真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 6/15 6/16 6/17 6/18 6/19 6/20

6月15日 吹き替え版を作るなら、もっとクオリティー上げて欲しいけどな。安易にタレントを吹き替えに使ったりせずに
 昨日、映画館に先行上映で「インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を見に行った時の事。
 近所のワーナーマイカルにはスクリーンが9つあり、1番スクリーンが一番大きい。で、その1番スクリーンで上映されていたのが「インディー」吹き替え版
 こんな記事を1ヶ月前に見ていたので、結構驚いたが、振り返ってみるとここ最近洋画の吹き替え版が増えたな。一番大きいスクリーンで吹き替え版、ってのはあんまり無いけど。
 オレは吹き替え版は大好きで、特にジャッキー・チェンの映画とシュワルツネッガーの映画はDVDならば必ず吹き替えで見るが、劇場では字幕派。
 劇場は映画に集中していられるので、字幕のほうが映画を見ているカンジがするんだよね。まぁ、前出のジャッキー(CV:石丸博也)やシュワちゃん(CV:玄田哲章)のように本人と吹き替えが一体化している感のある人の場合はもし吹き替え版があれば劇場でも吹き替えで見たいけど。もはや石丸声じゃないジャッキーは想像できん。
 (実は「インディー」もハリソン・フォードの吹き替えが村井国夫ならば吹き替え版にしようか、とも思っていたのだが、事前に調べたら別の人だったのでパスした。村井さんの声はハリソン以上にハリソンっぽい
 いい吹き替え版は字幕よりも面白いし、吹き替えの上手い声優さんも多々いる(例えば大塚芳忠が声を当てたアメリカ人はアメリカ人以上にアメリカ人っぽい)。オレも吹き替えは大好きだが、「字幕読むのがメンドクサイ」っていう理由で吹き替え版が増えるのはどうなん?ってカンジ。
 海外だと逆に字幕のほうがマイナーケースらしいけどな。識字率が低いので。あと中国のように国内でいくつかの言語がある場合、国内なのに吹き替え版(広東語→北京語。香港は広東語)になったりもするみたいだが。
 でもどうなんだろうね?
 大学にずーっといると、年々学生がゆとってきてるのは実感する。ことわざや故事成語がわからないとか、歴史や地理に疎いとか、敬語が話せないとか、一昔前なら一般教養というか誰だって知っているような事柄を知らないとか(そーいえば、鈴木君がいた時に鈴木君が冗談を言った時にオレ以外の学生がわかっていない、という事も何度もあったな。鈴木君、落語とかオペラとかが元ネタなわかりにくいジョークをたまに言うから)。
 最近の若者は知識が減っている、というよりは自分が興味ある事に特化しているんじゃないかなぁ?という気がするんだ。広く浅い知識よりも狭く深い知識。まぁ、いくらマニアックな知識があっても一般教養が無ければ何かと辛いだろうけどな。
 と、エラそうに書いているオレだって一昔前の人に比べれば全然だと思うんだ。
 例えば江戸川乱歩や横溝正史は原書(つまりは英語)で書かれた探偵小説を読み、そのトリックについて議論していたと正史の随筆で読んだ事がある。オレも推理小説は好きだがそれは無理ぽ。っていうか、今のミステリー作家でそこまでしている人っているんだろうか?
 そう考えると昔の人は偉かったのだな。

6月16日 そう考えると税金の全くかからない宝くじは非常に魅力的だ。当たれば、のハナシだが

 モンハンやってる人なら「あー、あるある」と言いたくなる動画その1その2
 やってる人はきっとツボだ。

 さて、今日大学にやってきたらオレのメールボックスに給与明細とともにある書類が入っていた。
 住民税のお知らせ
 前年の稼ぎにしたがって課税される税金なので去年のオレには縁が無かった(一昨年のオレは平たく言うとニートだったので)のだが、去年1年間勤務した事により発生。
 額だが大体想像してたぐらいだった。結構大きいけどな。月給の5%ぐらいが住民税だから。当然、今までの手取りよりもそれだけの金額が収入減。
 つーかさ、給与明細を見ると結構釈然としないよな。
 例えば健康保険と厚生年金で給与の1割ぐらいはザックリ持っていかれているが、普段はほとんど医者に行かないし(鍼灸院は保険きかない)、年金が破綻しているこのご時勢に律儀に年金払って歳取ってからいくらぐらいもらえるんだ?と考えると絶望感漂いまくり。
 他にも所得税とかあるので、全部ひっくるめると給与の2割ぐらいは持っていかれているワケだ。
 そう考えると税金はちゃんと使って欲しいものですな。  

6月17日 たぶん、30代前半の人間はパロ・スペシャルをかけた事もかけられた事もあるに違いない

 週刊少年ジャンプにキン肉マンの読みきりが載っている、というので昨日数年ぶりにジャンプを立ち読みした。ちなみにジャンプを読むのはドラゴンボール最終回を立ち読みして以来だと思う。ジャンプは高校1年ぐらいの時に読むの止めたから(その後はビックコミックスピリッツ→モーニング→ヤングマガジンアッパーズと流れ、今は特に読んでいる雑誌はない。ちなみに買う事はなく、一貫して立ち読みだけどな。気に入ったマンガは単行本買うけど)。
 読みきり自体は肉ファンとしては感慨深い内容だった。ラーメンマンの扱いよりもウォーズマンの扱いのほうがいいことにちょっと驚いたが、最近のウォーズマン人気が後押ししているのだろうと思われ。
 ところが、ウチの研究室の後輩のジャンプを購読している後輩に言わせると面白くなかったらしい、キン肉マン。曰く、
 ・絵が下手
 ・ストーリーがよくわからない

 と言う事らしい。「何でプロレスなんですか?」とも言われた。
 絵はジャンプ連載時は子供心に下手だなぁ、と思ったが最近のゆではかなり画力が上がっていると個人的には思っている。そしてストーリー展開は突っ込んではいけない。「だって、ゆでだから」。これで十分だ。
 いやね、オレが子供の頃だって疑問に思う部分は多々あったマンガだし。なんでリングが魔方陣なんだ?とか、なんでコントローラーにアシュラマンの冠をセットする場所があるんだ?とか(キン肉マンVSサタンクロスは個人的にワーストバウト)。そこらへんもひっくくるめて楽しんでこそのキン肉マンですよ。
 とはいえ、キン肉マン世代じゃなきゃ読んでも面白くないのかもな。

6月18日 山崎まさよしやスガシカオの曲はカラオケで歌っても盛り上がらない罠。というか、みんな知らない・・・。

 今日の新聞にB'zのベスト盤の広告が出ていた。思わず欲しい、とちょっと思ってしまったぜ。
 まぁ、買わずにレンタルで済ませるけどな。というか、最近はCD音源をwmaファイルにしてPCで聴いたり、USBメモリーに移してカーオーディオで聴いたり(オレの車のオーディオはUSB対応なので)、携帯ミュージックプレイヤーで聴いたりするのでCDを買うメリットがほとんど無い。ちょっと乱暴に言ってしまえば、CDはPCに取り込んでしまった後はただの光る円盤と化している。
 なので専らレンタルで済ますようになってしまった。そりゃ、CD売り上げも落ちるわな。
 ベスト盤といえば、氷室京介のベストも売れているらしい。何度目だ?ベスト盤、って気もするがね。
 氷室とB'z、両方に共通するのは最近の楽曲よりは昔の楽曲のほうにグッと来る、という事だろうか?氷室だと「ANGEL」とか「VIRGIN BEAT」とか。B'zのベストも最近の曲よりは「ALONE」とか「ねがい」とかのほうが好きだ。
 というか、氷室もB'zも最近の曲は知らないんだけど。B'zのほうはまだタイトルぐらいはわかるが、氷室のほうは本当にサッパリわからん。
 高校〜大学、特に大学生の頃のヒット曲はおそらく今でもカラオケで普通に歌いきる自信はあるが、最近の曲はちょっと歌える自信がないな。
 こーいうのも「老けた」って事になるんですかね?
 ちなみにこちんぴさん、職業柄(?)、自分よりも10歳近く若い後輩ばかりなので研究室の人と飲み会の2次会でカラオケに行ったりすると大抵ジャニーズな人たちの曲を歌う。KAT-TUNとかな。
 個人的な嗜好でいけばチャゲアスとかサザンとかミスチルを歌いたいトコなんだが、ど定番を歌うのは何だか恥ずかしいし(例えば「Tomorrow never knows」とか)、かといって10歳近く離れているとどんな曲がセーフでどんな曲がアウトなのかがよくわからん(基本、盛り上がる曲なら古くてもOKっぽい。「YAH YAH YAH」とか)
 イエモンとかも全盛期の頃は後輩たちは小学生〜中学生だしな。そーなると歌うの躊躇するよね。
 そーいう意味では何かと気を使う。まぁ、今年の研究室の面子はあんまりカラオケが好きそうではないので、飲み会の後に行くことも無いような気がするけど(どうも学年によってカラオケが好きな年とカラオケ嫌いな年があるようだ)。

6月19日 PSPに移植されたのでキャラがしゃべる、というのは大きい。というか、しゃべらないスパロボはやっぱり魅力に欠ける

 流石、TBS。節操無いな。
 あれだけ亀田を持ち上げていた局とは思えないぜ。まぁ、TBSの番組で見ているのはコードギアスぐらいしかないのだが。オレの中ではほとんど見ないTV局だ。

 さて、今日はスパロボAポータブルの発売日。
 だが、いまいちテンションが上がらない。何よりも今日の0時にお店に買いに行ってないしな。
 ゲームボーイアドバンスで1度プレイしている、というのもあるが、大きいのはMHP2Gをやっている最中だ、という事だろうか。
 まぁ、MHP2Gの場合、「これでクリアだ!」というのは特に無いので中断しようと思えばいつでも中断可能なんだけど。 

6月20日 MHP2Gに挫折したらスパロボA、ってカンジでプレイ予定

 昨日買ってきたスパロボAポータブルをちょっとだけ進めてみた。
 スーパー系ロボットの装甲が紙だよ!!
 もうね、ゲッターロボとか油断すると雑魚の攻撃2,3発で沈みそうな勢い。つか、実際沈んだ。

 流石、アカヒクオリティー。
 死刑制度の是非はともかくとして、法務大臣として職務を果たしているのにこの表現はどうだろう?しかも、
 「永世名人 羽生新名人。勝利目前、極限までの緊張と集中力からか、駒を持つ手が震え出す凄み。またの名、将棋の神様。」
 「永世死刑執行人 鳩山法相。 「自信と責任」に胸を張り、2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神。」

 ってカンジで新聞には書いていたらしい。朝日新聞は将棋名人戦の主催紙なのに、鳩山法相叩きのネタとして永世名人を使うのは如何なものか。
 個人的には朝日新聞のこーいう「お前が言うな」的な視点が大嫌いだ。
 まぁ、オレが購読している新聞は朝日新聞なのだが。購読理由は「土曜日に三谷幸喜のエッセイがあるから」ぐらい。あとは文化面とスポーツ面が割とマトモ(政治面や社会面に比べて)。社説や読者投稿欄のデムパゆんゆんなカンジもネタとしては面白い。

 どうみても窃盗です。本当にありがとうございました。
 宅急便の荷物を勝手に持ち出し、中身を食べ(鯨かどうか確認するために一部を食べちゃったらしい)、それで窃盗に当たらなかったら何が窃盗なんだ?
 警察が捜査権を行使して捜査令状をとってきて荷物を押収するならともかく、ただの民間組織だもんなぁ。
 それにしても緑豆はある意味、「クジラ教」だな。ハタから見ると狂信的に見える。
 オレ自身はクジラは小さい頃に食った記憶が辛うじてある(すさまじく硬い肉だった印象)程度なのでクジラには特に思い入れは無いが、新潟の人たちは割と食うみたいだ、クジラ。「塩クジラ」というクジラの脂の塩漬け。汁物にして飲むらしい。特に夏場。富山から新潟に引っ越してきた当初はスーパーの広告の「夏はクジラ汁!!」みたいな文章の意味がよくわからなかったものだ(感覚としては「夏バテには鰻」的なモノに近い気がする)。富山じゃ食わないからな。
 新潟に住んで10年以上経つがクジラ汁は飲んだ事がない。好きな人は大好きだし、嫌いな人は大嫌いらしいので、割とクセのあるモノなのだろうか?

 今日、ある実験をやっていて思ったが、研究って金がかかるよな。
 今日使ったタンパク質、25mgで約5万円。5mg使ったので今日だけで1万円分消費。
 そのタンパク質を200万円以上する特殊なセルにセットし、300万円近くする高圧ポンプでその特殊セルに圧力をかけ、300万円以上する測定器で測定し、そのデータを10万円ぐらいする特殊な統計ソフトで解析。
 ちなみにその測定をしている部屋には他にも機械があり、その部屋にある機械の総額はちょっとした土地と家が買えるぐらいの金額だったりする(全部で3000万超えるぐらいかな?)。
 ハードオフに持っていっても買い取りは拒否られるだろうけどな。つか、25mgで5万って、893な人たちが扱う白い粉より高いんじゃないのか?