真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 2/20 2/22 2/24 2/25

2月20日 そーいえば、「スイートプリキュア」の主人公のお父さんのCVが「仮面ライダーW」の井坂先生(Vガンダムのクロノクルでもある)だった
 先週から始まった「海賊戦隊ゴーカイジャー」。
 歴代戦隊に換装しながら戦う、という「仮面ライダーディケイド」の戦隊版のようなカンジだが、第2話にしてマジレッドの中の人登場ですよ。しかも、あの外見は最終回で「人間界とインフェルシアの架け橋になる」とか言って、インフェルシアに行った後の姿だった気ガス(髪の一部が赤かったし)。
 ディケイドの時は中の人たちはほとんど登場せず、それだけにてつを登場時には祭りになった。まぁ、ライダーのほうは中の人々が大ブレイクしてるしなぁ。流石にオダギリジョーとか水嶋ヒロや佐藤健の再登場は無理だろうな、って思って見てたけれども。
 それに比べると、戦隊モノってのは中の人たちのブレイク率がすこぶる低い。おそらく、玉山鉄二と永井大がブレイクツートップで、後は照英、さとう珠緒、金子昇あたりになるのだろうか?(嶋大輔とか西村和彦は戦隊出演前から売れてたし)
 それだけに中の人にオファーさえだせば、割と出演してもらいやすいのかもしれん(西村和彦はかなり乗り気みたいだ)。
 戦隊モノに出てた事を黒歴史にしている人も結構いるけど(本人が黒歴史にしているパターンと、事務所NGなパターンがあるが。玉山鉄二は永井大は事務所NG)。
 むしろ、戦隊モノの中の人たちはすでに芸能界を辞めているパターンが多いから、「あの人に再登場して欲しいなぁ」と思っても難しいパターンのほうが多いのかも(最近の戦隊だと、ギンガレッドとかガオホワイトとかマジシャインとかアバレイエローとか)。やっぱ、ピンで活躍するライダーに比べると、団体としての印象の強い戦隊モノは番組後のブレイクが難しいのかもしれん。
 まぁ、別に戦隊全員が登場するわけではないだろうけど(逆に、追加メンバーも含めて全員揃うとインパクトあるだろうなぁ。例えばスワンさんも込みでデカレンジャー全員集合とか)
 にしても、OB・OGでもキャラ立ってるのと地味なのがいるよな。多分、ハリケンイエローがピンで再登場しても気がつかない気ガス。あと、ガオブルーとか。

2月22日 「胸が無いようだが?」 「胸なんて飾りです。エロい人にはそれがわからんのです」

 富山県、大騒ぎ。
 まぁ、富山県民にとって地震ってのはまったく縁の無い災害だからなぁ。過去に揺れたことはあるが(主に石川県能登沖が震源地)、それにしたって震度4とか5程度。
 富山県、地形的なモノなんだろうが、台風の直撃を食らうことも基本無いし、地震はめったに無い。豪雪地帯とはいえ、降って1m程度なのでそれ程でもない。
 要は自然災害に対する免疫力が殆ど無いに等しい。そんな中、まさかの日本国外での大地震。そりゃ、県民総出で大パニックになるわ。
 ウチの家族の夕食の話題はひたすらコレ。っていうか、県民の安否が知りたくてニュースをはしご見。別に知り合いがいるわけでもないのだが(そのあたり、富山県民は県民意識が過剰なほどに強い)
 全員が無事な事を祈るばかりだ。

 今日、町の体育館にトレーニングに行った時のこと。
 ブラジル人と思われる、ラテン系の女性がいた。まぁ、ウチの町、ブラジル人が出稼ぎで働きに来ているらしいので外人がトレーニングしている事自体はさほど驚かない。
 何に驚いたって、そのプロポーション。
 ボン、キュッ、ボン。
 外人に限らず、日本人でも「それだけ太ってりゃ巨乳だろうよ!!」って人はいるが、あんだけウエストくびれてて、ダイナマイトバディな人を初めて見た。
 何せ「貧乳はステータスだ!稀少価値だ!!」派なこちんぴさんがガン見するぐらいですから。
 まぁ、1番驚いたのが、そのナイスバディな美人さん(顔もかなり綺麗だった)が、金チェーンつけた中年の太った日本人のオヤジとやたらとラブラブだった事。
 いや、別にそこらへんは部外者は何とも言えんのだが、見た目がどう見ても893な中年のオッサンとダイナマイトバディが結びつかなくてな。

2月24日 おそらく万代方面に行って、お店とかをプラプラ見て時間を潰す事になるとは思う

 3/14に新潟市に出張することになった。前の職場主催の講演会聴講のため。
 流石に10年以上も新潟大学にいたので(学生だったり、教員だったりで)、離れた後も何だかんだとお世話になるもんですなぁ。
 問題は新潟市内でやたらと時間を潰す必要がある、って事か。
 会場が新潟駅南口と一体化しているホテルなので、移動にはJRを使う予定なのだが(「往復の高速代+ガソリン代+駐車場代」になるとJR往復よりも値段が高いので、会社の経理課的にもJR推奨)、電車の時間が微妙すぐる。
 新潟駅に到着するのが10:20。で、講演開始が13:30。3時間、何して時間を潰せと?
 土地勘はあるが、ぶっちゃけ、新潟駅前って何も無いよね。 (´・ω・`)
 流石に大学のほうまで行くと、時間的には余裕無いし(そもそも、大学の先生達とはどうせ講演会で会うだろうし。あえて言うと、かねこのカツ丼が食いたいけども)。
 車があれば話は別だが、上記の理由で車は無いし。
 ちなみに帰りも講演会終了後、1時間ちょい時間を潰す必要がある。まぁ、こっちは会社へのお土産購入(3/14がホワイトデーなので女子社員用のお菓子も買わないといけない)とか、帰りの電車で食う夕食選びなんかで時間は潰れるだろうけど。

2月25日 見たこと無いような服装をオレがしていたら、それは今日の買い物のせい

 今日は休日出勤した振休。ってことで、お出かけした。まぁ、独りなんだけども。
 クリント・イーストウッド監督最新作の「ヒア・アフター」を見に行ったのだが(映画自体はちょっと期待はずれ)、映画の途中で携帯が。
 会社のエラい人からですよ。休日にまで仕事のハナシか!!(まぁ、オレ以外はみんな勤務中だけども)
 で、映画の後に行ってみたかったイタリアンのお店に行ったが、平日なのに40分待ち。
 このヒマ人どもめ!!(←自分のことは棚に上げる)
 流石に待つ気にはならなかったので、近くにあったゴーゴーカレーに初めて行ってみた。たぶん、次は無いや。

 で、春物の洋服を買おうと思って洋服屋さん(Right-on)に行ったのだが・・・。
 適当にお店を見て、ジップアップパーカーとロンT、白地に赤のギンガムチェックのYシャツを買おうと思い、店内を歩いていたら女性店員が話しかけてきた。
 「あれ?ウチにそんなYシャツってありましたっけ?」と店員さんが言うので(確かに分かりにくい場所に積まれていたのだが)、店員さんと一緒に売り場に行ったのだが、そこにあった他の色のYシャツを見つけた店員さんが、
 「赤いチェックって何かカワイすぎて子供っぽいですぅ。私、お客さんにはぁ、茶色いチェックのほうがよく似合うと思うの〜」と言い出した。
 買ってまうやろー!!
 女性店員さん、特別綺麗とか可愛いワケでは無かったが(とはいえ、アリかナシか言うと余裕でアリ)、声のカンジが可愛らしい人でな。
 そりゃ、「じゃ、茶色にします(キリッ)」って言って赤いのを棚に戻して茶色いのと交換するわ。
 さらに女性店員さん、ハシャギながらオレの手を引っ張ってアウターの売り場へ。普段のオレならまず買わなさそうな、グリーンといろんな色のボーダー柄のリバーシブルなナイロンベストをハンガーから外し、オレに着せながら、
 「お客さんの着ている洋服なら、緑色が似合うと思うの。コレ、人気のアイテムだし、お客さんに似合うと思うから買って欲しいな(はぁと)。あ〜、やっぱり似合うぅ〜!!」とかニコニコして言うんですよ。
 買ってまうやろー!!(2回目)
 値札見たら意外にお高いアイテムだったのだが、もう引くに引けないカンジ、ってヤツ?
 そしてレジに行ったら「あと400円ぐらいでポイントカードにもう1個、スタンプ押せますぅ。靴下とかどうです?」とハンバーガーと一緒にポテトを勧めるようなお気軽さで勧められ、店員さんの「これ、可愛くないですかぁ〜。お客さんに似合うと思うなぁ(はぁと)」の一言で普段のオレなら絶対に買わないような柄の靴下も購入。
 買ってまうやろー!!(3回目)
 結局、想定以上に散財して帰宅した。帰りの車、結構自己嫌悪ですよ。オレ、あんなに店員さんに流されやすい人間じゃなかったはずなのになぁ。あの店員さんに勧められていたら、ツボとか羽毛布団とかも買っていたに違いない。それぐらいに上手く誘導された。
 逆に言えば、それだけ波長が合ったということに違いない。まぁ、波長が合ったとしてもその先が一切無いという点で、まったくの無駄なトキメキなのだが。