真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

8月19日  ラテンの血?
 
 えー、お知らせした人もいるかと思うが、携帯の番号が変わった。
 変わったのは携帯番号と携帯用e-mailアドレス(こっちは明日の9時から使用可能なので、明日の夜にでも知らせますわ。当然携帯本体は以前と同じシャア専用)なのだが。
 そもそもオレが富山(ドコモ北陸)にいるのに、NTTに勤務する親戚の親戚(ドコモ中央)から携帯を買ったのが失敗の原因だったな。
 まぁ、たしかに503iが発売当初としては格安な値段で買えたのだが、ドコモ中央なのでいろんな情報はすべて関東圏のもの。(使わないのでどーでもいいが)
 しかも次の機種変更時にはどーせ番号が変わってしまう。
 なので今のうちに変えたほうが、被害(?)が少ないだろう、とかはほとんど考えなかった。
 じゃ、なんで変えたの?ってことになるが、理由はただ一つ。
 ムカついたから。
 何にムカついた、って今日になって5日前のメールが来たのだよ。
 理由はよくわからんが、特に電波の悪い所にいるわけでもないのにメールが遅れて到着する事が今までにも何回かあってね。
 んで、なんかムカついたんで衝動的にドコモ北陸に鞍替え。
 更新手数料とかかかるのでメリットは何もないのに。
 
 と、このように普段は冷静沈着かつ用意周到なオレなのだが、「衝動的に○○する」ってのが異常に多い。
 衝動買いは言うに及ばず、衝動食い(あの○○の××がどうしても食いたい、とか)、衝動借り(CDとかビデオ、DVDで無性にワケわかんないものとかを借りてしまう。学生時代にどうしても見たくなって近所のボッタクリビデオ屋に雨の中行って、AV4本借りた時はさすがにダメ人間(もしくは性獣)だなぁ、と思ったが)、衝動暴れ(モノを蹴る、壁を殴るなど)なんかになることがある。
 茶髪は似合わないのに昔、髪を染めたのも衝動的に。(いまでもたまにスキンヘッドにしたい衝動に駆られる。理性で食い止めてはいるけど)
 オレのなかのラテンの血がなせるワザなのか、ただ単にキレやすいだけなのか。
 そーいえば一時期のキャッチフレーズは「切れてるチーズよりキレやすい」だった。
 まぁ、冷静に考えれば切れてるチーズはすでに切れてるのだが(笑)。  

 
8月20日 KAMIKAZEタイフーン

 なんかデカい台風が日本に来てるね。
 今回はご丁寧に日本縦断コースだそうで、迷惑な事この上なし。
 昼頃にネットで見たときには富山県には22日の朝に直撃だそうで・・・。
 ・・・、朝?
 朝だと!?
 弱った、実に弱った。
 電車止まったら会社にいけないじゃん!!
 まぁ、最悪車で向かうが、実はオレは会社までの道のりを車では1回しか行った事がない。(しかも親の運転だし)
 しかも、免許取って以来30kmを超える運転はしたことがない。(会社までは約60km)
 その上、会社までの道のりは大ラッシュ地獄なので定時に会社にいけるかも定かではない!!
 さらに、ご存知の方も多いと思うがオレは極度の方向音痴だし。
 有休はまだもらってない(9月から)し、明後日は動物実験をする予定なので何が何でも行かなきゃだし。
 つーか車で行くと帰りに疲れたカラダで1時間半ぐらいのドライブですか。(高速もあるのだが、実家からインターまで遠いし、何より高速を免許取ってからは乗ったことがない!!)
 ホテルで1晩過ごすのも考えたが、これで台風が肩透かしだったら間違いなくブチ切れるし。
 誰かの家に泊めてもらう、って手もあるが実はオレは他人の家に泊まる、ってのがものすごーくキライなのだよ。(なんか妙に気を使っちゃってね)
 というわけで頼むから動いてくれよ、JR。
 もしくは早く過ぎるか遅くきてくれ、台風。

 
8月21日 村上弘明のあの髪型は

 なんか似合わないなぁ。京本政樹ならドンピシャだろうが。
 以上、今日の「旗本退屈男」(ビデオ再生中)でした。

 さてさて、世間じゃ台風が来ようか、って時にオレはジムに行っておりました。
 しっかし、運動ギライだったオレが今じゃ2日に1回はジムに通わないと気がすまない「ジム・ジャンキー」になろうとは。
 当然ジムに行く時には車で行くのだが、そりゃあもう、ものすごいハイテンション。
 THE YELLOW MONKEYの曲を聴きながら1人イエモンライブなノリで。
 歌ってた曲も「SUCK OF LIFE」だしなぁ。
 と、こんなカンジで基本的にオレは車の中ではハイテンション。
 普段の会社での勤務態度からは考えられませんな。
 オレ自身、非常にプライベートな時間とオフィシャルな時間を区別するのを大切にしている。
 大学時代は研究室が面白かった、ってのもあって研究室にいるときはハイテンションだったが、家では比較的ボーっとおとなしくしてる事が多かったし。
 今は社会人、ってこともあって会社でハイテンションなワケもなく(というか、基本的に会社でテンションを上げる必要はないでしょ?)、どちらかというとグターリなカンジだし。
 家でもやっぱ親がいると余計な気を使ったりするし。
 そうなると車の中が唯一といえるリラックスできる場所なのかもしれない。
 そういう意味ではジムに行くのも「本来の自分」探しの一環なのかも。
 まぁ、一番いいのはホントの自分をさらけ出せる誰かが身近にいることなんだが。

 
8月22日 雨のち晴れ

※今日のオレはある意味、精神錯乱な状態にあることは否定しません。なので非常に誤解を招く文章・読みにくい文章・難解な表現をするかもしれませんが気にしないでください。こちらもなるべく冷静には書きますが。
まぁ、そもそもこのコーナー自体、オレの愚痴コーナーなわけですから・・・。

 オレ自身の身の回りにいろんな事が起きて正直、今、オレという物体が存在している事に疲れてしまった。
 別にこれは自殺願望があるわけではないのだが。
 オレ自身は常々、「痛みも苦しみもなくオレという存在が抹消されるならばいつ消えてもいい」という刹那的な考えをもって暮らすことにしている。
 そのためにはいつ消えても悔いの残らぬようにその時、一瞬を全力で駆け抜ける努力を怠ってはならないと思うし、それが「今」を生きるための原動力になると考えてる。
 ただ、今ならフッと朝の霧や、夏の陽炎のように消えてしまいたい、という衝動に駆られてしまった。(そして今日、「ムーノローカル」が閉鎖したことを知り、管理人の考えに非常に感銘を受けたってのも影響している)
 実はお盆休みが明けて以来、会社でこれといって話すことはなくなった。
 「オレが今の仕事に携わる意義」ってのが自分の中で見出せなくなってきて、自分自身に自問自答してたらあるスポットにハマって抜け出せなくなったというか。
 ご存知の方も多いとは思うが、オレ自身、今の仕事が本当にやりたくて就いた仕事ではない。
 ホントにつきたかった仕事は食品関係の研究職であり、そのための知識も身につけていたハズだった。
 そう、はずだったのだ。
 ところが昨日、仕事中にフトしたキッカケで自分が昔、勉強した内容に関する単語が頭に浮かんだときに、その用語を説明できない自分がいるのに気づいてしまった。
 ほかの人にはわからないかもしれないがそれは自分にとっては非常にショックな事だった。
 昔、自分が必死になって身につけた知識が欠落していってるのに新天地での新しく必要な知識、ってのが何も身についていない自分に愕然とした、と言ってもよい。
 そして今日、動物実験をやっていたときにオレが動物実験が好きなのは有機的なもの=農学部出身の自分、ってのを断ち切りたくないからなのかなぁ、と考え込んでしまって。
 そんないろんな事に気づいた時に会社に入って以来、無気力に日々を過ごしコレといった努力もない自分になってしまったことを知り、激しい自己嫌悪におちいったのだ。
 「何の目的も持たずに入社してしまった会社」なだけに同僚や同期(特に同じ研究開発部の同期)が毎日慌しく、イキイキと仕事をするのを見るにつけ自分の中では鬱屈した気持ち、ってのが溜まっていくカンジで・・・。
 しかしながら自分の仕事に愛情を感じることもできず、ボーッと過ごしている自分、ってのが確実にいるわけで。
 「そんなんなら辞めろよ、仕事を」って思うのは当然だろうが、こんな気持ちのままで辞めたところ自分の中では何も変わらないし、なによりももし今辞めてしまったら、会社に後ろ足で砂を蹴るような行為だし。
 それはオレと会社との信頼関係だけでなく、オレのあとにひょっとしたらオレの出身校から会社に就職しようとする身も知らぬ人たちへも迷惑をかけることになる。
 信義にもとる行為、というのはオレの中では何にも増して重罪だし。(絶対、それはそれで後悔するし)
 というか、会社に関しては通勤時間が長い(さすがに慣れたとはいっても毎日片道1時間半の通勤&毎日5:30起き。アパート借りると「生きる為に会社に行く」という状態になるのでそんなんなら間違いなく辞める)とか、給料が安い、とか不満はいろいろあったけどそれなりにやってこれたのは「会社の人がいい人だから」ってのがあったんだけど、その信念も最近は揺らぎだしたし。(まさかその原因がこのHPになるとは思わなかったが)
 それもあって、昨日ぐらいからさらに症状は悪化。
 で、こうなるともう仕事がどう、とかって事とは別の次元で、「自分はいかにして生きるべきか」とか「オレはいったい何物なのか」とかをつい考え込んでしまう。
 別に何らかの宗教に入ってるわけでもないが、何かに行き詰まるとそういう根本から自分を考え、自己嫌悪になるまで出口を捜すのが今までのオレの方法だし。
 ただ、学生の間はいいのかもしれないが社会人になってしまうとそんな事を考えていては職務に差し障るし。実際、差し障ってきてるし。
 時間が可能であれば何ヶ月でも何年でも旅に出て、自己を見つめなおしたいぐらいの衝動に駆られてはいるが。
 しかし、物事に関しての情熱、ってのがなくなってるのは確かだし。
 「世間に対しての見方が甘い」とか「会社とか社会なんてそんなもんさ」って思う自分と、自分の理想に忠実でありたい自分、ってのがいるのも確かだし。
 まわりの知人には「お前は純粋すぎる」っていわれたこともあるが、オレ自身そういう自分はキライではないし。
 とりあえず今の自分が置かれたポジションで精一杯がんばる事、それが今の自分には一番大切なのかもしれない。
 リセットボタン押して、データをロード、ってワケにはいかないもんな。人生なんて。

 なんか長々と書いてしまってスイマセン。
 ただ、オレはデスペラートでもなければ鬱なわけでもない。
 ちょっとエアポケットにはまってしまった、といったところなのかもしれない。
 だからもう少し、温かく見守っててください。

 
8月23日 なんでオレはHPを更新するのか?

 今日はオレの中では「こちんぴあべにゅー 第2章」ともいえる日となった。(だからと言って特別な事をしないのがオレらしい)
 そこでなんでオレがHPの更新にこだわるのか?ということを書いておきたい。
 HPを作る理由、ってのは人それぞれで、「Webアイドルになりたい」、「注目されたい」、「いろんな人に○○を知ってもらいたい」という比較的ポジティブな理由や「愚痴を書きつづけたい」、「○○を誹謗・中傷したい」、「違法行為をしたい」といったネガティブな理由まで様々。
 そんな中、オレがHP更新にこだわる理由(そもそもTV見ながらだったり、音楽を聴きながらだったりしても一日のうち30〜2時間を更新に費やすのだから)は乱暴な言い方をすれば「自己満足」。
 あるいは「他人に自分の子供の運動会のビデオを延々と見せたがる親」の心境、とでもいえばいいかな?
 HP管理人となったのはイヤイヤ任された大学時代の研究室のHPが最初で、いまから1年以上も前の話。
 とりあえず見てもらって、研究室の事を知ってもらいたい!!
 こう思い立ったものの、当然研究室の研究内容だけでは面白くないし、誰も見に来ない。
 そこで自分のコーナーを持ち、毎日の雑記や短歌(今もたまに詠むが短歌を詠むのが精神的ストレスのはけ口だったのですわ、当時は)をHP上で発表し始めたのが今のこのHPのスタイルへと繋がっています。
 そうこうしてる間に友人・知人、OB・OGや検索サイトからたどり着いた人なんかが遊びにきてくれるようになって。
 こういうのでBBSへのカキコが増えたり、カウンタがクルクル回ったりするのは管理人冥利につきるというか、非常にHappyな気持ちになっちゃうんだよね。
 そして、見に行ったライブの感想を書いてそのファンの人が見に来てくれたり(今でも山崎まさよしのライブレポを書いて2日間で当時のHPアクセスの一ヶ月半分に相当する約600HITがあった時の興奮、ってのは忘れてません。前管理人のひなた氏と電話で互いに興奮しながら話したのを昨日の事のように思い出せますし)、映画の感想を書いてBBSやメールで「あの映画はよかったね」とか言ってもらえるのもうれしかったし。
 そういう点も「おたくのお子さんかわいいよね」といわれてイヤだと思う親がいないのと一緒。
 そんな小さな事がHPを運営しようかな、って気持ちにさせてくれるんだよね。
 ちなみに毎日更新するのは、「必ずHPがあると毎日見に来る人がいるから」という単純な理由。
 オレ自身、必ず毎日見に行くHPがあったりするし、そういうHPが更新されてないとちょっとガッカリだし。
 だからなにがあっても更新しつづける(たとえ酔っていても、頭が痛くても、忙しくても)事にしているんだけど。

 さてさて、明日からはまた比較的お馬鹿なオレの日常だったり、ちょっと硬いハナシをしたりと従来のHPに戻していこうと思う。
 ちょっと精神的に不安定なんで行き詰まったりするかもしれないけど、そういうときには「嗚呼、また悪い病気が出たなぁ」と気にかけつつ、気にしないでください。

 
8月24日 ぱにっく ぱにっく

 今日、ジムに行ったのだが、いろんな事を吹っ切りたくていつもよりハードめなトレーニングを自分に課してみた。
 いい意味でストイック、悪く言えばかなりのSですな。(まぁ、実際どっちかといえばSだし)
 んで、腰にきたね、久しぶりに。
 いつもより負荷をかけたマシンで下半身のトレーニングしてたら電気が走った。
 嗚呼、「腰痛、ギックリ腰、ドラ、ドラ」リーチでございます。(今は1年前の「ギックリ腰救急車送致事件」以来でコルセットをはめております。予防、予防。)
 で、止めときゃいいのにいつも通り水泳なんかやったんだけど、200m泳いだ時点でカラダにチカラが入らなくなって危うく溺れそうになってしまった。
 実際、水も多少飲んだし。(さすがにインストラクターに助けてもらうほどじゃなかったが)
 おそらくプールサイドまであと7,8mのところだったから余力で泳ぎきって事なきを得たが、プールのど真ん中だとヤバかったかも知れない。
 冷静に考えるとプールの一番深いところで1.4m(オレは約1.7m)だし、足がツったわけじゃないので足を付けば何の問題もなかったのだが、その瞬間、ってのはアタマが真っ白になったね。
 以前から自覚してるが、どうもオレはとっさの行動、特に危険な事とか不意のアクシデントに打たれ弱い。
 どうも決まりきったパターンにさえハマってしまえば何の問題もないのだが、突発的な出来事には何をしていいかわからなくなってしまう。
 まぁ、そこらへんも「こちんぴ」の「こ」部分形成要素かもしれないけど。


8月25日 ちょっと投げやり気味なのは間違えて上書き保存しちゃって雑記を1回消しちゃったから

 しゅーりょー!!
 ・・・ってヲイ!!
 実は今日の雑記を1回書いたんだけど、ファイル整理の際にしくじって消しちゃったのです。このページ。
 ジオのファイル管理ページから読み込み直したけど当然今日の分はあぼーん
 なんで、ちょっと簡素な文章になっちゃって楽しさが伝わらなかったとしたら100%オレのせい。

 さて、今日は会社の同期との「流しそうめんの会」でございました。文字通り流しそうめんを食す、というまんまな会でございます。
 というわけで、約55kmの道のりを車でぶっ飛ばし(ちなみに今まで20km以上の距離を運転してないのだが)、60km制限の道を80km出しながら(それでもビュンビュン追い抜かれたのは何故?)馳せ参じた。
 車中、「1人山崎まさよしライブ」をしてたのであっという間だったね。(実際、渋滞もしてなかったし)
 さて流しそうめんだが、「思いっきり急な勾配からそうめんが流れてきて、下流の人は絶対に食えない@ドリフ大爆笑」なイメージだったけど、そんなことなかった。
 勾配は思ったよりもキツくないし、そうめんの取りこぼしとか、食ってる間にスルーとかで下流にも結構流れてたと思うし。(思う、ってのはオレが中流にいたから)
 涼を求める、という意味でも1年に1回はやるのもよいかなぁ。
 さすがに3日に1回は嫌だが(笑)。
 その後、ぶどう狩りをし、ぶどう食いながらまったりと雑談。(しかし、内容が会社の仕事がらみになっちゃうのは何故?)
 で、同期のアパートでみんなで映画を見てオレは帰宅。
 帰りも「1人Mr.Childrenライブ」をやりながら帰ったが、60km制限の道でメーターが3ケタの数字を指していたのは何故?

 嗚呼、やっぱ文章量は減ったな。まぁ、推敲したということにしよう。
 そーいえば、今日の「ゴールデン洋画劇場」「クラッシュ・ダイブ2」なるC級っぽい映画をやってるが、全国でこのD級映画の「1」を見た人は何人いるんだろう?つーか、「1」をやるべきだろう、E級映画をやる場合。
 やっぱ、来週が「タイタニック」だから?