真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 10/1 10/2 10/3 10/4 10/5 10/6

10月1日 つくばは何も無い、人工的なカンジのする街でした
 金曜日につくばから帰ってきた。
 月曜〜金曜までつくばで開催されていた国際学会に出席してたんだけど、やっぱ学会は疲れるな。肉体的にも精神的にも。肉体的には坐骨神経痛の身で歩いたり立っていたり(何かと長時間立ってる機会が多いものなのですよ、学会って)するのはキツかったし、精神的にも周りがガイジンばかりなのは疲れる。
 昨日は近所のマッサージに行った以外はずーっと家で横になってたし、今日も体は不調だ。熱も少しあるようだし。一気に疲れが噴出したってカンジだな。
 特に坐骨神経痛由来と思われる足の痛みは昨日はかなりヤバかった。まぁ、昨日マッサージに行った事も関係があるようだが(マッサージ師さんの話では、マッサージ後には「揺り返し」というのがあり、受けてしばらくするとマッサージ箇所が激しく痛むようだ。で、揺り返しが収まると一気に楽になる。実際、今日は非常に楽)。
 それにしても、マッサージというのはすごいものだな。
 オレが行ってるところは40代ぐらいの女性が1人でやっており、治療中もマンツーマンなのだが、治療中はマッサージ師さんにすべてをゆだねるような気分。実際、ベットに無防備に寝ているし、自分の弱点(痛い箇所)をさらけ出しているし、リラックスの為かヒーリングミュージックが流れているから肉体的にも精神的にも無抵抗だけど。
 マッサージ師さんもすごくイイ人なので、こっちが客にもかかわらず終わった後には「ありがとうございました」と最敬礼でお礼を言わずにはいられない。無論、料金は支払うのだが、さらに上乗せしたいぐらいの勢いだ。
 何となく、以前あった「整体師による貴乃花洗脳騒動」ってのも理解できる気はするわ。それぐらいに患者のマッサージ師さんに対する信頼感というのは大きいのですよ。
 おそらく、「メイドマッサージ」ってのがあったら確実に儲かるぞ。たぶん、実際にすでにあるとは思うが。オレが前にGURUと行ったアキバのメイド喫茶は簡単なマッサージもボッタクリ料金でやってたし。
 本格的なマッサージを提供するお店を作れば、大繁盛間違いナシだな。

 で、この場を借りてご報告と言うか何と言うか。
 本日付でオレは仕事に就くらしい。
 らしい、というのはオレもよくわかっていないので。
 学会の直前に聞いたのだが、ウチの研究室と某食品企業が国から予算をもらって研究をする事になり、オレは研究員として携わるらしい。任期は来年3月までの半年。ちなみに勤務地は今の研究室。
 業務内容だが実はオレもよく知らない。たぶん、某食品企業に依頼された実験とかするんじゃないだろうか?
 オレ自身の理解度がその程度なので何がどうなるかはサッパリわからない。おそらく多少忙しくなる程度(今までが暇すぎた、ってのもあるが)ではなかろうか?まぁ、勤務地が今の研究室だし、大きく変化するわけではないだろう。
 1番の大きな変化は半年間の間、給料が出る身分になると言う事だな。額に関しては内緒だ。というか、オレもよく知らない。

10月2日 斎藤由貴がアニソン主題歌を歌うのは「めぞん一刻」以来?

 今日、新規配属の3年生(数年前から研究室配属は4年生じゃなく、3年後期からになった)が来たが、若いな。つか、会話の中に「ちょー」多すぎ。
 よくよく考えると3年生は今年21歳。彼らが中学に入学した年にオレは大学を卒業し、彼らが中学を卒業する時にオレは大学院修士課程を卒業しているわけで。
 つか、そろそろ大学には平成生まれが入学してくるんだよなぁ。

 復活のウワサは聞いていたが、まさかBSフジとはね。BSデジタルを視聴できる環境にいる人ってそんなに多くないだろうに。
 個人的に「世界名作劇場」といえば、「小公女セーラ」だな。大体のストーリーしか覚えていないが、セーラの不幸っぷりと、富山県の田舎に住む子供にすら、「よくわからないけど大金持ちなんだろうなぁ」、と思わせた「ダイヤモンドプリンセス」という言葉が印象的。
 オレの中では「世界名作劇場」は暗いイメージが強いのだけど、たぶんその90%ぐらいは「小公女セーラ」のせいだな。 

10月3日 「アタック25」好きにとって児玉清さんは番組最大の良心

 ウチの研究室で使ってる機械の消耗部品が寿命になった。で、機械トラブルの際に何故か業者との交渉を担当する事が多い(ただ単に便利屋扱いなのだが)オレが機械の代理店に電話をしたのですよ。
 (#゚Д゚) 消耗部品が3000円で、それを交換してもらうと50000円ってどーいうことじゃ!!
 部品だけ買ってこっちで交換するのは「複雑な機械なので、素人さんじゃ無理」との返答。仕方ないので「んじゃ、それで了解しました」と言おうとしたところ、隣で電話を聞いてた鈴木君から「ちょっと待った」コールが。
 鈴木君と業者の間で討論があり、「ウチで交換するから、部品だけでいい!!」と鈴木君は強気で電話を切った。
 で、機械の取扱説明書を見て、1分後。
 「こちんぴ君、電話して業者の人に交換もお願いして」
 Σ(゚д゚lll) 結局、頼むのかよ。つか、頼むのオレかよ!?

 いろんな意味で社会の不条理を味わった気がしたよ。それにしても3000円のパーツを交換するのに人件費が50000円ってのは納得いかねぇ。

 第弐拾弐話「せめて、人間らしく」
 これは流石に綾波好きが怒るんじゃないのか?
 深夜番組みたいだから、新潟ではどーせ放送しないだろうけど。

 実は今週放送分なんだけどな。
 確かにこの日の放送はおかしかった。白(優勝者)の誤答が多く、ウェストミンスターの鐘(パネルが埋まる前に、用意してある問題がすべて無くなった場合に鳴る)が鳴るかと思った。
 さらに白がボタンを数多く押すものの、常識問題を間違えたり(「コーヒーや紅茶に入れる『ざらざらした』という英語が語源の砂糖は?」との問いに「ザラメ」と回答。正解は「グラニュー糖」)、正解のたびに過剰なガッツポーズを見せたり、児玉さんに話しかけられた時の態度が悪かったりと、「アタック25」視聴者の気持ちを逆なでするような光景が多く見られた。優勝も実力というよりは運よく正解した時に角が空いていて、強固なラインを形成した結果だったし。
 番組ファンで予選会にも何度か参加している身としては許せない。特に児玉さんに対して不遜な態度だったのが許せない。

10月4日 今までで1番焦ったのは遠心機のローター(約100万円)に傷をつけたときだな

 髪の毛染めたら男前度が上がったなぁ。
 それにしてもこの写真は日本国民としては心配だ。プロレス好きだけどさぁ、この2人が議員ってのは何か間違っている気がするんだ。

 今日、実験器具を壊した。 (´・ω・`)
 「壊した」と書くとオレが手を下したみたいだから、「壊れた」と書くほうが正しいけど。
 ある業者から実験器具を買うことになり、その前にレンタルして、使い勝手を調べよう、ってことで雑用係なオレがチェックをしていたわけですよ。で、無事に実験も終わり、実験器具のパーツである特殊加工で作られた石英セルを超音波洗浄機で洗ってて、タイマーが切れたんで見に行ったらポッキリですわ。
 構造的には2mm×3mmの長方形に直径0.5mm、長さ1mmぐらいの円柱がついてるカンジ。わかりやすくいうとサントリーの角瓶みたいな構造。で、長方形と円柱のつなぎ目から折れてた。
 12万円するんだけどな、石英セル。カスタムメイドだから高いのだよ。
 結局、先生に報告し、レンタル先の業者にも連絡し、「今回は事故って事で」って事で不問になりそうだが、実験器具トラブルというのは焦るものです。

10月5日 903iは「鉄拳」がプレイ出来るらしいが、携帯で「鉄拳」やって楽しいのかね?

 昨日は大学鯖が落ちていたので更新お休みでございました。昨日の更新をupしようとして落ちてるのに気がついた。

 ドコモの903iシリーズが10/12に発表になるそうだ。
 今使っている携帯も購入して約3年。流石にそろそろ買い替え時期だろう。オレの携帯は未だにmovaだが、ウチの実家もいくら田舎と言えども、今はFOMAの圏内だと思うし(ただ、未だにmovaですら実家に帰るとアンテナが1〜2本しか立たず、場所によっては家の中で圏外になる事もあるのだが。昔の携帯なので電波を掴む力が弱いのだと思いたい)。
 携帯各社、ナンバーポータビリティーが開始されるのに合わせ、新機種の投入が盛んだ。オレ自身はドコモから変える気は無いけど(ファミリー割引があるので。ただ、母親はドコモだがアニキはau)。
 でも、携帯自体は好きなので割とスペック的なものには注目しているのだが、最近の携帯はスペック的にやりすぎじゃないのか?と思ったりもする。
 というか、個人的には電子マネー機能とか音楽再生機能は要らない。カメラ性能がよく、液晶が綺麗で、メールの文字変換等のレスポンスが速く、薄くて軽くて電池の持ちが良い携帯が欲しい。使用目的の大半がメール&デジカメなので。
 まぁ、音楽再生機能はあったらあったで使うだろうなぁ、とは思うけど。でも、音楽をダウンロードしてまで聴こうとは思わないな。手持ちの音源を取り込むぐらいのことはするだろうが。
 発売前のいろんな情報によると、どうも903iシリーズは記憶媒体がminiSDからmicroSDになるらしい。そーなると今使ってるminiSDは要らなくなるのか。かといって、他の使い道もないのだけど。
 購入検討機種だが、P903iを購入予定。次点はSH903i。
 Pは携帯を持つようになってずーっとPの携帯を使っていること、カメラ性能が従来のPに比べて大分向上するらしいというウワサがあること(320万画素AF)、あたりが購入に踏み切る理由だろうか。液晶がイマイチらしいのが気になるが。色は赤が無いようだが、どーせカスタムジャケットでどうにでもなるし。
 SHは液晶、カメラ性能、WMA再生対応等にググっと来たが、背面液晶が無いらしい、ってのがネック。
 まぁ、今回は必ず買い換えますよ。来年の3月にはドコモのポイントが自然消滅しちゃうし、その前に買わなきゃ。

10月6日 俳優の的場浩司の娘は「宝冠」で「てぃあら」だったと思う。ちなみに俳優の下條アトムは本名(誕生は「鉄腕アトム」の登場よりも前)

 こだわり、というよりは納期に遅れただけじゃないのか?シカオ。
 それにしても、「プロジェクトX」の後番組である「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌に続き、「きょうの出来事」の後番組「NEWS ZERO」の主題歌か。国民的な番組の後番組の主題歌をスガシカオに依頼するのが最近のトレンドなんだろうか?
 しかし、タイトルの「春夏秋冬」は泉谷しげるの曲を思い出すな。

 >それぞれ「せいか(聖火)」「亘利翔(ギリシャ)」と五輪ゆかりの名前を付けている。
 「せいか」、「亘利翔」、「とりの」かぁ。
 子供の名前というのはわかりやすくて奇抜すぎない名前のほうがいいんじゃないかね。とりあえず、「亘利翔」で「ぎりしゃ」と一発で読めた人がいたら尊敬するわ。つか、「魁!男塾」にいそうだよな、「亘利翔」(ぎりしゃ)。
 そーいえば昔、子供の誘拐事件があり、誘拐された子供は無事に解放されたのだが、ワイドショーで子供の名前が紹介された時、( ゚д゚)ポカーンとなったなぁ。
 「騎士」と書いて「ないと」君。
 ここまで来ると「本気」と書いて「マジ」と読むのと同じノリだ。
 他にも最近は結構珍名さんが多いと聞く。そのうち、「月」と書いて「ライト」って読ませる親も現れるのだろうか?
 これからお子さんが産まれる予定のある方は、誰にでも読めて、間違いにくくて、歳をとっても違和感の無い名前(意外に見落としがちだが、結構重要)にして欲しいものです。