真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 12/3 12/4 12/5 12/6 12/7

12月3日 時代劇好きの心の拠り所は「時代劇専門チャンネル」だけになってしまうのだろうか?(でもウチのアパートじゃ見られない・・・。)
 絶望した!NHKに絶望した!!
 オレ的にはここ数日の間で1番ショックなニュースだったかもしれん。どのくらいショックだったかというと、思わずNHKに抗議のメールを送ったぐらいに。
 民放各局が時代劇から撤退し、今や「水戸黄門」とテレ東時代劇のみ、という中でNHKの時代劇枠短縮&枠移動は時代劇好きとしては狂気の沙汰としか言いようが無い。
 そもそも、木曜20時に枠移動したのもどうかと思ったのに、それが定着し始めた矢先にまた枠移動って。しかも時間短縮。NHKの場合はCMが無いとはいえ、「民放の1時間=NHKの45分」ぐらいだったことを考えると、30分は非常に厳しい。つか、今の45分の放送時間の中ですら時間が足りないと感じるコトもあるぐらいなのに。
 しかも時間変更の理由がくだらない。
 「『若者のNHK離れ』への危機感」って!
 この記事によるとNHKは今後、若者向けのドラマやバラエティーに力を入れるつもりらしく、その煽りを食らっての時代劇枠縮小という事になるのだろうが、ぶっちゃけNHKが作る若者向け番組なんてタカが知れてるワケですよ。
 CMの広告収入を財源にしている民放が低視聴率を理由に時代劇を打ち切るのは50000歩譲って認めるとして(本当は認めたくないし、視聴率以外にも時代劇製作をしない理由はいろいろあるのだが)、視聴者から金を徴収している「みなさまのNHK」が視聴率に左右されるとは嘆かわしい。
 そもそも、視聴率だけで言えば木曜時代劇は平均10%ぐらいの数字をコンスタントにとっている。最近の民放の若者向け(w)ドラマで平均一桁なんてザラなので、ある意味では優良コンテンツと言ってもよい(今年の夏に放送していた「陽炎の辻」なんてかなり高かった)。
 NHKを弁護するならば、時代劇というのは制作費がかさむので作り続けるのは大変なんだろう。さらに大河ドラマに加えて来年度からは「坂の上の雲」のドラマ化で高額な制作費が必要だし、財源である受信料は不払い続きだし。
 とはいえ、時代劇枠縮小とは嘆かわしい。
 NHKにとっても長い目で見ればメリットは無いと思うのだが。時間の縮小に伴って、30分完結だと描写時間不足が否めないからドラマの作りこみは難しくなるだろうし、「名探偵コナン」方式の前・後編スタイルは「前編見てないから今回はパス」的な事になりそうだし。
 じっくり作れないことで製作スタッフも育たないし、次世代の時代劇スターの育成、というのも難しくなるだろう。そーなると大河ドラマに起用する人材も育たないわけで。
 個人的にはNHK大河以上にNHK時代劇って好きなんだよなぁ。大河はどうしても歴史的な制約があるけど、NHK時代劇は市井の人の暮らしとか、心温まる人情話とか、ケレン味ある殺陣とか、時代劇の面白さを満喫できる枠なので。
 そして、今まで土曜日に放送していた「土曜ドラマ」を木曜に移し、若者むけドラマにするそうな。もうね、アホかとバカかと。
 土曜ドラマは硬派過ぎる、というのがその理由らしいが、そこがいいんだろうが!!
 この枠は「ハゲタカ」とか「ジャッジ」とか硬派だけど面白い作品やってたんだけど。
 韓国ドラマばっかり流さずに、もっとちゃんと自前のドラマを作ってくれよ、NHK。最近なんてずーっとBS hiで放送する主演の韓国時代劇のCMばっかり流しやがって。
 それにしても時代劇ってのはある意味、日本が誇る伝統芸能ではないのか?それが衰退するというのは日本人として由々しき事ではないのか?
 たしか放送法では各テレビ局は一定割合の教養・教育番組を放送する義務があるはず。それと同じように、放送法で「毎週、最低1時間は時代劇を放送する」とか法律で制定してしまえばいいのに。
 つか、このままでは時代劇はマジでヤバい。そのうち忠臣蔵みたいな定番モノですら登場人物とかストーリーをまったく知らない世代が出てくるのかね?

12月4日 別に大晦日じゃなくてもいいから、BS-2あたりで「アニソン紅白歌合戦」とかやると見る人多いと思うんだが

 まぁ、予想通りというか予想よりショボいというか。こーして見ると紅白って権威が落ちたなぁ、と思う面子ですな。
 とりあえずわからなかったのが「℃-ute」(これで「キュート」と読むらしい)と「すぎもとまさと」。それ以外は一応わかるな、ってカンジ。まぁ、わかるといっても「名前聞いた事あるなぁ」ぐらいの認知度の人も含むが。
 事前報道では「阿久悠追悼で沢田研二が復活」という報道もあったのでジュリー好きとしては密かに期待したものの、ジュリーは落選。もっとも、ジュリーは懐メロ的な扱いは嫌いだ、というハナシを聞いた事がある(なのでライブでは過去の曲はほとんど歌わないらしい)のである意味では納得。
 それにしても見たいなぁ、と思うアーティストがいないな。あえて挙げれば寺尾聰と徳永英明。とはいえ、わざわざ紅白で見たいか?と聞かれると首を捻らざるをえないけど。あとはGacktがひょっとしたら上杉謙信コスで登場するのでは?と五木ひろしが「ふるさと」を歌い、「ちりとてちん」出演陣が応援に来ないかな?ぐらいだな、個人的見所。
 中川翔子は単独出場ならまだしも、AKB18とリア・ディゾンと共に「アキバ枠」という謎の枠組で括られ、3人の持ち歌メドレー&アニソン熱唱、という報道が前々からあったので期待薄。というか、そんな登場の仕方はおそらくアキバの人たちも望むまい。「アキバ枠」を名乗るなら、平野綾連れてきて「晴レ晴レユカイ」を歌わせる&ステージ上でハルヒダンスぐらいやらな。
 そもそもリア・ディゾンってアキバと関係があるのか?オレ的にはグラビアの人、って認識だったのだけど。
 他にもいろいろとツッコミどころはあるのだが、毎年思うのは「何故コイツが?」的な人が必ずいることだな。毎年毎年「兄弟船」歌う鳥羽一郎とか。布施明も好きだけど、正直「?」だよね。
 そう考えると、紅白歌合戦は「その年にヒットした楽曲を歌ってヒットした人orグループ」ってのを明文化してしまったほうがいいんじゃないだろうか?そーすればかなり選考の透明性が増すと思うのだが。
 一方で日本人としての悲しい性なのか、サブちゃんが大トリで「まつり」を歌うとテンションが上がる自分もいるのだけど。アレなら毎年でもアリだな。
 でも、紅白の面子がショボいので、紅白を気にせずに時代劇専門チャンネルで大晦日に放送する北大路欣也版「忠臣蔵」を見られるな。紅白放送開始の時間あたりに討ち入りだろうから、家族が紅白を見ている中、別の部屋で討ち入りを見守る事にするか。

12月5日 暴走族とSD武者頑駄無は漢字表記が好きですよね

 なんでヤンキーは漢字が好きなん?
 とりあえず、このチーム名に誰も異論を唱えなかったのだろうか?ひょっとして異論があったとしても、「オレ、『怒羅衛門』(どらえもん)よりも『悪刃華乃Q他蝋』(おばけのきゅうたろう)のほうがいいよ」とかレベルの異論だったのだろうか?
 でも、暴走族の名前としては、去年摘発された「コイヘルペス」のほうが斜め上だけどな。県下最大級の暴走族組織の名前が「コイヘルペス」。何故?
 「恋HELLペス」的なノリ(「ペス」は何だろう?)だったのだろうが、鯉の伝染病をチーム名にする斜め上っぷりがすさまじい。

12月6日 「みくみくにしてあげる♪」は結構好き

 >分解して組み立てるとペガサスの形をした置物へと変化する。
 「置物」て!もう少しいい書き方は無いものかね?
 流石に直撃世代ではあるが、流石にこの値段では欲しいとは思わないなぁ。というか、直撃世代だけど正直なところ、ポセイドン編以降はほとんど読んでいない&覚えていない。ジャンプのマンガというのは「止め時を逸したよなぁ」と思う作品がいくつかあるけど、個人的には十二宮編で止めとけばよかったのに、と思ったり。
 乙女座の人間としては、このマンガのおかげで乙女座の地位(?)が飛躍的に向上したので感謝している。それまでは乙女座だ、というと「男のくせに」的な事を言われたものだが、このマンガのおかげで「乙女座、強いよなぁ」的なポジションになったし。
 蟹と魚の人には同情するけどな。特に蟹。
 聞くところによると週刊チャンピオンで連載中の「聖闘士星矢G」というマンガの中では蟹大活躍らしいので、蟹座の人はそこらへんで溜飲を下げてくださいな。

 へぇ。
 最近はカラオケというとUGAかUGA+しか使ったことが無いが、JOY SOUNDに入るのか。昔はもっぱらJOYだったんだけど、ここ数年はJOYは歌った事が無い。
 そーいえば、先日東京出張した際に行ったカラオケ屋はDAMだったがアニソンの充実っぷりが異常だったな。

 クリスマス中止のお知らせキタ━━(゚∀゚)━━!!!!!
 まぁ、バターの原料は牛乳なんだから、牛乳が無きゃバターは作れないわけで。
 今年のクリスマスは独りで丸いケーキを買ってしまおうか、などと考えたりもしている今日この頃。4号(直径12cm)ならば独りで十分に食える大きさだし。5号(直径15cm)でもイケるとおもうが。
 ちなみに去年の雑記を読み返してみたら、去年は4号のショコラケーキを買い(普通のクリスマスケーキは高くて断念した模様)、「ショコラケーキとシャンパンのハーフボトル」というよくわからん晩御飯だった模様。無論、独りで。しかも「ワイルドアームズ5」をやっていて3D酔いしてしまい、酒の酔いと相まって最悪のクリスマスイブだったようだ。ちなみにこの数日後に腰痛の為、身動きが取れなくなり、年末年始をずーっと寝たきりで過ごしている。
 一昨年はクリスマス直前に母方の祖母を亡くしクリスマスどころではなかったようだし、その前は父方の祖母をクリスマスの直後に亡くしている(ちなみにこの年はイチゴショート2個とシャンパンハーフボトル、という晩御飯を独りで食べている)。さらにその前の年はクリスマスイブに実験をして、機械がトラぶったらしい。読み返してみると非常にご機嫌ナナメだった模様(この日の晩御飯はショートケーキ2個。むろん独(ry)。
 その前の年は吉野家牛丼オフ会に行った後にケーキとシャンパンを食っている。むろんh(ry。ココまで来ると自分でも不幸っぷりに呆れると同時に、イベントをミッションのように遂行する自分に畏敬の念すら感じてしまう。
 っていうか、薄々感じてはいたけど、オレって馬鹿だろ?
 ・・・。本当にクリスマスなんか無くなってしまえばいいのに。 

12月7日 アニキ、来年の1月で還暦

 「SDガンダム Gジェネレーション スピリッツ」を昨日からやり始めた。と、言っても本当にちょこっとだけな。
 今回のシリーズは宇宙世紀限定(ウワサでは隠しで∀がいるらしいが)なのだが、MSって意外に脆いな。つか、マゼラアタックが痛すぎる。こっちも序盤なので敵から捕まえた旧ザクとか、開発で作ったジムぐらいしかいないのだが、そこらへんの貧相な武装ではなかなかヤツらは落ちてくれん。早くガンダムを作れるようになりたいものだ。
 まぁ、シナリオは別に年代順にやらなきゃいけない、というワケではないので、その気になれば「Vガンダムを1年戦争に投入」的なことも出来るんだけど、それはなんか違うよね、ガノタ的に。やはり進化の歴史(?)を体感したいではないか。
 それにしてもキャラがフルボイスなのはうれしいが、主要キャラ以外は声優が変わっているのはちょっと萎える。ジーンが若本紀夫じゃないってどういう事だ、ブルアァァァァ!!
 でもあの動きとあのカットインでPS2でもフルボイスが可能なら、スパロボフルボイス化も十分イケそうな気がしてきた。PS3ならばスペック的にも問題あるまい。問題は声優陣のコストと故人になった人が結構いることか。あとスパロボの場合はインターミッションで結構会話があるしな。
 
 昨日、アニキ(水木一郎)がNHK「スタジオパークからこんにちは」に出演する、と聞いたので録画したのを見た。
 アニキ、自由すぐる。
 特に「しあわせなら手をたたこう」の替え歌、「しあわせならマジンガー」はウーロン茶吹いた。
 ♪しあわせならマジンガー (ずぇぇぇっっと!)
 ♪しあわせならマジンガー (ずぇぇぇっっと!)
 ♪しあわせなら態度で示そうよ ほらみんなでマジンガー (ずぇぇぇっっと!)

 ちなみに2番は「しあわせならコンバトラー (ぶーい)」。