真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 2/5 2/6 2/7 2/8 2/9

2月5日 TBS大型時代劇はツッコミを入れながら見るのが基本
 カーオーディオだが、結局新しく買い換えることにした。修理見積もりを出してもらったら、25000円だったのでね。流石にこの値段で修理するのはアホらしい。
 FMトランスミッター+デジタルオーディオってのも考えたが、調べた限りではFMトランスミッターを使うと音が悪くなってしまうらしく、断念(まぁ、車の中で聴く音楽に音質を求めるもんなのか?って気もちょっとするが)。
 で、USBと接続可能なカーオーディオが2万円で売られていたので、それにした。とはいえ、取り付け工賃に加え、今まで搭載してたヴィッツ様純正カーオーディオから一般庶民用カーオーディオへの付け替えにはパーツがいるらしく、何だかんだで3万を超えてしまったのだが。
 まさか、初の社会人マネープッシュがカーオーディオになるとは。社会人マネープッシュで買う予定だったモノがあったわけではないのだけど、何となく釈然としない気がするのも事実ですな。伏兵にやられた、的な。

 さて、最近時代劇分が若干足りてなかった事に加え、近所のビデオ屋で1円レンタル(新潟県民ならご存知の「ビデオ1」ですわ)をしていたので、柴田恭兵主演の「太閤記」を借りてきて、土曜日に見た。
 「TBS大型時代劇」というのがバブルの頃にあって、それの記念すべき1作目ですわ。
 このシリーズ、いくつか特徴があり、
 ・必ずと言っていいほど松方弘樹、千葉真一が出演する(若山富三郎も出演率高し)
 ・JAC出演率高し(「太閤記」は大葉健二と春田純一が出演)

 などあるのだが、1番の特徴が「史実無視」。これに尽きる。
 甲冑や陣羽織が時代と合っていないなんていうのはカワイイもんで、「太閤記」の場合は、
 ・秀吉が穴の開いた兜の補修に使っているのがどー見てもガムテープ
 ・千葉ちゃん演じる明智光秀は銃の名手の設定なのだが、背中に担いだ火縄銃はコレといった準備もなく発射可能。しかも
連発
 ・
足利義昭(石橋蓮司)を明智光秀が射殺
 ・本能寺の変で
信長(松方弘樹)vs光秀の一騎打ちが実現。光秀が信長を斬り捨てる(その後、「光秀軍が信長を取って京の街を歩いてた」というセリフまで入る)
 ・
光秀が秀吉の目の前で大立ち回りの後、切腹(切腹の前に引っ張っただけで甲冑が脱げるのも見所w)
 まぁ、面白いからいいんだけどさ。東映製作の時代劇は娯楽性第一なので、史実とか時代考証について語るのは野暮ってもんさ。
 (とはいえ、松方主演の「徳川家康」はスゴイけどな。信長は山城"チョメチョメ"新伍だし、関が原では石田三成(真田広之)はいきなり自暴自棄になって徳川軍に突撃するし。しかもその三成を救うのが史実では関が原の10年ぐらい前に死んでいる石川数正(千葉ちゃん))
 「太閤記」の場合、問題点は秀吉の有名どころの家臣が蜂須賀小六(ケーシー高峰)しか出てこないとか、やたらと千葉ちゃんがカッコ良くて秀吉の影が薄いとか、いろいろあるのだが、1番アレなのは、「架空の人物(松坂慶子)が1番おいしい役どころ」な事じゃないだろうか。
 ダメじゃん。
 結局、不足していた時代劇分は昨日の「風林火山」で補充完了。アレはよい時代劇ですね。

2月6日 ロードスターに乗ってみたい、そう思っていた時期がオレにもありました

 新しいカーオーディオ、(・∀・)イイ!
 何か音が目に見えて(耳に聴こえて?)良くなった。ヴィッツ様の純正オーディオは音質がヘボい事で定評があったそうなのだが、にしても、ここまで変わるとは思わなかった。
 こーなると、スピーカーも変えたくなるのが人情と言うもの。とはいえ、あんまり車に詳しくないのでヴィッツ様がどこにどんなスピーカーを搭載しているのかさっぱりわからん。ダッシュボードのトコに網っぽいトコがあるから、そこにスピーカーがあると思うのだがひょっとしてドアの中にもスピーカーがあるのだろうか?
 いろいろ調べたカンジではオレの乗っているヴィッツ様は1番グレードが安いタイプと思われるので、2スピーカーらしいのだが、その2個はどこにいるんだ?ってハナシですよ。2スピーカーだとやっぱりダッシュボードの左右の網っぽいトコか?
 2スピーカーなら割とお手ごろ価格で交換可能らしいが、もしドアの中にもスピーカーがいて、4つ交換するとお手ごろ価格×2=痛い出費になるワケで。
 ちなみにリアスピーカーはすでに搭載済み。ヴィッツ様の前に乗っていたスターレットを廃車にした時に唯一残った遺品なんだけど。確か、以前社会人だった頃に初任給で買った気がする。
 まぁ、3連休あたりにスピーカーを見に行って、お店の人にいろいろ聞いてみるか。
 オレ個人は車には興味があるほうでは無いです。昔はいろいろ夢や希望もあったが、今は「燃費が良くて動きゃいいや」的なカンジ。音楽は好きなのでカーオーディオぐらいは気を使いたいが、それ以外の部分をイヂる気はまったく起きない。別にアルミホイールにしようとか、マフラーを変えようとか、足回りを良くしようとか、そんな事はまったくどーでもいい。
 今のヴィッツ様には非常に愛着があるので(廃車の危機を乗り越えた、という強い絆があるからな)、極力長く乗り続けたい。もし次に買い換えるとしても大きい車はイヤだ。お手ごろなコンパクトカーがよいです。

2月7日 カノジョは多少ヲタなほうがいいが、801好きはちょっと・・・。

 本屋で立ち読みしたら何気に面白くて、買ってしまった。
 そして、コレを読んで種(もしくは種死)が腐女子に絶大な人気があるのか何となくわかった気がする。
 
 さて、申し訳ないが今日の更新はコレでおしまい。
 朝から実験先の県の研究所に行ってて実験やってて(あと残り1サンプルってトコで停電。流石は「めざましテレビ」の占い12位)、データ整理も終わったので今日はこれからイエローハットに新しいスピーカー買いに行くのさ。
 事前調査により、意外にお安いので(ヴィッツ様は車の構造上、ご立派なスピーカーを搭載するスペースは無いのさ)、思い切って交換ですわ。

2月8日 メガマックを食った後輩の話だと、食いにくい上に途中で飽きるそうな

 カーオーディオに続いてスピーカーも交換したのだが、(・∀・)イイネ!
 音の伸びが良くなった気がする。さらに1GBのUSBメモリを3000円で購入し、更にカーオーディオの機能充実(mp3とwmaに対応していて、USB端子付きのカーオーディオなのさ)。非常に車の運転が充実したカンジ。オレ自身はそんなに車の運転が好きな人間ではないのだが、音楽環境の充実っぷりにドライブ心がくすぐられるカンジだ。
 あとはあんまり調子に乗って、事故らないように気をつけねば。

 マック、馬鹿だなぁ。
 っていうか、コレは「メガ」じゃなくて「ダブル」じゃないのか?「メガテリヤキ」ではなく正しくは「ダブルテリヤキバーガー」だろ!?とツッコミたくなるのだが。メガ名乗るならテリヤキとかフィッシュとかチキンを4枚挟めっちゅーねん。
 とはいえ、写真を見てもまったく食欲をそそられないのだが。特にメガフィレオフィッシュ。何か見た目にまったく華が無いですね。
 流石にコレは正規メニューとして定着しないだろうな。
 オレ自身はマックにはまったくと言っていいほど縁がない生活を送っている。家の近所に無いもの、マック。そんなに美味いとも思わないし、ハンバーガーに関しては家の近所にモスがあるからなぁ。もっとも、モスもめったに食わない。たぶん、半年以上食ってないぞ。
 モスは美味いが高いんだよね。バーガー類に飲み物とポテトをつけるとけっこう痛いお値段になってしまう。値段だけで言えば吉野家とかラーメン屋のほうが安く済むし、質的にはレストランとか定食屋のほうが栄養バランスよさそうだし。何よりもモスのポテトは嫌いなんだよ。ポテトに関してはマックのほうが好きだ。
 ちなみにメガテリヤキのカロリーは793kcal。確かメガマックも700kcal台だったと思う。中華料理屋のチャーハン1人前相当だな。無論、ポテトとコーラを頼んだりすると摂取カロリーは1000kcalを突破する。ポテトやコーラのサイズによってはメガマック+ポテト+コーラで成人男子の1日の摂取カロリーの半分ぐらいは摂取可能なんじゃなかろうか?
 で、気になってマックの公式HPで調べてみた。メガマック1つで754kcal、ポテトのMが420kcal、コーラのMが140kcal。合計で1314kcal。成人男子の標準的な1日の必要カロリーは2400kcal(まぁ、この値はあくまでも目安だが)なので、1日に必要なカロリーの約55%を摂取可能だ。ちなみにメガマック+ポテトM+コーラMで650円。無論、ポテトとドリンクをLサイズにしたり、他のメニューもプラスすればバッファローマンと戦った時のウォーズマン並の理論でカロリーがぐんぐん伸びるぞ。ぐ、ぐむぅ。
 メガマック、恐ろしい子。

2月9日 たべなくたっていいじゃない だってししゃもだもの みつを

 昨日、研究室の飲み会があった(無論、腰痛持ちとしては酒はご法度なのでソフトドリンク飲んでた)のだが、20数年ぶりにシシャモを食うハメになった。
 子供の頃、給食に出たシシャモフライのあまりのマズさにシシャモはオレの数少ない嫌いな食べ物となった。以来、シシャモを口にした事は無い。給食に出ても人にあげてたし。
 「焼いたシシャモは美味いよ」との意見も度々聞いたが、今まで頑なに拒み続けてきたわけで。
 実はシシャモ以外にも魚卵もダメなのさ。魚卵っていうか、カズノコと筋子。タラコや明太子は食えるし、イクラは大人になってやっと食えるようになったが、カズノコと筋子はダメ。
 カズノコは磯の風味的なモノが。筋子は見た目が(筋子をほぐしたのがイクラだろ、と突っ込まれるが、イクラはアリで筋子は無し。食ったこと無いけど)。たぶん、高級食材なキャビアも食ったことが無いが、ダメな気がする。
 で、シシャモ。ヤツの腹の中には魚卵が入っているではないか!!
 と言うわけでシシャモはオレにとって不倶戴天の敵だったわけです。
 ところが昨日、後輩が酒の席でシシャモを頼み、「卵の部分取れば大丈夫ですよ」などと言って、腹を取り外されて貧相な姿になったシシャモを渡されたわけさ。魚卵さえなければただの魚。食えるだろうと思って口に入れてみたら・・・。
 走馬灯を見た。
 口に入れた瞬間、思い出がよみがえってきて涙が出たよ。口におしぼり当てたまま、数分固まってしまった。
 やっぱ、ヤツは人類の敵だな。
 つーか、将来結婚して嫁さんが朝食にシシャモなんか出した日にゃ、テーブルを星一徹投げした挙句、離縁を申し込むね。それぐらいにシシャモという食べ物はオレの人生においてありえない。
 嫌いな食べ物といえば、シシャモやカズノコ以外だとイカの塩辛とかもずくもNG。イカの塩辛は生臭いから。もずくは髪の毛っぽいから(というわけで、もずくは1度も食ったことは無い。こちんぴ家では家族がもずく酢食ってる時に、オレだけ冷奴とか卵豆腐とか別の何かが出てくる)
 とはいえ、コイツらは普段の食生活のでの遭遇率が低いのが救いだ。飲み屋のつまみっぽいモノだからな。身近な料理に入っていることの多い食材(キュウリとか)が嫌いだと日常生活は大変だろうなぁ。その点、シシャモがサンドイッチに入っていたり、サラダの付け合わせになってたり、巻き寿司の中に入っていることは無いから、そーいう意味では生活しやすい。