真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 11/20 11/21 11/22

11月20日 金さんは梅之助、杉良、英樹がオレ的にTOP3だな(次点は「江戸を斬る」で金さんだった西郷輝彦)

 今日から書類の上では勤め人になった。一応、農学部での勤務(?)なので、鈴木君から辞令をもらったけどな。
 何か正式に働く事になったらさらに提出しなきゃいけない書類が増えた。健康診断にも行かなきゃいけないし(今すぐじゃなく、12月に)。もう5年ほど受けたことないんだけど、健康診断。
 勤務時間も一応決まってるし、毎朝出勤時には出勤簿に印をつけなきゃいけない。すっかり勤め人仕様だ
 今週の金曜には所用で実家に帰っているのだが、「欠勤」になるので書類を提出しなきゃいけないし。今回の勤務は来年の3月までなので、有休は無いのだよ(有休発生は普通、就職後半年経ってから)。来月、法事があるんだが、当初の予定では8日(金曜日)の午後から帰省するつもりだったが、夜だなぁ。最悪、朝イチで帰省。無論、そーなると車じゃなくて電車だな。夜や早朝の高速道路なんかまったく走る気がしねぇ。
 正月休みも12/29〜1/3。もっとゆっくりしたいが、休むと給料に直結する(欠勤だとその分の給料は出ない)だけに、軽々しく休めないのが辛いところだ。
 もちろん金をもらう身分になった手前、仕事もしっかりこなさねば。やった事の無い実験が続くので正直不安も多いのだが(最近は文献読んで実験計画を練っている状態。本格始動は来週から)、ベストを尽くしたい。

 さて、今日は興味深いTVネタが3本あったので、その話題を。
 その1。前にも取り上げたが、正式に発表があったようだな。配役で何となく誰が何の役をやるのか見当つくが、皆イメージにあってるんじゃないだろうか?
 その2。こっちは微妙だ。というか、前にフジテレビでやってた「山岡-唐沢寿明、栗田-石田ゆり子、海原雄山-江守徹」のイメージが強すぎる。特に江守徹の雄山っぷりはすさまじかっただけに、今回誰が雄山をやってもピンと来ない気がする(実は最初のシリーズでは雄山は原田芳雄だった。イメージと大分違っていたのだが、江守徹がキッチリ修正)。
 その3。これもウワサでは知っていたが、正式発表ですか。マツケンは将軍から北町奉行に降格だな。個人的には、マツケンの
 >話を頂いた時、意外な気がしました。でも、よく考えてみると、僕も金さんをやるような年になったのかなと。金さんは、ある程度年がいっていた方がいいですよね
 ってコメントが釈然としない。金さんは50代の役者がやる役じゃないよなぁ。30代〜40代前半のイキのいい時代劇俳優がやるべきだと思うんだけど。中村梅之助がやってたのは40代、杉良太郎と高橋英樹は30代、松方弘樹も40代(松方は長かったので途中で50代になったが)。マツケンは見た目が若いとはいえ、チト厳しいなぁ。
 しかもマツケンは演技の幅がそんなに広くない。それだけに遊び人の金さんとお奉行の演じわけが出来るのかちょっと心配。特にマツケンの硬いイメージとか演技自体の硬さを考えると、軽妙洒脱な遊び人の金さんは不安だ。
 まぁ、松方金さんは遊び人の時もお奉行の時も終始893っぽかったけどな。肌が黒いから刺青が映えないし。

11月21日 中国やタイでは亥の代わりに豚が十二支メンバーらしいですよ

 勤め人2日目。今日も書類作成が続いた。11/24に所用で大学を休むので「欠勤届」。通勤手当等の計算に使うので「通勤経路報告書」(もっとも、ウチのアパートは近いので通勤は徒歩扱いとなるから手当は発生しないが)、給料の振込み用に「給与口座振込み申出書」、預金通帳のコピー、「扶養控除申請書」に「保険控除申請書」。
 必要書類が揃ってないのでまだ提出していないが、「社会保険被保険者資格取得届」とか「社会保険手続書」なんていうのも提出しなきゃいけない。
 まるで書類の大運動会やー(by 彦麻呂)
 朝、登校すれば出勤簿に出勤印を押さなきゃいけないし、農学部の総務課には教職員のメールボックス(手紙や書類を入れる棚)に混じってオレ専用メールボックスが作られ、そこには書類が入ってたりする。すっかり職員仕様だ。
 まぁ、社会人だった時に比べれば「社会人」っぽさは少ないがね。別にユニフォーム着るわけでも、朝礼で社訓を唱和するわけでも、ラジオ体操するわけでもないし。
 仕事もしてるが、今日はパソコンでのデータ解析だったので音楽聴きながらやってたしなぁ。普通の会社ならヘッドフォンしながらパソコンのキーボード叩いてる時点でOutだな。

 さて、今年もあとわずか。オレもこないだの日曜日に部屋の掃除をしたついでに押入れからミニクリスマスツリーを出してきた。「どーせ独りなのにツリー飾るのかよ!!」ってツッコミは却下(このHPも来週からクリスマス仕様にします)。
 で、年末といえば年賀状の準備ですわ。
 来年は亥年。激しくネタにしづらい。「イノシシ」で思い浮かぶのは、「ドラゴンクエスト」のオーク(まぁ、本当は豚なんだろうけど)とアントニオ猪木ぐらい。あとは花札。
 そー考えるとイノシシは激しく使えないな。十二支で1番動物としてのキャラが立ってないんじゃないのか?
 そもそも十二支の中でイノシシとの接点が無いしなぁ。他の動物のイメージはネズミ王国 in ちば(自称「東京」)だったり、吉野家だったり、タイガーマスクだったり、しあわせウサギだったり、マッチョドラゴンだったり、オレが地球上で1番嫌いな動物だったり、日曜の午後は「スーパー競馬」だったり、牡羊座のムウだったり、豊臣秀吉だったり、ケンタッキーフライドチキンだったり、「きょうのわんこ」だったりするのだが、イノシシについては何も思い浮かばない。
 ぼたん鍋でも食った事があれば、イノシシに対する親近感も沸くのかもしれないけど。
 と、いうわけで、イノシシがらみのいい年賀状ネタ無いですかね?というか、イノシシに関係ないネタでも可。

11月22日 松坂や新庄に加え小笠原までいなくなると、盛り上がってたパ・リーグ人気が下火になりそうで心配だ

 Coccoが紅白に出るというのは意外な気がする。
 なんつーか、世俗的なモノには興味がない人かと思ってた。
 おそらく今年発売した曲を歌うんだろうが、「強く儚い者たち」を紅白で歌って一家団欒のお茶の間が軽く引くカンジも見てみたいなぁ、と思ったりもする。
 まぁ、今年の紅白はコレといった目玉が無いだけに視聴率的には苦戦しそうだよなぁ。

 軽くガッカリ。
 オレがパ・リーグ好きな上に大の巨人嫌いだからそう思うのかもしれないが、巨人はパ・リーグの選手をFAで取りすぎてないか?
 そんなに巨人が魅力的なのかね?少なくともお金持ちなのは確かだが。
 まぁ、他の球団にFA移籍した人に比べ、巨人にFAで移籍した人たちは使い物にならない率が高いんだけどな。チームの体質なのか、巨人に移籍した時点でピークを過ぎているのか。広島からFAで巨人に移籍し、その後トレードで西武に移った江藤が今季活躍していただけに、個人的には前者だと思うが。
 小笠原は好きな選手なので活躍して欲しい反面、「巨人、m9(^Д^)プギャー」みたいなリアクションで楽しみたいだけに、気持ちとしては複雑だ。個人的に理想的なのは「小笠原は大活躍したのに、巨人が3年連続でBクラス」なんだが、小笠原が通常の活躍すれば確実に巨人の戦力はUPしてしまうし。ここは巨人投手陣の炎上っぷりに期待したい。
 つーか、こーいうジャパンマネープッシュな選手獲得っぷりがプロ野球の不人気を招いてると思うのだが。全般的にプロ野球の選手は給料高すぎ。「嗚呼、そんなヤツいたなぁ」ってカンジの選手やベンチウォーマーが億単位の年俸もらってたりするからなぁ。
 他のプロスポーツに比べて「金」のイメージが強いんだけど、プロ野球。オレだけか?