真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 2/27 2/28 3/1 3/2 3/3 3/4

2月27日 FAKE STAR
 無性に聴きたくなったので、THE BLUE HEARTSのベストを借りてきたんだが、「情熱の薔薇」が収録されてないのは何でだろ?ベストなら入ってて当然な曲だと思うんだがなぁ。
 そして、日曜の朝なんで激しく布施明の曲が聴きたくなり(「仮面ライダー響鬼」見たからね)、ベストを借りようと思ったら近所のTSUTAYAには無かったよ。ちょっとショック。
 まぁ、ベストと言っても「君は薔薇より美しい」を聴きたかっただけなんだが。

 さて、本題。
 昨日の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(以下、種死)にとうとうパチもんグフ(グフ・イグナイテッド)が登場したねぇ。
 色を青く塗りなおして、背中のゴテゴテしたランドセルを外すとまんま1stガンダムのグフと同じデザインなガワラ御大の投げやりっぷり激しい仕事が垣間見えるMS。
 ちなみにこのガンダム、監督の福田と主題歌歌ってた西川君(T.M.Revolution)の
 福:「西川君、好きなMS何?」
 西:「グフですね」

 の会話から種死への登場が決まったという1stファンには(別の意味で)泣けてくるエピソード付き。つーか、そんな理由で永遠の名機、グフを汚しますか?個人的に1stのMSではグフが一番好きだったこちんぴさん的には結構トサカにくる訳だが(つーかね、前作の種でジンとかゲイツとかMSがいたのに、その流れを一気に捨てて「ガンダム」の代名詞的なザクやグフに安易に頼る姿勢が最悪)。
 ちなみに前作の種でカガリが唐突にストライクルージュという専用ガンダムに乗ったのも、カガリの中の人の兄貴が食事会に身内ってコトで参加して、監督の福田に「妹にもガンダム専用機くださいよ」と言ったら登場した、という結構香ばしいエピソードがあったりするらしい。
 もうタネぽ。
 で、昨日の土曜ワイド劇場。「明智小五郎VS金田一耕助」というドラマが放送されたんだが、これが最悪。
 TOKIOの松岡が明智小五郎、長瀬が金田一というドラマで、当然、江戸川乱歩も横溝正史もいっさい絡まない、オリジナル脚本だったんだが、オリジナルだと割り切っても酷いですなぁ。
 土曜ワイドだから金田一が脇で、明智が主役なのは我慢するとしても(土曜ワイド劇場は昔から明智モノを多く作ってるので)、「混浴露天風呂に入る金田一」とか「どう見ても発泡スチロールな岩から逃げる金田一」とか「ハリウッド映画みたいな爆破にまきこまれる金田一」なんて絵は金田一耕助好きとしては見たくなかった。
 しかも、長瀬演じる金田一耕助は横溝正史へのオマージュになっているどころか、ただのバカ青年。全然、金田一耕助ではない。歴代最悪な片岡鶴太郎はもちろんの事、オレが大嫌いな「自称 金田一耕助の孫」の高校生よりも酷いし、登場人物が金田一や明智である必要性も全く無い。ネームバリューだけが利用されたってカンジだ。
 ヘタすると続編が作られそうな雰囲気だったが、昨日の放送だけで封印してくれ、頼むから。
 そして「僕らの音楽」。
 フジテレビ系列の音楽番組なんだが、昨日の放送は「ガンダム特集」。一応ガノタとしては見たが、終始種&種死の特集。他局の種&種死を特集するなら自局でやってた「∀ガンダム」の西城秀樹と谷村新司連れて来い、っちゅーねん(しかも番組内CMで次の種死OP&EDまで発表してたな)。
 番組スポンサーがソニーレコードで、種&種死のOP&EDはすべてソニーレコード所属のアーティストだから特集したんだろうが、これがガノタ的にはかなり頭に来る出来。
 種&種死の成功を「美形キャラの登場」、「現代社会に則したドラマ性」、「ハイクオリティーの楽曲」の3つと分析してたが、今から30年ぐらい前のアニメである1stのカイやブライトと今放送中の種死のイザーク、アスランを一緒の画面で比べて「今のキャラのほうが美形」と表現するのは如何なものか?
 音楽に関しても暗に「今までのアニメは音楽性が無かったが、種&種死はアニオタ以外にも売れるオサレ楽曲ですから」みたいなニュアンスで番組放送してるし。
 見た感想としては西川君はともかく、HIGH and MIGHTY COLORはかなり地金が出たというか、生歌歌わせるとヘタなのがバレるな。
 そして玉置成美の事を「ガンダムシリーズで最多の楽曲を歌う、『ガンダムの歌姫』」と紹介してたが、「ガンダムの歌姫」と言えば森口博子だろうが!!
 しかも、森口のほうがガンダム貢献度が高いんだが(森口は「水の星へ愛を込めて」、「銀色ドレス」(「Ζ」)、「ETERNAL WIND」、「君を見つめて」(F91)の4曲、玉置成美は「Believe」、「Realize」(種)、「Reason」(種死)の3曲。まぁ、森口の場合、「銀色ドレス」、「君を見つめて」は挿入歌だし、F91は映画だけども)

2月28日 今朝、鏡見てたら白髪を2本見つけてしまった _| ̄|○

 今日、通院している整形外科に行ったら隣に座ったおばあさんに
 「おめさ、どこ悪い?」
 と聞かれた。どうも若者が整形外科にいる(しかも毎日通院している)のが気になったようだ。
 「腰を悪くしまして」
 などと答えたら、
 「若いと腰を傷めやすいから。若いからすぐ治るだろうけど、気ぃつけなさい」
 などと励まされた。お年寄りに励まされる28歳・・・。さすがに「数年前から腰痛を患ってて、持病みたいなモンですよ」と正直には答えられなかったよ。「若者」としてはね。
 ちなみに状態だが、腰の痛みはほとんど無い。
 ただ、坐骨神経痛が相変わらずなので、右足は痺れ、太もも〜ヒザ裏にかけて歩くと痛い。なので、歩く時は右足がびっこを引いてるし、背中も猫背気味。傴僂(「せむし」。今は差別用語みたいなんで使わないほうがよいんだが、別の言い方すると何だろう?「腰の不自由な人」?)みたいなカンジ。
 もっとも、今日は病院に行くと毎回打たれていた腰の注射(2本)を打ってないので痛い、ってのがあるとは思うが。調子よさそうだから、今日は様子見で打つのをやめて様子見てみましょう、ってコトになったんだが、薬無しではまだキツいようだ。
 っていうか、新潟市内は雪だったので、病院に行った時に車のワイパーを立てたんだが、ワイパーを持って立てようとした瞬間にケンシロウに秘孔突かれた時みたいな激痛が走った。
 ホントにオレは若者なのか?

3月1日 「阿部寛がケンシロウ役」と最初聴いた時、実写化するのかと思った

 どーいう企画なんだ?
 原作者の原哲夫じゃなくて、「CAT'S EYE」や「CITY HUNTER」の北条司が「北斗の拳」のキャラデザをするという意図がサッパリわからないんだけど。そして、ケンシロウの声が初代の神谷明でもOVAの「北斗の拳」でケンシロウの声を当ててる子安武人でもなく、阿部寛だし。
 んで、タイトルだけ見ると主役はラオウか?そうなると阿部寛や柴咲コウを脇役にして、内海賢二(アニメ「北斗の拳」ラオウ 役)が主役なのか?それともラオウも声が変わるのか?
 いろんな意味で興味は尽きない。作品自体にはまったくと言っていいほど興味が湧かないけど。
 
 アニメつながりで。
 NHKで不定期放送中の「BSアニメ夜話」だが第3弾のラインナップが決まったようだ。
 3月28日(月) 23:00〜 「新世紀エヴァンゲリオン」
 3月29日(火) 23:00〜 「映画クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲」
 3月30日(水) 23:00〜 「新造人間キャシャーン」

 らしい。ちょっとキャシャーンが浮いているラインナップな気もするが、去年映画化されたからその関係だろうか?
 どう考えてもエヴァの放送回が喧喧諤諤になりそうな予感。まぁ、ゲストが誰になるか、ってのもあるけど。
 NHK-BSが視聴可能な環境にある方で、興味のある人はどうぞ。

 3/19に「藤岡弘、探検隊」第6弾が放送決定した模様。ギャガ━━Σ(゚д゚lll)━━ン!!!  

3月2日 オレ自身は失恋したら、「真っ暗な部屋の隅っこで体育座りしながらバラード聴いてる」派

 昨日、「新選組!」の第6話「ヒュースケン、逃げろ」を見た。DVD-BOXが届いたんで、ちょっと見返してみたくなってね。
 やっぱ面白いよ、「新選組!」。本放送時には世間の評判の悪いエピソードだったらしいけど(ヒュースケンが登場し、それを攘夷思想の近藤が助けるあたりが)。
 今放送中の「義経」も一応見ているが、イマイチ乗り切れなくて途中で「ジャンクSPORTS」にチャンネル変えちゃったりする身としては「新選組!」はやはり別格だったのだなぁ、と実感(「義経」は派手だが人物描写が薄くて、説明が過多すぎる気がする。多分、年寄りや「やっぱ、大河は無駄に重厚じゃないと」派の人には受けそうだが)。
 そーいえば、4月からは山南さん(堺雅人)がキムタク主演の月9に出演するらしいし、土方(山本耕史)も草なぎ主演のドラマに出演するらしい。「新選組!」出演者もこれからドラマに頻繁に出演するようになるのかもしれないな、三谷幸喜脚本の「王様のレストラン」に出てた役者さんがその後引っ張りダコになったみたいに。

 さて本題。
 Yahooのニュース見てたらこんな記事があった。
 Yahooのトピックスは何日か経つと消えてしまうので、内容を簡潔に書くと、Oriconが男女1000人に聞いた「失恋した時に聴きたい曲は何?」とのアンケートの結果、1位は男はMr.Childrenの「Over」、女は宇多田ヒカルの「First Love」だったらしい(ちなみに2位は男女ともサスケの「青いベンチ」、3位も男女共にポルノグラフィティの「サウタージ」)。
 へぇ。確かにミスチルの「Over」は名曲だと思うが個人的にはピンと来ないなぁ。っていうか、「サウタージ」はともかく、サスケの「青いベンチ」って聴いた事が無いんだが、2位に入るほどメジャーな失恋ソングなのか?
 オレ的には「一般的に『失恋ソング』と言えば?」って質問ならば、真っ先に思い浮かぶのは中島みゆきの「うらみ・ます」なんだけど。別れた相手がコレを真っ暗な部屋の隅っこで歌ってる、とか想像するだけでTVから貞子が抜け出してくる以上に恐い。
 で、個人的に「失恋した時に聴きたい曲は何?」と聞かれれば、
 ・山崎まさよし 「振り向かない」(Single Ver.じゃなくて、ミニアルバム「ステレオ2」収録の「振り向かない(prototype'94)」だとさらにダメージ倍)
 ・WANDS 「Brand New Love」

 の2曲だな。つーかね、この2曲は裂けた傷口に塩を擦り込んでレモン汁かけたぐらいに痛いよ、マジで。

3月3日 雛祭りじゃなくても、和菓子好きのこちんぴさんは春になると桜餅をよく買う

 誰か映画「オペラ座の怪人」「オーシャンズ12」見に行った人はいないかね?両方とも見に行くつもりでいたんだが、腰痛になって映画館に行くのが厳しくて見に行ってないのだけど。
 「オーシャンズ12」は前作の「オーシャンズ11」の出来がアレだったので期待はしてないんだが、「オペラ座の怪人」は公開前から気になってたんだよねぇ。
 「面白くないよ」っていうのなら腰痛だし、見に行かないけど、「面白いよ」っていうのなら見に行こうかなぁ、と思ってさ。
 求む、情報。
 
 今日は3月3日なんで雛祭りですな。
 イベント大好きっ子のこちんぴさんだが、流石に雛祭りには興味は無い。
 馴染みが無いんだよなぁ、イベント的にさ。ウチは男兄弟だったから、雛祭りは全然身近な行事ではないのだよ。従姉妹の家には飾ってあったけど、「嗚呼、雛人形だなぁ」ぐらいの感慨しか沸かなかったし。
 だから「雛祭り」と言われても何をすればいいのか、ちょっとわからない。新聞の折込チラシを見たカンジではハマグリの潮汁とちらし寿司を食べるのが正しい雛祭り(?)みたいだけど。
 とりあえず、昨日買い物に行ったついでに和菓子屋で桜餅は買ってきた。オレのイメージする「雛祭りの食べ物」が桜餅だったので(でも、雛祭りに桜餅を食うのは正しい雛祭りなのか?女性の意見を聞いてみたいものだ)
 やっぱり、イベント好きなのか?オレ。

3月4日 人生の2/3は富山県、1/3は新潟在住。つーか、人生の中でこんなに新潟市歴(?)が長くなるとは思ってなかった

 3月にもなって雪がガチで降るのは近年じゃ珍しいなぁ。しかも関東も雪みたいで、ニュース記事見る限りでは怪我人続出のようだな。
 個人的には冬は嫌いではないんだが、腰痛の治りが遅くなりそうな気がするので早く暖かくなって欲しいところ。
 つーかさ、実家に帰ってタイヤも履き替えたいんだが、今年の場合、遅めに帰るほうが無難なのかなぁ?長岡市周辺の様子次第なんだが、予定では4/1(金)あたりに富山に戻るつもりだったんだけど。
 ホタルイカも食いたいし(ただ、白エビの解禁は4/1のハズだから、4/1に帰省したんじゃ微妙だなぁ。売ってても値段高いだろうし)。
 オレにとっては富山県は故郷だから好きな土地なんだけど、おそらく故郷じゃなかったとしてもあの県は好きになっていたに違いない。食い物美味いし、何も無いし。
 逆に今住んでてこんなコトを書くと怒られそうだが、新潟市は未だに馴染めねぇなぁ。オレには少し都会すぎる気がするよ(特に中心部)。あと、無駄にデカイのが何となくムカつく。新潟市に住んで通算すると9年になるが、かなりの部分に土地鑑が無いぞ、広すぎて(オレが車持ってる割に全然移動しないから、って説もあるが)。
 ライブが多いとか、カツ丼が美味いとか、いいところもあるけど。