真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 4/10 4/11 4/12 4/13 4/14 4/15 4/16

4月10日 今日の各局のスポーツニュースは見れるだけ見るつもり
 野茂、今シーズン初先発、初勝利キタ━━━━( ゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!
 いやぁ、朝の7時からBS-1見てた甲斐があったというものですよ。6回投げてヒット1本(ソロホームラン)、1失点。初回に四球を2つ出した時にはちょっと焦ったが、その後はまったく危なげないピッチングだったなぁ。
 しかもドジャース時代は好投した時に打線がまったく打ってくれないイメージが強かったんだけど、今日のデビルレイズは11得点だったし。メジャーリーグの中でも戦力的に見ると激しく下位チームなので心配してたんだが、野茂初先発試合に大爆発してくれると、何となくチームとの相性がいいのかなぁ?とか期待してしまう。
 まぁ、同じ地区にヤンキースとレッドソックスがいる以上、地区優勝は望めそうに無いが、今シーズンそれなりの活躍をして、来シーズンにワールドシリーズ優勝が期待できそうな球団に移り、大活躍してくれると非常に嬉しい。
 やっぱね、他の大リーガーに比べると、野茂に対しては思い入れ度が全然違うんだよねぇ。
 野茂が大リーグに移籍したのが1995年。オレが大学に入学した年。初めての独り暮らしや、大学生活に不安だったオレは大リーグに挑戦し、大活躍する野茂の雄姿にかなり励まされたものさ。
 だからこそ、野茂に対する想いってのはすごくある。松井やイチローの活躍をニュースで見るのは嬉しいが、野茂のピッチングに対して一喜一憂する感情とはまた別。
 ちなみに、今日はTVの前でずーっと、
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ノモタン!ノモタン!
 ⊂彡

 こんなカンジ。

4月11日 昨日、劇中で丹波哲郎が死んだワケだが、本当に死にそうに見えるのは役作りか?それとも丹波自体がもう(以下、自主規制)

 「鉄人28号」を見終わったので、「ジャイアントロボ 地球が静止する日」を数年ぶりに見ようかなぁ、とか思ったら近所のビデオ屋に全然無いんですけど。
 ちょっと前に出たリマスター版DVDが無いのは許せるが、ビデオ版すらないのは如何なものか?っていうか、近所のTSUTAYAにあることはあるんだが、全7巻なのに揃ってるのが1,3,5,7巻の奇数巻のみ、ってのはどーなん?(たまにそういうビデオ屋あるよね、連続シリーズものの最初と最期はあるけど、真ん中あたりの巻は入荷しないという常軌を逸してるビデオ屋)。
 リマスター版(全5巻。うち1巻は銀鈴がメインの特別編OVA)DVDはビデオ版やDVD-BOX版に比べると画質、音楽のクオリティーがものすごく向上し、特典も豊富らしいんで、本当は買いたい位だが、全部買うと26000円ぐらいなので学生さん的には無理ぽ。

 さて、このHP見てる人で「義経」を見てる人ってどの程度いるのだろうか?
 何か視聴率高いらしいですねぇ、「義経」。大河としては歴代ワースト5位の低視聴率(「竜馬がゆく」、「花の乱」、「武蔵」、「琉球の風」)だった「新選組!」ファンとしてはマスコミで「低視聴率だった『新選組!』に比べ、大人気の『義経』」と言われたり、「『新選組!』の出演陣に比べて『義経』の出演陣は『これぞ、大河!!』ってカンジだ」とか言われるとすごくカチーンとくるワケだが(実際、そんなカンジの論評は多い)。
 一応、「義経」は毎週見てる。んで、少なくとも「利家とまつ」や「武蔵」に比べりゃ面白い事は認める。でも、世間で言うほど面白いか?って点に関しては甚だ疑問だ。
 なんて言うか出演陣が豪華なのは認めるが、あまり魅力を感じないんだよなぁ。なんて言うか、役者の使い方が勿体無い。平家方なんて結構名の知れた役者が大挙してキャスティングされているんだが、出てるだけ、ってカンジで人物描写が薄っぺらい。
 ストーリー的にも流れを追ってるだけだし、結構トンデモな部分も多い。義経と清盛に親子のような心情があったとか、義経が鞍馬山にいる頃から静御前と面識があったとか(何故か静御前が鞍馬寺の山門の階段の踊り場で踊ってて知り合いになった。厳密なことを言えば、その頃の静御前はまだ幼女だよなぁ、年齢的に)、義経が馬の遠乗りで越後に行った時に偶然、越後に旅行に来てた木曾義仲&巴御前と会ってるとか。
 大昔の事にツッコミを入れるのは無粋だし、大河ドラマはそういうもん(秀吉と石川五右衛門が知り合いとか、死んだはずの北条時輔が赤マフラー巻いて現れるとか)なんだが、「近藤勇と坂本龍馬が顔見知り」だとどういう訳か、ボロクソに叩かれるんだよなぁ・・・(個人的に思うのだが、「三谷幸喜=喜劇作家」のイメージでいろんな人に過剰に叩かれすぎてた気がする)。
 昨日の放送で義経主従が奥州を旅立っていった(つーか、史実では奥州に6年いたはずなんだが、大河だとそんなに長くいたようにはとてもじゃないが見えなかったなぁ)んで今後が見せ場になっていくのだろう、とは思うが、今のままの薄っぺらい内容だと結構キツイんじゃねーのか?と思ったりする。少なくとも、もう少し登場人物の心情的な面をハッキリさせたほうがいいんじゃねーかなー。
 ただ、従来の大河視聴層には今年みたいなカンジのほうが受けるんだろうなぁ、とは思う。つーか、去年がやっぱり例外的だったのかもしれない(三谷幸喜自身はもう1回大河をやりたいそうだし、オレも見てみたいが、NHKからオファー来るかなぁ?)。

4月12日 正直、無理をすると坐骨神経痛が悪化するので安静にしていたいのだが・・・

 あー、やっぱ今川泰宏版「鉄人28号」の音楽はいいなぁ。サントラを借りてきたんで最近はずーっと大学や車で流しっぱなし。
 ストーリーは暗いし、鉄人はあんまり活躍しない今川版鉄人だけど、ハマると面白いし音楽もよいので興味のある方はアニメもサントラもレンタルして欲しいですなぁ。

 さて、さっきHPの更新しつつ、「ルナマリア様がみてる」を見てたら、鈴木君に「こちんぴ君、博士論文の初稿は5月末に出してくれるんだよね?」と念押しされた。つーか、ちょうど見てたのがこの回だったので背後から声をかけられると激しくパニくるんだけど。
 
つか、突発的に入った実験(個人的にはやりたくないが、鈴木君に突然指示されたヤツ)があるので、その計画立てたり、準備したり、明後日にはちょっとした修羅場になりそうな忙しさ(になる予定)の実験だったりで今週はイッパイイッパイなんで、そーいう念押しを今言われるのは結構キツい。
 オレは元々、いろんな仕事を同時進行できるほど器用な人ではないので、すでに結構パニくり気味。やっぱ、そろそろ夜にも大学にやってきて執筆業務に勤しまなきゃマズイんじゃないのか?と焦りだした。ちなみに、今のところ、全体の15〜20%ぐらいかねぇ、書いたの。
 あと1ヵ月半で何とかするのかー、と思うと正直、気が重い。というよりも、気を抜いているときに思いっきりプレッシャーをかけられるのがすごく嫌だ。

4月13日 10年以上前のことなのに、嫌な記憶は色褪せる事が無い

 今日、鈴木君と雑談してたら「そういえば、中間発表の準備はしているのかね?」と聞かれた。
 6月ぐらいにやるらしい。つーか、やらなくていいのに。
 「実験やりながら、ドクター論文書き、いつ中間発表やっても大丈夫なように完璧に準備しておくのがドクターの学生ってもんだよ、HAHAHA」と鈴木君が言っていたが、言われたほうはカチーンとするよね、結構。

 さて、今日は久々に夢を見たんだが激しく悪夢。
 何故か高校の教室で通知表が配られるのだが、数学、英語が赤点で留年が決定し、担任に怒られているところで目が覚めた。目覚めとしては最悪に近いですな。
 ちなみに、現実の高校生時代には数学のテストと英語のテスト両方で、11点だか12点だか忘れたが、そんなような点数をとった事もあったなぁ。担当の先生に職員室に呼び出され、怒られたり心配された覚えがある。
 数学に関しては微分・積分に挫折するまでは人並み程度の出来だったとは思うが、英語は毎回出来が悪く、テストのたびに担任や英語教師にいろいろと言われたものだ。
 さらに、オレの高校には父親が勤務していた(化学教師)関係で、家に帰ってもテストのたびに父親にかなり怒られた。「お前が変な点数だと、お父さんが高校で肩身が狭いじゃないか」みたいなカンジで。実際、英語に関しては10点台は1回だけだったと思うが、30点台ぐらいの時は結構あったし、父親は英語の先生から職員室で「先生の息子さんは英語を勉強する気があるのか?」みたいなカンジで何度か文句を言われたらしく、恥ずかしい思いをしていたようだが。
 そーいう訳で、今でもたまに高校時代の夢を見ることがある。大抵、テストの出来が悪い夢とか、授業の内容がサッパリ理解できなくてヘコむ夢とか、担任や父親に「どうしてお前はこんな問題も出来ないんだ!!」と怒られる夢とか。基本的に全部、悪夢。
 つーか、高校3年間自体、オレにとっちゃ暗黒時代というか、あんまり思い出したくない。楽しかった記憶はほとんど無く、勉強とテスト(2年生ぐらいから毎週末、模試があった)の記憶しか残っちゃいないし。
 というよりも、友情とか恋愛とかそーいう記憶がまったく無い。覚えているのはひたすらネガティブイメージな高校生活と、高校2年の時にクラスで何故か「美少女戦士セーラームーン」ブームが起きた事くらい(理系クラスだったので男子が多く、文化部とか帰宅部みたいな放課後ヒマな人間が多かったので、テレ朝系局が無い関係である時期、毎日夕方に毎日放送されてたセラムンがウチのクラスの2/3ぐらいの男子の間で爆発的にブームになった)。
 結果、現実世界で精神的に追い詰められると未だに高校時代の事を夢に見るようだ。しかも、実際の高校生活よりももっと最悪なシチュエーションの夢として。
 今のオレがいるのは高校時代に自分なりに頑張った結果だ、とは思うが、あの頃に2度と戻りたいとは思わない。

4月14日 ライブで周りが立っている中、1人で座ってるのは結構、心理的に厳しい

 腰から下が痛い。
 実はここ2週間ほどは医者に通っておらず、その結果、注射もしていないし、飲み薬もきれて1週間ほど経つ。なんか注射と薬が無いと耐えれない体になりそうで怖かったのと、忙しくって医者に行くヒマが無くなったので行かなくなったんだけど。
 あと、1ヵ月半ぐらい通ってみて、あんまり医者に行っても改善しないもんだなぁ、って思ったのもあるが(鍼灸やマッサージは効くと聞くし興味もあるんだが、値段が高いし、下手な人にかかると悪化するそうだし、何となく胡散臭い気がするし)。
 そんな中、今日はものすごくハードな実験スケジュールになってしまい、その結果、疲労がピークに達して、坐骨神経痛が激しく痛む。一応、歩けるけど動くたびに痛いし、何かの拍子に臀部に激痛としか言い様の無い痛みが走る。
 ちなみに1番痛みがグっとくるのはクシャミ。不意のクシャミは腰にかなり負担をかけるので命取りだ。
 ここ数ヶ月の坐骨神経痛経験で行くと、ピーク時(痛くて立てない、起きれない、歩けない)を10とすると7ぐらいか?(ここ数日は3〜4レベルぐらいで結構安定してた)
 まぁ、昨日は23時まで大学で論文書いてて、寝たのは1時だし、今日は6時起きで7時半から大学で実験し、今が20時過ぎ。そりゃ疲労も溜まるわ。
 って事で、今日はおとなしく帰ることにする。
 つーかさ、来月に山崎まさよしのライブがあって、チケットもファンクラブ先行予約を使って購入済みなんだが、大丈夫なのか?オレ。
 かなりヤバい状態だった腰にトドメの一撃を与え、病院送りの引き金となったのは2月のスガシカオライブだったからなぁ。
 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

4月15日 これがマイケルクオリティー
 
 「シベ超アニメ化?」とか「『機動戦士Ζガンダム』のフォウの声が島津冴子じゃなくなるらしい」とか「テレ朝が『アストロ球団』を実写ドラマ化するらしい」とかそーいう小ネタに触れようかなぁ、と思ってたのだが、さっき激しくムカつく事があったので、その事で。
 朝から実験をしてて、やっとちょっと時間が空いたので休憩って事で、音楽聴きながらネット見てたのだよ。
 そしたらオレの席の近くにいた鈴木君がいきなりオレのほうに近づいてきてパソコンの画面を覗き込んだ。つーか、あの人は割と学生のパソコン周りをうろちょろして勝手に覗き込みいろいろ言い出すのだが、こーいうのはプライバシーの侵害じゃないのかね?
 んで、説教ですよ。
 要点を抜き出すと、
 ・何やってんだ?
 ・実験やったり、博士論文書いたり、中間発表の準備もあるだろうにプライベートな事をしてたのか?
 ・そんなんでいろんな準備が間に合うと思ってるのか?

 まぁ、こんなトコか。つか、その言い方があまりにもネチっこく、イヤミったらしいので久々に怒髪天を突く勢いでオレ的にはトサカにきたんだけど。
 一応断っておくと、オレ自身はキレ安いほうではないよ。むしろ、人よりも堪忍袋の緒はしっかりしてるつもり。ただ、時と場合によっては切れてるチーズより簡単にキレるけども。
 昨日、今日と結構ヘロヘロになるほど実験をし、何気にコツコツと博士論文も書いているのに、イヤミっぽく「5月末に初稿を出せといったが、そんな遊んでて間に合うのかね?あと45日しかないんじゃないの?」とか言われるとカチーンですよ。一応、焦っててもそういう風には見せないように心がけてはいるけど、内心はいろんなやらなきゃいけない事がいっぱいあってイッパイイッパイなのに、それを逆撫でするようなカンジだったし。
 おそらく近くで聞いてた後輩達は何でオレがこれだけ憤っているのか理解できないと思う。オレがキレるのは周りから見ると「なんでこの程度の事で?」みたいな些細な事に見えるそうだし。
 つーかね、精神的にイッパイイッパイになりながら、体の体調も本調子とは言えずかなり不完全な状態で、必死に気持ちを繋ぎながら動いている中で、気持ちを折るような事を言われるとものすごーく気持ちが萎える訳ですよ。現に「今日、夜から大学来て論文書くかなぁ」とか「明日は映画見た後に大学戻ってきて論文書くかなぁ」とか「日曜はゼミの予習と論文書きかなぁ」とかいろいろと考えてたけど、すっかりテンションが落ちた。今日はちょっと用があるので17時ぐらいに一旦帰らなきゃいけないのだが、そのまま戻って来たくねー。
 明日は久々に腰痛以来行けなかった映画館に行き、「インファナルアフェアIII」と「阿修羅城の瞳」を見て、ここ数週間のモヤモヤを吹っ切ろう、とか思ってたんだけど、今のままじゃ素直に楽しめ無さそうだなぁ、映画。

4月16日 こちんぴさんの不毛な休日

 昨日は22時ごろまで大学で博士論文の執筆。で、その後家に帰ってビデオに撮っておいたドラマとレンタル屋で借りてきた「ジャイアントロボ 地球が静止する日」1巻を見て、1時過ぎに就寝。
 今日は6時過ぎに目が覚め、「ジャイアントロボ」2〜3巻を見ながら朝飯。9時頃に家を出て映画館へ。「インファナルアフェアIII」を見た後、一旦外に出てラーメン屋で昼食。食玩とかフィギュアを扱ってる店で物色したり、本屋で立ち読みした後に映画館に戻り「阿修羅城の瞳」を見て、17時ごろ大学に来た。
 この後は「シネマ」のコーナー用の文章を書いた後、21時頃まで論文を書く予定。その後、晩飯を何か適当に食って、「ジャイアントロボ」を何本か見て寝るのだろう、多分。

 激しくインドアだよなぁ。つーか、自分の休日だが華が無い。もっと「彼女とデート」とか「彼女とデート」とか「彼女とデート」とか、そーいうのがあってもいいんじゃね?しかも、明日も6時過ぎには起き、9時頃から大学に来てゼミの予習や論文書きだしなぁ。
 個人的にストレス解消と言ってもギャンブルは麻雀以外にやらないし、酒は腰痛になってから飲まないようにしているし(そもそも、そんなに好きじゃない)、カラオケに1人で行く訳にも行かないし。せいぜい、HPに文章を書き殴る事と、何か美味い物を食う事と、好きな映画やビデオを見るぐらいしかないんだよねぇ。趣味の幅が狭いなぁ、とは思うけど。
 特に映画は精神的に圧迫されればされるほど、映画館で思う存分見たくなる。暗闇で独り、2時間ぐらいいろんな事を忘れて映像世界に没頭できる時間だけがオレを癒してくれる気がする。
 やっぱ、根っからのインドア人間で、性格的にも本質的には暗いのか?オレ。

 つーかね、本当は家で寝ていたいのだよ。疲労が溜まってきたのか体の痛みが洒落になってないし。このままだとまた立てなくなるんじゃないか?って恐怖感もちょっとある。
 ただ、周り(というか、マイケル)によって精神的にかなり追い詰められてる以上、倒れるまで動いてなきゃいけないだろうし、動かされるに違いない。
 それに、ここで休むと彼に屈服した気がしてもの凄く腹が立つし。
 おそらく、休んでも倒れても「彼はだらしないなぁ」と言い放つに違いないのは目に見えてて(実際、2月に倒れた時にはわざわざ携帯電話に電話かけてきてそーいう風に言われてるしな)、そう考えると負けず嫌いなタチなので、「じゃあ、どうせ倒れるなら、前のめりに倒れてやるぜ」と思ってしまうわけで(つーか、腰痛で立てなくなるどころか、血を吐いたとしても「何だ、彼はだらしないやつだなぁ」の一言で終わりな気がする)。
 どんなに忙しくても映画やビデオを貪るように見るのは、現実世界から少しでも離れたいから。そして、そういう空想の世界に浸る事で現実世界を生きる気力を振り絞ってる気がする今日この頃。
 言わば「魂の自転車操業」状態。