真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

                                 8/16 8/17 8/18 8/19 8/20

8月16日 日本人はオリンピック好きですなぁ
 お盆休みから復帰でございます。
 とはいえ、今日の昼過ぎに実家を出てきたんで、今日はレンタルしてきたCDのダビングとHPの更新しかやってないがな、HAHAHA(全然、研究とは関係ねぇ)。
 つーか、大学来たら人いないし。

 休み中は基本的に寝てるか、TV見てるか、モノ食ってるか、ってカンジ。特にオリンピックは始まるまでは「盛り上がりに欠けるなぁ」とか、「時差があるから見る気しないな」など家族で言ってたのに、始まってみると画面に釘付け。
 柔道なんて家族4人で食い入るように見てた。個人的には野村のオリンピック3連覇という偉業に興奮してたのだが、TVとか新聞は谷ばっかり取り上げてて、けっこうブチキレ。つーか、谷はスゴイんだが、あれだけTVでしゃべりまくってるとムカついてくる。
 朝の番組で小倉が「YAWARAちゃんって呼ばれるの、もうイヤでしょ?」とか言って、谷が「いや、別にいいんですけど、谷のほうがうれしいですね」とか言ってて、画面に向かって「そもそもお前がYAWARAちゃんって誰が認めたんだよ!!」と毒づいてみたり。
 あとは「新選組!」見て日曜の夜に独りブルーになって、家族と離れて独りで2階で(´・ω・`) ショボーン
 山南さんとは立場的なもので非常にシンパシーを感じるので、「逃げてー!!山南さん逃げてー!!」と思うわけだが、来週の予告で浅葱色の裃着てる姿を見ると史実を知ってても泣けてくる。
 つーか、BBSにも書いたが、「第33回、『友の死』お楽しみに!!」ってナレーションは如何なものか?

 で、山南さんと明里の関係がすごくいいなぁ、と思いながら寝たわけだが、今朝の明け方に夢を見た。
 妙に豪華な旅館でテレビ宮崎の女子アナウンサーとオレが出会い、出合った瞬間に一目ぼれ。その後、ちょっとした会話から口論になるのだが、女子アナが高熱を出して倒れ、それをオレが寝ずに看病し、相思相愛になって、お互いに運命を感じたところで目が覚めた。
 なんでテレビ宮崎?オレは宮崎に何の縁もゆかりも無いんだが。宮崎県出身の知り合いもいないしなぁ・・・。
 オレにとってのbetter halfが宮崎にいるという暗示なんだろうか?行く機会なさそうな土地なんですけど・・・。(←ダメじゃん!!)
 つーか、コレがもうすぐ28歳に手が届こうかという人間が見る夢かね?

8月17日 オレの周りじゃ冬ソナ見てるって話は聞いたことが無いが、マスコミ的にはブームらしい

 朝起きて メダルが増える 夏五輪 (こちんぴ、夏の発句)
 
 まさか体操が獲るとは思ってなかったんで、朝TV見た時はビックリした。昨日は、実家から帰ってきた疲れと、柔道が早々と負けたんで比較的早くに寝たのだよ。

 「大奥」続編キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!
 つーか、「火曜時代劇」枠じゃなくて木曜22時かよ!!
 普通の時代劇は視聴率が振るわない中で、「大奥」は視聴率がすごくいいみたいなんで、フジが仕掛けてきたんだろうな。その勢いでいっそのこと木曜22時に「木曜時代劇」枠作ってくれないかなぁ?
 個人的にはけっこうファンなキムタエこと木村多江さんの出演が嬉しい限り。何気に前作の「大奥」に引き続いての出演だが、今回も薄幸オーラの出てる役なんだろうか?
 
 フジテレビといえば、昨日、帰省中にビデオに撮りだめしてた番組を見てたのだよ。
 んで、見終わったところでちょうど「東京湾景」をやってたんで、はじめて見てみた。後半10分ぐらいだけど。
 ( ゚д゚)ポカーン
 ・・・。えーっと、アレは毎回あんなネタドラマなんでしょうか?
 とりあえず、新聞のラテ欄には「ソナタ」ってサブタイがふってあり、CMいくときには「東京湾景 夏ソナSP」のロゴ(放送時間はいつもと同じ。冬ソナに出てた俳優が昨日は出てたらしい)。
 個人的なツボはペ・ヨンジュンっぽいビジュアルの中村俊介が成田空港で唐突にヤク中の人に刺されるシーン。
 このご時世で、空港に包丁持ち込みですか!?というか、大昔の大映ドラマではおなじみの「唐突に関係ない人間に刺される重要人物」というシチュエーションが2004年のこのご時世に復活かよ!!
 思わず、「スクールウォーズ」でチンピラの喧嘩に巻き込まれ、唐突に刺し殺された梅宮辰男を思い出してしまった。
 これからも韓国ドラマブームみたい。けっこうウンザリ。

 ワラタ
 吉田戦車は「新選組!」好きなんだろうか?(エハイクその95を見ると、ジョン・健・ヌッツォ好きなのかもしれない)
 つーか、いくつかのカラオケ機種では「新選組!オープニング」が歌えるらしいんで、早くJOYSOUNDにも入荷してほしいところ。

8月18日 水曜は立ち読みする雑誌が多くて忙しい

 何の予備知識も無く「週刊少年マガジン」を立ち読みしたら「料理少年味の助」が今週で打ち切られてた。
 ここんとこずーっと、ネタ漫画としても面白みに欠けてたんでそろそろ打ち切りかなぁ、とは思ったが、あんないろんな伏線や設定が投げっぱなしジャーマンっぷりの激しい打ち切りは久々に見たね。
 結局、「汁」が「ぴゅぴゅ」っと女性キャラの顔面や口に発射されてた時がピークで、それが無くなった時点であの漫画の存在意義は無かったということか?(誤解を招くような表現だが、あくまでも「少年向け料理漫画」ですよ。表向きは)
 追悼記念に単行本の4巻を生協で買ってきたがやっぱり面白くない、っていうか「漫画としての面白く無さ」が面白い。サムすぎて笑える、みたいな。
 今週の「週刊プレイボーイ」。
 「キン肉マン2世」だが、超人パワーを失ったロビンマスクがどう見てもバラクーダなのはいいとして、全裸で洋服買いに行くのは如何なものか?
 ジョンブルマンを倒してたギロチンキングがイギリス出身なのも釈然としない(ギロチンの発祥はフランス)。
 でも、すべて「ゆでだから」の一言で片付いてしまうんだよなぁ。そう考えるとすべての矛盾やツッコミどころが「ゆでだから」の一言で納得されてしまうゆでたまごはスゴイなぁ。
 水曜なんでTV誌も立ち読み。
 どのTV誌も「新選組!」山南さん切腹特集があってちょっとヘコむ。今日の朝、第33話「友の死」の15秒ぐらいの予告スポット見て悲痛感漂うスポットで暗い気分にさせられてたところにダメ押しされたカンジ。
 しかしここにきて山南敬助役の堺雅人はいろんなメディアで引っ張りダコだなぁ。昨日、新聞読んでたら女性誌の広告があったが特集組まれてるようだし、今週の「恋するハニカミ」にもゲスト出演するようだ(大河内奈々子とデートするらしい)。
 そーいえば昨日の深夜にウンナンの番組を見てたら井上源三郎役の小林隆さんがゲスト出演してた。ウッチャンが興味を持ってゲストとして呼んだらしい。
 「新選組!」、視聴率が悪いとか言われてるけど、出演してる俳優さん達は今後一気にブレイクの予感(特に山本耕史と堺雅人)。

8月19日 ぼんばへっ!!

 国際学会から帰ってきたんで今日からマイケル復帰(イメージBGM:「仁義なき戦い」メインテーマ)
 サヨナラ、オレの精神的に自由な日々。

 昨日、近所のレンタル屋に行ってきた。目的は山崎まさよしの新曲「ビー玉望遠鏡(スコープ)」とポルノグラフィティの2枚のベスト盤「BLUE'S」&「RED'S」のレンタル。
 そんな中、偶然見つけちまったよ。m.c.A・Tのアルバム「Returns!」。嗚呼、発売当初に近所のTSUTAYAにいったら当然のように入荷してなかったのに。
 というわけで、借りてきた。基本的には過去の曲のリメイク。
 10年ぐらい前に聴いてた時は「嗚呼、時代よりも10年先に行ってるよな、m.c.A・T」と思っていたが、今聴くとベクトルが違ってたんだなぁ、この人。
 無論、10年前とは違って進化というか、変化はしてるけど。「Bomb A Head!」と「Bomb A Head!Returns!」を聴き比べるとずいぶん変わったんだなぁ、とは思うし(「Bomb A Head!」10年ぐらい前に聴いた時には結構画期的だったが、今聴くとイメージよりはテンポ遅いのな)。
 でも、m.c.A・Tの音楽性を例えて言うと、みんながグラウンドで100m走の勝負をしてるのに、グラウンドの隣のプールで100mバタフライをしている男。それがm.c.A・T。
 オレはキライじゃないけどな、そんなm.c.A・Tが。
 でも、これをカーステレオで聴きながら窓全開で街を走るのはある意味、罰ゲームになっちゃうんで勘弁な。

8月20日 家の近所のビデオ屋に北大路版「忠臣蔵」が無いのが凄く不満。入荷してくれ(誰かダビングしてくれないかなぁ。ビデオ収録の「高田馬場の決闘」が見たい)

 京様は何がしたいんですか?個人的に一番ツボだったのが、
 >ギターはダイヤモンドなど多数の宝石をちりばめた特注品で、刀も収納できる。
 って、仕込みギターかよ!!THE ALFFEの高見沢のギター以上に派手なギターの予感。
 しかし、「必殺仕事人V」で共演してた村上弘明は今じゃ押しも押されぬ時代劇スターなのに、京本は色物っぽいカンジが拭えないのは何故?「必殺仕事人V」の時のクレジット順から考えると、あの当時は京本>村上だったみたいなんだがなぁ。
 時代劇、現代劇に関わらず雰囲気が耽美すぎるというか、浮世離れしすぎてるというか、現実感があんまりないのが影響してるんだろうか?

 時代劇つながり。
 いやぁ、やっぱり毎年1回は「忠臣蔵」だよね。っていうか、年末恒例行事みたいなモンだし。今の時期はビデオ屋に忠臣蔵モノがあっても食指が伸びんのだが、年末になると無性に見たくなる。
 テレ朝の公式HPもあるんだが、見たかぎりではかなりコテコテの忠臣蔵というか、王道のつくりになるようだ。公式の登場人物紹介の吉良は根っからの悪っぽいし(しかし、伊東四朗は悪い顔してるなぁ)。
 堀部安兵衛と並ぶ斬り込み隊長的キャラの不破数右衛門よりも、兄がいなかったので兄の着物に対して別れの盃を交わした赤埴源蔵のほうが公式HPの扱いがいいのは寺島進と永島敏行の格の差って事なんだろうか?個人的には不破数右衛門は四十七士の中でも1,2を争うほどに好きなキャラなんだが(とはいえ、赤埴源蔵のエピは忠臣蔵の見せ場であり、感涙ポイントなので外せない。オレも好きだし、このエピ)。
 あとは、神崎与五郎演じるスマートブレイン社長(村井克行)の扱いが悪そうな気がするんだが、気のせいか?神崎与五郎自体は結構メジャーな隊士なんだけどなぁ。
 宇梶の堀部安兵衛は微妙。見てみないとなんとも言えないがオレの中では安兵衛といえば世良のアニキか阿部寛。無論、キムタクは却下。
 今のところ吉良側のキャストが謎なんだが、吉良側のキャストにも大物が来ないと盛り上がらないんだよなぁ、忠臣蔵モノは。千坂兵部とか、色部又四郎とか、小林平八郎とか、清水一学とか。
 オレの中では忠臣蔵は北大路欣也版「忠臣蔵」が今のところNo.1。今回のマツケン忠臣蔵の出来にも期待。