真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 6/5 6/6 6/7 6/9 6/11

6月5日 ウチの家、1Fは割と涼しいのだが2Fは死にそうなほど暑い
 部屋がクソ暑かったので、今シーズン初エアコンを入れた。
 何か6月アタマにエアコンを使うのは負けっぽい気がしたのだが、部屋の電子温度計見たら室温が30℃、湿度が60%超えててな
 オレの部屋、南に窓がある上に田舎なので周囲に遮るものが何一つ無く、直射日光差しこみまくりんぐ。周囲に何もない(というか、田んぼと畑しか無い)のに風が強いから、窓を開けると砂が入ってくるので窓も下手に開けられんのでエアコンに頼るしか無いんだよなぁ。
 ちなみに夏場は気を抜くと室温が35℃超えたりするぞ、オレの部屋。

6月6日 歴代ガンダムを考えると、Gガンとそれを作った今川泰宏はいい意味でおかしい

 新作かぁ。
 正直なところ、期待半分不安半分と言ったトコロか。種とか種死みたいな新作ならば新作(゚听)イラネ。
 00もなぁ。1stシーズンは割と好きだったが、2ndシーズンになって失速した感があったし。トータルで見ると微妙だったなぁ、というのが個人的評価。
 希望としては、
 ・ガンダムが絶対的な存在ではない(一騎当千すぎると萎える。「ライバルに追い詰められたら墜ちるかも」程度なカンジで)
 ・やたらと萌えや腐女子向けにしない
 ・オッサン成分多め
 ・敵陣営MSを魅力的に
 ・っていうか、敵・味方問わず量産機に見せ場を!!

 ってトコか。特にMS好きとしては昨今の「主人公側機体が特化しすぎてて、敵側MSに全く魅力がない」という状態が我慢ならん。やっぱ、敵MSのキャラが立ってないと。
 個人的には批判の多い、「ガンダムがいっぱい出てくる」はそんなに気にならない。何せ好きなガンダムがGガンな人間ですから。オモチャをいっぱい売る、という観点からもあのバンダイ様が今更1機や2機のガンダムで満足するとは思えん。
 「ガンダム」というブランドが大きくなりすぎて、いろんなファン層に気を使うとどうしても最大公約数的な当たり障りの無いガンダムになってしまうのだろうけど、ここらで一気に突き抜けるポテンシャルを持ったガンダムを見たいものだ。
 とはいえ、「中学生くらいの女の子たちが魔法を駆使して戦うガンダム」とか作られると、( ゚д゚)ポカーンってなるだろうけどな。

 (´・ω・`) 新潟でライブ無いお。
 こうなると、どこで参戦できるかなぁ。1/28,29の日本武道館は鉄板として、10/22,23の東京国際フォーラムも出来れば行きたいトコだ(ただ、記憶が確かなら国際フォーラムはキャパはそんなにデカくない。たしか5000人ぐらいのハズ。過去のJAM武道館が8000人とかだったと思うので、チケ争奪戦がかなり厳しいと思われ)。
 確実にチケが取れ、比較的どの場所からもステージが近い新潟県民会館はよい会場だったんだけどなぁ。
 そしてチケを取るより難しそうなのが休みを取ること。
 ウチの会社、今は土日関係なしで24時間操業。ウチの課もシフトを組んで土日には誰かが出勤している。基本的に土・日どちらかは出勤(土日で連休取れることもあるけど)。
 土日の2日間ライブに行くには、土・日・月と3日間休みが必要で、そーなると課内で前もって根回しして3連休を取らせてもらうしかない。そのあたりが微妙(おそらくかーなーり前から言っておけば、シフト変更等で休ませてもらえるとは思うけどさ)。

6月7日 実家に帰ってきて1年以上経つが、基本が「休日ひきこもり」なので近所の人はオレがUターンした事を未だに知らない、との説も

 昨日、BSジャパンで「戦国自衛隊」を放送していた。
 2chで実況しながら見てたが、やっぱ面白いなぁ。冷静に見ればトンデモ映画で変な部分が多すぎるのに制作陣と出演者の熱さで最後まで押し切る力技がスゴイ。
 地上波ゴールデンで放送して欲しいところだが、今のご時世じゃ無理なんだろうなぁ。

 正直、29980円ってお値段は頑張ったなぁ、と褒めてあげたい。
 問題は「発売しても、在庫不足で購入できない、って事はないのか?」「初期不良の有無」だな。苦労して入手して、□ボタンが凹みっぱなしだと泣くぜ。
 おそらくは本体発売と同時か、発売後しばらくしてMHP3Gが発売されるんじゃないのかなぁ?と思う(年末ならばMHP3が発売されて1年くらい経つし)。そーなると一気に普及するだろうな。
 あとはWi-Fi版を買うか、3G+Wi-Fi版を買うか、か。正直、家で使用する分にはWi-Fi版でいいような気もするが、世間的な流れを考えると3G+Wi-Fiが主流になるんですかねぇ?
 問題は3G回線がどこの通信会社で、月額いくらか?ってハナシだと思うが。ソニーと付き合いのある携帯電話メーカーで考えればドコモとauってコトになるのだろうが、ドコモだと何となくボッタクリ料金になりそうで嫌だ(とドコモユーザーとしては切実に思う)。
 しっかし、こーなるとますますPS3の存在意義が微妙になっていくよな・・・。

 今日、町の体育館にトレーニングに行ったら会社の人にあった。会社でもそこそこ話す人だし、トレーニング会員なのは知っているし、実際過去にも何回か会ってはいるのだが、微妙っすなぁ。
 基本、社外で会社の人に会いたくないのだよ、オレ。
 新潟で勤務していた時もなるべく知った人には遭遇しないように気を使って生活していたのだが(極力、アパートの近くで買い物しないとか)、人口3万にも満たない町に住んでいると会社の人とのエンカウント率は上がる。
 それでもなるべく遭遇しないように気を使っているのだが(買い物をネットで済ますのも便利だとか、富山県には欲しい物が売っていないとかもあるが、「人に会わずに買い物できる」ってのも大きい)、それでもウッカリ会ってしまうこともあったり。
 例えば本屋で漫画雑誌を立ち読みしていたのを目撃されたりとか。
 あと怖いのは富山には映画館が少ないので、映画館でエンカウントする可能性が地味にある点。今週末に独りでゴーカイジャーの劇場版を見に行く予定なのだが、そんな時に会社の人にあったら確実に翌日には会社で噂になるレベル(「子供とゴーカイジャー見に行ったら、こちんぴさんが独りで見に来ていたよwww」的な)ですな。
 そーいえば、母親が昨日近所の人に、「○○さん(ウチの父親)、××(オレの会社)に勤めに出てるんでしょ?年金もらってるのに、まだ金稼ぐの?」と言われたらしい。
 オレが今の会社に勤めてる、って事は親戚と子供の頃からお世話になっているお向かいのおばさんぐらいにしか話したことがないのに、妙な尾ヒレがついて、ウチの近所で噂になっているっぽい。
 田舎、怖っ!!

6月9日 個人的にはコレはコレでアリかなぁ、とは思う。何か勇者シリーズっぽいけども

 第二次スパロボZの次作へのデータ引継ぎだが、10周クリアで100%引き継ぎらしい。
 10周って!!
 ちなみにオレは4周クリア済み。あと6周回す気は流石に起きんぞ。
 ただクリアするんじゃなく、シナリオをフルコンプする(そのためには最低4周クリアする必要がある)とボーナスがあるようだ。10周する気の起きない人はとりあえず4周クリアを目指すのが吉(ちなみにオレはシナリオフルコンプ済)。
 
 新作ガンダムだが、正式発表前にネタバレが流出。
 前から「新しいガンダムはコロコロコミックで連載がある」って噂があったので、その筋からの流出(もしくはフラゲ)だろうなぁ。
 断片的に出ている情報だと、
 ・主人公は3世代に渡り、ガンダムに乗って未知の敵と戦う
 ・ガンダムはフォームチェンジをする
 って事らしい。おそらくバンダイ様の商法はパネェので、3世代毎にガンダムは変わると思われ、それぞれのガンダム毎にフォームチェンジすると思われる。要は平成仮面ライダーでお馴染みの「フォームチェンジでオモチャがいっぱい売れて(゚д゚)ウマー」商法ですな。
 どうも主人公設定やスタッフの傾向だと、対象年齢は小さいお友達っぽいなぁ。ひょっとしたら「オトナになるとガンダムに乗れない」的な設定とかもあるのかね?(3世代主人公がすべてガキだし)。
 逆に大きいお友達対策(?)としては、歳をとってやたらとシブいオッサンやジジイになった主人公が登場したりする可能性があるな。例えばだが、女性声優(例:小林ゆう)が声を当ててた主人公が親(例:藤原啓治)やジジイ(例:柴田秀勝)で再登場したりすると、それはそれで胸熱かもしれん。
 最終決戦でジジイやオヤジはもちろん、一族郎党で特攻したりな。
 あとは主人公周りにょぅι゛ょが登場すると、「この娘が将来の嫁か?」的な妄想で盛り上がれる、とか。
 主人公が少年なのでショタ好き腐女子にも対応とか。
 そー考えると、幅広い世代を取り込めている・・・のか?
 個人的には仮面の男成分が足りない。あとは主人公機がカッコ悪いですな(発表された3体の中ではパワー型が好み)。

6月11日 映画館、大きいお友達が多かった

 午前中、会社に出勤した後に映画館に「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー 大決戦」を見に行ってきた。
 現在放送中の「海賊戦隊ゴーカイジャー」と去年放送の「天装戦隊ゴセイジャー」を軸に、歴代のスーパー戦隊が終結するというスーパー戦隊35作記念作品。
 面白かった。そして感動した。
 35作品、小さい頃なので見てないヤツや、戦隊モノから離れていて見ていなかった時期のヤツもいるのだが、やっぱりスーパー戦隊とそのロボットが終結すると無条件で燃える。
 思わずこの映画のDVD付パンフレットと、夏のゴーカイジャー&仮面ライダー000の劇場版前売り券を買ってしまった。おそらくDVDが発売されたら買うな、確実に。
 さらにゴーカイジャーの今後の盛り上がり次第では、冬にあると思われる「ゴーカイジャーvsスーパー戦隊」も劇場まで見にいきそうだぞ(いつもの年ならば「放送中の戦隊vs去年の戦隊」だが、節目の年には「放送中の戦隊vs歴代スーパー戦隊選抜」なので、35作目の今年は後者のパターンと思われる)。
 それにしても放送中は全く思い入れが持てず、ここ10年ぐらいの戦隊としてはワースト扱いだったゴセイジャーがこの映画では化けたなぁ。まさかゴーカイジャーとこれほど上手くシンクロするとは思わなかったぜ。

 にしても。
 似たような企画と思われる仮面ライダーの40周年記念映画はどーしてあんな出来になっちゃったかなぁ・・・。