真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 3/12 3/13 3/14 3/15 3/16 3/17

3月12日 流石に8歳下の人たちとカラオケに行くとジェネレーションギャップを感じますな
 土曜日、後輩の結婚式の2次会が新潟駅の駅南であった。
 で、そのあと後輩達とカラオケに行った。オレを含めて社会人が3人いたので(総勢は8人。途中で1人帰って7人)、「帰りはタクシーで」って事でスタートしたのだが、「朝まで歌って始発で帰ればいいんじゃね?」って事に話が変わり、結局朝までカラオケやってた。
 こちんぴさんにとって、数年ぶりの徹夜ですわ。
 もともとオレは規則正しい生活を常としている。というか、どんなに遅く寝ても、どんなに疲れていても朝の決まった時間(6時半前後)には目が覚める。飲み会の翌日とか、夜更かしした翌日は多少寝坊するが、それでも7時を少し過ぎるぐらいだろうか。
 逆に言えば、昔から夜は早い。大抵11時半頃には寝てしまう。0時過ぎまで起きている事はあまり無い。昔はゲームに夢中になると平気で徹夜したり、徹夜じゃなくても3時、4時まで起きてたが、最近はどんなに遅くても1時を過ぎる事はほとんど無い。
 趣味が麻雀だと言うと徹夜には強そうなイメージかもしれないが、仲間内の麻雀は昼過ぎにスタートし、0時前には終了してしまう健康的(?)な麻雀だし。そもそも、卓を囲む機会も今では年に数回ぐらいしかないが。
 と、いうわけで久々の徹夜だったワケだが意外に持ちこたえられたな、というのが正直な感想。睡魔以上に腰痛を心配していたのだが腰も特にダメージは無い。まぁ、安静にしてるのが1番いいことなので徹夜でカラオケやってるのは誉められた事じゃないがね。
 昨日の11時にマッサージ屋さんに予約を入れていたので、始発の電車で帰ってきた後もずーっと起きてた。ところどころ記憶無いけど。帰ってきて風呂に入り、その後に録画しておいた「ウルトラマンメビウス」と「天保異聞妖奇士」を見、朝飯を作って食ったのははっきり覚えているが、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」や「仮面ライダー電王」の内容は断片的にしか覚えていない。どうも朝飯を食って空腹感が満たされた後に睡魔に襲われたらしく、断片的に落ちてたようだ。8時半〜11時までの記憶はちゃんとあるのだが。
 マッサージや買い物から帰ってきた後に完徹も考えたが、13時〜17時半まで布団敷いて寝てた。流石に体にダメージが残りそうだし。
 結局、17時半に起きた後はいつもの日曜日と同じように過ごし、23時ごろに寝た。今朝、目が覚めたのは6時半。起きた時には曜日感覚がハッキリしなくて「今日は日曜だっけ?」と一瞬思ったが、TVをつけて月曜日だと認識した。
 しかしながら、若くないなぁってのは実感したねぇ。何つーか10年ぐらい前に徹夜した時と今の歳で徹夜したときには残ってる体力が全然違う気がする。あと気力も。

3月13日 何かオレの知らないところでいろんなプロジェクトが進行し、知らないうちにいろいろなトコロに組み込まれてるっぽい

 4月以降の研究に関係して、兵庫県播磨への出張(というか、播磨にある研究所への出向)がありそう。
 勤め人になる前にもその話はあったのだが、いつの間にやら有耶無耶になったのだけど、今回は本決まりっぽい。
 何時頃になるかはまだハッキリしてないが、短くて1週間、長い場合には月単位で播磨にいる事になるんじゃないだろうか?
 つか、新潟からどーやって移動すればいいんだろうね?車が無きゃ不便な場所らしいが、新潟からだと800kmぐらい?距離的に。ちなみにオレが今までで1番長く運転した距離は250kmぐらい。つーか、年間で走る距離が4000km以下だし。
 まだハッキリしたことは何も決まっていないのだが、1実験者としては新しい技術に触れるチャンスなので楽しみであり(とはいえ、その分野の事はまったくわからないので1から勉強しないといけないが。詳しい事はヒミツなので書けないが、大学の授業で習ってさっぱりわからなくて挫折した分野ですわ)、1個人としては移動手段とか土地勘の無い場所での長期滞在とか、不安要素盛りだくさんな感じで。
 まったく詳しい事は決まっていないが、おそらくG.W.明けぐらいですかねぇ、出発。

 そして、前にも書いてた某企業が来週の金曜にやってくるそうな。つか、前日は卒業式で、研究室の飲み会がある(おそらく終電コース)というのに。
 しかもエラい人々が大挙してやってくるというハナシだ。ぶっちゃけ、別に来なくていいよ!!
 ってことで、それまでに研究結果をまとめてレポートを作らねばならんのだが、実験結果が膨大すぎてどこから手をつけてよいのやら。とりあえずレポートの方針というか指針をまとめたので、それにしたがってレポート作成に励む事になりそうだ。

3月14日 未だに♪魔人ゾルゲをルーロ ルロロ やっつけるーんだ ズババババーンの「ルーロ ルロロ」の意味がわからん

 ほんと、NHKは自由な局だな。チャンネル数が多いというのも大きいんだろうが。ラジオでも去年に続いてこんな企画をやるし。
 一方、TBSも相変わらずなカンジで。ホント、TBSってのはどーしようもない局だな。個人的にはあまりに偏向的な報道姿勢が嫌なのでほとんど見てないが、ここ最近だけでもワラワラと偽造・捏造が報告されている。

 初だったのか!!ちょっと意外だ。でも「道」はEDな事もあって、両A面とはいえ印象的にはB面な印象だけど。「道」自体嫌いじゃないが、コレがアニキの代表作か?と聞かれるとちょっとなぁ。
 というか9000枚売れただけで今じゃオリコンTOP20にランクインするんだな。それに軽くビックリした。売れてないんだねぇ、CDって。

3月15日 「相棒」オフィシャルガイドブックももちろん持ってる

 いやぁ、昨日の「相棒」は面白かったなぁ。
 SPには欠かせない空撮(空撮シーンをしつこく入れるなら説明不足のシーンをもうちょっと詳しくしろ!!と毎回思いながらも、空撮キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!とニヤニヤするのが真の相棒マニア)とか、相棒のSPにありがちな中盤のややグダグダしたカンジとか、そーいうお約束(?)部分も楽しみつつ、最後の怒涛の展開に釘付けですよ。
 っていうか、昨日の放送は一徳!!ってカンジ。もうね、岸辺一徳の怪演に尽きる。1stシーズンからのレギュラーメンバーでありながら、未だに謎の多い小野田官房長役の一徳。昨日は警察庁長官役として夏八木勲を向こうにまわして一歩も引いてなかった。昨日の放送に関して言うと右京さん(水谷豊)や亀山(寺脇康文)以上に目立ってたぞ、一徳。
 んで、相棒の次に放送されるのが「警視庁捜査一課9係」。正直、2ndシリーズがあるとは思ってなかったぜ。テレ朝としては「相棒」に次ぐ刑事モノコンテンツとして育てていくつもりなんだろうか?
 9係はいい意味でユルいというか、安心して見ていられる刑事モノだな。アレでもう少し恋愛バナシが少なきゃもっと面白いのだが。ドラマのアクセントと言うには少々クドい。 

3月16日 そんなワケで忙しく、土日はもちろん春分の日も出勤予定 (´・ω・`)

 _| ̄|○
 付き合ってるって噂はあったが結婚かぁ。「サラリーマンNEO」好きとしては結構ショックだ。っていうか、「サラリーマンNEO」の女性陣はみんな美人ですよね。

 ダースベイダーをモチーフにした5月人形が発売されるそうな。
 っていうか、ダースベイダーって日本の甲冑をモチーフにしてデザインされた、って説もあるのでそのダースベイダーを甲冑にするのは日本語→英語→日本語の変換をやったみたいな気もするがね。この5月人形からはまったくダースベイダー感(?)を感じないし、甲冑としてもバランスがおかしいし。
 そもそも35万円で買うのならば、こっちでいいじゃない。こっちなら着れるから実用性も高いぞ。

 さて、共同研究している某社の人が来週の金曜にやってくる。しかも大挙して。
 んで、説明用資料を作っていたのだが、PowerPointでプレゼンもする事になり、その準備もしている。西海先生には今日になって「1時間を目安に作っといて」と言われたものの、1時間も企業の人相手にプレゼンするのか?オレ。会社員時代にも取引先に対してプレゼンした事はあるが、30分程度だったのに。つーか、1時間もプレゼンするほど巧みな話術も無いですぎょん。
 と言うわけで必死にPowerPointをいぢっているわけだが、実はあまり使い慣れていなかったりする。
 オレが卒論発表した頃にはパソコン自体持ってる人がそんなに多くなかったので、卒論の発表は紙に印刷したレジュメを元に黒板に絵を書いたりして説明したものですよ。
 その後、マスターになって学会に行くようになったが、どーいうワケかオレが行く学会はポスター発表がメイン。で、当時は新潟大学にポスター製作用の大型プリンタも無かったので、Wordで作ったA4の印刷物を複数枚展示するようなパターン。
 初めてPowerPoint使ったのは修士論文発表会の時だが、その時もOHPシート作成用に使ったし。当時は修士論文発表にはOHPだったのさ。時代ですなぁ。
 会社に入った後もウチの会社は超アナログだったのでPowerPointを使う機会も無く(確か会社を辞める少し前にプロジェクターが導入されたな)、ドクターになってからも口頭発表しに行った学会はOHP使用を指定されていたり(今は少なくなったが、本番での円滑な進行とトラブル防止を目的としてプロジェクターを使わずにOHPシートでのプレゼンしか認めないところが数年前はあった)、ポスター発表だったり。そんなワケで、プロジェクターでのプレゼンを目的としてPowerPointを使ったのはドクターの中間発表が最初だったりする。その後、博士論文発表会で使い、今回が実質的に3回目ぐらい(ポスター作成のためにPowerPointを作る事は頻繁にある)。
 ウチの後輩達は今時のコなのでPowerPointでプレゼンする事に慣れておりアニメーションを使ったりとか特殊効果もふんだんに利用するのだが、アナログなこちんぴさんは基本的に淡々としたPowerPoint資料しか作らない。後輩達が華やかなカンジのPowerPointを作ってたりすると心の底から感心するよ。
 つーか、このペーパーレスのご時勢にこんなことを言うのも何だが、個人的にはプレゼンとかはPowerPointとか使うよりは紙に印刷されたものを大量に渡される方が安心する。思考回路がどっちかというとアナログ派なんですわ、研究とかに関しては。

3月17日 4月からは「時効警察」が帰ってくる!やっぱテレ朝金23時枠は面白い

 とりあえず昨日から作り始めたPowerPointはほぼ完成。43ページもあれば1時間のプレゼンも何とかなるだろう。あとは要点をまとめたメモを作ったり、配布用レジュメを作らなきゃいけないが。
 何気に不安なのはオレも去年の12月頃からスタートした実験で、ほとんどの実験が初めて(しかも回数もあんまりこなしていない)だけにデータの解釈に自信が持てない事だな。データに自信がなきゃいいプレゼンは出来ないから。
 あと、人の実験を説明しなきゃいけないってのもアタマが痛い。自分のやった実験ならまだしも、人がやった実験の実験方法とか実験結果の考察をするっての大変ですよね。

 今期の連ドラが最終回を迎え始めた。とはいえ、ほとんどドラマ見てないんだけどな。
 昔は割にドラマをよく見てたと思うのだが、最近はあんまり食指が伸びない。見続けようと思うような魅力的なドラマが無いというのもあるが、こっちの持続力が無くなってきたってのもあるな。「面白くないけどとりあえず見とくか」的な惰性でドラマを見ることが減った。
 そんなワケで、見てた(見てる)ドラマといえば、「相棒」、「木曜時代劇」、「特命係長只野仁」、「ハゲタカ」、「風林火山」ぐらいか。あとはBS-2で「藤沢周平アワー」として再放送している時代劇。
 「華麗なる一族」は途中までは見てたのだが、「風林火山」の後に見ると物足りなくなって見るのを止めた。脚本もイマイチだったが、やっぱキムタクには荷が重いって。最近は話題沸騰だった将軍(鯉型ロボット)も出てないみたいだし。
 つーか、見てるドラマから考察するとオレはやたらと濃ゆいドラマが好きらしい。「相棒」、「ハゲタカ」、「風林火山」はすっごく密度が濃い。特に「ハゲタカ」は保存用にDVD-Rに焼いているぐらいのお気に入り。
 んで、昨日「特命係長只野仁」は最終回だったのだが、映画化フラグが立ったなぁ。エビちゃんがそれっぽい事を劇中で言ってた。このドラマ、過去にも第1シリーズ終了時に只野が「1年3ヶ月の有給休暇をください」とセリフで言い、1年3ヵ月後に第2シリーズがスタートした事がある。
 それだけに映画化も無くは無いのかもしれないが、個人的には映画化は微妙だ。あのドラマは金曜日の深夜に「明日は仕事(学校)がお休みだ」とウキウキした気分になりつつ、ユルめのストーリーやお色気シーンを楽しむドラマであって、わざわざ映画館に足を運んでみるのは何となく違う。映画化よりはむしろVシネ化のほうがしっくりくるな。
 ただテレ朝は時々ワケわかんない事するからな。「はぐれ刑事純情派」の映画化とか。そう考えるとあながち無いとは言えねぇ。