真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 1/22 1/23 1/24 1/25 1/26

1月22日 たぶんウチのアパートの風呂がユニットバスなのもオレの入浴時間が短い原因のひとつだと思う
 打ち切りか。
 一昨日映画を見に行った帰りに寄ったスーパーは納豆が売り切れててほとんど無い状態だったのだが、捏造報道後となる昨日はスーパーに大量に納豆があったよ。つか、納豆コーナーに人がまったくいなかった。
 無論、捏造をしていた番組に非はあるのだが、視聴者踊らされすぎ。ニュース見てたら「番組を信用してたのに。もう納豆買わない」とか言ってた女性がいたが、番組に不信感もつのと納豆は別だろ。別に納豆食って不健康になるわけじゃないんだから。
 報道によると急な納豆ブームでスーパーは納豆の入荷数を増やし、メーカーは仕込み量を増やした矢先の捏造発覚だったので、納豆が大量にダブつくことが予想され、大量の納豆が賞味期限切れで廃棄される可能性があるそうな。
 こーなってくると気の毒としか言いようが無い。

 腰痛のほうだが大分と改善した。少なくとも日常生活であまり支障を感じることは無い。
 もっとも、腰痛以降はなるべく安静にし、動かないように心がけているから何とかなっているのだが。おそらく力仕事を長時間続けたり、ずーっと立っていたり、長い距離を歩いたり、運動したりするのには耐えれなさそう。数日前から医者でもらったパンフレットを見ながら腰痛防止ストレッチをやり始めたのだが、動きによっちゃ激痛が走るので出来ないモノもあるしな(動き自体は他愛の無いものばかりなので、オレの体がダメダメなのだろう)。
 で、腰痛改善を期待して風呂に長く入るようになった。
 元々オレは風呂が嫌いなのだよ。というか、風呂の意味がわからない。長時間ボーっと湯船に使っている時間が無駄だなぁ、と感じてしまうのさ(シャワーは好き)。
 だから風呂に入る時間はいままですごく短かった。長くても15分とか(無論、体を洗ったり髪を洗う時間も含む)。
 もちろん、疲れている時に風呂に入れば疲れは取れたような気がするし、泊まった旅館の風呂が温泉だったら嬉しいけど。
 そんな人間なので、「風呂に入れば血行が良くなり、腰痛も楽になるんだろうな」とはわかっていてもなかなか耐えられない。つーか、湯船に使ってる時間って何をすればよいのだろう?人によっては本を読んだりするそうだが、風呂で本を読むと濡れたり湿気でふにゃふにゃになったりしちゃうんじゃないのか?
 別に何もしなくてもいいんだろうが、ボーっと入っていると「あー、オレはすごく無駄な時間を過ごしているぞ」的な気がしてくるのさ。人生、生き急ぎすぎ?
 ちなみに今の最長入浴時間は30分ぐらいだな。これでもかなり頑張っているほうだ。
 長時間風呂に入れる方法&風呂での過ごし方でいいアイデアのある方はご一報ください。

1月23日 あんまり活動していないのに、やたらとベスト盤出すアーティストもどーかと思う

 スガシカオのベストアルバムを買ってきた。
 不満点もいくつかあるのだが、それは「音楽店」のコーナーにて触れるとして、ベスト盤にありがちな(?)選曲方法に一言モノ申したい。
 何で、1曲だけ未発表曲入れるかなぁ。
 コレ。つーか、スガシカオだけじゃなく、多くのアーティストがベスト盤出す時の手法だけど。
 コアなファンはベスト盤収録曲は大抵手元に持っているワケで、そーいう人にも買ってもらうためには未発表曲も入れるほうがいいんだろうが、何となく姑息な手段な気がするのだよ、買い手側としては。
 そもそも好きなアーティストのベスト盤ならば手持ちのCDですべてカバー出来ていたとしてもついつい買ってしまうのが悲しいファンの性なワケで、それに追い討ちをかけるように「未発表曲も入ってるから買ってね」的な売り方をするのはズルくね?と思うわけさ。
 更に言えば、ベスト盤と銘打つならばシングル曲だけじゃなくて、「アルバム収録曲だけど名曲」的なモノも入れて欲しいなぁ、と思う。そこらへんのセレクトはアーティスト主体でも、ファン投票的なものでもいいから。
 とは言え、冷静になって考えると「好きだけどCD買うほど好きじゃなく、せいぜいシングル曲をレンタルする程度に好きなアーティスト」の場合、アルバムを借りるとすればベスト盤だよなぁ。しかもシングル曲多目の。逆にベスト盤なのに知らない(そのアーティストのファン的には有名な曲なんだろうが)曲が多いとちょっと騙された感を感じてしまうのは否めない。
 うーん、何だか主張が矛盾してきたぞ。
 とりあえず、スガシカオのベストが売れるといいですね、と書いて無理矢理〆てみる。

1月24日 こちんぴさんはギャップに弱い

 ハンコ無くした。
 まぁ、無くしたハンコは銀行印でも何でもない安いハンコなんだけどさ。オレの苗字は日本でもトップクラスのありふれた苗字だから別にオレだと特定されるような事もないだろうし。
 勤め人になってから、毎日大学に来ると出勤簿に判を押すきまりになっていて、そのためにハンコを持ち歩いていたのだが、何かの拍子に昨日どこかで落としたらしい。とはいえ、家と大学の往復なので落としたとすれば家か大学構内か車の中なのだろうけど。
 近所の100円ショップででも代わりのハンコと印鑑入れを買うけど、ハンコを落としたことよりもハンコを落としても気がつかなかった事に何気にショックだ。

 「ツンデレが嫌いな男子なんていません!!」
 とはいえ、この商品は間違ってる気がする。コンセプトとか機能性とかじゃなく、ツンデレの定義が。
 >購入当初、チャンネルボタンなどを操作すると女性の声で「チャンネル変える気ぃ!?」や、輝度を上げると「まぶしいんだけど」と、ツンツンした対応。
 >しかし、使い込んで仲良くなると「ええーっ、帰っちゃうの?」(電源OFF)、「チャンネル変えるね」、「明るくしまーす」(輝度向上)など、デレデレな応対になる。

 ってあるが、それはツンデレとは違うんじゃないのか?使い込んだらデレだけになるのではツンデレTVとは言えまいと思う。むしろ、購入から何年経っても終始一貫して、
 「べ、別にアナタのためにチャンネル変えるんじゃないんだからねっ!!わ、私が他の番組を見たいだけなんだからっ!!」
 とか言うのが真の「ツンデレTV」だろうと思うが。
 むしろ、音声ナビゲートTVならば、ツンデレよりはガンダム声優とか、やたらと声のいい俳優(津嘉山正種、磯部勉、細川俊之、森本レオなど)のほうが欲しい。つか、音声ナビはいらんから、風呂で見れるように防水加工してくれないだろうか?そしたら確実に買う。
 ちなみにこちんぴさんはツンデレが大好きです。麻雀の役でいえばツンデレは2翻(その他の役について書くと趣味・嗜好・フェチっぷりが明らかになってしまうので書けない。嗚呼、書けない)。 

1月25日 いつか金が溜まったらMy甲冑を買いたいものだ 

 今日、いつも行ってるマッサージ屋さんに電話したら、名前も言ってないのに「こちんぴさんですよね。いつもありがとうございます」と言われた。
 いつも行く曜日&時間がほぼ決まってる(午前中に行くとタイムサービスで安くなるのだよ。で、マッサージの翌日は安静に過ごしたいので行くのは大抵土曜の午前)上に、コースも毎回同じコースをお願いする(30分コース+15分コースの組み合わせ)ので、すっかり覚えられているようだ。
 しかも2週間〜4週間に1回のペースで行きだして4,5ヶ月経つしなぁ。そりゃ流石に覚えられるか。
 最近は行くと「仕事忙しいんですか?大分カラダのバランスが乱れてますよ」と心配されちゃうし。
 マッサージ→マッサージ屋さんが入っているスーパーの向かいにある定食屋でランチ(たいてい注文するのは焼魚定食(550円))を食う、ってのが最近のお気に入りパターン。
 庶民的な幸せですな。

 最近、現実逃避&趣味も兼ねて甲冑屋さんのHPをよく見る。

 で、気になるのが甲冑リース部門
 コレは読んで字の如く、甲冑をレンタルできるサービス。お祭り等のほかに結婚式でレンタルする人もいるようだ。
 最近、需要が増したのか商品も充実し、前立を「愛」に変更できるサービスとか、女性用甲冑のレンタルも開始された。
 甲冑好きとしては非常にググっとくるサービスだが、結婚相手に「あのさ、オレ、お色直しで甲冑着たいんだけど」と言って許してくれる度量のある女性って多いんですかねぇ?
 一緒に女性用の甲冑や、お姫様っぽい着物を着てくれ、ってトコまでは望まないが、生暖かい目で見守るぐらいの事はして欲しいなぁ、と思う。
 そもそも、結婚式って花嫁は派手だけど花婿は地味じゃん。そーいう意味では甲冑で花婿が入場し、ケーキを日本刀(模造刀でOK)でカットとかすると会場大盛り上がりだと思うのですが。
 結婚を考えている、世の中の男性にはぜひ甲冑結婚式を推奨したいものだ。
 問題はリース代以外に出張費や宿泊費、交通費も負担しなきゃいけないのだが、甲冑屋さんがあるのが鹿児島県って事だな。例えば新潟で結婚式を挙げる場合、かなりの出費になるのではないだろうか?主に交通費が。
 まぁ、こんな心配は結婚が決まってる人がするもんなんだろうけど。 (´・ω・`)
  

1月26日 一応、授業は滞りなく進むけどね。ちゃんと指導もするし

 昨日、「アメトーーク」見たって!
 越中詩郎芸人の皆さん(特にケンドーコバヤシ)、グッジョブだって!一方、ガンダム芸人にいた品川は相変わらずウザいって!
 こうなったら「プロレス好き芸人」とか「平成維震軍芸人」で1時間放送出来るって!
 でも、1番ビックリしたのが「アメトーーク」の次に放送した「ナンだ!?」で越中詩郎の試合が少し放送されたって事ですよ。こりゃ維震の風が吹いてるって!
 覇!!
 以上、越中詩郎の事を知らない人or「アメトーーク」見てない人には何のコトだかさっぱりわからない感想でございました。
 ちなみにトリビア。越中詩郎の個人事務所は「Office K2」K2→けーつ→ケツ→ヒップアタック、って事だって!

 さて、今日は週1でやってる、ウチの研究室に配属された3年生相手の英語授業の日。
 とはいえ、鈴木君は朝から会議で、西海先生には来客。ってことで、オレ独りで授業ですわ。つーか、鈴木君よりもオレのほうが確実にこの授業の講義回数が多いのだが。
 独りで授業するの自体は3回目ぐらいだが、他に先生がいるときとは違ってやっぱり緊張するわけで。
 つか、高校時代に英語のテストで平均点より上を取ったことが無く、むしろ赤点を取ったことが数回ある(100点満点のテストで17点だったこともある。まぁ、数学のテストで10点とったこともあるが)オレが人様に英語を教えている、ってのはある意味詐欺じゃないのか?とも思う。
 一応、毎回念入りに予習もするのだが、自分の中で「英語が出来ないコ」というトラウマというか負い目もあり、どうも指導しつつも卑屈になってしまう。
 今日は難しい英文が1文あり(文章構成が複雑で、書いてある内容がオレの専門外の学術的内容)、3年生が上手く訳せなかったのだが、それに対して「正直、オレもその文章は何を言いたいのかよくわかんないんだよねぇ」と思わずぶっちゃけてしまった。で、3年生失笑、みたいな。
 (´・ω・`) ショボーン。それでも昔よりは英語力は向上してるんだけどね。