真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。
3月3日  収納問題

 あと2週間ほどで退社だし、駅から会社まで歩いて15分ぐらいなんで自転車を家に持ち帰ってきた。
 さすがに約60kmの道のりをこいで帰ってくるほどアホではないので、車に積んできたのだが、27インチのチャリが結構ラクに積めるのね、ヴィッツって。
 なんか乗ってみるとこの車のよさがどんどんわかって、ちょっとした恋愛気分(笑)。
 そして朝からノドの調子が悪い。カンロのど飴舐めまくりだが、ちっともよくならん。
 金曜に酒を飲んだ後、ホテルの部屋で下着だけで寝たのがマズかった模様。

 さてさて、今日は家具屋に行ってみた。
 引っ越す部屋は前に6年間も住んでいてすっかり把握しているが、あの部屋の欠点の1つに収納が以外に少ない事がある。
 押入れが1つとタンスが2段あるクローゼット(コイツが以外に入らない)なのだが、少なくとも押入れの上部は布団が入ってるのでほかの用途には使えない。(せいぜい買い置きしておいたティッシュやトイレットペーパーを入れておくぐらい)
 クローゼットの引出しも1つはタオルとかバスタオルとか入れておくとそれだけで1段埋まるし。
 昔はプラスチックのバカでかいケース2つに服を入れたり、雑多なモノを入れたりしてしのいでいたが見た目が悪いのだよ。
 ちゅーことで収納用品を見に行ってきたというわけ。
 とりあえず食器棚と洋服ダンスね。
 前回けっこうムダなスペースだった部分や、プラスチックケースがあった部分を考慮すると前の状態に追加でタンス1個+カラーBOX1つぐらいは部屋に入るはずだし。
 押し入れ下段にも収納スペースを作れるはずだし。(前回はよくわからんものが入ってたんだよなぁ、たしか。使わなくなった扇風機とか、捨てるのがメンドくさくなったものとか)
 というか、電化製品の箱&発泡スチロールが邪魔なことこの上ないんだよなぁ。特にMDコンポ関連。
 捨てればいいのかなぁ、と何度も思ったが引っ越す事を考えると捨てるのはマズイし。でも死ぬほど邪魔だし。
 アイツらさえいなければどーにでもなるのに。
 みなさんは電化製品の箱類ってどーしてる?

 今日の教訓:ハリケンジャー青は無茶苦茶萌え。オレの中では歴代戦隊ヒロインの中でもトップクラス。

3月4日 イエイエ・コスメティック・ラヴ

 いやぁ、すっかり忘れていた日本農芸化学会(農学系の学会では国内で最大規模の学会。一応、会員)から年会費の請求なんかくるとちょっとFuckin'だよね。
 つーか、何気に8000円はイタイ。

 さてさて皆さんは化粧好き?
 正確に書くと化粧している女は好き?かな。
 今日、いつもの電車でいつものバカな女子高生の集団と乗り合わせたが、やつらは明らかにケバいのだよ。
 つーか、お水ですか?あんたら。女子高生パブの人?
 結構電車内でヴィトンとかグッチのポーチから化粧品取り出して化粧してる様は殴りたくなるほどみっともない。(というか、何でお前らがそーいうブランド品を持ってる?)
 で、そいつらが学校で今日は服装検査があるらしく、ちょっとパニくっていた。
 服装検査があるのにばっちりメイクなあたりが筋金入りのバカなのだが。(っていうか、髪は茶髪で、ピアスとか指輪をしていて、バッチリメイクで学校で何も言われないのか?と小一時間問い詰めたい、つーか、校則って今はあってないようなもんなのかねぇ)
 で、気になったのが「化粧しないなんて超はずかしい」というセリフ?
 (゚Д゚)ハァ?
 高校生のうちは化粧なんて必要ないんじゃねーの?、などと思ったのですよ。
 たしかに化粧ばえする人ってのは否定しないし、化粧が上手いなぁ、って思う人もいる。
 オレも大学生のときにのっぺりした顔の人が電車で乗り合わせた20分の間でけっこうな美人になったのを見て、「女は魔物や。騙されないようにしよう」って思ったし。
 ただ、アンケートしたワケじゃねーから断言は出来んが、世間の男はバッチリメイクな女とナチュラルメイクな女だとナチュラルなほうが好きだと思うよ。
 少なくともオレは化粧っ気のない女の子のほうが激しく萌え。(どーも、服装もブラウスにタイトスカートとかシンプルな女の子に萌える傾向にあるなぁ。「清純派」ってコトバに異様に惹かれるし)
 でも、化粧に手を抜く=ナチュラルメイクでは無いんだってね。
 むしろナチュラルに見せる為に結構手間がかかると女友達に聞いたことがある。
 女の子にもオトコにはわかんない苦労があるのだな。

3月5日 芸能関係の雑記

 えー、メル・ギブソン引退ですか。
 今後は裏方(プロデューサー業)に専念らしい。
 たしかに映画一本で20億円以上のギャラなのでお金は余ってるんだろうが、メル様の演技が見れないのは非常に悲しい。
 しかもラスト作品が戦争映画。
 どーも、アメリカマンセー!!なニオイがプンプンなのですが。
 そういえばメル様は監督業はもうやらないのか?「顔の無い天使」、「ブレイブ・ハート」の2作しかやってないが、どれもすばらしい映画だったのに。(「ブレイブ・ハート」ではアカデミー最優秀監督賞も受賞)

 NHKドラマ「生存」が昨日で終了。いやぁ、NHKでしか作れないドラマだよなぁ。すごくみんな演技達者な役者さんばかりで重厚な作品であった。
 でさ、犯人役の別所哲也がすげぇヤなヤツで、好青年なカンジが強い別所哲也のイメージを覆す好演だったのだが、2chでは「ハムの人の演技が肉らしくて美味かった。(別所哲也の演技が憎らしくて上手かった)」との書き込みが多数。
 笑った。つーか、別所は何をやってもハム呼ばわりですか。
 中野英雄がいつまでたっても「チョロ」なのと同じか。
 それにしてもこんなに良質のドラマの視聴率が平均一桁ですか。
 お前らはそんなに香取慎吾といっしょに「スリーピース!!」って言いたいのかと小一時間問い詰めたい。

 今日から火曜時代劇は「盤獄の一生」がスタート。
 個人的にはエンディングの歌が萎えだったが、それ以外は合格点かな。
 主人公の盤獄(役所広司)は「三匹が斬る」の千石がお人好しになった感じというか、「どら平太」のどら平太がバカになった感じというか。毎回騙されつづけるのは可愛そうだなぁ。
 しかし、今回のゲストが鈴木京香、うじきつよし、石倉三郎で来週が浅野ゆう子、高橋一也(元、男闘呼組)、安達祐実、上条恒彦ってのは豪華だよなぁ。
 豪華だが、市川崑色が強いキャストだよね。 

3月6日 ひさびさにFuckin'な出来事ですな

 今日はネタが無いなぁ、とか思っていて、BBSにも書いた「COWBOY BEBOP CD-BOX」(「Tank!」歌詞付きバージョンってのがすごく謎なのだが)についてか、「デス・ソース」について書くつもりだったのだが、夕方に会社にFuckin'な電話があったのでそれについて。
 先輩社員から「外線に電話が入ってるが、何かよくわかんない相手みたいなんだよね」と前置きされた上でオレ宛の電話を受けたのだが、確かに変な電話であった。
 何か妙に覇気の無いカンジ声(例えて言うと、TVとかで新興宗教の信者が話す口調に似ていた)で、一方的に用件をしゃべりまくるのだが、内容はこんなカンジ。
 「最近、IT関連の技術に対するニーズが増している。あなたのことはある名簿で知ったが、今回我々が作ったIT関連の専門学校に入る気は無いか?っていうかすでに資料は自宅に送らせてもらった。」
 (゚Д゚)ハァ??
 しかもこれはあくまでもある筋からの「伝言」であって、電話をかけてきた人は無関係らしい。
 こっちも勤務中だし、社会人な手前、「申し訳ありませんが、私はそのような内容には興味がございませんので・・・。」と返したら無言で切りやがった。
 嗚呼、Fuck!!
 1人暮らししてたときは、電話帳に電話番号を載せていたこともあって、マンション購入とか、金の先物取引とか、お墓のセールスとかの電話があったなぁ。
 英会話学校の勧誘は電話のお姉さんの声が可愛かったので1時間ほど小粋なトークを楽しんだ挙句、「僕には帰国子女の友人がいるので日常会話程度なら英語はペラペラ」などとウソをついて電話を切ったこともある。(これ以降、ウチには英会話学校からの勧誘はなかった。有無、効果的なウソだ)
 この手の勧誘は相手以上に下手な態度に出ておいて、断るときだけ強気で断るのが効果的みたいね、経験上。
 実は昔、「パソコンを60万円で買え。もう、そっちに郵送した」というあからさまな詐欺と思われる業者から電話があった時に、「ふざけんな、(#゚Д゚)ゴルァ。警察に言うぞ!!」と強気にキレて、すぐに電話を叩き切ったらその後すぐに電話があり、その業者に「テメェ、オレよりも年下なのにふざけたこと言いやがって」などと逆ギレされ、説教された挙句、「お前はこっちの電話番号知らないだろうが、こっちはお前の電話番号がわかるんだ。今日の晩飯に頼んでもいない寿司やラーメンが届くぞ、(#゚Д゚)ゴルァ」と脅されて、(((゜Д゜))))ガタガタブルブルとなったのも良き思い出・・・。
 なワケねーよ、トラウマだよー。
 ちゅーことでいまだに積極的に電話に出る気はしないねぇ。怖くて。

3月7日 車に乗るということ

 ちくしょう、今日の「めざましテレビ」で元ちとせの特集だったのかよ。
 しかも山崎まさよし鬼束ちひろたんも出てただと?
 山崎は同じ事務所だからわかるが鬼束たんは事務所もレコード会社も違うので、純粋に元ちとせについてのコメントをしていたのだろう。
 あー、見たかったなぁ。

 今日はちょっと真面目な話。
 母親の勤務する小学校の生徒が昨夜、交通事故で亡くなった。
 昨日はドシャブリの雨だったのだが、スイミングスクールのバスから降りて、家の前で車とぶつかったらしい。
 車にしてみれば、止まっていたバスの陰からいきなり子供が走って飛び出してきたってことになり、オレも一運転者として同情する部分もあるのだが、自宅の前で可愛い盛りの子供をはねられた両親の気持ちを考えるといたたまれない。
 オレ自身、事故は起こした事があるが幸いにオレにも相手にも被害はなく(オレの車は廃車になったが)、そういう意味では不幸中の幸いであったが、車を運転する、ってことが一歩間違えると取り返しのつかない悲劇を巻き起こす事を常に心にとめて置かねばならぬ。
 そういう事を常に考えていれば運転に細心の注意を払うようになると思うので。
 オレも含め、車を運転する皆さん、気をつけましょう。

 今日はどー考えてもホイコーローだな。
 八宝菜もキライじゃないが、ホイコーローのほうが豚肉とキャベツってことで味のベクトルが集中しやすいので。
 でも、全てのベクトルが一方向に向かってる八宝菜はホイコーローよりも(゚д゚)ウマー。   

3月8日 美味い、美味いぞー!!

 最近、「ミスター味っ子」が文庫で発売されている。
 すでに原作が終わって10年以上経つが、3月発売の9,10巻で文庫版も完結だそうな。
 天才料理人の中学生、味吉陽一が主人公のこのマンガは、「アニメの出来の方がマンガを超えた例」として挙げられる事が多いのだが(アニメの監督は今川泰宏「ジャイアントロボ」「機動武闘伝Gガンダム」の監督の今川。今にして思えば、キャラの濃いオッサン連中が原作以上に出てきていたのも今川だからか?)、このマンガの料理を実際に作るとどーなるんだろう?
 などと今日、ふと思った。
 シッカリとした作りの「美味しんぼ」や、登場料理を実際に作者が作り、美味しいものだけを紹介している「クッキングパパ」ならばともかく、このマンガは相当胡散臭い。(胡散臭さで言うと、鬼畜巨乳料理マンガ(?)「鉄鍋のジャン」あたりも胡散臭い)
 何てったって、作者が「書いている料理は作った事がない」と公言し、読者の小学生から「本当に美味しいんですか?」という質問を受けて返答に困った、との逸話もあるし。
 陽一やライバルが必死こいて工夫して作ったものをド素人が一口食っただけでその工夫を見抜く、ってのもよく考えるとすごい。
 そんな中で、いまだに印象に残っていて、子供ゴコロに「ぜってー、不味いよ」と思ったメニューをいくつか。
 ・薄切り肉(輸入牛)と脂肪を何層にも重ね、整形し、焼き上げたステーキwith大根おろしソース。付け合せは栗とカリカリ小梅のガーリック炒め。胃もたれしそう。
 ・粒胡椒をそのまま周りにくっつけたハンバーグ。拷問ですか?
 ・金魚冷し中華。麺を扇風機で冷まし、ザーサイ&干しエビ粉末をからめるという結構無理のある食い物。というか、茹でた麺を扇風機で冷まされる時点で萎え
 ・豆腐アイスクリーム。キュウリとニンジンのシャーベット(というか、凍った野菜をすりおろしただけ)添え
 ・モンブランの牛肉包みフォン・ド・ボー(ウシの出汁だな、簡単にいうと)ソース
 ・味に深みを出す為にタレにきな粉をブチこんだ焼き鳥
 ・納豆で作ったフランス料理。特に納豆で作った肉でのステーキと納豆モンブラン

 ぜってー胡散臭い。
 たまーにホントのこと(豚の血液で作るブラッドソーセージ(アレだって「味っ子」では血液100%みたいな描写だが、実際には血はそんなには入れない)とか)や、実際のお店でもやっている事(たこ焼き対決で陽一のたこ焼きは油をかけて表面をパリパリにしていたが、似たような事をたこ焼きチェーンの「銀だこ」はやっている。非常に油っぽい(笑))もあるし、ちょっとした工夫は普通に料理を作る上では結構実用的(特に敵のアイデア(笑))だったりするのだが。
 ちなみに「ナス巻きミートソーススパゲティ」、「パイナップルカレー」、「イカの胴にドライカレーを詰めたシーフードカレー」、「トマトと南部煎餅の味噌汁」マズいので作るな、という報告がいくつかのHPであった。
 料理好きな方もしくはチャレンジャーな方は文庫版を買って作ってみるとよいかも。
 文庫版はレシピ付きらしいし。 

3月9日 以外に優柔不断?

 今日、自分の退職記念品を買いに家具屋へ行った。
 送別会の幹事からもらった予算で買う事にしたのは食器棚
 そう、今週の日曜日にこの雑記でも書いたように家具屋に行って1時間以上も家具を見ていたのはこのため。
 予算的な兼ね合いもあって、こっちのほうはスパっと決まったが、タンスも買おうと思っていたのでそのセレクトですさまじく悩む。
 部屋のスペースを考えるとデカイタンスでも何とかなるが、タンスとか本棚とか食器棚とかTVとか机とかに囲まれて暮らすのは正直気が滅入りそう。
 というわけでなるべくこじんまりとしつつも収納の多そうという矛盾したタンスを探すこととなる。
 あ、もちろん安いのも条件。
 いいタンスもあったが現品限りの展示品だったので、すでに組み立ててあり、送料がバカにならないので却下。1人暮らしにはややデカかったし。(さすがに大きい引出し5つ+小さい引出し5つもいらん)
 結局、タンスを買うのに1時間以上も家具屋をウロウロして、1つ購入。
 つーかね、部屋着とジャージ(トレーニング用ね)がやたらと場所食うんだよなぁ、スペース的に。
 場合によってはプラスチックBOXのタンスもどきを新潟で買うかな、との見切りをつけての購入ちゅーことで。(何とか入ると思うんだけどね)
 で、車に積み込み、後ろのハッチの扉も閉めて、出発だ!!と思ったら、荷物を積むときに一緒に車のキーも積んでしまったことに気付いた。
 要はカギを中に入れたままロックしちゃったのだ。嗚呼、密室状態。
 結局、公衆電話で電話をし(携帯も車の中)、親に家から車で30分の家具屋までスペアキー持って来てもらった。
 鬱。
 
 「世界ふしぎ発見」宮本武蔵か。まぁ、来年の大河の主役だしなぁ。
 しかし、二刀流の人と剣道経験者のミステリーハンターが剣道で勝負をしてるが、二刀流はいいねぇ。
 今は公式戦でも認められているし。(たしか左手の小竹刀での打突は1本としては認められないのだが)
 二刀流の剣道、って言うと「六三四の剣」の乾さんを思い出すオレは結構歳なの?(笑)
 でも今日のミステリーハンターは正直、ブサイクだな。