真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 10/9 10/10 10/11 10/12 10/13

10月9日 北京語読みだと「曹操」(そうそう)は「ツァオツァオ」らしい
 いい天気ですな。そしてすっかり秋めいてきた。気候的にはちょうどいい時期だな。
 昨日までは新潟市内も結構大荒れだったのだが、新潟市内では暴風雨の中、マラソン大会をやってた。家の近所がコースなので、交通規制に引っかかるのがイヤでアパートに引きこもっていたが、あの天気の中を走ったランナーの皆さんには敬意を表したい。

 さて、世間は安倍総理の中国・韓国訪問で大騒ぎだったり、北朝鮮の地下核実験で大騒ぎだったりしてますなぁ。
 で、ニュースを見てて思った素朴な疑問。
 どうして韓国・北朝鮮の人物は現地読みで、中国は日本語読みなのだ?
 昔は日本語読みだったんだけど。例えば「金日成」は「きんにっせい」だったし、「金日正」は「きんにっしょう」だし。気がついたら「キムイルソン」、「キムジョンイル」になっていたが。
 一方で、中国の政治家は「毛沢東」は「もうたくとう」だし、今の首相の「温家宝」は「おんかほう」だし(朝日新聞は中国読みを併記してるが)
 疑問に思ってネットで調べてみたが、
 ・韓国側からの要請説(安倍晋太郎(安倍総理のお父さん)が外務大臣の頃から韓国政府の要請を受けて韓国の発音に近い表記にした)
 ・「韓国人の名前を日本語読みするのは違法だ」と在日韓国人による訴訟が起きた事があり、それ以後現地読み表記になった
 ・朝日新聞が90年代あたりから現地表記にすべきだ、と積極的に主張し始め、NHKがそれに追従して今の状態になった

 などの説が出ていた。まぁ、ハッキリはしないのだが、ここらへんが複合的に絡み合って今のようなカンジになったのだろう。
 中国に関しては今のところ、政治家は日本語読みだが、スポーツ選手や芸能人に関しては現地読み(というか、北京語読みの英語表記)が主流だな。「章子怡」は「チャン・ツィイー」だし。
 中国人政治家の表記が日本語読みでも特に問題にならないのは、中国人は地方によっても言語が異なるので、漢字が正しければ漢字の読み方が国によって違ってもあまり気にしないが、韓国・北朝鮮の場合、ハングルは音がメインだから読み方が違っていると問題になる(たぶん、表記が違っていたらソレはソレで問題にするだろうが)、という説もあるようだ。真偽はともかく、なるほど、とは思う説だ。
 まぁ、日本人がよく言えば自由、悪くいえばルーズな部分も多いんだがな、呼び方や表記については。
 日本語にはひらがな、カタカナ、漢字がある、って時点で複雑なのに、現地読みや日本語読みを組み合わせているからなぁ。「ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い」なんて川柳が昔っからあるぐらいだし。人名だけじゃなく、地名や国名、モノの名前に関しても日本語は結構ルーズな気がする。
 そもそも、自分の国の呼び方が「にほん」なのか「にっぽん」なのかアバウトだし。
 そこらへんの曖昧模糊としたカンジが日本っぽいというか日本語っぽくてオレは好きだけど、これからは現地読みが主流になっていくんじゃないかなぁ?という気がする。そのうち、十数年もすれば歴史上の人物の呼び方とかも現地読みに統一されて、ガラっと変わってるかもな。

10月10日 シカオライブには独りで参加の予定でございました

 今、無性に長渕剛の曲が聴きたい。
 昨日、「くりぃむナントカ」「第2回長渕剛ファン王決定戦」を見たからなんだけどさ。第1回も面白かったが、今回も面白い。
 しかも今回は長渕剛登場、というビックサプライズもあり、非常に楽しめた(来週、後編放送)。
 好きか嫌いかで言えば長渕はあまり好きではないし、「乾杯」、「とんぼ」、「しゃぼん玉」ぐらいしか歌えないのだが、今は無性に長渕の曲が聴きたい気分だ。

 さて、一応お給料の発生する身分になって10日。日常生活はまったく変わっていない。つか、ホントに給料出るの?未だに銀行口座とか聞かれてないんだけど。給料の振込みはどーするんだ?
 そもそも、去年の9月に卒業して以来、思い返すとオレは自分の実験というのをほとんどしていない。
 卒業後、国際学会に2回参加しているのでその準備的な事には忙殺されてたが、それは実験というよりはポスター作ったり英文書いたりとデスクワークメインだし。
 それ以外は新潟大学内部や他大学から依頼があった実験サンプルを用いた実験とか、後輩の指導とか。今日も教育人間科学部の知り合いの教授に依頼された実験をずーっとやってて、気がついたら14時過ぎになってて、14時半ごろに独り寂しくカップ麺で昼食。
 あとは新潟大学の人間としてのオフィシャルなイベントへの出席が増えた。
 まぁ、去年の10月からは雑用係&実験機器を扱う技師&指導者(のようなもの)という、よくわからないポジションになった、と言えるかもしれない。
 んで、本題。
 今月の25,26日に「アグリビジネス創出フェア」ってのが東京で開催される。去年も開催されてて、オレも参加した。
 今年も開催される事になり、そのプレゼン用ポスターの製作を命じられてはいた。まぁ、そこまでは想定内。雑用係だし。
 で、今日になって西海先生に「今年は行かなくていいって言ってたけど、相談の結果、お前にも参加してもらう事になったから」と言われた。ここもある程度は想定内
 ・・・アレ!?26って何かあったぞ。あっ!!スガシカオのライブだ Σ(゚д゚lll)。
 ファンクラブ先行予約で1階3列目の席が確保でき、あまりに良い席だったので、1人小躍りして喜んでたライブが10/26。東京でのイベント終了日も10/26。
 ちなみに去年はイベント終了が16時頃で、その後に会場撤収などがあり、新幹線に乗ったのが18時過ぎ。アパートに帰ってきたのが21時を大分過ぎた頃だったように記憶している。このせいで研究室の飲み会に参加できなかったんだっけ。
 しかも一緒に行く西海先生は26日には学会の為、長野に行かなきゃいけない。となると、ウチの研究室のブースはオレが撤収して、いろんな荷物(パソコンとかポスター収納筒とか)を持って新潟に帰るのか。腰痛&坐骨神経痛なのに(つか、イベント中は荷物を持ったり、歩いたり、ずーっと立ちっぱなしだったりで症状が悪化する事は確実。最近やっと良くなりかけてきただけに、そーいう意味でも厳しい)。隣の研究室の人たちも参加するが、まさか「僕はライブに行くので帰りますから、撤収はウチの分もやってください」とは言えないし。 
 と、言うわけで非常に悩ましい状況なワケだ。
 そーいえば、スキーに行って腰痛が悪化してたのに無理してスガシカオライブに行き、次の日には立てなくなって病院に行き、坐骨神経痛と初めて診察されたのが2年前。スガシカオのライブはオレにとって鬼門なのか?

10月11日 今日から「相棒 Season5」が放送!!

 結局、昨日長渕のベストアルバム(「空」、「風」)を借りてきた。2枚組×2で53曲。
 まぁ、借りてきてから聴いたのは「ろくなもんじゃねえ」、「とんぼ」、「しゃぼん玉」、「RUN」、「巡恋歌」、「JAPAN」だけなんだが。つか、「勇次」が無いよ!!「くりいむナントカ」つながりで借りただけに、聴きたかった曲なのに。
 それにしても「巡恋歌」の頃と今の長渕は声がまったく違うな。つか、オレの中では長渕はチンピラっぽい印象が強いので、最近のマッチョな長渕はどうも馴染めない。つか、昔は長髪で割と虚弱な雰囲気だったよねぇ。気がついたら893っぽくなってて(「長渕キック」習得の頃)、今はマッチョ。外見の変化が著しいな。
 
 明日、NTTドコモは903iシリーズのプレスリリースを行うのだが、今朝の朝日新聞にこんな記事があった。
 ( ゚д゚)・・・。馬鹿?
 ここまで来るとカメラ付き携帯というよりは携帯付きカメラだな。本末転倒も甚だしい。つか、約11万もするのかよ!!
 韓国では日本以上に携帯電話に様々な付加価値を付けたがる傾向にある、と以前ITmediaで記事になってたなぁ。そのうち、付加価値付けすぎて肩掛け式携帯とか出すんじゃないのか?あと、携帯電話付き十徳ナイフとか携帯電話付きシェーバーとか。

 セリーグ、優勝は中日か。
 パリーグ好き、特に西武好きとしては特に興味はないが、気になるのは中日のジンクス。
 「中日が優勝すると、1年以内に政変が起こる」というジンクスがあるのさ。過去の例を挙げると、
 1954年 吉田茂が総理大臣を辞任。鳩山一郎が総理になる
 1974年 田中角栄が総理大臣を辞任。三木武夫が総理になる
 1982年 田中善幸が総理大臣を退任。中曽根康弘が総理になる
 1988年 リクルート事件。1989年に昭和天皇崩御。竹下登が総理大臣を辞任。宇野宗佑が総理大臣になるも69日で辞任。海部俊樹が総理になる
 1999年 2000年に小渕恵三が病気により辞任。森喜朗が総理になる
 2004年 中越地震発生。2005年に郵政民営化法案に伴い衆議院解散→選挙。自民党が歴史的圧勝

 ここまで来ると見事としか言いようが無いな。特に優勝6回中、総理大臣の交代が6回。総理大臣が変わらなかったのは2004年の優勝の時だけだな(内閣改造はあったが)。
 で、今年。安倍総理には短命政権とのウワサもあり、来年の夏には参院選。さらに北朝鮮問題など国際情勢も大揺れ。1年後にはどーなっているやら。

10月12日 周りに同じ携帯を使っている人がいるのが凄くイヤなので、誰も買わないような奇抜な色の携帯が好きだ

 903iシリーズキタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!! こっちのほうが画像がわかりやすいか?)
 ネットで事前に知ってた部分もあるのだが、それでもドコモユーザー的には待ちに待った発表でございました。特に今回は買い換える気マンマンだったしさ。
 正直、一長一短なカンジは否めないのだが、それでも買い換えるさ。嗚呼、買い換えるとも。
 買い替え予定機種はP903iのオレンジ×オレンジの予定。
 赤じゃないのか?ってツッコミもあるだろうが、赤が無いのだよ。まぁ、カスタムジャケットなのでそのあたりはどーにでもなるし(今までもドコモ以外のメーカーがカスタムジャケットを販売してるし。特に赤いカスタムジャケットは毎回必ず販売される)。ブラウン×シルバーがもっと茶色ならば、買ってたんだけどな。ピンクっぽいカスタムジャケットと合わせればシャア専用度がグっと高まるし。
 スペック的には不満なところも多々。WMA再生には対応していない(F、SHは対応しているのに)とか、画面サイズが他メーカーに比べて小さい上にあまり画質が良くないとか、フルブラウザ対応ではない(もっとも、ドコモのパケホーダイはフルブラウザは非対応なのでフルブラウザ対応じゃなくてもいいんだが)とか。
 スペックだけで言えばSH903iが好みなのだが、背面液晶が無いのがなぁ・・・(SH902iSの時にはあったのに)。個人的には背面液晶は欲しい。背面液晶の無い携帯を使ってる人々の話によると「背面液晶はあれば便利だが、無くても慣れるよ」との事だが、携帯を時計代わりに持ち歩いている身としては時間の確認にいちいち携帯を開くのはメンドくさそうに思える。
 ワンセグ対応のP903iTVもアリかなぁ?とは思うが、ちょっと厚いし重いな。P903iX HIGH-SPEEDは発売時期が遅い(来年の4月以降だとのウワサ)のでアウト。手持ちのドコモのポイントが切れるのが来年の3月だからな。発売時期がもっと早いならばP903iXで決定なんだが。
 他メーカーの携帯は食指が伸びないので却下。性能的にイマイチだったり、デザインがイマイチだったり。

10月13日 「オレも8年前はこんなカンジだったのか?」と自問自答したが、英語の実力はともかく、一般常識はもう少し持ち合わせていた気がするなぁ

 赤西休業か。
 ウチの研究室にもジャニ好きの後輩がいて、昨日からアタフタしてるな。個人的にはKAT-TUNにはさほど興味は無い。カラオケではスガシカオ作詞の「REAL FACE」を好んで歌うけどね。
 やっぱ、辞めるような事があるとSMAPの森くんみたいに黒歴史化されるのかね?Mステとかで過去のSMAPの映像が流れるたびに森くん登場部分はキレイに削除されてるけど。
 で、もし辞めたとしてもグループ名はKAT-TUNなんだろうか?「A」が抜けちゃうけど。KT-TUN(ケットゥーン)になったりしないのか?
 そうそう、ジャニーズと言えば、今日後輩と話をしていて、ヨっちゃん(野村義男)の話題になったんだけど、今の大学4年生(22歳)はヨっちゃんがジャニーズ事務所所属だったことは知らないのな。後輩達の認識では「ヨッちゃん=浜崎あゆみの後ろでギターを弾いてるデブ」らしい。
 「3年B組金八先生」に出演してたとか、「ザ・グッバイ」ってバンドをやってたとか、昔は痩せてた、なーんて事を知っている人は当然いない。
 これが若さか?

 さて、今日から研究室に配属された3年生に対しての「科学英語」という授業が始まった。科学英語は数年前から始まった授業で(オレはやった事ない)、3年生が英語で書かれた文章を訳し、その訳に対して先生がツッコむ。
 その科学英語にオレも参加する事になった。無論(?)、先生側で。
 毎年毎年、「今年はこちんぴ君にやってもらおうかな?」とか冗談で言われる事はあったのだが、今年から本格参戦になるらしい。金曜日には学内の会議が多く、学部長である鈴木君は会議優先だし、西海先生も出張等が立て込んでいて忙しいので、オレのところにお鉢が回ってきたようだ。無論、授業なので先生方がいる場合には先生方が出席し、オレが参加するのは非常事態の場合になると思うのだが(今日参加したのも鈴木君が不在だからだし)。
 オレの英語力を知る先輩や同級生にしてみれば「お前が英語の指導を!?」とツッコミ入れたくなるに違いない。というか、自分自身でツッコミ入れたし。
 無論、何の予習もなしに参加するのはオレの英語力では自殺行為なので、一応予習はしている。人に教える以上、嘘をつくわけには行かないし。
 今日は西海先生がいたので任せっきりにしていたのだが、英語云々よりも3年生の態度のほうが気になった(3年生の英語のレベルも大分アタマを抱えてしまう出来だったが)。
 必修授業なのに30分以上遅刻したりとか、事前に文章を渡し、授業開始日も伝えてあるのにちゃんと予習していなかったりとか。
 1番気になったのは、西海先生に何か言われた時の返事が「うん」な事だな。「ハイ」だろ、「ハイ」!!最近の学生は返事もマトモに出来んのか?
 どーも来週はオレが1人で指導を担当する事になるらしい(鈴木君は会議、西海先生は出張)。いろんな意味で気が重い。