真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 9/17 9/18 9/19 9/20 9/21

9月17日 若さ 若さって何だ?

 人間、若い若いと思っていてもそんなに若くは無いらしい。

 事の起こりは先週の木曜日。研究室のゼミ旅行で行った先で研究室の面子全員でテニスをした。
 テニス自体は軟式テニスを中学の時に3年間やっていたし(一応レギュラーだった)、大学時代にも体育の授業でやっていた。とはいえ、その体育の授業以来なので11年ぶりにやったんだが。
 2時間ほどプレイし、年甲斐もなく動いた。意外に機敏に動ける自分に驚いたりもした。「やっぱ、7月からスポーツジムに通ってトレーニングしているからかな」などとも思った。
 その後、数人でグラウンドゴルフというゲートボールの球みたいなヤツを木のクラブで打つスポーツを1時間以上プレイ。コースを歩き回るので結構な運動量。
 で、その日は食事をし、風呂に入り、酒を飲んで寝たわけさ。
 翌日。
 朝起きてみるとそんなに体は痛くない。まぁ、疲れてはいたけど心地よい疲れというか。疲れと酒を抜く為に朝風呂に入り、ホテルをチェックアウトした。ここまではなんとも無かったのだが、問題はここから。
 その後、ホテル近くの牧場に見学に行く、という事になったのだが、カーナビの示すルートは大きい道を遠回りするルート。で、西海先生が「山道を行くほうが近道だ」と言うので山道を行く事になったのだが・・・。
 結論から言えばすさまじく遠回りだった。ガソリンも思いっきり減ったし。というか、オレ以外に3人乗せて排気量1000ccのヴィッツ様で峠を攻めるのは無理ぽ。
 「君子危うきに近寄らず」が座右の銘だけに、山道を走る事など今まで無く、そーいう意味でも神経を使ったし、アクセルとブレーキを踏み続けて(アクセルをベタ踏みしないと4人乗ったヴィッツ様で山道は登れない)肉体的にも疲れた。
 その後も名水百選がある、というので山の中に行って山道を歩いたり、高速道路を思いっきり飛ばしたり(西海先生はかなり飛ばすので、ついて行くにはかなり頑張らなアカンのですわ)。
 で、大学について気がついた。オレの足、すさまじく筋肉痛なんですけど。
 テニス疲れに運転疲れや歩き疲れが加味されて、とてつもなくヤバい事に。階段の上り下り(特に下り)が特にヤバい。
 一瞬、「歳をとると筋肉痛が遅れて出るって言うよな?」と頭をよぎったが、「若いし、鍛えているから大丈夫」と自己暗示をかけて帰宅。この日は誕生日だったし、流石にこの状態でジムに行ってトレーニングするのは自殺行為だと思い、「今日は『きちゃった(はあと)』があるし」などとポジティブに考えて自宅待機。まぁ、家にいる間にさらに筋肉痛は進行したんだけど。トイレに入ってしゃがんだ時にあまりの激痛に驚いたモン。
 結局、「きちゃった(はあと)」も無く、次の日。もうね、歩くとマジヤバい。つか、アパートの部屋(2階)から下に下りる階段が無理ぽ。
 鍼灸院に予約を入れていたので行ったんだが、腰痛治療のついでに筋肉痛を相談。先生曰く「筋肉痛はなり始めてから3日経てば大体治るから」と言われ、膝の辺りの筋肉のコリをほぐすツボに鍼を打ってもらう。
 そして先生に「こちんぴさんは足の筋肉痛よりも背中のほうが重症だね。背中の左右に鉄の柱が入ってるみたいに凝ってるよ」と言われる。どうも普段の姿勢の悪さや腰痛から来る凝りでオレの上半身は尋常じゃない状態らしい。確かにたまにいくマッサージ屋さんでも「何をやったら肩と背中がこんなになるんですか!!」と驚かれたり怒られたり。
 オレの知らないところでオレの体はかなりボロボロみたいだ。
 結局、土・日とジムはお休みし(今日は定休日だし、明日は所用でいけないんで長々とジムを休んじゃったなぁ。反省)、安静を心がけた。その割には映画を見に行ったり買いものに行ったりしたけど(そして映画館の段差とかデパートの階段とかでヒドイ目にあったけど。VIVA!バリアフリー)。
 今日はすっかり平気。たぶん、明日になれば完璧に治っているだろう。
 それにしても筋肉痛を患って治るまでに3日もかかったのも何気にショックだ。ジムのトレーニングで使う筋肉とテニスで使った筋肉が違っていたのだとしても、こんなに長引くモンなのか?それとも疲れが慢性的にあった(ジムでもオーバートレーニング気味だったし)のがここにきて一気にスパークしたのか?
 何にせよ、誕生日そうそう体の不調に悩まされるとは。そーいえば、去年の誕生日の翌日は腰痛で歩けなくなって大学を休んだなぁ。オレの誕生日には何か災難でもあるのか?
 毎年、「きちゃった(はあと)」も無いし。

9月18日 こちんぴさん、実は極度の人見知りです

 今日は夜からちょっとした飲み会がある。「ちょっとした」なんて軽いノリではないので憂鬱なんだが。
 ウチの研究室と某食品会社で共同研究をしており、そのプロジェクトの打ち合わせが明日ある。で、今日はその飲み会なワケで。
 こっちサイドはわざわざ東京からやってきた鈴木君を含めて4人。向こうサイドは7人。計11人で新潟駅前にある、それなりなお値段のお食事処というか、グレードの高い飲み屋というかグレードの低い料亭というか、そーいうところで飲み会。
 基本的に人見知りで寡黙なこちんぴさんとしては苦痛ですわ。
 流石に研究室内の立場が上に行くほど対外的な場に出ることも増えたけど、苦手なものは苦手なわけで。
 借りてきた猫状態で黙々と料理を食うことになるに違いない。
 元々こーいうのは得意ではないのだが、決定的に嫌いになったのは社会人時代だな。
 社会人時代には社会人にはつきものの「接待」というのも体験したわけだが、新入社員なので立場的には底辺なワケですよ。こちらが接待される側だった事もあるけど、こっちは新入社員で向こうは社長とかだといくら接待されているとはいえ「こちんぴさんは僕の酒が飲めないんですか」と言われれば飲まなきゃいけないし。
 そんなワケでいい思い出が無い。
 取引先の専務だか常務だか忘れたが、エラいさんに散々説教されながら酒を飲まされて潰されたとか、フグ料理屋で接待を受ける側だったのに、先方の社長に無理矢理に飲まされてフグの味の記憶がサッパリ無いとか(この時は先輩社員と日本酒を2人で1升半飲まされ、大阪駅のホームでマーライオン状態になった。吐きながら人が左右に避けていくのを見て、「モーゼの十戒みたいだなぁ」などと思ったことを覚えている)。
 結局、社会人時代の接待がトラウマとなり、今は日本酒を一滴も受け付けない体となってしまった。日本酒の香りを嗅ぐと反射的に拒否してしまう。
 とはいえ、今日みたいな飲み会の場合、断りにくいんだよなぁ。しかも新潟に来ると何故かみんな地酒などを頼むので、「酒=日本酒」みたいになっちゃうし。個人的には烏龍茶とか飲みつつ、淡々と料理を食べていたいのに、「こちんぴさんもおいしいから飲んでみれば?」的なノリで何杯か日本酒を飲む事になるのだろう(あえて飲むならビールとか酎ハイとか飲みたい。もしくはウイスキー。日本酒とワインは無理!!)
 親しい友人・知人と酒飲みながらメシ食うのは大好きなんだけどね。というか、本人がユルユルだからか、ゆるーい雰囲気でゆるーく飲み食いするのが好きだ。

9月19日 中の人などいない

 今週の土曜日に「大胆MAP」という番組がある。本来は深夜番組のようだが、ゴールデンでやるらしい。
 で、何故かそのネタが声優。声優50人の顔を公開するそうな。もっとも、50人も番組に出す事はないと思うので、ほとんどは写真等で済ませるのだと思うが。
 番組HPの煽り文を読む限りでは、矢島晶子(しんちゃん)、増山江威子(峰不二子)、島本須美(ナウシカ)、池田秀一(シャア)、小原乃梨子(ドロンジョ様)は出演が確定。あとはこおろぎさとみ(ひまわり)とか、納谷悟郎(銭形警部)とか日高のりこ(浅倉南)とか中尾隆聖(バイキンマン)などが出るらしい。
 矢島さんは13年ぶりのTV出演らしいが、ひょっとして「投稿!特ホウ王国」に「隣のお姉さんはクレヨンしんちゃんだった」という、今にして思えば完全に仕込みなネタで出たのが最後なのだろうか?
 中の人が出る、というのは興味深い反面萎える要素もあるよなぁ。増山さんとか小原さんはすでに70歳を超えているのだが。不二子ちゃんやドロンジョ様の中の人はおばあちゃんなワケですよ。
 矢島さんも昔は可愛かったが今は40歳だし。池田秀一もぶっちゃけ小さいオッサンだしなぁ。

9月20日 アパートも暑いし、研究室も暑い

 暑い、暑すぎる!!
 新潟は今日、33℃ぐらいあったらしい。9月も下旬ですぜ?
 明日も暑いようだしな。明後日ぐらいから多少落ち着く(とはいえ、28,9℃ぐらいみたいだが)みたいだが、残暑というには厳しすぎる。
 ちなみに明後日から会津に旅行に行くのだが、日曜日は雨!!降水確率70%らしいよ。

9月21日 6年近く乗っているけど未だに走行距離が27000kmにも達していないです。ウチのVitz様

 吉田戦車が再婚した事以上に離婚していた事に驚いた。
 確か「戦え軍人くん」の文庫本(出たのはずいぶん前だけど)あとがきは前の奥さんが書いていたし、エッセイにはよく娘の話が出ていたので。
 吉田戦車は好きな漫画家なので、幸せになってもらいたいものだ。

 へぇ。
 ETCは着々と普及してるなぁ、というのは何となく実感している。ウチのアパートの最寄ICはETC用乗り口が2つで現金用乗り口が1つ。降り口も正式な数は忘れたが、ETCのほうが多かったように思う。
 実家の町はICが無いのだがSAがあり、そこはETC対応になった。もっとも、SAは結構不便な場所にあるのでウチの実家で利用する事はまず無いのだが。 
 オレの車にはETCは無いのだが、父親の車には搭載済みだ。ウチの町のSAがETC対応になった時に取り付け時に補助金が出る、というので取り付けたらしい。父親の話ではやはりあると便利だそうな。
 次に車を買い替える際にはつけてもいいかなぁ、とは思う。あったら便利そうだし。今すぐにはいらないけど。高速に乗るのは年に10回もないし、乗ったとしても実家に帰るときぐらいだし。
 しかし、次に車を買い替えるときには付けたい機能は盛りだくさんだな。ETCも付けたいし、USB対応のカーオーディオは必須だし(今使っているが非常に便利ですね)。スピーカーもいいのをつけたい。
 無論、カーナビは必須。今の嘘つきナビ太郎2号よりも高性能なヤツにしたい。
 まぁ、車を買い替えるのはまだまだ先のハナシだけどな。買い換える金も無いし、何よりも今のVitz様には結構愛着があるので。