真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 2/13 2/14 2/15 2/16 2/17

2月13日 長野五輪は結構見てたが、夏に比べると冬はあんまり盛り上がらないな、気分的に
 トリノオリンピックが始まった。
 ここ数日はHDDレコーダーと格闘していて(手元にあった金田一耕助モノのドラマのビデオをHDDレコーダーにダビング→DVDにダビングして保存、という作業に明け暮れている。余談だが、「八つ墓村」をDVD-Rに焼こうとするとエラーが頻繁に発生するのだが、これも「祟りじゃー!!八つ墓大明神の祟りじゃー!!」ということなのだろうか?)、競技自体はマトモに見てない。せいぜいニュースでの知識がほとんど。
 TV見てて思うのは、日本人はオリンピックが好きだねぇ。朝のニュースもワイドショーもオリンピックネタ一色。TVを見てるとどの局も、「上村愛子5位」、「原田失格」、「男子スノーボード惨敗」の3本立て。
 それにしても、日本選手はパっとしない。
 オリンピックのマスコミの持ち上げっぷりを見てると、どの競技でも軒並みメダルが取れそうな雰囲気だったが、今のところは全然振るわない。まぁ、マスコミは過剰に騒ぐが、そんなに甘いワケはないのだよ。
 個人的にはメダルは3つ程度じゃないかなぁ?と予想している。男子スケートで金(加藤)、女子フィギュアで銀(荒川)、女子スケートで銅(岡崎)で3つ。ちなみに、荒川静香と岡崎朋美をメダル候補と予想したのは、ファンだから。
 そうそう、冬季オリンピックを見てて思ったのは、女子選手が綺麗。
 別に夏季オリンピックに美人がいない、とは言わないが、冬季オリンピックのほうがカワイイ気がする。
 というか、オレの中で「夏季オリンピックの女子選手」で思い浮かぶのが女子柔道48kg級のアノ人だから、って気がしないでもないが。

2月14日 オレに好意を持つ恋愛能動態体質な女性の登場を待ってます

 今日はバレンタインデー。とりあえず、今日のお昼にチョコパンを食べた。無論、自分で購入
 実は何度か書いた事があるが、オレは大の甘党なのに、チョコはあまり好きでない。チョコ食うと後味がずっと残るというか、口の中がチョコ一色になってしまうので、それがイヤなのだよ。特にチョコ風味のお菓子(チョコレートケーキとか、チョコレートアイスとか、チョコパフェとか)はチョコが主張しすぎて他の素材の良さを打ち消してしまう気がして、ちょっと許せない。
 そんなワケで、「バレンタインデーにチョコ」という固定観念はもともと天邪鬼な性格な事も相まって、如何なものか?と思う。そー思いながらも昼飯にチョコパン食ってるあたりがすっごい自己矛盾だけども。
 ただ、チョコレートを渡すというのがチョコレート業界の策略だったとしても、なかなかに上手い策だとは思う。「チョコ→甘い→恋人たち」みたいな連想が容易に出来るもの。実際、数年前に義理イワシ(調理品。当時の同級生がくれたのだが、人によっては「義理鯖」だったらしい)をもらったことがあるが、いくらチョコがあまり好きではないといっても、「イワシはねーだろ!!」と思ったものだ。甘いムードどころか、生臭いし。
 と、ここまで書くとバレンタインデーに批判的なように見えるかもしれないが、逆。むしろ、バレンタインデーというのは素晴らしいイベントだなぁ、と毎年思う。
 オレは恋愛に対しては、絵に描いたような受け身。言うなれば完璧な恋愛受動態人間
 なので、女性が積極的に動いてくれるバレンタインデーというのは、願ったりかなったりというか、「鴨が葱背負ってやって来る」ならぬ「美女がチョコ持ってやってくる」的なイベント。
 まぁ、実際にはそんなに上手くはいかないものですが。 (´・ω・`)
 とりあえず、アパートの郵便受けにチョコが入ってたり、夜にTV見てたら不意に「きちゃった(はあと)」があったりするといいなー。 

2月15日 「あなただけ見えない」も見てみたいが、こっちはDVDはおろか、ビデオ化もされていない

 どーも先月沖縄から帰ってきてから気力が湧かないなぁ。完全に燃え尽き症候群。
 とりあえず、就職活動もしているのだが、こっちもなかなか上手くいかない。エントリーしたい企業は「2007年3月卒業者」を募集しててね。そーいう意味では2005年9月卒業、ってのは結構中途半端で厳しい(リクナビ2007に登録できないもんなぁ)。
 博士号を取った以上、修士だった時とは違って、自分の学んだ知識を生かしたいという確固たる決意もあるし、1回会社辞めた以上、次は失敗できないぞ、という思いもあるし。
 就職場所をどこにするか?ってのも頭が痛いしなぁ。切羽詰っているので富山とか新潟に限定するのは止めて全国の企業を視野に入れてはいるが、そーいう決意をしたのがちょっと遅かったので、出遅れた感は否めない(実際、大手食品関係企業はすでに技術職の採用を締め切ってたりするし。つか、新卒者向けの求人サイトに登録できないとどうしても情報的には出遅れる・・・。)。
 そんなこんなで最近は気が滅入る一方。
 
 んで、まったく関係のない話題を。
 最近、「横溝正史シリーズ」を借りるためにビデオ屋に行って気がついたが、古いドラマが多くDVD化されている。「こんなドラマ、レンタルするヤツいるのかよ?」的な非常にレアな作品も多々。
 そんな中、「もう誰も愛さない」がDVD化されているのに気がついた。
 今から15年前のドラマで、ちょっとでも見逃すとワケがわからなくなり展開がめまぐるしく変わることから、別名「ジェットコースタードラマ」といわれた作品(おそらく、「もう誰も愛さない」と三上博史演じる3重人格者が話題になった「あなただけ見えない」がジェットコースタードラマの双璧だろう)。
 オレは本放送じゃなく、夕方に再放送してたのを見ていたのだが、肝心のドラマの内容はあまり覚えてない。「吉田栄作と伊武雅刀が実は親子で、登場人物はみんな死ぬ」ぐらいの記憶しか無い一方、ものすごく面白かったような気がする。
 DVD化されているのをみつけて、すっごく見てみたい衝動に駆られているのだが、今見ても面白いんだろうか?

2月16日 ガノタはバンダイに死ぬまで搾取されつづける運命を背負ってる

 ( ゚д゚) 何、このランキング?
 1位が電波歌姫かよ!!2位、3位はまぁ許すとして、4位は精神不安定だし、5位〜7位は性格的にかなり難があるし、8位も常人とは精神構造が違うし、9位はキチガイだし。
 つか、フォウ、ハマーン様、ララァあたりはまだわかるとして、ニナとかソシエは嫌いな人のほうが多いんじゃねーのか?
 個人的にガンダムキャラで恋人にしたいなぁ、と思うのは「G」のレインと「逆シャア」のチェーンだな。あとは「Ζ」のエマさん
 で、次のアンケートはコチラらしい。
 上司にしたいキャラかぁ。「0083」のバニング、デラーズ「逆シャア」の頃のブライト(1stのブライトが上司だと嫌だ)、「X」のジャミルってトコかな。
 1番上司にしたくないのはシャア(特に「1st」)。部下、みんな死ぬじゃん。

 ガンダムつながりで。
 こんなゲームが発売されるらしい。全然知らなかった。
 U.C.(宇宙世紀)が舞台の「機動戦士ガンダム」(1st)〜「機動戦士ガンダムF91」までを網羅した3Dシューティングゲーム。どうせ、U.C.をうたうのなら、「機動戦士Vガンダム」も入れろよ、と思ったりもするが。
 なかなか面白そうだ。各ストーリーの主人公だけでなく、ライバルキャラ用のシナリオモードもあるようだし、隠し機体としてクロスボーンガンダムX1〜X3が登場したりするそうだ。
 ただ、最近、バンダイのガンダムゲームは不発傾向が強い。発売後の評判を待って購入を検討するのがよさそう。

 さらにガンダム関係ニュース
 オレは29歳だが、大まかに見ると「ガンダムを支える30代」世代なんだろう。実際、オモチャ屋でギミック満載のモビルスーツのフィギュアを見れば買ってしまうし。
 実際、オレよりも少し上の世代(30代半ば)以降の人たちはガンダムに限らず、アニメに大きな影響を受けているだろうし、アニメへの偏見も小さい気がする。普通の会話でもガンダムネタが通じたりするし。
 あと10年もすれば、「1stガンダムについて熱く語る部長と、それに対して反抗的な種死好きの社員」なーんて光景が見られるようになるのかもしれない。

2月17日 横溝正史の小説の美女の形容は基本的にJAROに訴えられそうなほど大げさ

 訃報。パロ・スペシャルの元祖の方です。
 「パロ・スペシャル」といえば、日本の男の子(というか、「キン肉マン」世代)ならば必ず一度はかけたり、かけられたりした事のある有名な技。
 ところが、この形状のパロ・スペシャルはあくまでも「キン肉マン」設定。元祖のパロ・スペシャルはこちら。
 「キン肉マン」のパロ・スペシャルのリバース形態。で、ややこしいのが、「キン肉マンII世」では元祖パロ・スペシャルはOLAPという名前で登場しているんだよねぇ。名前の由来はリバース・パロ・スペシャルなので「PALO→OLAP」。本来はウォーズマンが使ってたパロ・スペシャルのほうが元祖パロ・スペジャルのリバース形態なので、OLAPなんだけどな。
 実際のプロレスでは元祖パロ・スペシャル(OLAP)もウォーズマンのパロ・スペシャルも使い手は今のところいない。OLAPは鈴木鼓太郎がイベントで披露したことがあるけど。
 インパクトのある技だし、必殺技として使う選手が増えるとうれしいのだが・・・。

 エ━━Σ(゚д゚lll)━━ッ!!!
 松嶋菜々子ファンには申し訳ないが、全然イメージに合わない。まぁ、金田一耕助が石坂浩二(64歳)なので、全体の年齢設定が上がることはある程度予想していたが、菜々子かぁ。原作じゃ野々宮珠代26歳で処女なんだが、32歳で子供がいる菜々子か・・・。
 松嶋菜々子は綺麗だとは思うが、原作で「金田一耕助も、いままでそのような、美人にお眼にかかったことは一度もなかった」とか、「それにしても、いまこうして眼近に見る珠世の美しさはいよいよ尋常ではなかった」とか「その神々しいばかりの美しさは、実に、歯ぎしりが出るようだった」とか尋常じゃない形容っぷりの美人なワケで、そのイメージにはちょっと遠い気がする。
 個人的には中谷美紀がイメージに近いかなぁ、20代半ば〜後半の女優さんだと。
 「犬神家の一族」においては珠代以上に重要なのが松子と佐清の親子なんだが、誰になるんだろう?特に松子がヘボいと一気に作品としては厳しくなるんだが。