真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 2/20 2/23 2/24 2/25

2月20日 昨日はマジで半死半生
 いやぁ、体調崩すとヒドい目にあうね。
 ライブに無理して参加したのが祟って、昨日は一日死んでたよ、アパートで。
 熱が出た上、薬飲んでも下がらないし(インフルエンザになった時にもらった薬を飲んだんだが、それでも39℃を突破した時にはちょっと焦った)。
 肉離れをおしてライブに参加したものの、足が痛いのを庇って知らないうちに妙な姿勢になったのか、腰に負担がかかって腰痛再発したらしく、体に力が入らないし。
 そんな時に限って冷蔵庫の中身もカラで、薬を飲んで比較的楽になった時にコルセット(腰)、サポーター(ふくらはぎ)装備で車を運転して買い物へ。
 どんなに体調が最悪でも、独りで解決していかなきゃいけないのが独り暮らしの泣ける部分ですな。
 意識が朦朧としていたからか、買ってきたものを後から見たら、「病気には一見よさそうなものの、妙なもの」が多かったが(果汁10%なグレープフルーツジュース、大量のプリン、熱さまシート(子供用))。
 寒さに震えながら(悪寒がしたので。っていうか、靴下はいて、トレーナーを2枚着てるのに寒いってのはマトモじゃないですな)、食事としてプリンを食べ、昨日は20時に就寝
 今日は6時過ぎに起きたんだが、起きてから体温を測ってみたら36.5℃にまで下がってた(日中には37.5℃まで上がったけどね)。足腰の痛みもずいぶんと緩和したし(緩和しただけで普通に痛いですよ、まだ)。
 で、午前中は家で安静にしてたんだが、午後からは大学に来た。作らなきゃいけない書類があってね。ほとんど出来てはいたんだけど、その推敲に。
 何か自分の体力に自信が持てなくなって嘆くべきなのか、回復力の速さに「オレもまだまだ若いな」と思ってれば良いのか。
 ・・・。まぁ、若い人は腰痛が慢性化しないだろうけど。
 ちなみにそんな体調で見に行ったスガシカオライブはけっこう微妙でした。
 オレの体調がライブ中からおかしかったので、ライブを楽しむ余裕がまったく無かった事(「早く帰って、横にならないとヤバいなぁ」ってのが途中から頭をよぎり続ける中でのライブだったからね)と、スガシカオの体調が良くなかったのか前半部分、声が全然出てなかった事、そしてオレの前にいた2人組の客がかなり痛かった事。これらの要因でかなり不完全燃焼気味。

2月23日 今じゃ病院でじーさんばーさんにあいさつされるぐらい、周りに溶け込んでき

 とりあえず今日から更新再開。で、再開するにあたって今回の事の顛末を一応書いておこう。
 2/20の夕方、学校帰りにスーパーで買い物してた時に、「あ、ヤバイな」と思い、アパートに帰って布団ひいて横になったんだが、すでに手遅れ。
 その時点で左足と腰に激痛が走り、立つ事も出来なくなってた
 脳裏に瞬間的に浮かんだのは数年前に救急車で運ばれた時のこと。あの時の症状と同じだ、と気付いた訳です。
 当時と違い、車があるので痛みが薄くなったスキに車に乗り込み、救急車で運ばれた近所の総合病院へ死に物狂いで行ったものの、「今は循環器系の医者しかいないから(・∀・)カエレ!!」と受付で門前払いにあい、結局アパートへ。
 あまりの激痛に寝る事も出来ず、明け方にちょっとウトウトしたぐらい。で、気がついたら左足の痛みはすっかり無くなり、右足に激痛が走るようになったのだが。
 翌日の2/21、朝イチで近所の整形外科に行き、診断された結果が「椎間板の炎症から発生する坐骨神経痛」との事。要は腰の椎間板周辺の神経が炎症を起こし、それが引き金になってお尻〜ヒザ裏に伸びる坐骨神経を刺激し、足に痺れが出て痛くて歩けなくなるらしい(足が原因じゃなくて腰が原因なので症状が左足に出たり、右足に出たりしたとの事。左足ふくらはぎの肉離れも肉離れではなくて、坐骨神経痛由来の痛さだった可能性が高い)。
 結局、腰に症状を緩和する注射を、腕の静脈から筋肉のハリを抑える注射を打ち、腰に電気を流して帰宅。
 その日は論文の締め切り等の関係で大学には行ったものの、激痛の為1時間も持たずに帰宅し横になって寝てた。
 昨日から大学にもちゃんと復帰はしたが、大学に来る前に病院でのリハビリ(腰&静脈の注射、腰への電気刺激)を受けてる。しばらく続けなきゃいけないようだ。
 復帰したといっても腰も足もまだ痛いし、痺れもあるし、通常生活に戻ったとは言えない、ってのが正直なところ。歩くたびに足に痛みがあるぐらいなので(今は大学には車で通学している。入構票が無いので本来は車で通学するのはNGなんだが、守衛さんに診断書を見せて特例として入構させてもらってる)。
 腰痛持ちなのはわかってたし、最近は疲れがあって腰が痛かったし、体重増加に伴って腰に負担をかけてるのもわかってたんだが、
 ・慢性的な寝不足
 ・疲れ
 ・精神的ストレス
 ・スキー(医者が言うにはとても腰によくないスポーツらしい)
 ・ライブ(立ちっ放しだからね)

 といった腰に良くなさそうな事が続いた為に一気にブレイクした模様。
 劇的に良くなることは絶対に無いので、地道に無理せず養生しようと思う。

2月24日 どうしても「大岡越前=加藤剛」なイメージ

 微妙。
 欣也は大好きだが、大岡越前じゃないだろう、って気が。欣也の場合、バッサバッサと敵を叩き切る時代劇のほうが向いてると思うんだけどなぁ。
 まぁ、テレ朝時代劇は欣也主演だった「子連れ狼」が完結しちゃったから、
 ・1月期 八丁堀の七人 (今放送してるのは第6シリーズ)
 ・4月期 名奉行 大岡越前 (おそらく、好評ならシリーズ化)
 ・7月期 銭形平次 (7月に第2シリーズ放送が決定済み)
 ・10月期 新規シリーズ

 でまわす事になるんだろうし、人気シリーズだった「暴れん坊将軍」、「子連れ狼」の無い今となっては新規シリーズコンテンツの獲得が急務だしな。今の時点ですでに村上弘明度の高い編成(「八丁堀の七人」&「銭形平次」)だから、それ以外の主役って事で欣也主演になったんだろう。
 ただ、今のコンテンツではやっぱり「悪人叩き斬り度」不足。「八丁堀の七人」は最後の捕縛シーンがウリだが別に叩き切るわけではなく(十手&鉄鞭で殴打)、銭形平次も銭投げ&十手殴打。
 ここらへんで某3匹(無論、英樹、役所、小朝Ver.)ぐらいに「ヲイヲイ、あんたら斬り過ぎだよ」とTVの前でツッコミをいれたくなる完全娯楽時代劇が見たいところだ(そーいう意味ではNHKで4月から放送開始の「柳生十兵衛七番勝負」(主演:村上弘明)には期待したい)。

 さて、今日は「新選組!」DVD-BOXが届く日!!
 まぁ、家に帰っても不在通知が入ってて、受け取りは後日になるとは思うのだが。

2月25日 毎日の病院通いで、看護婦さんって大変な仕事だなぁ、と実感すると同時にありがたみが増した気がする

 ('A`)  「ま、これでいいんじゃない?」
 って、鈴木君のお墨付き(?)が出たので、ずーっと直してた論文を再投稿する事になった。ちなみに、前回別の雑誌に受理された論文はVer.4までの手直しでOKだったんだが、今回再提出するやつはVer.13。如何に初稿の時からグチャグチャに手を入れてきたか苦労が現れる数字ですな。
 まぁ、今度再提出したからって、受理されるとは限らないのだが。 (´・ω・`)
 とりあえず、やるだけの事はやったので、あとは運を天に任せる事にするよ。そして、9月に卒業できるかどうかは甚だ微妙だが、博士論文もそろそろ少しずつ執筆に入ることにする。

 そうそう、腰痛のほうだがだいぶ良くなってきた。とはいえ、まだ右足に坐骨神経痛による痺れや痛みは残ってるし、腰も痛いけど。
 今は毎日、リハビリとして病院に通院してる。朝8:30前に病院に行き、30分ほど待合室で小説読んで時間を潰し、9時から治療(開店時間に行くとかなり待つ必要がある)。
 10分間腰に電気を流し、腕の静脈から筋肉のコリをほぐして痛みを止める薬を注射し、腰に炎症を抑える薬を2本打ってる(今日になって腰の注射を2本打たれていたことに気がついた。今まで1本だけだと思ってたのに)。
 数日前は歩けなかったが、今は痺れや痛みがあり、足は引きずるものの日常生活を送る上ではさほど苦労は無くなった。まぁ、まだ長時間立ってたり、派手に動くと無理がかかるから安静にしてる事が多いけど(だから自炊もしてないし、部屋の掃除もしてない。日常生活は送れるようになったが、最低限の日常生活ってコトだな)。
 オレのカンジとしては本格復帰にはあと1週間〜10日は必要なんじゃないだろうか?日に日に良くなってる実感はあるけれど、それにしてももう少しかかりそう。
 それにしても整形外科というのは繁盛するもんだなぁ、というのが毎日通っての感想。当然、お年寄りが多く、彼らはリハビリ的な治療(電気流したり、牽引したり)を10〜20分すると帰っていくのだが、数が圧倒的。あと、意外に若い人も目立つ。見てると大抵、腰のようだ(歩き方とかで何となく推測できる)。
 院内は何となく「同病相憐れむ」というか、生温かいやさしさに満ちてる気がするが気のせいだろうか?みんな大抵腰とか足とかヒザとか、痛い部分が似通ってるからか待合室で醸し出される一体感(?)が他の病院の待合室よりも大きくて、「嗚呼、あの人の腰は痛そうだな」とか、「あの人は足が良くないのかな?」とか感情移入しやすいというか。
 オレがあんまり病院に行かないんで待合室の雰囲気に慣れてないだけなのか?