真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 6/8 6/9 6/10 6/11 6/12 6/13

6月8日 世界は謎に満ちている
 昨日はひさびさに休日っぽい休日を過ごした。
 体も心も若干リフレッシュ。やっぱ面白い映画を見たり、買い物したりすると何となく元気になるよね。
 で、買い物といえば。
 新潟駅構内にヨドバシカメラがあるのでデジカメ買いに行ったのだが、駅南の駐車場は満車。最近の新潟市を知らない人に説明すると、駅南にはデカいビルが建つらしく、その関係で駅南の駐車場は若干狭くなったのだよ。そのせいで、休日に行くと確実に停められない。
 しかたなく「○分○○円」みたいな駐車場に行ったのだが、停めかたがわからずすぐに出た。放置しとくと下からストッパー(?)が出て車が動かなくなり、どっかで金を払うとそのストッパーが引っ込む仕組みらしいのだが。
 街の中の駐車場は大抵そんなカンジなんだろうが、車を運転するようになってからのオレの座右の銘が「街中に出かける時には公共機関」なので、そこらへんの仕組みはよくわからん(ちなみにヨドバシカメラも昔は電車で行っていた。車で行って平気になったのはここ2,3年ぐらい)
 結局、車を持っていったのはエレベーター式駐車場。利用するのはこれが2回目。
 コレもよくわかりませんな。
 まず、車のセッティングが面倒臭い。今回はスムーズだったのだが、前に同じ駐車場に行った時にはババァが「もっと右に寄せろ」とか「寄せすぎだ」とかエラそうに指示を出すのでブチ切れそうになったものだ。今回の担当者は中年のオジサンで物腰が非常に柔らかく、丁寧だったので好感が持てたが。余談だが、帰りに車を取りに行ったらババァがエラそうに他のお客さんに指示を出しててオジサンに怒られていた。どうも誰にでも高飛車なババァらしい。客商売でそれはどーなん?
 謎なのは頭から突っ込んだはずの車が帰りには180度回転して出てくるところ。中で回っているんだろうが、どーいう仕組みなんだか。何となくロボットアニメや特撮で兵器が秘密基地から出てくるみたいでちょっと好き。
 まぁ、今回のお出かけで一番謎だったのは嘘つきナビ太郎2号だけどな。
 駅からの帰り道、ナビ太郎をつけていたのだが(←未だにナビをつけないと駅から帰れないのか、というツッコミは却下。保険みたいなモンだから。でも、未だに駅からどうバイパスに乗ればいいのかわからない(いつも帰りはR116))、ある交差点で左折しろと言う。何も考えずに左折ゾーンに入った後にアレ?と思ってもう1回ルート検索しなおしたら、
 「次の交差点で右折です」
 ・・・。お前、さっきまで左折って言ってたろ!!まぁ、機械に頼りすぎるとこーなる、という見本ですかね?

 ちなみにデジカメは当初の予定よりも高性能な機種を買った。当初の予定の機種がネットだと2万切ってたのに店頭だと24000円ぐらいになっていて(今日になってヨドバシのネット店舗見ても値段が上がっていた。何故だろう?)、同じメーカーの上位機種がいつもなら45000円らしいのに週末特別セールで29000円で売られていたので。そりゃ上位機種のほう買うだろ。
 何がどうセールになると売り出して3ヶ月もしないデジカメが1万円以上の値引きになるのだろう。謎だ。

6月9日 街を歩いてる時に車が突っ込んできたり、刃物を持ったヤツが襲ってくるなんて考えもしないもんな

 デジカメを購入した事で手元に使わないデジカメが1台出来てしまった。
 研究室の奴らに「いる?」と聞いたけど、断られた。流石に7年前のデジカメで大きさもかなり大きめ(最新型の2倍以上はあるんじゃね?)なので、デジカメを持っていない人でも欲しくはならないらしい。まぁ、最大画素も最近の携帯のカメラに負ける程度のスペックだしな。
 流石にまだ使えるので捨てるのも忍びないが、どうしたらいいものやら。たぶん、ハードオフに持っていっても古いし箱も無いので買い取ってもらえるかどうかすら微妙な気がする。買い取ってもらえても1000円はしないな、確実に。
 誰かデジカメ欲しい人いないですかね?キレイな写真は撮れないし、ズームもあんまりきかないし、シャッタースピードも遅いし、本体も重いが、とりあえずデジタルな画像を撮りたいそんな人向け。

 昨日、出かけてて家に帰ってきてTVをつけたらちょうどニュースの時間で、そのニュースでアキバの事件を知った。
 恐いよなぁ。こんなん、防ぎようが無いし。
 1番恐いのは模倣犯が出ないか、という事だ。自殺報道があると自殺が連鎖するように、こーいう事件が続くと連鎖しがちになるので。
 そしてこの手の事件が起きると大抵、「犯人の家にはゲームやアニメがあった」的な報道があり、因果関係を語られる傾向にあるよね。もうね、阿呆かと馬鹿かと。
 たぶん今の10〜30代、特に独り暮らしの場合、家にゲームが無い人のほうが少ないと思うんだ。アニメやマンガだって持っている人は結構いると思うし。
 うちら世代以降ぐらいは小説やCDを買うのと同じような感覚でアニメDVDやマンガやゲームを買い、そーいうモノに特に偏見を持たずに楽しめている世代ではないかと思う。それだけにうちら世代よりも上の世代の評論家とかがエラそうに「ヴァーチャルな世界と現実の区別がつかなくなって犯罪を」的に語ってるのを見るとすごく腹立たしい。
 家にアニメのDVDがあり、ゲームが何本もあり、2ちゃんねらーなオレは何かやったら確実に「犯人はアニメとゲームが大好きで、普段から匿名掲示板に入り浸り書き込みをしていた」と報道されるに違いない。
 別に犯人を擁護する気はさらさらない(というか、許されざる犯罪だ!!)が、そーいう偏向した報道にはウンザリ。 

6月10日 エヴァの制作費が1本当たり625万円で、種死1本が3300万円って時点で何か違うと思うんだ、アニメ製作の現場

 流石、アカヒクオリティ。
 この放送、たまたま見ていたがスゴかったよ。まず、この放送前にアキバでの事件の件について古舘キャスターが、「資本主義の弊害」とか「格差社会が原因」とか、今の政治が悪いからこんな事が起こった、的な事を散々言った後にこの釈明があったんだけど。
 元々は6/4放送分で後期高齢者医療制度のニュースの映像として何故か6/3の閣議前の閣僚の談笑シーンを流し、それに対して古館キャスターが「よく笑っていられますね」とコメントしたのがキッカケ。まぁ、意図的な編集ですな。
 バラエティーで編集するのはある程度仕方ないか、と思うのだが(大して面白くない芸人の芸に笑いを足したり、別の場面で笑っていた人の映像を流して大して面白くない芸人の芸で笑っているように見せたり)、真実を報道するニュース番組でそーいうのはどうかと思う。
 んで、この報道に対して自民党が「医療制度のことを笑ってたんじゃない」と抗議し、それに対しての釈明だったのだが、その釈明内容が釈明になってねぇ。
 まず、「よく笑っていられますね」発言について「そのように受け取った視聴者がいるとすれば私の本意ではない」と一言。古館キャスターが言うには、「後期高齢者医療制度は笑っていられるような状況じゃない、と言う事であって、閣僚の談笑シーンについて言った訳ではない」らしい。
 その弁解は流石に無理だろ?
 で、「今こそ政治とマスコミが協力して解決していかなきゃいけない時だ」とか、いつも政治に批判的なコメントしか言わないのにそんな事を言って有耶無耶なカンジでまとめ。別に政治とマスコミは協力する必要はないのだが。というか、政治に対して公平な目で批評するのがマスコミの役割でしょ?
 んで、このニュースのすぐ後は「沖縄県議選挙で自民党大敗。原因は後期高齢者医療制度」。もうね、阿呆かと馬鹿かと。結局、「悪いのはウチじゃなくて自民党だから」的な空気出しまくり。
 個人的には「報道ステーション」はあまりにも左傾化している報道姿勢や古館キャスターのトンチキな発言(何かあるとすぐに「地球温暖化の影響だ」とか言うし)が大嫌いなのであまり見ない。ただ、あの時間帯はコレといったTV番組が無いのと、大きな事件があった際にはニュースをいくつも見たい(「NHK ニュース9」→「報道ステーション」→「NEWS ZERO」→「NEWS JAPAN」が基本ルート。「NEWS 23」は嫌いなので見ない)ので、大きな事件があったらニュース番組の1つとして見るぐらい。普段は基本見ない。
 なので偉そうな事は言えないが、「報道ステーション」ってニュース番組としてはかなり終わっている気がする。偏向報道が多いし、何よりも古館キャスターのコメントの上滑りっぷりが酷い。
 つか、「報道ステーション」になってからいろいろと問題が多すぎる気がするんだ。しょっちゅう訂正してるし。
 古館キャスターはどうでもいいが、河野アナは好きなので、河野アナが謝罪コメントを読まされているのを見るのはちょっと気の毒。

 BBSでもちょっと触れたが、昨日BS-2で放送していた「COWBOY BEBOP」の再放送が終了した。
 やっぱ面白いなぁ。10年ぐらい前のアニメなのに何であんなに面白いんだろう。
 思うに最近はアニメが多すぎないかね?質の悪いアニメを量産するぐらいなら、質の高いアニメを本数が少なくてもコンスタントに見たいと思うのが多くの視聴者の気持ちだと思うんだ(中には作画崩壊や紙芝居状態の動画をネタ的に楽しむ人もいるのだろうが)。
 まぁ、アニメ製作の現場は大変だ、って聞くしなぁ。というか、広告代理店とTV局が金ブン取りすぎ。もっとスタッフさんに払ってあげてよ!!

6月11日 PSPは積極的に布教したいね。MHP2Gとセットで

 ( ゚д゚)ポカーン
 なんだ?この罰ゲーム装備。こんなの買う人いるのだろうか?
 まぁ、「愛」部分はなんかの素材に使えそうだよね。何の素材になるかは見当もつかんが。逆に言うとそれぐらいしか評価ポイントが無いお。
 この記事を読む限りでは「愛のカチューシャ」なるものも存在するらしい。トレンドに敏感なオシャレな女の子には必須アイテムだね(棒)。
 きっと大河に合わせて今後も微妙な商品は続々と発売されるに違いない。実際、すでに微妙なカンジの商品はいくつか出ているし。

 へぇ。
 何回かモデルチェンジをしているのは知っているが、こーいう流れだったのか。
 ちなみにオレが持っているのはおそらく30000番台。まだPS2が4万円近かった頃。ちなみに3代目でDVD再生機能が強化された、と書いてあるが、確かに2代目はDVD読み込み能力が低い。DVDによっては読み込まないし。ムーディーズのDVDは読まない、とかな。
 ソニー製品なのにウチのPS2は壊れる事も無く動いている。とはいえ、最近はまったく使っていないが。昔はDVD再生機として使用していたので使用頻度が高かったが、HDDレコーダーを購入してからDVDを見るのはHDDレコーダーを使うようになり使用頻度は激減した。
 ゲーム機としてもスパロボの新作が出ると使うが、それ以外では動かさない。最近のオレの中では「ゲーム機=PSP」だし(DSに至っては飼い殺し状態。PSPをやるとDSはいろいろと物足りない)。それだけにPS2の読み込みがおかしくなった今でもあんまり買い替え欲が湧かないワケだが。
 そーいえば、最近MHP2Gにハマりすぎててすっかり忘れていたが、来週はスパロボAポータブル発売だった。ゲームボーイアドバンスではプレイした事あるんだが、PSPは声が出るからな。やっぱりスパロボは声が無いと面白さ半減なワケで、そーいう意味では楽しみ。
 問題はMHP2Gとの両立か。

6月12日 ポロシャツは大嫌いので着る気がしない。つか、着てみるとわかるがアロハシャツは夏の装いとしては機能的だぞ

 流石、BS-2。
 緑ルパン一挙放送か。オレの中ではルパン=赤ルパンなので、緑ルパン放送は楽しみ(再放送って大抵、赤ルパンじゃね?)。
 昔は平日の夕方によくルパンの再放送をやってたんだけどな。子供の頃にも見ていたし、大学生になった頃にも新潟で放送していて、4限が終わると急いで帰って見てたなぁ。
 それにしてもBS-2はいい意味で自由すぐる。今週は何故か角川映画週間らしく、昨日はゴールデンタイム(21時〜)松田優作主演の「蘇える金狼」を放送していたんだが、濃厚なラブシーン(麻薬やりながらのセックスシーンとか)やナイフでの大量殺人など、このご時勢によく放送したなぁ、と思わずにいられない。おそらく民放の映画番組ならラブシーンはバッサリカットしている、というか映画自体別の作品に差し替えていたに違いない。
 今日は千葉真一主演の「戦国自衛隊」を放送。アレもおそらく地上波だといろいろとカットされるんだろうなぁ、と思うのだが上映時間的におそらくノーカット放送だと思われる(戦国時代に飛ばされて自棄になった渡瀬恒彦率いる自衛隊反乱軍が村を襲って女を乱捕りし、レイプしたりもするんだが。あと殺され方が全般的にエグい。特にスターにしきのと鈴木ヒロミツ)。
 オレは大好きだけどね、「戦国自衛隊」。千葉ちゃんと夏八木勲のやたらと暑苦しいカンジとか、戦車vs騎馬軍団という荒唐無稽さとか。見たこと無い人には激しくオススメな映画。見終わった後ちょっと鬱るけど。
 
 さて本題。
 先日、こないだの東京出張の際の写真を研究室の後輩たちと見ていたのだが、ある後輩に「こちんぴさん、893みたいですよね」と言われた。
 ちなみに坊主頭、グレーのシャツ、茶色とイエローのチェック柄のネクタイ、ストライプの入った黒っぽいスーツ、という服装だったのだが。
 あまり個人的には自覚がないが、オレの服装というのは激しくガラが悪いらしい。
 ちなみに今日は青いアロハシャツ、エヴァンゲリオンTシャツ(黒字にサキエルの顔が描かれているTシャツ。エヴァを見たことがある人にはわかるし、見た事がない人にはわからない、というデザイン)、ジーンズ、スニーカー。あとはサングラスをかけ、ヘッドフォンで音楽を聴き、ガムを噛みながら登校。
 一応、大学職員なのでそれにふさわしい格好をしなきゃなぁ、という自覚はあるのだが夏場の服装はよくわからん。春・秋・冬はジャケット(まぁ、ジャケットといってもLight-onで売ってるヤツなんだが)+Yシャツにジーンズとかなんでそれなりにちゃんとはしているんだが、夏だとTシャツにジーンスとか、アロハにジーンズとかになりがちでね。
 んで、割と黒っぽい色のモノを好んで着るので、そーいうのがガラが悪く見える原因なんだろうか?黒いアロハとかな。
 そーいえば高校時代の学ランの話になった時、オレが着ていた学ランを話したらドン引きされたことがある。ウチの高校は県内でも有数の進学校だったんだが、基本、ほとんどの学生が裏地は紫色な学ランややたらと太いツータックズボンを履いていた(夏は丈の短い開襟シャツ)。ウチら的にはごくごく普通だったのだが、そーいう服装は「ヤンキー」という括りになるらしい(ちなみに学ランの下にトレーナーとかTシャツ着てた、と言ったときも驚かれたな。白いYシャツが基本らしいですよ。信じがたい事に)。
 なんつーかね、ヤンキーな人たちはもっと格好がスゴイから。つか、オーラ的なモノがそれぞれに違うので絡まれたりする事も無く、住み分けが出来ていたなぁ(たまに空気を読めない馬鹿がいるとトラブるのだが。というか、空気の読めない馬鹿に限って馬鹿な事するんだ)。
 つかさ、月末にちょっとした懇親会があるんだよ。
 スーツで出るほどではないが、偉い人もやってくる、みたいな。
 こーいう時って何着ればいいんだろうね?流石にアロハとかで行くのはマズイよな。

6月13日 「アキバで街頭インタビュー」とかで、あからさまに妙なオーラをまとった人たちだけにインタビューするのとかも「オタク=キモい」的な見下し感が漂っていてすごくムカつく

 昨日、「戦国自衛隊」を見た。
 何度も見た事がある映画なんで、MHP2Gやりながら見るつもりだったのだが、結局はTVに釘づけになってしまった。
 激しく突っ込みどころ盛りだくさんだし、脚本もグダグダだし、無駄なシーンもいっぱいあるのだが、オレは好きだなぁ、この映画。無駄に熱いカンジが。
 昔の角川映画はいい意味で狂ってるよね、作品が。

 最近また「ゲームのせいで犯罪が・・・。」的な報道があるので、明るいニュースを。
 ぶっちゃけ、楽しんでゲームやれてる時点で鬱じゃねーだろ、ってツッコミたいがそこはスルーで。
 ('(゚∀゚∩ 本当に落ち込んでいる時は何もやる気しないけど、気力を振り絞ってゲームやったらなおるよ!
 それにしても、マスコミの報道はよくわからないなぁ。ダガーナイフがドラクエに出てくるから、犯人が凶器に使った、というよくわからない論調の新聞記事がいくつもあるし。「ナウなヤングのトレンドはダガーナイフ」的な記事もあった。
 いや、そんなダガーナイフブームとか無いから。「ところで、オレのダガーナイフを見てくれ。こいつをどう思う?」 「すごく・・・。両刃です」とか、そんな会話が至るところで繰り広げられていたらダガーナイフブームってのも納得するがね。
 アキバで起きた事件だからか、必要以上にオタク、オタクと連呼されていて、「犯人が凶行に及んだのはオタクだから」的なカンジで語られると、何だかなぁ、と思ってしまう。
 オレだってハタから見ればオタクだろうからな(個人的にはそんなつもりはまったくないが)。あまりそーいった観点でいろいろ報道されるといい気はしないよね。