真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

                                 6/29 6/30 7/1 7/2 7/3

6月29日 典型的な「試験のための試験」という気がした
 非常に残念。結構、この人のドラマは好きだったのだよ。「反乱のボヤージュ」とか「緋色の記憶」とか。
 導入部はひきつけるが、オチになると尻すぼみな感はあったけれど、才能のある方だったと思う。黙祷。

 さて、BBSにも書いたが公務員試験レポ。
 富山県と東京で受けれるというので、富山で受験。場所は富山中部高校。富山県内に住む人ならば誰もが知ってる御三家の一角(富山県では、高岡・富山中部・富山の3つの高校が入学の難易度と卒業後の難関大学への進学率の高さから御三家といわれる。他の高校から見るとちょっと別格扱い)。
 富山駅から徒歩15分ほどで到着。着いてみてビックリなのは私服の受験生の多さ。オレはスーツだったんだが、スーツ姿の人間のほうが明らかに少ない。公務員試験=入社試験と考えればスーツ着用でくるのが礼儀ではないのか?という気がするのだが、いいのかね?
 受験教室に行ってみると「農業」の区分で受験する人間は23人らしい。東京会場が何人ほどいるか定かではないが、総勢40人ぐらいじゃなかろうか?
 ちなみに定員は4人前後。おそらく「一般行政」に比べると倍率は低いのではなかろうか?逆に言うと、「農業」区分で受けるためには改良普及員資格が必要(合格後に取ってもよいのだが)な事から考えて、受けにきてる人間はオレのような特攻タイプは稀で、一撃必中で狙いを定めて受験してるんだろうなぁ、と思われる。
 試験まで時間がまだあったのでヘッドフォンで音楽を聴く。周りが皆、参考書読んでる中で激しく浮きぎみ。まぁ、浮くよなぁ。こっちは音楽聴きながら「左隣の女の子は可愛いなぁ」とかそんな事考えてんだけどさ。
 時間になって、試験の担当者登場。「めちゃ×2イケてる」の大久保さんにあんまりにもソックリで必死に笑いを堪える。
 試験は午前中に50問の一般教養問題(150分)で、午後に60問中、40問選択回答の専門問題(120分)。
 教養問題だが、かなり時間があるように見せかけて、時間がまったく足りない。
 そして問題の意図がよくわからない。というか、はたしてこんなもんが公務員として必要な知識なのか?という気がすごいする。
 例えば、古今東西の有名な哲学者の思想が書いてあり、正しいものを選ぶ問題。古今東西の哲学者の思想に通じてないと公務員にはなれないのか?というか、そんなのは一般常識なのか?
 あとね、問題がバカ。すげぇバカ。
 例えば、わけわかんない文章がずーっと書かれてて正しい要約を選ぶ問題。理解力とか、読解力を確認するんだろうが、問題解きながら「この文章を正しく理解するよりは、こんなワケわかんない文章を書かないほうが有益だろ?」とか問題にキレる。
 たまに国会答弁とかニュースを見てると役人がワケわかんない答弁をしてるのを見るが、こういう問題は国民を煙に巻く作業に必要なスキルなんだろう、きっと。
 そして論理学の問題とか、やたらと複雑な数学の問題。複雑と言っても問題文が複雑というか。覚えてる問題だが、こんなん。
 ある人が旅行に行く事にした。予算の2/3を交通費、残りを食費とお土産代にする事にした。
 ところが、寝坊してしまい、電車に乗れなかったのでタクシーを使ったら当初予定の交通費の1.25倍になってしまった。
 仕方ないので昼食代を2000円減らして旅行した結果、使った金額は当初予定の旅行予算の1.125倍になった。
 当初予定の旅行金額はおいくら?
 知るか、ボケェ!!つーか、お前みたいな計画性の無いヤツは旅行に行くな!!と回答中に問題にブチ切れ。
 真剣に考えれば正解は出るんだろう(多分、x=48,000円だと思う)が、時間が無いのだよ。ワケわかんない読解問題や論理学の問題ですごい時間を消費してるから。
 結局、自分を信じて勘でマークシートを塗りつぶし。一応、全問回答して提出。
 すっかり、虚脱状態の中、昼食。音楽聴きながらパンを食い、推理小説を読む。やっぱり周りから浮いてるな、オレ。
 午後は専門問題。農業と言ってもいろんな分野があるわけだが、ソレが全部、てんこ盛り。家畜繁殖学とか、植物栽培学とか、有機化学とか、食品加工とか、農業経済とか。
 専門分野はさすがにわかる(食品加工とか、畜産物利用学とか)が、「この構造の中で1番メタの部分に結合する可能性の高い物質はどれか?」とか、「この5種類の食用牛の品種の特徴に関する記述の中で正しいものはどれか?」とかそんな問題がわかるわけもなく、激しく撃沈。
 比較的、何とかなりそうな問題のみ40題選択し、塗りつぶした後、30分前に退出。まぁ、考えたって答えがわかるもんじゃないしな、一般教養問題とちがって。 
 試験後、あんまりにも疲れてしまい、夕食に両親と回転寿司屋に行ったもののいつもの半分程度の食事量で帰宅。何て言うか、精神的な疲労度がハンパじゃなかったですわ。

 結局、受けてみて思ったのは良くも悪くもスキルが必要ということ。
 なんていうか、「公務員試験を突破するスキル」が無いと絶対に解けないような問題というか。特に論理学や文章読解は数をこなすとコツがつかめるのだろう、と思った。
 まぁ、そのために参考書が乱立し、公務員試験の専門学校もいっぱいあるんだろうが、「公務員試験を突破するスキル」=「公務員としての資質」か?と聞かれればNOだと思う。つーか、公務員の「すごく小賢いんだろうが、一般常識の抜けてる」感みたいなものはこーいう部分由来では?と思う(友人・知人に公務員がいるのにこんな事書いて心苦しいが、あくまでも一般論ということで)
 他の県の公務員試験を受けた後輩の話によれば、どの県も問題はほぼ同じらしい(作ってるところが一緒で、いくつかある問題を組み合わせて作ってるらしい。だから公務員試験は全国一斉に同じ日にやるのだとか)。
 何か、画一的だな。そこらへんが公務員チックだなぁ、と実感。 

6月30日 「必殺!4」の時点ではまだ27歳ですか、真田広之

 真田広之最高!!
 いやね、昨日「必殺!4 恨みはらします」をビデオで見たんだが、奥田右京亮(真田広之)がカッコよくてさ。
 白塗りで歌舞いた格好の南町奉行(しかも悪)。ずーっと眉目秀麗(というか、妖艶だな。元 陰間って設定だし)な奉行役なのに、最後に本性を見せてべらんべぇ口調で薙刀持って飛び跳ねるように大暴れする姿は鬼気迫るモンがある。
 やっぱ、殺陣&馬術はJAC仕込みだし、日本舞踊の名取なだけに所作は決まってるし、ある種、時代劇の申し子みたいなモンだな。つーか、時代劇に必要な要素をここまで高いレベルで習得してる役者さんってそうそういないし。
 そう言えば深作欣二監督の「忠臣蔵外伝 四谷怪談」は当初、民谷伊右衛門役はは仲村トオルだったんだが、あまりにも所作がひどいためにキレた深作監督に降板させられ、その時に監督が「誰か(佐藤)浩市か(真田)広之、つれて来い!!」と叫んだという噂がある。
 ちなみに佐藤浩市は「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の民谷伊右衛門役で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を授賞してる(ちなみに真田広之は浅野内匠守役で出演)。

 そういえば、今日は「丹下左膳」放送日か。何気に日テレが時代劇を放送するのは最終回に高橋英樹がタキシード姿でニヤリな「さむらい探偵事件帖」まで遡るようだ。
 っていうか、アレが最後の日テレ時代劇だったのか・・・。

7月1日 「憎まれっ子、世にはばかる」と言うし、長生きするんだろう、こーいうタイプの老人は

 このクソジジイはどうにかならんものかね?
 というか、冷静に見れば「ある球団の1オーナー」でしかないこの爺さんにこんな事を言う権限があるのがおかしいのだけれど。つーか、「オーナー会議で承認しなきゃ入れないんだから。知らない人が入る訳にはいかないだろう。僕も知らないような人が」ってコメントは唯我独尊的で非常にナベツネ度の高い発言ですな。
 どうも近鉄買収に動いてる「ライブドア」って会社も胡散臭い部分はあるし、売名目的で本当に買う気があるかは微妙なんじゃないのか?という気もするし、ITバブルで稼ぐだけ稼いだけど、近鉄を経営していくような地力が会社に備わってるように見えないよなぁ、とか問題点も多いのだが、近鉄・オリックスの両オーナーとナベツネの対応を見てると不快感のあまり「合併なんかしないで買収のほうがいいなぁ」って気分になる。
 そもそも、ファンと選手は合併を望んでない人が多いようだし、最初のうちは「買ってくれる人がいないんで仕方ないから合併かな?」みたいな雰囲気だったのに、今じゃ「何が何でも合併して1リーグでやるんだ!!」みたいな雰囲気になってて、球団経営者の側だけが合併に乗り気に見える。
 この問題が起きて近畿日本鉄道(近鉄バファローズの親会社)の社長は「球界の大改革を今からやろうとしているんだ。それに逆行する勢力が仕掛けてきたものだろう。近畿日本鉄道をなめるなよ、という思いだ」と答えたそうなんだが、年間30億円の赤字出してりゃなめられるよなぁ。
 こんなゴタゴタを続けていたらプロ野球に対する興味が薄れていって、衰退の一途を辿ると思うのだけど。
 個人的な意見としては球団数を少なくして1リーグにすると日本のプロ野球はダメになる気がする。っていうか、ナベツネが生きてる間はダメだろうな、プロ野球。

 そうそう、7/14から教育テレビで「プラネテス」放送だって。
 ちなみに放送時間は24:25〜。なんか見逃しそうな時間帯だな。

7月2日 オレの中ではいつまで経っても「糸井重里=徳川埋蔵金」なイメージ

 なんか、ベタぼめだな。
 糸井重里は最初っから「新選組!」を見てたみたいなんだが、各種マスコミでは大抵、「新選組!」は叩かれているだけにちょっと嬉しい。
 しかし、糸井以外のほかの対談者の人があらすじ読んでるとはいえ25話だけを見て大絶賛なのは嬉しいけど嬉しくないというか。第1話から見てた人間の感じる面白さとは違ったんだろうなぁ、と思って。
 今後の展開を考えた時も、最初から見てた人と途中から見始めた人では鬱度が違ってくるんだろうな、きっと。
 例えば「池田屋事件だから」って理由だけで28話(7/18放送)を見た人と、多摩編からずーっと見てた人では望月亀弥太に対する想いが違ってくるはずだし。
 物語はこれから終盤に向かっていくけど、試衛館組の行く末を考えると楽しみだけどすごく鬱。
 今後の山南さんと平助と源さんの事を考えるとなぁ・・・。
 三谷幸喜脚本のドラマ自体、いいことか悪い事かは別にして、基本的には前半部分〜中盤はけっこう展開が遅くて、見ててイライラして、視聴率もそこまででずいぶんと落ちてしまうけど、終盤に一気にひろげられてた伏線が消化され、物語が収束していき、畳み掛けるような面白さがあるんだよな。「合い言葉は勇気」とか、「総理と呼ばないで」とか(「王様のレストラン」は初回から最終回まで一切の中たるみがなく、非の付け所がないほど面白かったが、アレは奇跡的だと思う)。
 そういった意味で、ずーっと見てたことにちょっとだけ優越感を感じる今日この頃。
 って言うか、「新選組!」を一気に深夜(さすがにゴールデンは無理だろうから)に再放送するといいんじゃないかね、NHK?

7月3日 誰か宮崎駿に忠告してやれよ、とアンチ宮崎アニメ(「紅の豚」は除く)なオレでも考えてしまうのだが、アレは仕様なのか?

 今日、映画館に「スパイダーマン2」を見に行ってきた。ホントは7/10からなんだが、今日だけ先行上映やってるので。
 映画自体は非常に面白かったです。まぁ、激しくムカついた部分もあったけどさ(詳しくは「シネマ」参照。激しくネタばれだけど)。

 んで、映画館で「スチームボール」の予告編を見た。「AKIRA」で有名な大友克洋監督作品、製作9年、総予算24億円というかなり破格のアニメ。
 実際、絵は非常にきれいだった。やっぱ、作画枚数18万枚のアニメだけによく動くし、緻密。
 まぁ、ソレはよい。問題は声優陣。
 主役が鈴木杏。ヒロインが小西真奈美。公式HPを見たところ、他にも中村嘉葎雄、津嘉山正種、児玉清、沢村一樹、斎藤暁、寺島進と俳優陣総出演。何で本職の声優ではなくて、俳優なんだろう?
 津嘉山正種は洋画吹替で実績があるし、アニメにも参加してるからヨイ(個人的にもこの人の声は好きだ。役者としての演技も好きだけど)として、他の面子はどうなんだろう?
 ちなみに、予告編見ただけの意見で言うと、鈴木杏は下手。中村嘉葎雄も微妙。小西真奈美はあんまり違和感ないかな。
 個人的には中村嘉葎雄も児玉清も好きだし、小西真奈美もファンだったりするのだが、ちょっとなぁ・・・。の感は否めない。
 明日からNHKでは「名探偵ポワロとマープル」というアニメを放送するが、ポワロ役は里見浩太朗でミス・マープルは八千草薫。ほかにもゲストとして草笛光子とか、加藤雅也とか、松方弘樹が出演するとNHKの予告番組で見た。さらに予告番組見た限りでは里見浩太朗も八千草薫もお世辞にも上手いとは言い難かった。
 本業じゃない人たちを声優として起用しつづける宮崎駿の最新作、「ハウルの動く城」主役の声がキムタクで、共演が倍賞千恵子。
 アニメだけに限らず、映画でも最近は声優以外の人が吹替をやることがある。実際、最近放送した「トゥームレイダー」では釈由美子がアンジェリーナ・ジョリーの声をやってた。
 これもオレが釈ちゃん(;´Д`)ハァハァな事を差し引いても上手くなかった。ゲーム「機動戦士ガンダムめぐりあい宇宙」で吹替やってた時はさほど違和感感じなかったけどね。
 俳優でも上手い人は上手い(津嘉山正種、磯部勉、村井国夫、森山周一郎etc.)が、大抵の場合はヒドい。
 オレ自身、そんなに声優の上手い下手ってのは詳しいところまではわからないが、とりあえず聞いてて違和感のある吹替はダメだろ?
 結局のところ、製作側にとってみると有名なタレントを起用すると話題性が出て、何かとオイシイのだろう。ワイドショーも取材に来るし。
 ただ、洋画の吹替好きであり、アニメ好きとしては無名の声優でいいから全体の完成度を考えて欲しいなぁ、と思うし、好きなタレントが好きな映画やアニメの吹替をやってて出来がヒドイとかなりヘコむ。