真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 4/4 4/5 4/6 4/7 4/8 4/9 4/10

4月4日 流石に親の前で特撮やアニメを見るわけにいかず、録画して見ているので時間のやりくりが大変
 アニソンSP第3弾キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!
 「and more」に後は誰が来るのかはわからんが。
 それにしても、今までは放送時間が日曜深夜だったが、今日から日曜18時なんだけど。そんな時間にアニソンSPやるなら、ある意味快挙だな。

 今日は1日、家でゴロゴロしていた。思えば、先月半ばぐらいからはずーっと引っ越し作業があり、富山に戻ってからも引っ越し荷物の整理や学会があり、4月からはサラリーマン生活が始まったり、とバタバタしっぱなしでゆっくりするのは久々だった気ガス。
 ずーっとゴロゴロしつつ「時代劇専門チャンネル」見たり、録画しておいたTV番組見たり、買ったけど見ていなかった「必殺マガジン」同封のDVD(「三味線屋勇次」編)を見たり。
 何だかやたらと疲れきっててねぇ。やっぱりカラダがまだまだ慣れていないんだろうな。実際、全然疲れが抜けねぇ。
 2ch見てても今まで以上にこのAAが切実だぜ。

4月5日 いっその事、及川奈央でよくね?と思ったり。アクションも出来るし、セクシーだし

 昨日(というか今日の深夜)から富山県で「Angel Beats!」の放送が始まった。アニメ・特撮不毛の地(戦隊モノは半年以上遅れ&仮面ライダーの放送がない。ちなみに仮面ライダーが放送されていない都道府県は富山と高知のみ。まぁ、CATVで見られるけどさ)において、何で深夜アニメを?と思ったが、制作会社が富山なのな。
 この制作会社(ピーエーワークス)の「true tears」は人気が高く、富山県を聖地巡礼で訪れる人も多いと聞いたことがある(とはいえ、県西部が聖地なので東部に住む人間としてはピンとこない。富山では放送されたようだが、新潟に住んでたから見てないしな)。
 とりあえず、第1話を見た感想としては微妙だなぁ。何となくいろんな設定に既視感を感じるのだが、気のせいか?個人的にはNHK-BS2で昨日から放送が始まった「ジャイアント・キリング」のほうがアニメとしては期待感が高い。
 
 59でお色気担当はキツイわな。
 オレは無類の時代劇好きだが、ここ15年ぐらいの黄門(具体的にはフィルム撮影からVTR撮影に切り替わったあたり)ので殆ど見ておらず、特に里見黄門になってからはたまに見た時のクオリティの低さが頭に来るので全然見ていないのだが、数年前に「街の大金持ちの娘と間違われて誘拐される由美かおる」という設定に思わず「どこをどうすると間違えるんだよ!!」とTVを見ていて思わずツッコんだ記憶がある。
 別に由美かおるが嫌いなわけではないが、役者には適・不適があると思うんだ。還暦近いのにお色気担当の由美かおるとか、助・格・弥七の手助けが全く要らなさそうな里見黄門とか(個人的には「恰幅のいい黄門」ってだけでどうも受け付けない)。
 おそらく「お色気担当」枠は無くならないとは思うので、誰か別の女優さんが由美かおるの後釜になるのだろうが、微妙なポジションだよなぁ。アクションが出来て、セクシーな女優さん(入浴シーンがあるからね)で、一番肝心なのは「水戸黄門のオファーを受ける人」
 例えばアクションが出来てセクシーだからと言って藤原紀香や米倉涼子が水戸黄門の女忍者枠をやるとは思えん。何つーか、「嗚呼、この人なら毎週お風呂に入るわ」的な場末感というか。実際、撮影中は京都に長期拘束されるからそれがOKな役者さんじゃないとな。
 個人的予想では「逃亡者おりん」の手鎖御免( ・∀・)っ─∞∞∞∞∞∞∞∞∞)Д`'.:・B級時代劇のニューヒロインとして脚光を浴びた青山倫子あたりが大本命。対抗は事務所を辞めてから干されっぱなしで微妙な役どころがグッと増えた気のする水野美紀。
4月6日 腰痛持ちとしては毎日なかなかハードな日々ですわ(最近、腰の調子はいいんだけどさ)

 会社に入って数日、仕事を覚えて任されたりしつつ、日々新たなスキルを教えてもらっている最中なのだが(というか、覚えることが多すぎるぞ、品質管理課)、未だにどうも腑に落ちないことがある。
 検査が終わった商品(パックライス)は廃棄処分にするのだが、その多い事多い事。
 パッケージをガバっと開けて製品を取り出したりした場合はまだわかるんだが、パッケージに針を刺して中身の空気量を測ったりしたものも廃棄。穴が開いていないかどうか確認するために水に浸けるテストがあるんだが、水に浸けた時点で穴が開いていなくても廃棄(パッケージの中には水は入ってないから外の水気を拭き取れば普通に保存可)。
 原料の検査に炊飯器でご飯を炊いて食うのだが、5,6人で一口づつ食うと捨ててしまう(昼飯前にこの検査をすると、残ったご飯はおいしくいただくのだが)。
 針を刺したヤツもその日のうちに食えばOKじゃね?とも思うのだが、社員食堂は「製品のパックライス食べ放題」なので、別に検査に使ったのは食べたりしないんだよねぇ。
 先輩社員は「勿体無いけど、そのうち感覚が麻痺って何とも思わなくなるよ」と言っていた。そーいえば、昔、食品会社に就職した友人が試作品を大量に作っては数口食べて捨てている、と言っていたっけ。食品業界ではよくある話なのだろう。
 そんなカンジでウチの部署では阿呆みたいな量のゴミが毎日出る。それこそ百数十キロ単位(というか、昨日とか300kg以上あった気がするぞ)で。毎日毎日部署の社員総出(総出と言っても5人。しかも2人は女性)で捨てに行くのだが、ウチの部署は3階にあり、ゴミを持って毎日1回まで階段を昇り降りする日々。つーか、エレベーター無いんだよね、ウチの会社。設計ミスなのか、経費削減なのかはともかく。
 毎日毎日、20kg以上あるゴミを持って3階→1階を何往復もするとちょっとした筋トレ気分。実際、会社に入って1週間しないが2kg痩せたぜ(元が元なんで、2kg痩せても割合的には大したこと無いけどな)。

4月7日 最近、まったく趣味の時間が持てない

 今日、5時間残業したお(8:30〜22:00まで仕事)。入社して1週間、5日間の出勤で残業時間はすでに12,3時間ぐらいついているのだが。
 先輩社員なんて6:00〜22:00勤務だったしなぁ、今日。オレも来週からは6:00出勤シフトに組み込まれるんだが(本来なら6:00出勤の早番の人は早くに帰れるんだが、ウチの部署の場合は早番の人も遅番の人と同じ時間まで残業しないと仕事が終わらない)。今週末もひょっとすると休日出勤だしな。
 そもそも、「品質管理課」という名前ではあるが、実際には品管+商品開発課+工場清掃業者、みたいなノリだからな。それだけ仕事が多岐に渡る分、やたらと忙しい。
 例えば、今日は初めて工場内清掃についていったが、クリーンルーム(無菌に近い状態の部屋)に入るために、地下鉄サリン事件の時の自衛隊員みたいな防護服を作業用つなぎの上から着込み、まさにあの時の自衛隊員のように洗浄液を噴霧してたよ、2時間ほど。作業着脱いだ時には汗だく。ビールを無性に飲みたくなったが、そこから延々残業。
 例えばこーいう清掃業務を外注すればかなり時間短縮になるとは思うのだが(実際、そーいう案もあるようだ)、そのあたりは創業してやっと1年ぐらいの会社なのでまだまだ過渡期、と言うことらしい。
 落ち着いてくれば品管とは別に商品開発課も立ち上がるんじゃね?とは思うが、今のところは製品の製造以外の仕事はすべて品管に回されているようだ(まぁ、現場も12時間勤務がデフォになっているので忙しいんだけど)。
 幸い、会社から家まで車で7分ほどで、親と同居のため食事を自分で作らなくていいし、大学時代と違って残業すれば残業代が出るからいいといえばいいんだけどさ(このままでいくと残業代だけでエラい事になりそうな気ガス)。
 こーいう業務の中、上司にレポートの提出を求められ(それは検査業務をしながら無理やり書いた)、さらに今週末までに製品規格書の作成を命じられた。そーいうのをやった事はないのに雛形が何も無いんだが。
 一応上司には「この規格書に書いてある事を書いて」とA社の規格書を渡されたが、書かなきゃいけないB社の規格書は書式はもちろん、必要事項もかなり異なるのでまったく参考にならないのだけど。
 そんなワケで、日々、超実践的な研修をしながら仕事を覚えている。つか、覚えることが多すぎてすでに飽和気味。

4月8日 実家に帰ってからも殆ど見ないなぁ、TBS

 やっぱヲタなら買っちゃうんだろうか?
 つかさ、これだけ一般生活で着るのがハードル高そうなパーカー、もらって嬉しいものなのか?まぁ、コレクターズアイテムみたいなモンだから着ないだろうけど。
 ブルーレイなのに1枚に2話のみ収録、しかも1枚8400円。こーいう商売でも成立するとメーカーサイドにアニヲタはある意味、見くびられてるんだろうなぁ。好意的に考えれば画質や音質にすっげぇこだわっているのかもしれないが。
 それにしても最近のTBSの終わってる感はパネェな。 

4月9日 早く生活のリズムを作りたいのだが、来週は早番なので6時からお仕事

 リーマンになって1週間以上過ぎた。んで、思ったことを。
 「こんなに忙しいとは思わなかった」というのが正直な感想。おそらく労働の密度的なもので言えば大学時代を遥かに凌駕するような毎日。毎日、昼飯食うのが14時過ぎだしなぁ(朝からずーっと仕事をして、手が空くのがそれくらいの時間)。大体、残業を2〜3時間してから家に帰るが、帰ると割にヘトヘトだ。「どう考えてもこの人数でこんだけの仕事量って無理じゃね?」って量の仕事をやってるからなぁ、ウチの部署。
 食品会社なので毎日ヒゲを剃るようになり、肌が荒れた、ってのも新しい変化(?)のひとつか?大学時代は肌が弱いので1週間に1回しかヒゲを剃ってはいなかったのだが(純粋にメンドくさかった、ってのもあるが)、流石にそーいうワケにもいかんしな。
 あと、つくづく痛感するのはカネ使わなくなったねぇ
 家⇔会社の往復な生活な上に、家から会社までの間に店的なモノが何1つ無い。コンビニでもあれば立ち寄るんだが。
 昼飯も家から持っていく弁当だし、晩飯も実家。大学時代は昼は確実に外食だし、夜も外食の頻度が高かった。学生とメシを食いに行くと基本的にこっちが奢ってたし。去年はその傾向が顕著だったから、まったく貯金が増えなかったもんなぁ。
 会社に入って1週間で使った金は会社で飲み物を買った数百円ぐらいだろうか。

4月10日 ちなみにウチの町のGEOはDVDレンタルはやっているが、CDレンタルはやっていない

 今日は家でゴロゴロしつつ、部屋の掃除をしていた。まぁ、部屋の掃除と言うか2階の掃除だな。基本的に今は2階を使っているのはオレだけなので。
 昔は掃除は大嫌いで、今も掃除は好きではないのだが、流石に独り暮らしが長いと掃除の重要性が身につきますな。ホコリとか毛玉とか落ちてるとイラっとするし、本棚の上にうっすらホコリが積もっていると何かムカつく。
 そんなワケで今日も基本、ひきこもり。一応、午前中に耐震用の本棚つっかえ棒(本棚と天井の間に咬ませるヤツ)とかハガキ(知り合いに引っ越しのお知らせを出さなきゃいけないので)なんかは買いに行ったが。
 やっぱね、実家に帰ってきて切実に思うのは「買い物に行くのは一大イベント」って事だな。普通の生活必需品を買うのは別に問題ないのだが、ちょっとしたモノを買いに行こうと思うと2つ隣の市に車で30分ほどかけてお出かけしなければいけない。そして致命的なのはそこに行っても品揃えは壊滅的に悪い、と言うことか。
 おそらく富山市まで出かけるとそれなりにモノはあるんだろうが、車で1時間以上かかるので気軽に出かける気はしない。何て言うか「出かけるからには高くても気に入らなくても手ぶらでは帰らんぞ!!」的な強い決意が求められる気がする。そこまでキメ打ちで買い物に行くのはなかなかモチベーションが上がらないとねぇ。今までは「フラっと出かけたついでに気に入ったから買う」的な事もあったが、フラっと行けるところにお店なんて無い!!
 そんなワケで最近は買い物はAmazonだし、DVDレンタルはDMMなカンジで。すっかりお出かけに対する意識が希薄になってしまった。つーか、レンタルすると返しに行くのがメンドくさい。地味に遠いんだよ、ウチの町のTSUTAYAまで。 
 何故かアニメ不毛の地の富山で今日から「涼宮ハルヒの消失」を上映しはじめたので見に行きたいとは思うんだが、映画館まで車で90分ぐらいかかる・・・。