真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

9月8日  別に手抜きじゃないよ

 今日は雑記なカンジで。
 つーか、基本的に雑記なカンジになるのは「テーマが複数あるけど、芯になりそうなテーマがないとき」に書きがち。(だからダラダラと長くなってしまう。読んでる人はゴメンよ)

 さてさて、先日買った「ジオニック・フロント」について。
 このゲーム、「ジオン軍の部隊長となり、ミッションに対する作戦を立て、その計画に基づいて小隊長キャラを操作し、それを実行する」というゲーム。
 いやぁ、不発ぎみだなぁ、このゲーム。
 操作性が悪い、とか、主人公キャラが固定されてないので感情移入しにくいとか、いろいろ問題はあるけど、ムカつくのは「連邦のMSがバケモノ」な点。
 こっちのMS(しかも支給されるのが旧ザクとかザクだし。最近やっと先行型グフ(ヒートロッドが無い!!)が支給されたが)がいくらマシンガンを至近距離から連射しても向こうはビクともしないのに、遠距離からのビームライフル一発でこっちは撃墜。
 ビームライフルは弾道が速い&コントローラーの操作性が悪いで攻撃はまず避けれないし。
 というわけで、先に進まずやる気ナシ。
 攻略本が出るまでちょっと待機かな?

 午後から「噂の東京マガジン」って番組で黒部川のダムの排砂について報道してた。
 沿岸住民なら知ってる内容だったので、目新しい事は何も無いのだが、むかついたのは関西電力&国土交通省の対応。
 両方とも「流れたのはヘドロじゃなくて、砂」って言い切ってるし。
 どう見てもヘドロなんだが。(金沢大学の研究室でも証明済み)
 しかも関西電力なんか、「ダムが出来る前の明治とか大正時代には有機物や泥は洪水の時には下流に流れ込んでいたんだから、むしろ排砂によって砂を下流に流すのは自然に近づける行為」という電波100%な回答をしてたこと。(やっぱ、電力会社だから?(藁))
 ダムができる前に流れてたものは今、排砂で流してるような数ヶ月とか数年も川の底に溜まってたヘドロじゃないちゅーねん。
 こういうことを聞くと、「そんなに安全だ、って言うんなら通天閣の横に原子力発電所作ってみろや!!」なーんて暴言を吐きたくなるね。(関西圏の人、ゴメンよ)
 そもそも関西の人の使う電力を作るために富山県の自然が殺されていく、ってのが許せない。(富山県は北陸電力)
 福井県や石川県には関西電力の原発があるし、大学時代にいた新潟(東北電力)だって東京電力の原発問題でもめてるし。
 
 今日、ジムにいったんだが調子よかったんでエアロバイクを45分こいでみた。
 450kcalの消費で走行距離換算で20km走った事になるらしい。
 20kmって言うと、2つ向こうの町のよく行く電気屋までの距離(車で20分)とほぼ同じなんですけど・・・。
 しかし、EVA2号機(ジムのエアロバイク。家のは1号機)とはシンクロ率高いなぁ。やっぱ、大学でドイツ語やってたからかなぁ。(「新世紀エヴァンゲリオン」参照)
 その後、泳いだらすげぇ疲れた。すごいね、トライアスロンの選手って。
 つーか、明日から勤務なのにいきなり1週間分の体力使った気がしないでもない(笑)。

 あー、菅野美穂カワイイ。
 ちょっと今、TVに釘付け状態。

9月10日 富山のイメージ

 今日、富山のローカル番組でなかなか面白い企画をやってた。
 「東京の人に富山のイメージを語ってもらう」というもので、富山、と聞いて思い浮かぶものをリストアップしてもらってた。
 まぁ、上がるのは薬、水、マスの寿司、雪、トロッコ電車(黒部峡谷を走る観光トロッコ)などなど。(つーか、富山ラーメンってのを上げてる人が何気にいたのにビックリ。数年前に作家の椎名誠に「富山のラーメンはクソ不味い」と酷評され、すごい論争になったのに。そういえば新潟にもあったな、「富山ラーメン」の店。行ったこと無いけど)
 オレ自身、県外で住んでた時には富山にいた時には思ってもいなかったリアクションをされたり、欲しくて捜したのに見当たらなかったものがあったりしたなぁ。

 @とろろこんぶ
 富山県民ならコレをまぶしたおにぎりを1度は食べているはずだが、他の県で見た覚えは無い。つーか、とろろこんぶ自体売ってるのかなぁ?
 なんとなく北陸圏限定のモノかなぁ?という気がする。
 (知らない人のために説明すると、こんぶを削って髪の毛状にしたものを調味液につけ、乾燥させたもの。ほんのり酸っぱい)
 富山にいる富山県民のOLさんがダシ昆布をチュパチュパしながら、酒(立山)を飲んでいたのを見て、正しい富山県人だなぁ、と思った。
 Aマスの寿司
 県外民に意外なほどファンが多い。
 実家に帰省するたびに「マスの寿司買ってきて」と知り合いには言われたが、高い&ナマモノなので一回も買って帰らなかった。
 誤解されているのは、「マスの寿司を富山県民は日常的に食っている」と思われている事。
 アレはいわゆる「ハレ」の日のモノだし、かといってアレを「ハレ」の日に食う県民、ってのもそんなにいない気がする。
 県民の目から見ても今は、「駅弁」というカンジ。
 昔読んだ小説に、富山にきた主人公がマスの寿司を食おうと思うが、どこの料理屋でもメニューになくてブチ切れる、というシーンがあったが、この主人公のほうが間違い。
 ちなみに味は主観的なものなので断言は出来ないが、駅で売られてるヤツ(メーカーは伏せとく)は一番不味い、ってのが多くの県民の意見。(同じメーカーの「ブリの寿司」は美味い)
 オレ自身、3つのメーカーを同時に食べ比べたこともあるけど、やっぱそうだったなぁ。
 Bカマボコ
 一番意外なリアクションをされた商品。
 富山のカマボコは一般的なカマボコ(小田原カマボコ)とか形状が違う。
 赤は赤色4号(着色料)。黒は昆布ね。
 県民はコレを日常的に食うし、正月には欠かせない。(富山県が全国1のカマボコ消費県、だって知ってた?)
 ところが県外民にはすこぶる評判悪し。
 味は評価高い(むしろフツーのカマボコより美味い)のだが、色が問題らしい。
 特に写真は無かったが、青巻と呼ばれるこんな色のカマボコ(色見本で言うところの#00ffff)(青色一号使用。ちなみに発ガン性の確認されてる着色料)が一番評価低し。
 曰く、「食べ物の色じゃない」、とか「こんな色の食べ物はカキ氷の「ブルーハワイ」ぐらい」とか。
 
 ちなみにオレが富山県だなぁ、と思うのは白エビ
 富山湾にしか住んでいないエビなのだが、コレのかき揚げはマジで美味いと思う。

9月11日 今日は台風かよ!?

 今、「ココリコ黄金伝説」を見てる(無論、テレビ朝日系列の無い富山県なので石川県の電波傍受)。
 ヲヤ、「さまぁ〜ず」が出てる。
 最近、なんかよく見るようになったなぁ。
 「バカルディ」の頃はそんなに好きではなかったというのに、最近はチョットお気に入り。
 ソレもコレも三村マサカズ「そのまんまツッコミ」あればこそ、だな。
 昔はシュールな大竹の味が持ち味だったのだが、三村のツッコミあっての「さまぁ〜ず」かなぁ、と最近は思う。
 しかし、バケたなぁ。
 「カルトQ」の後番組だった「大石恵三」(「ホンジャマカ」と「バカルディ」のコント番組。なぜか菊地桃子もレギュラーだったが、3ヶ月で打ち切り)の失敗でこいつらはもう万年B級お笑い芸人だと思ってたのに。
 「さまぁ〜ず」になったのも短期間のハナシだと思ってたのに。(「ウンナンの気分は上々」だっけ?改名のキッカケ)
 ちなみにコレさえ守れば、「そのまんまツッコミ」はできる、というポイント。

 @○○かよ!?と語尾につける。
 Aホンの少しだけノリツッコミも取り入れる。
 B勢いをつけて、声は大きめに。


 これでアナタも三村マサカズになれるはず、ってコレだけでかよ!?

9月12日 ♪アニメじゃない、アニメじゃない、ホントのことさ

 やはり今日はコレに触れないわけにはいくまい。
 アメリカで起きたテロについて。
 昨日、「プロジェクトX」で姫路城修復をやってて、城好きなオレは当然のように見てた。
 んで、その後番組である「ニュース10」を見始めたのだが、アナウンサーがちょっとパニくって、本来のトップニュースだった台風情報をやらずに、アメリカに中継を飛ばした。
 で、映ったのが今回倒壊したビル。
 ヲヤ?煙でてるよな?とか思ってみてたら炎があがり、あっという間に崩れ落ち・・・。
 で並行してペンタゴンへの飛行機墜落。

 最初、「ビルに飛行機がぶつかった」と聞いた時点では「セスナ機の運転ミスかなぁ?」ぐらいに考えてただけに、ペンタゴンへの墜落で計画的なテロだと悟った次第。
 その後は最初からTVでリアルタイムで見た、って事もあって夜中の1時までいろんな局をハシゴして見てた。
 で、一夜明けて今日。
 通勤電車の中では女子高生までが話題にし、会社の人たちの話題もコレ。
 帰りの電車は夕刊を読んでる人が多かったし。
 ちなみにオレ自身、このニュースを聞いて最初に思い浮かべたのは「コロニー落とし」だった。
 「機動戦士ガンダム」シリーズではおなじみ(?)の無差別テロ行為である。
 その次に考えたのが「ガルマ・ザビ、ガウ攻撃空母で特攻」だった。
 NHKのアナウンサーが「これは生放送です!!」って連呼してたのもサイド6でジオンVS連邦で戦争したときの描写のようだったし。
 なんか、すごい不謹慎だけども。
 ただ、いろんな映画、小説、アニメ、マンガなど各種メディアで荒唐無稽な物語が作られ、「こんなこと絶対にないよなぁ」とか思いながらエンターテイメントとして享受してきた我々にはあの映像のリアリティのもつインパクトは大きかったのではないだろうか?(だって、今のところ宇宙人襲来もの以外のパニックものでアレを超える荒唐無稽な作品はそうそうないぞ)
 逆にあーいう狂気の沙汰を演出・実行させる力(犯人は特定されてないから断言は出来ないけども、「信仰心」)というのは怖いなぁ、と思う。
 オレ自身、宗教は懐疑的というか嫌悪感を持っているのでそう思うだけかもしれないが、宗教の力に左右されて普段とは違うある種のパッションを持って行動する人々(宗派問わず)ってのを今までも見てるだけに、余計にそう思う。
 まぁ、宗教に対しての意識が希薄で、複雑な領土問題(詳しくは第二次世界大戦時について書かれた文献参照。「パレスチナ」、「イギリス」、「第二次世界大戦」で検索サイトで検索すると詳しく書かれたサイトも見つかるし)もピンとこない日本人にはわかりにくいかもしれないけど。
 ただ、この事件報道を見て無邪気に喜ぶパレスチナの子供をニュースで見たときは正直、怖いと思った。

9月13日 今日で最後の20歳(四捨五入して)

 とうとう明日で25歳になってしまう。
 女の子ならお肌の曲がり角(女友達の話では「20歳でもう曲がる。25歳は最終コーナーを回りきって最後の直線に入る頃」らしいが)だな。
 結婚、なーんて言葉がチラつき(相手もいないのに)、将来についても漠然と考えてみたり。
 何てったって、「4半世紀生きた」とか「四捨五入すると30」って言葉がズシリと響く今日この頃。
 そんな中、手持ちの文献(?)からこんなページを作った。
 祝(?)誕生日記念、9/14生まれの人はこんな人!!ということだそうな。
 それぞれ、コレを見た人が9/14生まれ(つまり、オレだな)について、どう思うかはさておき、オレ自身はかなり当たってるのでは?と思う。
 つーか、思い当たること多すぎ。
 ま、年をとるのならいい年のとり方をしたいものだなぁ、と最近はつくづく思う。
 戦国時代とか幕末と現代を比べるのはナンセンスかもしれないが、歴史上の偉人、ってのは20代後半ですでに活躍してる人も多いしなぁ。
 とりあえず、おめでとう、オレ。
 
 さて、明日だが帰りが遅くなるので更新するかは謎。
 まぁこんな事書いてても更新する事が多いのだが(笑)。
 それにしても更新は24時ごろだと思われるので、よい子は9/15にこのHPに遊びに来てね。(はあと)

9月14日 よっぱらいバラッド

 嗚呼、酔っ払って車の運転もできんかった(親に迎えにきてもらった)クセにHPの更新はちゃんとする。
 あんた、バカ?(by 惣流・アスカ・ランスレー)
 つーか、酔ってる時に「パソコンがおかしくなった」とか言わんで@親。
 ナニしたら「強制終了画面しか出ない」なんて状態になるんだ?
 明日はずーっと親のパソコンのメンテ?
 鬱。
 しかし、酒弱くなったなぁ。
 ワインを6杯ほど飲んだだけでこんなですか。
 つーか、Mr.Beterの踊り(♪どんどっとと、どんどっとと、ってヤツ)が踊りたいYO!!
 まぁ、ごっつがスペシャルで復活なのでヨシとするか。(「こづれ狼」をやるそうだが、いいの?西川君逮捕されたのに)
 嗚呼、TVでミニモニ。が電波ソング歌ってる。
 藤原紀香がオバサンにしか見えない。
 やっぱ、モー娘。は市井ねーさんマンセー。
 そういえば誕生日なのにメールは0件だった。
 非常に鬱。
 というか、なんで「きちゃった(はあと)」がないの?

 つーか、今なら好きな人にも告白できそうなぐらい、酔っぱらい。
 会社じゃ、テンション低い人を装ってるけど、本質はラテン系だしねぇ。
 そーいえば、鬼束ちひろの新曲、「爆破してぇ〜」って歌詞なのでプロモ活動停止&ヘタすると新曲廃盤らしいよ。
 あの人はヲレの中では「月光」の一発屋なんですが・・・。
 かなーりヘロリーンなのに同期の前ではしっかりしてたっしょ?

9月15日 じっちゃんの名にかけて

 今日で「金田一少年の事件簿」のドラマが終わるそうな。
 つーか、オレは見てないけど。
 なぜならヤツは「金田一耕助の孫」自称しているから。
 週刊少年マガジンに連載当初、この設定を立ち読みで知って「ふざけんな、(#゚Д゚)ゴルァ」となったのは言うまでもない。
 何故か?

 ・金田一耕助は結婚していない
 ・結婚してなくても子供はできるが、子供がいた、という設定は一回も出たことがない(つまり孫はいないはず)
 ・金田一少年本人が言うには血のつながりもあるようなので金田一耕助の養子の息子説も却下
 ・金田一少年が幼少の頃に金田一耕助が事件解決の現場を遊び場にしてた、みたいな描写があった(堂本剛版。マンガのほうは知らんが)が、その頃、金田一耕助は行方不明。(昭和48年ごろ(だったと思うが)にアメリカに単身渡米後、消息不明に)
 

 
 と、コレだけの事があるのに「孫」を名乗るのが許せねー。
 「まぁ、マンガだから堅いこというなよ」って意見もあるだろうが、「主人公のキャラ設定を強める」ためだけに「金田一耕助の孫」にされたカンジで非常に不快に思う金田一耕助ファンはかなりの数だと思われ。(しかもこの設定、金田一耕助の生みの親の横溝正史の遺族および出版社には了承を得てなかったようで、これからしばらくされて発行された横溝正史関連の出版物には「遺族が運営する事務局への連絡ナシに金田一耕助にまつわる設定を使った出版物は発行を認めない」という趣旨の文章が明記されている。よほど腹に据えかねたのであろう。)
 決定的なのが「奇妙な仕掛けでたくさんの人間をおどろおどろしく殺す=金田一モノ」という勘違いをしている点(これは近年の金田一耕助ドラマ・映画にも言えるが)
 ヨロイ武者とか、生首飛んだりとか、不必要なほどの血まみれ死体とか。
 横溝正史の小説読めば、そーいうのはあくまでも脇の部分(結構、描写も淡々としてるし)でストーリー展開の上手さで読ませてる、ってわかってもらえるのだが・・・。
 って最近のガキ(に限らずオレと同年代でも)で横溝正史の小説を読んでる人は少ないだろうし。(金田一耕助=古谷“失楽園”一行なのかなぁ。昔(1970年代後半〜1980年代前半)の古谷一行作品のドラマは面白いのだが・・・。ビデオ化もされてるし)
 コレについては今後機会があったら熱く語っておきたいネタだな。

 いま、「ザ・プレイステーション2」(通称、ザプレ)を買ってきたが、「幻想水滸伝3」が出るそうで。
 「ワイルド・アームズ3」も冬に発売だと言うのに、両方買わなきゃじゃん!!
 「正義の味方」というPS2ソフトも前々から気になってるし。
 今は「スーパー特撮大戦2001」も非常に買いたい衝動に駆られがちだし。(中古でいくら?今)
 「ジオニック・フロント」攻略のためにひさしぶりに買った「ザプレ」だったのに・・・。(つーか、マジで売っちゃおうかなぁ、「ジオニック・フロント」)