真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 5/13 5/14 5/17 5/18

5月13日 「聖闘士聖衣神話EX」でシャカが出たら買ってしまいそうな勢い
 崇徳帝、そりゃ怨霊にもなるわ(今日の「平清盛」)。
 それにしても源氏は骨肉の争いすぎるなぁ。友切強奪なんてまさに「殺してでもうばいとる」だし。
 「平清盛」、盛り上がってきたんだが視聴率的には微妙なんだよなぁ。面白いのに。
 ただ、登場人物の中で主人公の清盛が1番魅力がないのだが。周りの人達は魅力的なんだけど。

 「聖闘士星矢Ω」、次週に黄金聖闘士が登場するらしいが誰だろうね?
 先代黄金聖闘士なのか、新たな黄金聖闘士なのか。黄金聖闘士と聞くとwktkするのは星矢世代の性なんだろうか?
 それにしてもΩの合間に旧作のCMが流れたが、聖衣はやっぱり旧作のほうがカッコいいよなぁ。今のプリキュアっぽい聖衣はちょっとな。やはり聖衣装着図に馴染みのある世代としては、聖衣にはもうちょっと金属っぽさというか、カチっと感が欲しい。
 (そーいえば、オレはgoogle IME使ってるんだが、「ごーるどせいんと」や「くろす」で黄金聖闘士や聖衣が変換されるのな。無論、「せいんとせいや」も一発変換)
 しっかし、いま見ても白鳥座の聖衣の展開は無茶苦茶だと思うんだ。ヘッドギアに対して他のパーツが小さすぎるのか、ヘッドギアのサイズがおかしいのか。

5月14日
 今日は特に体調が悪かった。何度か気分が悪くてフラフラしたし

 体調がすこぶる悪い。
 今日忙しかったのは事実なのだが(朝イチで会議→取引先との電話対応&書類作成→内部監査でフルボッコ→現場で試作テスト→2時間半残業)、食欲が全く湧かん。実際、晩飯はごはん一口と素麺一束、冷奴のみ。精進料理じゃあるまいし。
 胃が悪い、ってのもあるが最近は食欲が全く無い。高熱でもメシは普通に食うような人間だったのに。この頃は茶碗1杯のご飯も持て余すので、半分程度しか食わない(おかずよりもご飯が食えない、というか食いたくない)。
 一応無理すれば食えなくも無いのだが、食ったら食ったで不快感があるので。全く食わなきゃ食わないでそれもまた不快なんだが。
 仕事の方は一向に仕事量が減らない。というか、日々仕事が増えていく。仕事が増えればストレスも増え、ストレスが増えれば体調も悪くなる。悪循環ですな。
 別に独りで仕事を抱え込みたいわけではないのだが、仕事を振ろうにもイロイロとあって振れないし。
 ここまでくると木曜日の胃カメラがある意味で待ち遠しい。胃潰瘍があろうがなかろうが、不調の原因がはっきりすれば気分的にはスッキリするだろうし、流石に即入院はあるまい。
 まぁ、その木曜日も1日会社休めるか微妙なんだが。流石に胃カメラ飲んだ後に会社に行くのは嫌だぞ・・・。

5月17日 ここ最近(少なくとも半年)は体調が万全だ!!ってカンジは無いな。どこかが調子悪い

 とうとう胃カメラの日。
 家から徒歩で5分ほどの距離にある医者で胃カメラ。この医者、町医者なんだが最新版の鼻から入れる胃カメラを持っている。オレ自身、鼻胃カメラは人生初(口胃カメラは経験アリ)。
 口胃カメラはゲェゲェ言いながら死にそうな思いでやった記憶がある。まぁ、当時行った医者にあった胃カメラが旧タイプで極太だったってのもあるけど。
 最初に胃の内部に粘膜を張るための薬をコップ1杯分飲む。で、ベッドの上で左右にゴロゴロ(回転することで胃の中に均一に薬剤をつけるらしい)。何かマヌケだ。
 その後、「鼻の通りを良くする薬」ってのを噴霧(鼻に管を入れて噴霧する)。これが気管を伝わって喉に落ちてくるのだが、苦くて結構辛い。
 さらにゼリー状の麻酔を左右の鼻に1mlずつ投入(コレも苦い)。
 麻酔後に胃カメラ(太さが5mmくらいだろうか?)と同じ太さのプラスチック管を鼻に突っ込んでテスト。最初、右側の鼻に入れたのだがやや右の鼻の穴が狭いらしく、左の穴にカメラを入れることに。
 カメラ自体はビックリするほどすんなりと入った。鼻に一気にズボっと突っ込むので、そこは違和感があるがそのあとは非常にスムーズ。医者の指示で「ゴックンしてください」とか言われるが(声帯の前でカメラが一旦停止するので。飲み込むと奥に入っていく)、それ以外は基本的に受け身。
 やってる間は終始涙目だけどな。昔やった口胃カメラに比べりゃ比べ物にならないほど楽だが、それにしたって違和感はあるので(麻酔とか苦いし)。ウミガメの産卵気分。
 検査結果だが、胃潰瘍とかは発見されなかった。
 自分でも知らなかったが、オレは慢性胃炎を患っているらしい(萎縮性胃炎、という症状のようだ)。それにプラスして急性胃炎を発症している箇所があり(胃の中で血が出ていた箇所が何箇所かあった)、そういうのが胃の痛みとして出るのでは?との事だった。
 とりあえずは胃薬を飲み続け、胃痛が無くなるのを待つしか無いらしい。あとは胃カメラを飲んだ時に胃の組織を数箇所採取したのだが、その結果でピロリ菌が見つかれば除菌治療を行うことになるそうだ。
 暴飲暴食を避け、アルコールや香辛料を避け、規則正しい生活を送るしか無いようだ(血液検査の結果も見たが、数値的にはカラダそのものが疲労状態のようだ)。
 実際、数日前からダルいのでさっき熱を測ってみたら38度近い熱があったし。オデノカラダバボドボダ。
 あとはストレスの軽減。
 とはいえ、仕事のストレスは現状じゃ増すことはあっても減ることは無いな。
 昨日、割と仲の良い他部署の課長に「最近、胃の調子が悪いので明日会社を休んで胃カメラ飲みに行く」って言ったら、「今の部署にいちゃ治らねーだろ」と即答。
 (´・ω・`)ショボーン

5月18日 食欲が無いので食事量を減らしたら1ヶ月で3kgちょい痩せた

 今日出勤したら、会社の主だった人々はオレが胃カメラ飲みに行ったことを知っていた。
 自分から伝えたのは同じ部署の同僚と上記の他部署の課長ぐらいだったのだが、昨日の休みの理由を同僚が誰かに言ったらしく一気にハナシが広まったようだ。
 どうも他の人から見ても「こちんぴはオーバーワークすぎるだろ、常識的に考えて」状態に見えていたらしく、これを機に仕事の社内割り振りの見直しを検討したり、相談に乗るから言ってね、など暖かい言葉を頂いた。
 その通りに社内で見直しが入るのか?ってのは正直疑問ではあるのだが。
 何せ直属の上司と面談したら、「ある程度の社会人になると胃潰瘍や十二指腸潰瘍になるから。仕方ないから」的な事を言われたので(上司は過去に胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患ったことがあるらしい)。
 「仕事量が多いなら他の人への分散も考えるよ」と言うので、「流石に新商品3つの開発を独りでやるのは厳しい」と言ったら「多くのプロジェクトに関われるのはサラリーマンとしての誉れだから」と返されたし。まぁ、そうだとは思うけども。
 結局のところ、「これ以上人員を増加させる気も無いし、君に任せている仕事は代えが効かない。とりあえずストレス溜めずに気楽に仕事しろ」的なアドバイスを受けて面談終了。
 あと、みんなに「胃潰瘍?」と聞かれるので「慢性胃炎と急性胃炎を併発しているらしいですよ」というと大体の人が( ´_ゝ`)フーンみたいな、お前にゃガッカリだ的なリアクションをとるな。どうも胃炎は世間のイメージ的に「ちょっとお腹が痛い」とか「胃もたれしてる」くらいの認識らしく、大したこと無いと認識されるようだ。
 いや、マジでツラいよ。