真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 10/24 10/25 10/26 10/27 10/28 10/29 10/30

10月24日 外人は何でも訴訟ですか
 「ゾエのエアバッグ、すげぇ柔らかいよ」
 「アレ?ゾエのオイル、漏れてるんじゃないのか?」
 「そろそろゾエの中に給油しちゃおっかな」


 
「ら、らめぇ〜」


 こうですか?わかりません。
 まぁ、どう考えても考えすぎだろ、常識的に考えて。
 今回のニュースは人名のほうが車の名前より先だが、日本でも一昔前のDQNネームでは車由来で「セリカ」とか「ソアラ」なんてのがあったな(漢字は当て字)。そのうち、「布理碓」(プリウス)とか「出巳夫」(デミオ)なんて名付けられる気の毒のお子さんも登場するのだろうか?
 個人的には子供の名前は「画数が少なく、読み間違いがなくて、その名前で歳をとっても恥ずかしくない名前」をつけてあげるのが親としての最初の義務だと思うのだが、どうだろう? 

10月25日 PS3と組み合わせることでPSPのポテンシャルはさらに上がるな

 PS3の通信環境が整ったので、GURUと通信でプレイしてみた。
 当初、ワイヤレスマイクの設定に手間取ったが、問題なくプレイ出来た。何かお互いに話しながらゲームをする、ってのは面白い試みだな。
 純正マイク、イマイチ音質が良くないけど。
 ただ、保険のためにチャット機能も使えるとよいな。万が一を考えて文字入力用にAmazonで1000円以下の安いキーボードを購入しておいてよかった。コントローラー入力はちとイラっとするので。
 今回、GURUとのプレイで1番驚いたのは、テスト配信されている「モンスターハンターポータブル3」もアドホックモードでの通信プレイに対応していたことだな。まさか、体験版までアドホック対応とは。
 と、言う訳でmochiyaとhirataさんは今すぐ電気屋にGoだ。
 ちなみに、アドホック・パーティーwikiによると、「みんなのゴルフ」や「いただきストリート」、「鉄拳」も対応している模様(鉄拳に至ってはシェアリング可能らしいので、誰かが持っていればプレイ出来るはずだ)。
 さらにゲーム販売会社は非公式確認のようだが、「麻雀格闘倶楽部」(全国対戦版も含む)もアドホック対応らしい。オレは全国対戦版を持っていて、確かGURUも持っていたような気ガス(あと、コーエーが1500円で販売している「麻雀大会」ってソフトは4人でのアドホックプレイ対応のようだ)。
 麻雀もアドホックでプレイできたら、ステキやん。

10月26日 Girls Dead Monsterって誰?と思ったら、「Angel Beat!」の劇中バンドか。あのアニメ、2,3話ぐらいで切ったので全然知らなかった

 キタ――(゚∀゚)――!!
 今週の金曜深夜にBS-2でアニソンSP3完全版を放送するらしいが、アニソンSP4も決定だよ。
 しっかし、水樹奈々は完全にNHKとの間に極太パイプを築きあげたな。1月からNHKでスタートする海外ドラマの吹き替え(主役)もゲットしたそうだし。
 吹き替えのイメージは全く無いが、これを成功させれば声優的にはかなりプラスだろう。やはり、一流の声優はアニメだけでなく、吹き替えも上手いからなぁ。そのあたり、「アニメのキャラは上手いが、吹き替えで微妙」って人も多々いるので。
 「この俳優の吹き替えはこの人」(例としては「ジャッキー・チェンの吹き替えは石丸博也」)的なモノを今後持てると安泰だ。
 おそらく今年の紅白も確定だろう。一時期の西田ひかるとか森口博子みたいな「NHKにやたらと貢献しているけど、視聴者的には(゚Д゚)ハァ?」枠な気もしないでもないが、曲そのものは売れてるんだし。ヒット曲が特に無い演歌の大御所連中が出るよりは問題あるまい。
 ま、今年も家族が紅白見ていて「この人誰だ?全然知らないんだけど」的な事を言い出すだろうな、とは思うけど。
 
 で、JAMは前回、「アニソンSP」なのに1曲もアニソンを歌わなかったが、今回はスパロボOGの曲を歌うんだろうな、タイミング的に。 

10月27日 1週間でTBS見るのはドラマ「SPEC」とアニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」見る時だけだ

 TBSは馬鹿だなぁ
 視聴率が全然取れず、再放送の「水戸黄門」が1日の全番組中で1番の視聴率(でも一桁)だったり、TV部門の赤字を不動産業で補填したのにまだ赤字だったり。
 そんな中、3年連続で90敗以上している上に毎年20億円以上の赤字を生み出している超不良債権のベイスターズを買ってくれるという奇特な企業がいたというのに交渉決裂ですよ。
 報道されているハナシでは売る側のTBSがふっかけすぎて交渉決裂した模様。買ってもらえるだけでありがたいのに。
 あとは空気の読めない松沢神奈川県知事と893並な横浜スタジアムだな。
 どうも住生活G自体は移転先に新潟を想定していたようだが(ハードオフスタジアムの使用料が安い。というか、横浜スタジアムがボッタクリすぎる)、この破談で新潟への移転も無しだな。
 住生活G、鹿島アントラーズのスポンサーだが、アントラーズを見ている限りではよいスポンサーだよな。実際、もし球団を買ったら強い球団ににするために投資する、って言ってたぐらいなのに。
 個人的にはTBSは大嫌いな局なので、TBSプギャプギャ━━━m9(^Д^≡^Д^)9m━━━━!!!!!!ってカンジだけど。

 ・2chにあった騒動のまとめ
 TBS「お願いです、誰かベイ買ってください。もうお荷物なんです。拾ってください」
 住生活「いいよ。新潟に持って行ってもいいよね?」
 TBS「ダメだよ、ふざけんな」
 住生活「え」
 松沢「横浜からは出て行かせない」
 住生活「え、だ、だれ?」
 松沢「企業名も付けさせない」
 住生活「え」
 松沢「支援もしないし、金も出さない」
 住生活「え」
 松沢「横浜ドームとか欲しいな、改装してよ」
 住生活「え」
 ハマスタ「うちと20年契約結んでよ、てか決定な」
 住生活「え」
 TBS「うちの決めた経営陣で来年継続してくれ」
 住生活「知りませんよそんなの」
 球団「もう監督コーチ人事終わったからそのまんまで」
 住生活「は?」
 TBS「あ、そうそうウチに金払ってよね、中継してやっからさw」
 住生活「常識的に考えて放送させてもらうほうが払うべきでしょ」
 ハマスタ「グッズ収入と看板広告は渡さないよ、わかってんだろーな?」
 住生活「え もういいです」
 球団「売名に利用しやがって」
 ノジマ「出番だな・・・」
 

10月28日 明後日だというのに詳細は未だに何も知らされていない

 明後日、付き合いのある会社の工場に見学に行くのだが、面子が部長×2、課長×1、ヒラ社員×2(オレと先輩社員)らしい。で、この面子で社用車で移動。
 何かすっげぇ気まずいのだが。場所は新潟県魚沼市(旧 湯之谷村)。会社から先方の工場までは200kmぐらいだと思われるので、2時間ちょいの移動時間。
 別に部長や課長と仲が悪いわけではないが、面倒だなぁ、ってのは否めない。
 そして、この面子だと1番の下っ端がオレなのだが、やっぱり社用車の運転はオレなのか?ウチの社用車、エスティマなんだが、1回運転した時にはすっげぇ運転しにくくてさぁ。ただでさえ運転しづらいのに、スーツ&革靴だからなぁ。
 そもそも、スーツ着用なのか?ってのも謎だ。普通に考えれば他社に見学に行くのだからスーツだろうが、ウチの会社の面子、普段着でフラっと行きそうな雰囲気が漂っているからなぁ。
 おそらく工場見学自体は大した時間ではあるまい、と踏んでいるので、工場見て昼飯食って帰ってくる、ぐらいなカンジだろうと思うが、昼飯どこで食うんだ?ってのも謎。どうも空気的に「こちんぴ君、新潟長かったし美味いとこ知ってるよね?」的なオーラをじんわり感じるのだが、全く土地勘ないっちゅーねん。あの辺り、湯沢にスキーに行った時に通ったな、ぐらい。
 へぎそばでも食わせりゃいいのか?とも思ったが、あの辺りはもはやへぎそばでは無いのだな。へぎそばで無いというか、布海苔そばでは無いというか。別に普通のそばならわざわざ魚沼で食う必要無くね?
 かと言って、あの辺りから布海苔そばを食うために小千谷に行く、ってのも遠くないかね?
 個人的にはあの辺りはラーメン激戦区なのでラーメン屋に行きたいんだが。第一希望的には「土佐屋」。ただ、混んでいるだろうなぁ。それに「ラーメン屋に行きたい」と言ってもサクっと却下されそうだ。

10月29日 部長2人に課長もいるんだから、昼飯ぐらいは奢ってくれんかね?

 明日の工場見学、特に上が何も言ってこないので、「明日の見学、出勤扱いですか?それとも『ちょっとお出かけ』扱いですか?」と確認をとったのだが、即答で「ちょっとお出かけ」と即答された。
 要は出張の日当なし、代休無し、休日出勤手当無しな「プライベートな時間に工場見学に出かけた」的な扱い。朝7時に会社集合で帰ってくるの夕方なのになぁ。
 つか、誰が休日にスーツ着て工場見学なんか行くかー!!
 ちなみに日曜はお休みだが、月曜日は朝6時出勤なカンジで。むぎゅ。
 
 こーいう企画モノPCにしては良心的な価格設定かね?メモリが8GB、PowerPointも入っているし。
 まぁ、買おうとは思わないが。
 そもそも、今のオレは会社では会社のPCを使っているので、家でのPCはネット接続とHP更新ぐらいしかしないし。そんなワケでノートPCじゃなくても問題無いし。実際、次に買うとしたらデスクトップだろうな。
 それにしてもこーいう企画を見ると思い出すのはシャア専用PC。発売当時としても2世代前ぐらい前のスペックなのに、価格は当時の最新型ノートPC並。しかも発売元は総鉄屑との異名を誇ったソーテック。
 未だにそうだが、バンダイのヲタから搾り取ろうとする姿勢の潔さはある意味、感心するわ。 

10月30日 野沢直子は姪。何気にこれが1番ビックリなんだが

 合掌。
 ブルース・ウィリスの吹き替えの印象が強いなぁ。あとは「コブラ」。
 それにしても恐ろしいのはこれから数年の間、こんなカンジで「大物声優の訃報」ってのに立て続けに襲われるであろう、ということだ。例えば大塚パパ(大塚周夫)や納谷悟朗は80歳、永井一郎は79歳、納谷六朗や小林清志は77歳。
 他にも数多くの大物声優が60代〜80代に集中している。要はテレビ黎明期に吹き替えをやっていた人々、ということになるのだが。
 最近の声優にも上手い人はいるけれど、これぐらいの年代の声優さんの安定感というか大物感はちょっと無いなぁ。特にそれが顕著なのが洋画の吹き替えとかナレーションとか。やっぱ、このあたりの年代の人達は元々が俳優志望で、その仕事の一環として声優をやっていた人たちなので演技の土台がしっかりしてるよなぁ。
 あとは最近は声優の入れ替わりが激しい、ってのも大きい。特に若手女性声優。それだけ声優人口が増えているんだろうが、個人的にはもう少し敷居が高いほうが業界的に良いような気がする。