真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 8/8 8/9 8/10 8/11 8/12

8月8日 体格のいい女子高生のミニスカ姿はドムに似ていると思う
 今日のスパロボ。現在、58話終了。あとは59話&60話の2話を残すのみ。
 ゲームプレイ的にはバサラ(サウンドブースター装備→マップ兵器で「突撃ラブハート」→範囲内の味方の気力UP)とかバンプレイオス(移動後に撃てるMAP兵器がある)とかマクロス7(使い勝手のよいマップ兵器持ち)のおかげで割と楽になった。つか、後半のほうが楽だよなぁ。14面なんてすさまじく難しかったし。
 あとはネタバレになるから詳しく書けないが、55面がすさまじくムカつく。ムカつくっていうか、「何時になったらこの面は終わるんだよ!!」ってカンジ。
 今日中に終わるメドがついたので、今日でクリアして、明日からは博士論文発表会の練習に専念する予定。そろそろちゃんと練習せにゃ。

 さて、今日はオープンキャンパスという高校生を対象に大学の中を説明するイベントがあった。んで、ウチの部屋に見学にきた高校生にはオレが説明をしたんだが、高校生若いな。
 ヤツら、高3だとしたら18でしょ?オレ、今年で29歳だもん・・・。 (´・ω・`)
 普段は高校生、しかも大人数の高校生を大学で見ることはないだけに、大学の風景がちょっと壮観。どこ見渡しても制服、制服、制服。
 女子高生フェチにはさぞたまらない1日だったと思われ(個人的には女子高生にはグッとくるものが無いので全然萌えない。例えば「看護婦さんを対象としたイベント」とか「OLさんを対象としたイベント」とかならば、テンションも上がるのだろうが。無論、制服着用ね)。
 しかし最近の女子高生の制服というのはスカートが短いなぁ。オレが学生の頃はヒザ裏が見えるか見えないかぐらいの長さだった気がするのだが、今はパンツが見えるか見えないか、ってカンジだ。頭の80%がエロでできている多感な男子高校生は精神の安定が保たれてるのだろうか?
 「スカートが短すぎて勉強が手につかないよ、(*゚∀゚)=3ムッハー 」みたいな事は無いのかね?

8月9日 気がついたら神谷明キャラと同様、子安武人キャラも多くなった気がするなぁ、最近のスパロボ

 今日のスパロボ。59話終わりました。残すは最終面、60話のみ。
 つかね、ホントは昨日のうちに終わらせるつもりだったのだが、59話が長い!!3時間以上、プレイしてたもんなぁ。ストーリー的には「トップをねらえ!」第6話ベースの話だったので、バスターマシン3号を守りつつ、ワラワラと沸く宇宙怪獣をひたすら叩くという単調なシナリオ。流石に飽きるな。
 しかも、宇宙怪獣の戦艦タイプは装甲が硬いし、命中率は高いし、当たると痛いし、ALL攻撃ばっかりだし、とムカつく要素だらけ。
 あと、笑いどころでは無いのかもしれないが、最期にイベントとしてノリコと洸、竜馬、凱の3人が話すんだが、洸も竜馬も声は神谷明なので見てるとちょっと面白い。
 んで、分岐の結果、最終話は「終焉の銀河」に進んだ模様。総ターン数が452だったので、「熟練度57以上、総ターン数420以下」という条件で進む「今遥か遠い彼方」にはいけなかったようだ(あと、分岐によっては今回のスパロボにはBADエンドの「銀河に君と」というシナリオがあるようだ。イデ暴走全滅シナリオらしいのだが)。
 隠しユニットもだいぶ取り損ねたし、次のプレイ(予定ではスーパー系♀)の時に頑張ってみるか。

 今日は新潟、花火ですな。
 まぁ、新潟に長く住んでるけど、新潟花火は見たことが無いや。長岡とか片貝の花火も有名だが、こっちも見た事は無い。流石に花火見に中越まで遠征しようとは思わないなぁ。
 花火自体は嫌いではないが、人込みと見終わった後の渋滞が嫌。個人的には花火というのは喧騒を離れて、誰もいないような場所で見るほうが楽しめると思う。
 それにしても新潟県は割と花火を打ち上げるお祭りが多い気がするのだが、県民性?打ち上げフェチか?

8月10日 自称「戦闘のプロ」が攻撃力がイマイチで、割と肝心なところで攻撃をハズす(命中率が70%以上あるのに)のは仕様ですか?グレートマジンガー、好きだから使ってたけどさ

 今日のスパロボ。(一応)最終回。
 昨日、最終話をクリア。ラスボスは攻撃が痛い上に2回攻撃するので味方機がおもしろいように撃墜されたが、MAP兵器範囲が特殊な分、死角からネチネチ攻撃すれば割に楽に落とせた。55話のほうがクリアに骨が折れたなぁ、って印象。
 んで、クリアしたらEXハードモードというのが出現した。味方機は武器改造が出来ないのに、敵はパワーアップしている、というモードらしい。
 とりあえず、EXハードモードは選ばず、ノーマルモードで2周目に突入。今回はスーパー系♀でプレイ。
 博士論文発表会もあるし、とりあえずクリアもしたから、今後はのんびりプレイしてコツコツ進めていく予定。
 1周目終わって、今回のスパロボで一番印象的だったのはバラン・ドバンの歌だな。インパクトありすぎ。歌詞つけて発売してほしいぐらいだ。
 ちなみに、小隊長として使ってたヤツらは以下の通り。ちょっと妙な人たちもいる気がするが、そこらへんはオレの嗜好ってことで。
 主人公機、マジンカイザー、グレートマジンガー、真ゲッター1、Hi-νガンダム、コンバトラーV、ガンバスター、エヴァ初号機、ダンクーガ、ガオガイガー、Jフェニックス、イデオン、ダイゼンガー、フリーダムガンダム、バンプレイオス
 基本はこの15機。あとは場合や小隊数によって、バスターガンダム、ウイングゼロカスタム、ガイキング、バーチャロンあたりを使用。ガイキングは避けないくせに「鉄壁」持ちじゃないのが厳しいので、1.5軍扱い(Jフェニックスの小隊に編入して使ってた)。つか、何気にディアッカは有能。グゥレイト!!

 ちなみに、ゲームクリアしたんで寝る時間をいつもの時間に戻した(24時前)ら、5時に目が覚めた。
 カラダは未だにゲーム仕様らしい。
 8月11日 森光子、オレが子供の頃からほとんど変わってないぞ。術とか魔法とか使ってるのか?

 >2人は強い絆と愛で結ばれた4歳違いの姉弟役。
 ( ゚д゚) ・・・。
 ちなみに他のスポーツ新聞によると、森光子は17歳から演じるそうです。まぁ、舞台だとTVと違って歳に関しては誤魔化せるからね、HAHAHA。

 激しく耳の痛いニュース。
 大卒の6人に1人がニートですか。そーいえば数ヶ月前には「博士号を取得後、定職につけない人が全国で12000人いる」ってニュースもあったなぁ。ポスドクのように期間限定の仕事はあるものの、高年齢と高い賃金、つぶしの利きにくい専門知識等、さまざまな点がネックとなって、ドクターの就職は困難である、って内容の記事だった。
 いや、まったくそのとおりなんだが。実際、オレも9月で卒業だがそのあとの事は一切不明だし(とりあえず、半年間は博士研究員というものになる事になった。入学金・授業料無料で、大学で研究する事が可能なドクター取得者を対象とした制度。最大1年間まで可能)。
 やっぱ、婿しかないかなぁ。んで、家でゴロゴロして毎日生活するんだ。
 奥さんが仕事から疲れた顔で帰ってきて、「どうしてアナタは働いてくれないの!!」とか泣きながらキレても、「うるせぇなぁ!!」とか反論して。
 ・・・。って、それじゃただのヒモか。 

8月12日 9月に学会で徳島に行くのだが、飛行機で移動する事になりそう。当然、初の飛行機搭乗

 いよいよ、来週の金曜は運命の日(博士論文発表会)。
 本番にむけて練習してるんだが、ちょっと困った事が。
 「発表時間30分、質疑応答10分」ってコトになってるが、発表が早く終われば質疑応答の時間が増えるのは明らか。なので、30分をオーバーするぐらいなカンジにしたいのだが、時間を計ってみるとだいたい28〜28.5分で原稿を読み終えてしまう!!30分を1,2分オーバーするぐらいで発表したいのに、1、2分早く終わってるよ!!
 つか、練習を積んだ結果、スムーズに原稿読みができるようになってきて、途中で詰まったりしない分、時間が早く終わるようになった模様。
 練習、止めちゃおっか?
 原稿の情報量自体は許容範囲ギリギリ(アレ以上多くなると話が散漫になり、説得力が出ない)為、原稿読みをもっと遅くする必要があるわけだが、今の発表口調もオレ的にはかなりゆっくりなんだけど。

 さて、今日は日航機墜落から20年
 当時のオレは小学校3年生(誕生日前なので8歳)。日航機墜落の時には物心のついたガキになっていたので、毎日のニュースを見ていて大変な事が起きたなぁ、と思った覚えがある。
 事故当日はたしか、「一休さん」の実写ドラマをやっていて、それを見ていたらニュース速報が入り、「飛行機が行方不明になった」みたいなニュース速報が入った覚えがある。その後、ドラマは放送中断になり、「飛行機が墜落したようだ」ってニュースになって、翌日からはどの番組も放送中止で1日中ニュースだったと記憶している。
 日航機墜落事故の3年前(1982年)には日航機の羽田沖墜落事故(いわゆる、「逆噴射事故」)があり、そっちは小さかったので記憶はうろ覚え。1983年の大韓航空機がソ連空軍に撃墜されたのもあんまり覚えていない。1987年の大韓航空機爆破テロは覚えてる。子供心にも衝撃的だったし。
 ってことで、1982〜1987年にかけては大きな飛行機事故・事件が続発してたワケで。
 当然、その頃に多感な幼年期だったこちんぴ少年に与えた影響も少なくなく、「飛行機→落ちる→死ぬ」として擦り込まれた。その結果が大の飛行機嫌い、として今も残っている(しかも、最近じゃ9.11テロがあったしなぁ・・・。)
 事故で亡くなった方のご冥福を祈りつつ、不幸な航空機事故が今後無くなる事を切実に望む。