラマ「義経」に武蔵坊弁慶役で出演する事だし、今年こそ紅白の舞台で踊り狂うマツケンきぼんぬ。
 「マツケンサンバII」を見たこと無い人はこのサイトで間奏部分のみ見れる(要 Quick Time)ので必見!!

 ( ゚д゚)ホスィといえば、大河ドラマ見てて無性に鉄扇が欲しい今日この頃。できれば、「尽忠報国之士」とか彫ってあるとなおさら○。
 やっぱ、「屋根に登って、燃えさかる蔵を見ながら鉄扇を振り回しつつ酒を飲む」というのはある意味、男の浪漫だな。実現の可否とか、倫理性はともかく。
 何気に通販で取り扱ってるサイトもあるのだが、高い!!安くて¥13,000。高いと¥20,000オーバー(8寸サイズ。1尺になるとさらにお高い)。材質や作りの差(大抵は親骨だけが鉄で後は竹製なのだが、稀に総鉄製とか、総チタン鉄扇(というか、こうなるとチタン扇?))で値段が変わるようだ。
 まぁ、鉄扇を持っていてもおそらく実用性には欠ける(重いから扇ぐのも疲れそうだ)し、無暗に持ち歩くとやっぱマズイんだろうな、アレ。凶器になるし。 

 ( ゚д゚)ホスィつながりで。
 ちくま文庫の「山田風太郎短編忍法帖全集3 忍法破倭兵状」を大学生協書籍部に買いに行ったのだよ、今日。
 全国的には一昨日発売日で、新潟だと昨日発売のはずのなのに生協は入荷してなくて、今日の昼前に買いに行ったら「いやぁ、今日入荷したんですが、入荷分全て売り切れました」との事。_| ̄|○
 これが「めざましテレビ」の「今日の占いカウントダウン」12位の実力か?