真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 3/10 3/11 3/12

3月10日 トップ2最終回、見てて泣いた
 無事に神奈川出張から戻ってきますた。まぁ、無事かどうかは微妙だけどな。帰りに高速道路の分岐を間違えたりしたし(後輩と話しててウッカリ)。
 片道350kmの運転は流石に疲れたので、昨日は1日有休取って家で休んでました。
 ちょうど神奈川のホテルでBS-11が視聴可能で、「トップをねらえ!」一挙放送やってたのでそれを見た関係から、「トップをねらえ!2」をレンタルしてきて全話見たり、お昼寝したり。あと、近所のマッサージ屋さんにマッサージに行ったり。やっぱ、ずーっと運転してると肩とか足とか張るんでね。
 つくづく思ったが、オレは車の運転は嫌いなのだな。かといって、乗り物酔い体質なので人の車も嫌なんだが。やっぱ移動手段として列車に勝るものは無いね。
 あと、この時期なのに雪深い新潟県中越地方に驚いた。つーか、日曜とか普通に雪降ってたし。

3月11日 明日は「三匹が斬る!」DVD-BOXがアパートに届く予定

 買ってまうやろー(Wエンジン風に読んでね)。
 つか、この情報を知った時点でAmazonでポチってたオレを誰が責められようか?(反語)明後日にはアパートに届く予定なので週末に見るよ。
 ちなみに発売元は講談社。てっきりディアゴスティーニかと思ったのはナイショだ。
 今後も発売されるらしく、この後のラインナップは、
 1. 中村主水(必殺仕置人)
 2. 三味線屋勇次(新・必殺仕事人)
 3. 知らぬ顔の半兵衛(必殺必中仕事屋稼業)
 4. 飾り職の秀(必殺仕事人)
 5. 念仏の鉄(新・必殺仕置人)
 6. 市松(必殺仕置屋稼業)
 7. 糸井貢(暗闇仕留人)
 8. 組紐屋の竜(必殺仕事人V)
 9. 花屋の政(必殺仕事人V)
 10. 赤井剣之介(必殺仕業人

 と続くらしい。また、この10冊が第1弾なので売れ行きによっては第2弾、第3弾と続く可能性もあるし、その場合にはすでに取り上げた仕事人の別シリーズが取り上げられる事もあると思われる(例えば「鍛冶屋の政」とか、「中村主水(必殺商売人)」とか)。今後の展開に期待したい。
 
 どうせ「(メ゚皿゚)フンガー」しかセリフが無いから、チェ・ホフマンでもいいのか?
 それにしてもコレをドラマ化しようと思った制作陣は何を考えているんだろう?すっげぇやっつけ仕事感しか感じないんだけど。
 最近はやたらとジャニーズの人たちが幅を利かせたドラマが多く、見ている方としてはかなりゲンナリ。オレ自身、今期見ていたドラマは「龍馬伝」、「相棒」、「不毛地帯」、「咲くやこの花」とどれもジャニ出てないもんなぁ(ちなみに知らない人が多いだろうから説明しておくと「咲くやこの花」はNHK土曜時代劇)。
 昨日の「相棒」最終回SPは視聴率20%超えだったそうな。視聴率がすべてでないとは言え、最近のドラマ、特にジャニ主演ドラマの低視聴率が目立つ中で立派な数字じゃなかろうか?(ちなみに平均視聴率も「龍馬伝」に次いで2位。月9よりも高視聴率)
 やっぱ、しっかりとした台本と演技の出来る俳優がいれば、それだけでドラマって面白くなるよね。 

3月12日 儀礼的な勤務最終日なので特に感慨はない。まぁ、来週も大学来るし

 勤務最終日。
 まぁ、名目上だけどな。流石に引っ越しに伴う雑事等もあるので、来週から2週間半有休入れたので。そりゃ、有休が30日以上残ってりゃ最後に大盤振る舞いするさ。
 大学自体は来週の木曜か金曜までは来るんだが、「有休だから」と思えば気が楽だよね。朝に遅く来ても、とっとと帰っても別に問題にならんのだし。
 とりあえず退職に関する手続きはすでに済み、今日は所属していたセンターのセンター長から退職辞令を受け取った。
 これで学会さえ無ければなぁ。独り旅に出かけていたのに。
 ちなみに学会原稿は完成したが、実際に読んでみたら持ち時間(9分)よりも1分余ってしまった。本番は画面をレーザーポインターで指しながら講演するから、実際にはもう少し手間取ってちょうどいい感じになるとは思うが、本番はテンパって早口になってしまう可能性も高いし。別に早く終わってもいいんだが、そーなると質疑応答(3分)が延びてしまい、フルボッコタイムが増えてしまうという罠。素人にはお薦めできない。
 ちなみに学会で口頭発表するのは5年ぶりぐらい。学会には数多く出ているが、殆どが国際学会(英語が出来ないクセに何故か国内学会よりも国際学会によく出ている。とはいえ、日本国内で開催された国際学会がほとんどだけど)で、ポスター発表ばかりだったので。そーいう意味ではすっげぇ緊張している。  

 それにしても、大学ほど有休の取りやすい職場はないんじゃないのか?と個人的には思う。基本的に申請した日を却下されることはなく、申請理由も特にいらない。無断欠勤したとしても後日申請書類を提出すればお咎めも無い。
 以前の職場は有休が少ない上に(入社半年後に初めて有休が出たが、5日間だったと記憶している)、割に有休が取りづらい環境だったので(有休の申請理由を書く必要があり、「一身上の都合」と申請すると上司が根掘り葉掘り聞いてきてウザかった。具体的に書きたくないからの「一身上の都合」なワケで)、そーいう意味では大学はありがたかった。
 今度の職場は人手不足感が漂っているだけに、有休取りにくそうなんだよなぁ。つか、そもそも入って半年は有休出ないんだろうしなぁ。そのせいでJAM Projectのライブ遠征もままならないぜ。
 ちなみに大学は入った時点で有休が出るので4月からでも有休で休むことは可能。まぁ、4月だと2日間しか有休無いんだけど(初年度は4月〜1月で2日×9ヶ月で有休支給。その後は1月になると20日支給(使わなかった分は繰り越しで、Max40日)だったハズ)。
 そーいう意味では大学はかなり手厚いと思う。