真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 4/9 4/10 4/11 4/12 4/13

4月9日 新潟県内は甲冑分が足りてない
 どーして、「風林火山」はコレといった進展がなくても面白いんだろうね。
 昨日の話も要約すると「武田家の新しい軍旗が決定しました」ぐらいのハナシなのだが(←要約しすぎ)、登場人物のキャラが立ってるので見ていてグイグイ引き込まれるカンジだ。
 不安要素だった由布姫(柴本幸)もそれなりにハマってるし。まぁ、「絶世の美女」か?と聞かれると首を捻るが(とはいえ、昨日の放送は巫女さんの格好だったので綺麗に見えた。すごいよ、巫女装束)。
 そして来週は予告を見る限り、かなり面白そう。勘助も相変わらず悪そうだし(最近の大河の主人公はあまりにいい人補正が強かったので、今年の勘助のようなダーティーヒーローは新鮮)。
 さらに予告の映像でグっと来たのは武田家家臣団の甲冑が当世具足に変わりつつある事。
 大鎧とか胴丸も悪くは無いが、やはり甲冑といえば当世具足ですよ。大袖のついた胴丸よりも、やっぱり桶川胴とか伊予札胴とかのほうがグっと来る。これからいろんな合戦が起こり、そのたびに甲冑姿の武将が出てくると思うと・・・
 (*゚∀゚)=3 ムッハー。
 たぶん、これからは合戦シーンのたびにTVの前で
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 甲冑!甲冑!
 ⊂彡

 な予感。
 つか、去年甲冑を見るのを目的として山形県米沢市まで独り旅に出かけたのだが、今年も甲冑見にどこか行くかなぁ。新潟近辺で甲冑が充実しているところといえば、米沢以外では仙台か長野だけど(というか、米沢の充実っぷりが凄い)、今なら気分的に長野方面だろうか?

4月10日 ねんがんのDSをてにいれたぞ!

 ニンテンドーDS Liteを入手した。
 欲しいなぁ、とは思っていたのだがそんなに切迫感も感じていなかったDSだが、ふとしたキッカケからトントン拍子に話が進んで購入する事となった。ちなみに色はピンク。自分で買うなら水色か黒だな、などと思っていたのだがふとしたキッカケなので色の選択の余地は無し。まぁ、オレ自身はあまり色へのこだわりはない(ゲームボーイアドバンスもピンク色使ってたし)ので気にならないけど。
 前にも書いてた播磨への出向のスケジュールがある程度明確になってきたのだが、GW明けに1ヶ月ぐらいの予定で行くことになりそうでね。1週間ぐらいのつもりだったが、割と長期になるようだ。
 出向先は姫路駅からバスで約60分。山地を切り開いて出来た施設なので周りには何も無い。一応、宿泊施設がありそこにオレは泊る事になるとは思うが、設備的にはメシを提供する設備がまったく無いビジネスホテルってカンジ(部屋にTVはあるものの、公共機関なのでこちんぴさんの大好きな有料チャンネルは映らないと思われる)。宿泊は出来るものの毎日の食事すらどーすればいいのやら?ってカンジだ(大学の学食のようなモノがあるらしく、そこで3食食い続けることになりそう)。あと洗濯とか。コインランドリーぐらいはあると思うけどな。
 そーなってくると気分転換をはかるための何かが必要になるわけで。遊びに行くっていっても周りには何も無いらしいし、独りぼっちだし。せいぜい休日に1時間かけて姫路まで出て姫路城を見るぐらいしか癒しポイントは無さそう。
 っていうか、播磨に行く前に某大学にてしばらく研究する可能性も出てきた。某大学の研究所は和歌山県山中にあるらしく、播磨に輪をかけて何も無いらしい。宿舎はかろうじてあるらしいがTVがないかも、というウワサも。要はただ寝るためだけの部屋ですな。
 新潟からの移動も今のところは新幹線移動の予定。西海先生にはフェリーで新潟から敦賀まで行き、そこから車で播磨を目指すルートを勧められたが敦賀でフェリーが停まるのが朝の5時半。ただでさえ乗り物酔いしやすい体質なのに、フェリーで移動し早朝から慣れない高速道路を長距離ドライブして播磨に行く自信はオレには無い。ほら、高速って事故るじゃないですか。
 そうなると新潟→東京→姫路という結構ウンザリする移動距離を移動する必要が出てくる(もっとも学会で新潟→広島とか新潟→徳島なーんて移動を電車でやっているのであまり苦ではないのだが。オレは電車移動好きなので。まぁ、飛行機という手もあるがな)。その間の時間潰しも必要だ。
 そんなこんなでDS入手はメリットが大きいと踏んだのさ。
 ただ問題が1つ。それはDSに大してそそられるゲームが無い事
 とりあえずamazonで定価の15%OFFだったので脳トレとスパロボWを購入したものの、他はあんまりピンと来ない。麻雀とか信長の野望ぐらいかなぁ、グっときたの。あとは今年の夏に発売予定のSDガンダムGジェネレーションの新作とか。そそられないというよりは思った以上にソフトが多くて、どれが当たりでどれが地雷かの区別があんまりつかないので手を出しにくい、というほうが正しいか?
 何か面白いゲームをご存知の方はご一報ください。今後の参考にします。
4月11日 たぶん主題歌も「CASSHERN」みたいに最近の歌手のタイアップ曲とかに変えられちゃうんだろうな

 すっかり忘れてたが、昨日から「サラリーマンNEO」の第2シリーズ始まった━━(゚∀゚)━━!!!!!
 最初は少しコントの面白さが弱いかな、などと思ったのだが、後半の「Sexy-bucho」一発で持ってかれた。沢村一樹は二枚目俳優って括りだと思うがアソコまで弾けていいのだろうか?
 あと、NEOはやっぱり女性レギュラー陣が充実してるのがいいですね。奥田恵梨華、中越典子、原史奈(結婚しちゃったね、(´・ω・`) )のNEO3人娘に加え、いとうあいこと南野陽子もレギュラー入りですか。つか、いとうあいこは最近何気に見る機会が増えたな。「爆竜戦隊アバレンジャー」は番組自体はイマイチだったが、赤、青、黄、黒、白それぞれちょこちょことTVで見るな。白(田中幸太朗)なんて今じゃ大河ドラマの主要キャラ(春日源五郎。後の香坂弾正)だし。
 そうそう、昨日から始まったといえば「セクシーボイスアンドロボ」というドラマが割と面白かった。あんまり期待してなかったんだけどな。
 松山ケンイチはどー見ても藤井隆にしか見えないのだが、オレだけか?
 
 よくわかんない企画キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!
 実写映画化して誰が見るというのだ?特に「ガッチャマン」はSMAPが実写CMやった事もあるし、ストーリー的にも映画化しやすそうだと思うのだが、「ヤッターマン」実写化の意味がわからない。どの層をターゲットにしてるんだか。「CASSHERN」、「デビルマン」、「キューティーハニー」あたりの失敗にも懲りないのね、映画製作会社。
 キャラデザとメカデザはあの悪名高き実写版「デビルマン」にも携わった寺田克也ですか。この人、窪塚版の「魔界転生」にも関わってたなぁ。アニメ同様、天野喜孝とガワラ御大(大河原邦男)でよかったんじゃないのか?
 とりあえず企画が潰れずに製作されると仮定して、三悪(ドロンジョ様&ボヤッキー&トンズラー)は誰なんだろう?
 ドロンジョ様に鈴木京香、と言いたいところだが、一応ドロンジョ様は設定年齢が24歳なので(まぁ、ガンちゃんとアイちゃんもアレで13歳&12歳だから年齢設定なんてあってないようなもんだが。ちなみに「機動戦士ガンダム」のキシリア様も設定年齢は24歳。ドロンジョ様と同い年)、流石に厳しいか。2009年公開予定らしいが、その頃には京香は40代だし。「ゼブラーマン」でゼブラナースやってたぐらいだから、やってくれそうな気もするけど。
 鈴木京香以外であの衣装を着ても負けないような存在感&ナイスバディーな女優さんってピンとこない。流石にポロリまでは期待しないが、あのコスチュームを恥ずかしげもなく着れる人じゃなければやる意味はあるまい。
 ボヤッキーは若いときの高田純二が理想だが、大泉洋あたりで。トンズラーはオレの中では「お笑いまんが道場」の頃の車だん吉以外に考えられない。今の俳優だと誰だろう?
 ・・・。うーん、やっぱり実写化するのは止めたほうがいいんじゃないのか?

4月12日 麻雀においてドラはオマケみたいなもんですよ

 「くそぅ、ショッカーの仕業か」
 つーか、野生を失わずに危機センサーを働かせていれば未然に防ぐ事はできたんじゃないのか?隊長ともあろうお人が騙されるとは!!

 さて、DSを思いがけず購入した為にゲームボーイアドバンスが不要になってしまった。DSでアドバンスのゲームも出来るしな。
 というわけで、近所のGEOに売りに行った。本体は2500円、持って行ったソフト3本は1250円で買い取り。合計で3750円。まぁ、こんなモンだろう。元々中古で買ったアドバンスだったので傷もあったし。
 とりあえず売ったお金で「麻雀格闘倶楽部DS」というソフトを購入してきた。
 打ってると自分のフォームというか、打ち筋を分析してくれるのだが、「ドラ(赤5も含む)を多く使う」的な分析が出たのが心外だな。オレの麻雀のフォームは「華麗な手作り」だと思うのだが。
 華麗な手作りと論理的な打ち回しの結果、ドラを生かしたカンジで手が出来てしまうだけなワケで。
4月13日 「風林火山」、「柳生十兵衛七番勝負」と時代劇界は隻眼ブームの予感

 >野球選手の卵の前には、札束が積まれるのに、科学者の卵には、誰も夢を見せてくれようとはしない。どちらが、未来の日本を支える存在なのだろう。
 まったくだ、嗚呼、まったくだとも。
 科学者というのは非常に身分的には不遇なのですよ。博士号を持ってる人間で定職につかずに契約研究員等で食いつないでる人間が1万人以上いるという報告もあるぐらいだし。
 企業に入ってもいわゆるトップ(重役)に上り詰める理系の人、ってのは少ないんじゃないだろうか?文系学部出身者のほうが昇進に関しても有利な気がする。そもそも日本の官僚に文系学部(法学部とか)出身者が多いし。最近では国からの予算も金になりそうな研究に手厚く、という方針に変わりつつある。そこらへんも官僚って大学の実情を把握してないんじゃないのか?金にならずとも大切な研究のほうが多いというのに。非常に世知辛い世の中だ。
 逆に言えば、球団自体が赤字経営なのに5億円以上のお金を契約金で払うというベイスターズの金銭感覚って何?ちなみにこの破格の契約金の選手の現在までのプロ通算成績は通算29試合、5勝10敗0S、防御率4.60(4/11までの結果)。高い買い物だな。
 
 さて、昨日「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」の第2回があったのだが、ここにきてオレの中で由比正雪役の和泉元彌株が急上昇中。
 舌先三寸なカンジとか、乱の首謀者なのにまったく成功し無さそうなカンジとか、実質的な黒幕(徳川頼宣(西村雅彦))に使いっ走りにさせられてるカンジとか、何ていうか全体的な小物っぽさと胡散臭さが由比正雪にピッタリ
 特に昨日の放送は、浪人の窮乏と格差社会について十兵衛に恨みつらみを言うシーンがあったのだが、最近仕事が無いとか家賃が払えないなどという報道があったからか、元彌が言うと妙に説得力があるんだよなぁ。
 一方、ゲストキャラが歴代シリーズに比べるとちょっとインパクト弱め。今回の永澤俊矢はちょいと殺陣がアッサリめだったし。ただ、第4回のゲストが石橋蓮司らしい。蓮司は時代劇では悪役キャラでいつも斬られてるイメージが強いが、殺陣が上手いのだよ。さらに第5話のゲストが水野美紀らしい。倉田アクションクラブでアクションの基礎を学んでいる人なので期待したいところだ。