真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 1/5 1/6 1/7 1/8 1/9

1月5日 何となく今年の大河は腐女子人気が高そうな気がする
 あけおめことよろ。皆さんは年末年始いかがお過ごしでした?
 こっちは実家に帰ってずーっとTV見てたよ。仕事があったので実家にPCを持って行ってたんだが、12/29、30の2日間で仕上げ、あとは引きこもり状態。帰省中出かけたのは30日に家族と回転寿司屋に行っただけ。いつも正月に実家に帰るときはJRで帰るので移動の足がないから仕方ないんだけどさ。
 1/3に新潟に帰ってきたが、その日はmochiya&GURUとカラオケ&MHP2G三昧。いつもの年はhirataさんも交えて麻雀打つんだが、今回hirataさんはお仕事で実家に帰ってこれなかったので。
 1/4は溜まりに溜まった年末年始の録画番組を見たり、ジムに行って汗を流したり。
 そんなワケで今日から通常営業。しかし、長々と休んだ後に月曜から業務再開ってのはツライねぇ。ウチの研究室、学生もフルメンバー来てて完全に正月感ゼロだし。最近の学生さんは真面目ですねぇ。

 で、年末年始はやたらと時代劇が多かった。
 新潟在住者としては大河ドラマ「天地人」に触れなきゃいかんだろう。去年の「篤姫」は開始30分で脱落したが、今年はちゃんと見た。
 阿部寛演じる上杉謙信が良かったな。マントを着ていたので信長っぽかったが、史実の謙信が着用したマントも残っている(ドラマでは黒かったが、残っているのは真っ赤)のでマント謙信は別に違和感は無い。流石に日本刀で丸太を斬るのはどうかと思うが。
 問題は阿部ちゃん出演パートとそれ以外のパートの落差がかなりある事。以前の「北条時宗」の渡辺謙出演パートとそれ以外に近いカンジ。阿部ちゃん死亡時が視聴を続けるか否かのターニングポイントになるに違いない。
 個人的に気になったのは幼少時の直江兼続(与六)がやたらと両親に対してタメ口な事。5歳の子供って事を差し引いても武家の子にしちゃヒドス。
 あと「北斗の七星」を連発しすぎ。軽くウザい。今後も「義」をやたらと連発しそうで何だかなぁ、って気もする。
 余談だが、今後の登場人物紹介で真田幸村の妹(架空キャラ。長澤まさみが演じる)が出演した。番組公式によると織田信長に仕える忍びらしいのだが、幸村の生まれたのは1567年。信長が亡くなったのは1582年だから、信長死亡時で幸村は15歳。
 何歳から忍びなんだ?妹。そして、架空の妹や弟が登場するのに華麗にスルーされそうな真田信之(幸村の兄。有名な祖父、父、弟のせいで目立たないが非常に有能な戦国武将)カワイソス。
 

1月6日 今回の「悪魔の手毬唄」は序盤のミュージカルっぽいシーンで客を逃したような気がするんだ

 昨日、「悪魔の手毬唄」が放送されたんだが視聴率が悪かったらしい。
 視聴率が悪いと次回作が作られない可能性が高いので、ある程度はとってもらいたかったのだが。やっぱ、最近は金田一モノって需要がないのだろうか?今回の「悪魔の手毬唄」は犯行動機が原作とは異なっていたものの、稲垣吾郎版金田一シリーズとしてはNo.1の出来だったのに。
 しかし、金田一モノは作るのが難しいご時勢になったのは否めないよなぁ。戦後の日本の風景があまり残っていないのに加え、TV局の自主規制的なモノでかなり制限を食らうので。2chテレビドラマ板にある金田一耕助スレでは次回作として期待される作品がいくつか上がるのだが、下記の理由で今じゃ製作困難であろう事が予想されている。
 ・獄門島 キーワード(「きちがい」)が放送禁止用語でNG
 ・仮面舞踏会 犯人の身体的特徴(色盲)が差別を助長するのでNG
 ・悪霊島 全体の事件の原因となる太郎丸と次郎丸が奇形児(シャム双生児)なのでNG
 ・夜歩く 全体の事件に関わる被害者の特徴(せむし)が差別を助長するのでNG

 昔はそこらへんがルーズというか、特別に差別的意図がなかったと思われるのだが、最近はいろんな団体が五月蝿いからなぁ。TV局もそこまで冒険して製作はしないだろうし。
 そーなると残っているメジャータイトルは「本陣殺人事件」、「三つ首塔」、「病院坂の首縊りの家」ぐらい。「本陣」は犯行動機が今の世の中で受け入れられるか微妙だし、「三つ首塔」はかなりの変化球だし、「病院坂」は2時間半じゃ絶対に終わらない。
 個人的には「獄門島」、「仮面舞踏会」、「本陣殺人事件」あたりは見たいのだが。特に「仮面舞踏会」は1回しか映像化されていないし、物語的にも面白いんだけどねぇ。

 さて本題。
 うちの炊飯器だが、最近微妙。
 おこげが出来るようになってきた、というか炊き上がりの米が若干褐色。何か米がコゲてるっぽい。
 購入してから、ほぼ丸7年。毎日毎日使っているのでガタが来てもおかしくは無いかも。お釜も表面の塗装がところどころハゲてるし。
 今の炊飯器自体、特にコレといった決め手も無く安いから購入したモノで、お米のポテンシャルを十分引き出しているとは言えなかった。
 そんなワケで炊飯器を買おうかどうしようか思案中。どうせ独り暮らしな上に、毎日炊いても1〜1.5合なので3合炊きの炊飯器でよいのだが、ヨドバシカメラHPを見たところ結構価格差あるのね。
 安いものは5000円以下で高いものは3万円以上。高くなるとIH炊飯だったり、厚釜だったり(メーカーによっては銅釜だったり土鍋だったり釜の内部に人工ダイヤモンド粒子コーティングしてたり)、高圧炊飯だったり。
 毎日の事だし、美味い米を食いたいので買うなら良いものを買いたいが、家電芸人みたいにいろんな家電に精通しているわけではないのでイマイチどれを選べばいいのかわからないぜ。
 しっかし、会社員を辞めて独り暮らしを再開してから3月で丸7年。今ウチにある電化製品はその時に買ったものがほとんどなので、そろそろどの電化製品もガタがきてもおかしくないのかもしれんなぁ。家電は出費が大変なので長持ちして欲しいものだ。

1月7日 スパロボZでもやたらと優遇されてたな。初参戦だった、ってのもあるけど

 

 早起きして1/7に七草粥を律儀に作る32歳独身男性ってどうですか?
 ちなみに実家にいた時には七草粥など食べた事すらなかった。実家の人たちはイベントには無頓着なので。そして、七草セットって結構高いよね。セリ、スズナ、スズシロ以外は雑草みたいなモンだと思うんだけど。
 ぶっちゃけたハナシ、七草粥自体美味いか?と聞かれると微妙だ。普通に白粥に梅干とかのほうが美味いと思うよ。
 ちなみに1/11は鏡開きなのでアパートにおいてある鏡餅を鏡開くお。こちんぴさん、実は餅はどちらかといえば嫌いなんだけどな。
 求む、餅の美味い食べ方!!(出来ればちょっと変わったヤツがよいな)

 昨日、近所のレンタル屋に行った時に「交響詩篇エウレカセブン」のOP&EDアルバムを借りてきた。「交響詩篇エウレカセブン」は2005年に放送されてたアニメ。コアなファンもいたとは思うし、登場するロボットも一部では人気があったものの、そんなにブームになったという感は無いな。放送時間が早すぎた(日曜朝7:00〜)ので視聴率はすさまじく悪かったし(録画率は高かったらしいが、視聴率は1%を切る事もあったように記憶している)、思想的にはかなり偏りがあったし、日曜の朝から見るには内容が鬱&グロかったし。放送時には早起きして見ていたが、精神的に凹まされる回がやたらと多く、せっかくの日曜が台無しになった事も多々。
 1stOPの「DAYS」を歌っていたFLOWの曲を聴くようになった事ぐらいだろうか?このアニメがオレに与えた影響は。このアニメが無ければオレの中のFLOWのイメージは「『贈る言葉』をフューチャーした変な曲を歌ってる人々」ぐらいの認識だったはずだ。
 で、何故にいまさらアルバムを借りたかというとCMのせい。
 年末年始にずーっとTVを見ていたわけだが、「交響詩篇エウレカセブン」のパチンコ台が出るらしく、そのCMがかなり多く放送された。「DAYS」と共にアニメの映像を見せられるとアルバムでも借りようか、という気にさせられたワケで。アニメ「創聖のアクエリオン」がパチンコになった時に「あなたと合体したい」ってCMがやたらと流され、「創聖のアクエリオン」のCDがアニメが終わっているにもかかわらずやたらと売れたのみたいなモンかね。
 それにしても謎なのが「『交響詩篇エウレカセブン』のパチンコに需要はあるのか?」という事。
 最近のパチンコ台はやたらといろんなモノをフューチャーした台を出しているが、そのセレクトがパチンコをまったくやらない人間的には謎なんだよねぇ。「遠山の金さん」のパチンコを何故時代劇ファンに不評の橋幸夫の金さんで作るのか?とか。
 「交響詩篇エウレカセブン」だって「北斗の拳」とか「新世紀エヴァンゲリオン」に比べて知名度もファンも多いとは思えん。パチンコ台メーカーとかパチンコ屋さん的にはOKなのか?ってのも謎だし、アニメのファン的に好きなアニメがパチンコになるのは嬉しいものなのか?ってのも謎だ。
 例えばオレ自身は「機動戦士ガンダム」や「キン肉マン」は大好きだが、わざわざそのパチンコをやるためにパチ屋に行くか?と聞かれればそんな気はまったくしない。
 ちなみに「交響詩篇エウレカセブン」は今年何故か映画化までされる。何故この時期に?
 オレの知らないところでブームの波が来ているのだろうか?

1月8日 「井上喜久子17歳」ぐらいまで突き抜けられてもそれはそれで・・・。

 合掌。
 70年代ロボットアニメで「美形悪役」というジャンルを作られた方だけに残念なニュース。
 個人的には「ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日」のマスク・ザ・レッドの印象が強い。OVAで出番は必ずしも多いワケではないんだけど、見た目のインパクト(赤影だし)と独特の甲高い笑い声が印象的。あとは「機動戦士ガンダム第08小隊」のノリスとかな。ランバ・ラルと共に「漢ならグフ」を体現したようなキャラだった。
 それにしてもノリスもそうだが、「超電磁コン・バトラーV」のガルーダ、「超電磁マシーンボルテスV」のハイネル、「闘将ダイモス」のリヒテル、「勇者ライディーン」のシャーキンなど「スーパーロボット大戦」シリーズにおける市川さん担当キャラの多い事多い事。ここらへん、どーすんだろうね?鈴置洋孝が演じた「機動戦士ガンダム」シリーズのブライトさんのように過去の音声を使って何とかするのか、塩沢兼人のように代役を立てるのか(もっとも、兼人の場合は代役の山崎たくみが兼人そっくりで違和感が無い、ってのも大きい)。
 そして、現在の声優界、何気に高齢化の波が来ているわけだが。
 例えば「ヤッターマン」の3悪&ドクロベー様は4人とも70代だし、「ルパン3世」もルパン以外は皆70代。「サザエさん」一家もかなり平均年齢が高い。
 今後5〜10年の間に有名な大御所声優の訃報が続きそうで暗い気分になってしまう。
 声優さんは顔が出ない上に声がいつまでも若々しい人が多く、年齢聞くと意外に歳なんだな、的な人が多いから実年齢を知ると驚く。熱血キャライメージな神谷明だってすでに還暦過ぎてるし、「クレヨンしんちゃん」一家はシロも含めて中の人は40代(中の人年齢でいうと、ひろしよりひまわりのほうが年上だったりする。最年少がしんのすけ)。

 そうそう、「ジャイアントロボ」は「NHK BSアニメ夜話」で取り上げられるそうですよ。何か他の回に比べてゲストが地味な気がするけど(アメザリの2人はガチだけど、他の回みたいにキャストなりスタッフなり呼んで欲しい)。
 それにしても相変わらずガチラインナップですな。

1月9日 今日は「ザ☆ネットスター!」放送日ですよ

 解散するんだか解散しないんだか
 チャゲアスの解散報道は頻繁にあるんだけどさ、今回のはガチって事なんですかねぇ。
 過去にもいろんなグループで「解散報道→事務所が否定→やっぱり解散でした」的な流れはあったしなぁ。
 それにしても組んで2,3年のグループでもあるまいし、ここまで来たら「解散はしてないけど活動もしないよ」程度のゆるーいカンジでよかったんじゃないの?という気がするんですがね。
 腹が立つのは来月ベストアルバムが出るのだが、それの曲目が全くベストじゃない件。そもそも30年活動してのベストアルバムが15曲のCD1枚だけ、ってのもどうなん?一応は「最近のシングル曲を集めました」的なベストっぽいが、それなら「SAY YES」とか「YAH YAH YAH」とかいらねーし。20周年の時に出た「CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH 」のほうがまだ満足度が高いぞ(逆に言うとこの2つを組み合わせるとチャゲアスの大体の曲は押さえておける)。
 しかし、CHAGEとASKAだとASKAのほうが作る楽曲も声も一般受けするような。CHAGE製作楽曲もCHAGEメインボーカルなチャゲアスの曲も結構あるけど、ASKAメインボーカルな曲に比べるとマイナーだよね。
 ちなみにオレが好きなチャゲアスの楽曲は「ひとり咲き」、「モーニングムーン」、「YAH YAH YAH」、「僕はこの瞳で嘘をつく」あたり。アルバムだと「RED HILL」がダントツ。意外にオーソドックスというか鉄板な好みでしょ?