真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 11/26 11/27 11/28 11/29 11/30 12/1 12/2

11月26日 携帯は思いのほか安く購入できたが、microSD(2GB)が高い。ヨドバシで買うと携帯よりも高くなってしまう

 毎年恒例ってことで、TopとBBSをクリスマスモードにしてみた。
 まぁ、オレ自身はクリスマスというイベントにも、クリスマスを一緒に祝ってくれるような女の子とも、激しく縁が無いですが。
 (´・ω・`)


 さて、実家から帰ってきた。とはいえ、先月にも法事で帰っていたし、来月も帰省するんだが(法事と正月休み。法事のほうは金曜の夜に帰り、土曜に法事をやって、日曜の早朝に帰るというハードスケジュール)。
 今回はスタッドレスタイヤへの交換作業がメインイベントだったんだけど、ついでに携帯電話を買い換えたり、インフルエンザの予防接種打ったりしてきた。
 携帯電話は約3年ぶりに買い換えた。機種はP903i。色はオレンジ×オレンジ。イマイチ使い慣れていない上に、microSDカードをまだ入手してないのでそんなにいぢってもいない。そのうち、「秘宝館」のコーナーで取り上げる予定だ。

 で、実家から帰ってきても、うちのアパートの外壁塗装がまったく進んでいない。足場を組んでいる関係でまだ車も停めれない。
 いつも家に帰ってくるのが夜なので、初めて明るい時に外壁を見たが、アイボリーとグレーだった外壁はピンク色になりそうな勢いだ。厳密に言うとピンクというよりはピンクっぽい肌色というべきか?薄いシャア専用ザク色、という気もする。
 正直、微妙だ。つか、近所のアパートが割と落ち着いた色調なのにあの色だとかなり目立つな。今塗ってるのは下地で、そのあとに落ち着いた色を塗ると期待したいところですわ。
 もしピンクにするなら、屋根に角飾り付けてくれ。

11月27日 アニメ・漫画における個人的なツンデレNo.1はハマーン様

 昨日、実家から帰ってきて「ウルトラマンメビウス」を見た。
 レオ最高!!
 「ウルトラマンレオ」本放送時にはオレは生まれていない(そもそもその当時の富山県にはTBS系TV局は無い)のだが、子供の頃にオモチャの指輪をはめてレオの変身の真似をよくやってたなぁ。おそらくオレの小さい頃に富山県では放送してたんじゃなかろうか?そーじゃなきゃレオの変身の真似なんてしないだろうし。
 「ウルトラマンメビウス」には今後、ウルトラマン80も登場するという噂があるようだ。「ウルトラマン80」も見てた覚えはあるのだが、イマイチ印象に薄いんだよなぁ。話そのものよりも80の造形がかっこよくなかった印象が強い。

 分け目の位置が左右逆じゃなかったか?
 まぁ、江守徹の雄山ほどではないが、割と似てるんじゃないかね。個人的には健さんは何を演じても「松平健」な上に、演技自体に重みが欠けるので雄山としては物足りないんだけど。
 雄山には理不尽なぐらいの威圧感と厳しさが欲しいなぁ。
 そういえば2chで以前、ツンデレキャラのランキングを決めるスレがあったらしい。海原雄山はS級らしいですわ。
 そー言われればツンデレって事になるのか?雄山。何となくオレの中のツンデレイメージで想像すると、
 「そんな料理じゃ、究極とは言えないんだからねっ」
 とか言いながら、料理のヒントをさりげなく教えている雄山を想像してしまう。何か気持ち悪い。
 でも、よくよく考えると雄山の行動パターンは典型的なツンデレキャラということにカテゴライズされそうだ。
 個人的にはツンデレな女性は好きです。というか、すごく好き。ツンデレどころか、ツンツンデレでもいいぐらい(ツン要素が多いほうが、デレ時に萌えるので)。というか、ツンデレな女性の嫌いな男がいるだろうか?(反語) 

11月28日 たぶん、目新しい実験なのでやってて新鮮だ、ってのもあると思う

 勤務し始めて1週間ほど経ち、新たな書類作成の用紙がやってきた。
 何か、住居手当出るっぽいんですけど。しかも全額。
 (*゚∀゚)=3 ムッハー コレは正直、予想Guyだ。出ると出ないじゃ金銭的に大分違うからな。
 つか、オレの待遇は契約職員とはいえ、一応公務員待遇(なハズ)。公務員というのはずいぶんと手厚いのだな、と一般企業経験者としては思う。

 さて、お金をもらっているので、当然そのためのお仕事もやっている。
 今日はいままで検討した結果を踏まえて、実験ですわ。今までも人に頼まれた実験とか、後輩の指導はやっていたのだが、オレ個人の実験としては非常に久しぶりだ。
 そして、実験というのは楽しいですなぁ。
 結果的にはイケてない気がするが(データ数が膨大なので検討は明日以降)、実験行為自体が楽しかった。
 元々実験が好きじゃなきゃ、こんなに長々と研究に携わっちゃいないと思うが、自分の中で再確認した気分だ。
 まぁ、この前向きな気持ちがいつまで続くか別として。

11月29日 目玉は森進一・昌子の泥仕合ですか?

 紅白歌合戦の出演者が発表になった。
 うわぁぁ、例年にも増して華とか目玉が無いよう。つか、Coccoが出るとか、桜塚やっくんが出るとか、いろいろとあった情報は全部ガセかよ。
 名前を見てわからなかったのは秋川雅史だけだな。テノール歌手の人なのでヌッツォ枠(錦織健枠でも可)の人らしい。名前は知らなかったがCD化されている「千の風になって」は聴いた事があるな。
 今井美樹や徳永英明は何で今頃?と思ったがデビュー20年らしい。個人的には徳永英明には「夢を信じて」か「壊れかけのRadio」を歌って欲しいのだが、カヴァー曲を歌う可能性もある(女性アーティストのカバーアルバムを出し、そこそこ売れた)。どうなる事やら。
 他のアーティストにいたっては選考理由がよくわからない。
 夏川りみは今年も「涙そうそう」なのか?(過去4回はすべて「涙そうそう」)
 鳥羽一郎は今年も「兄弟船」を歌い、TOKIOが今年も後ろで大漁旗を振るのか?
 ぜんぜんCDが売れていないのに和田アキ子は今年も出場か!!

 など、ツッコミどころは盛りだくさん。特に和田アキ子は最近カバーアルバムを出したのだが(売れてないけど)、そこで吉田拓郎の「今日までそして明日から」をカバーしていて、TV番組で歌ってるんだよなぁ。好きな曲なのであんまり歌って欲しくないのだが。
 で、スガシカオも出場するようだ。今年デビュー10周年だし、「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌「Progress」も歌ってるし。そーいえば、去年は山崎まさよしがデビュー10周年で出場してたし。
 個人的にはシカオには紅白には出場してもらいたくはなかった。もし出場するとしても「福耳」とか「Kokua」名義で出場して欲しかった。何かシカオのイメージと紅白がまったく結びつかねぇ。
 歌うのは「Progress」なんだろうなぁ。「夜空ノムコウ」を紅白で歌うシカオは何か見たくねぇなぁ(紅白は歌う曲をNHK側が指定するそうなので、「夜空ノムコウ」をNHKが指定しちゃうとどーしようもないけど)。

11月30日 冬場は車に乗らないほうがいいよね?

 明日から12月だよ。早いなぁ。
 で、12月と言えば車検ですね。
 ただ単にオレの車が車検なだけなんですが。
 ヴィッツ様、2度目の車検ですわ。購入して丸5年なんだが、走行距離約22000km。全然乗ってねぇー!!普通の人ならば2〜3年ぐらいでこれぐらいの距離、乗っちゃうんだろうなぁ。
 オレの場合は運転が好きではないし、基本的にインドア派だし、冬になったら出来るだけ車に乗らないし(冬の高速道路運転なんて、もってのほかですよ!!)
 そんなワケでまったくと言っていいほど走行距離が伸びない。
 まぁ、乗ってなくても車のメンテナンスは必要なわけで。
 今回は車検以外にもオイル&オイルフィルターの交換(ちょうど走行距離的に交換時期になった)があったり、車のキズ補修があったりする。
 オレの名誉の為に言えば、車のキズはオレがつけたわけではなく、実家帰省時にパーキングエリアで休憩し、戻ってきたらバンパーにこすった跡がついていた。他の車に擦り逃げ(?)されたらしい。自分のつけたキズなら諦めもつくが、人にキズモノにされた挙句、かなり目立つキズので補修する事にしたのさ。
 幸い、今はカンタンな塗装処理があるようで、数千円で目立たなくなるそうだし。
 そんなワケで車のディーラーに車検予約の電話をした。そこでビックリですわ。
 自動車リサイクル法ってあったのね!!そーいえばCMやってたなぁ。
 平成17年から施行されていて、それ以前に買った車は最初の車検時にリサイクル料金を納めるらしい。すっかり忘れてたけど。
 ヴィッツ様、買った当初はカッコ悪い車だなぁ、と思ってた(特に後ろ部分)が、今となっては非常に愛着がある。大きな試練(事故)を一緒に乗り越えた、というのが大きい。
 長く乗り続けたいですな。

12月1日 今川義元と並んでイメージの悪い、吉良上野介が名誉挽回する日は来るのだろうか?

 新潟県民的にはどーよ?素直な意見を聞いてみたいところだ。
 個人的には意外に悪くないんじゃないの?って思う。何つーか「概視感があるなぁ」と思ったが、よくよく考えると時代劇界にも京本政樹という「ヲイヲイ、お前は時代劇キャラにしては耽美すぎないか?」とツッコミを入れつつも、その存在感に納得してしまうキャラがいるからかもしれない。
 甲冑は大袖に腹巻形式の鎧。上杉謙信所用と言われる甲冑にも見受けられるスタイルですな。
 甲冑の写真集や書籍を見たり、今年の夏に山形県米沢市の上杉神社に上杉謙信の甲冑や陣羽織を見に行っての感想だが、上杉謙信は割と派手だよねぇ。ストイックなイメージの武将だが、残されているモノを見る限りではかなりお洒落で傾いていたんじゃないのか?って気がする。
 さらにちょっと狂信的というか、悪く言うとイっちゃってた部分もあるように思う。
 そーいう意味ではGacktの謙信(厳密には大河ドラマ「風林火山」の時代設定では「長尾景虎→上杉政虎」と名乗ってたんだが。謙信と号するのは大河で描かれる時代よりも後年。当然、大河ドラマの時は出家前)は悪くないのかも。
 一方で「謙信はゴツい役者にやってもらいたいなぁ」って思いもある。個人的には新潟県民である渡辺謙の謙信が見てみたいなぁ、とずーっと思っている。
 ただ、謙さんは歳を取ったので若い時代の謙信は流石に無理があるだろう。理想としては直江兼続が大河ドラマ化され、その時に謙さんが謙信役として登場するのが理想的な登場パターン。
 ちなみにオレの中の上杉謙信イメージは大河ドラマ「武田信玄」における柴田恭兵でも映画「天と地と」の榎木孝明でも無く、「戦国自衛隊」の夏八木勲(当時は夏木勲)だったりする。マイナー? 
 そうそう、「風林火山」では今川義元を谷原章介が演じる。写真で見る限りでは非常にりりしい武将姿。
 今川義元は桶狭間の戦いで討ち死にしたせいで不当にイメージが悪化している。ドラマに出ても大抵は「白塗り、お歯黒、デブ、麻呂口調」だし。ゲームでもイロモノ度高めだし。
 この大河で多少なりとも名誉挽回していただきたい。

12月2日 TVの連続時代劇が不振続きだというのが痛いなぁ

 「時代劇マガジン」はすげぇなぁ。
 普通の雑誌で本田博太郎インタビューを5Pに渡って載せるところがあるだろうか?(反語)
 あと角川春樹のインタビューが「この人、まだクスリやってんじゃないのか?」と思わせる内容だったなぁ。前に「時代劇マガジン」でインタビューが出た時も、
 「オレの前世は武田信玄→チンギス・ハーン→天智天皇→日本武尊→神武天皇」
 と発言していて、( ゚д゚)ポカーン となったけどさ。今回も「オレの祈祷でロケの天気を変えた」とか、けっこうイってる。
 問題は「時代劇マガジン」次の号の発売がまったくの未定っぽい点だな。雑誌としてのピークは大河ドラマ「新選組!」放送中の頃だったような気がする。最近は季刊発売だったはずなのに半期発売〜不定期発売ってカンジだったし。
 廃刊だけは避けて欲しいところだ。
 そうそう、マツケンの「遠山の金さん」の記事もあった。 
 ・・・。コケそうな予感。