真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 10/21 10/25 10/26 10/27

10月21日 手伝いやってて、結局今年のソーセージは食べてない

 土、日に新潟大学に行ってきた。大学の学園祭があり、ウチの研究室はソーセージ屋台を出すのだが、その手伝い。
 流石に大学を離れて3年ほど経つし、顔見知りもかなり減ってるし、現役学生にしても一回り以上離れたおっさんが遊びに来るのはウザかろう、とも思ったのだが、お世話になった韓国人研究員の方が今年の12月で退職するそうで、「OB達にも声をかけたから。最後にみんなで会いましょう」と言われていたので。送別会も兼ねて、のつもりで。
 前日の飲み会に行ってみたら。来てたOBはオレ含めて2人しかいなかったけどな。
 学生との飲み会で諭吉を2人ほど出したり(それ以外にも何だかんだと出費はしてる。諭吉3人分ぐらいかな?)、ちょこっと顔出すつもりがガッツリ火おこし&ソーセージ焼きに携わったりしたが、楽しかったです。
 とはいえ、学祭に行くのは今年が最後だろう。今のM2は辛うじて面識があるが、その下の学年は面識が無いに等しい。気軽に遊びには行きにくい。
 大学にいた頃、後輩たちに「こちんぴさんが研究室にいると研究室に遊びに行き易い」と言われて、当時はあんまりピンと来なかったが、今になるとそーいうモンかな?とは思う。

 でも、来月また新潟に行く事になりそうなんだよなぁ。大学ではなく、新潟駅南にある新潟大学のサテライト施設だが。
 大学主催のセミナーがあるそうなんだが、その演題が今の業務にドンピシャなので。「案内状を出すから来てね」と担当の先生に言われたが、こっちとしても行きたい。
 おそらく電車移動にするけど。流石に日帰りで新潟往復運転するのは嫌だ。

10月25日 3次会はシメのラーメンを食っている人を横目に烏龍茶飲んでた。流石に23時頃にラーメンは無いわ

 昨日は会社の部活(テニス部)の面子と、会社を辞めるテニス部員の同僚の送別会。
 週の真ん中、水曜日だというのに3次会まで。7時から始まった会が終わり、家に帰ってきたのは24時過ぎ。
 流石に疲れが抜けない。今日はウチの会社で1番大口の取引先が会社に査察にやって来る日で、そことの交渉担当者がオレなので1日じゅうずーっと応対。肉体的な疲れに応対による精神的な疲れも相まってヘロヘロですよ。
 明日さえ乗り切れば明後日はお休み。まぁ、明日は明日で忙しいけど。
 それにしても、36にもなると夜中までの飲み会は疲れるな。

10月26日 「サノサンサノサン」が耳障りすぎるんだよ、宮川のレポート

 「料理の鉄人」が「アイアンシェフ」として復活したわけだが、コレジャナイ感ハンパねぇな。
 「料理の鉄人」自体は日曜夜に30分番組として放送されていた頃から1回もかかさず見ていたが、「アイアンシェフ」はテンポが悪い。あと、リポーターの宮川大輔が激しく不快だ。リポーターは標準語の人にして欲しい。
 番組では鉄人を4人体制にし、現状は3人で回してあと1名は今後決めるらしい。しれっと「韓の鉄人」とか入れてきそうだけどな、今のフジだと。

 今日、仕事をしていたら親会社の人から「急ぎで書類に必要事項を埋めてください」と依頼が来た。A4で10枚ほど。
 書類、英語なんだけどな。
 アホかーーーー!!
 ちなみに書類は半日で書き上げた。伊達に博士号取得のために英語で論文何本も書いたわけじゃねーぞ。

10月27日 衝撃度や満足度としては「ゴーカイジャーVSギャバン」のほうが高い

 メインで使っているクレジットカードが更新されたので、各所の登録を変更したんだが、何気に面倒くさいな。
 あと、オレのカードは顔写真が入っているのだが、カードを作った時期から未だに写真変更がないんだけど。流石に20歳の頃の写真なのはこっ恥ずかしい。

 今日、「宇宙刑事ギャバン」の劇場版を見に行ってきた。
 感想としては「惜しい」ってカンジだな。なんて言うか、素材がいいのに調理に失敗した的な。
 2代目ギャバンと幼馴染みと親友の三角関係が今回の映画の軸なんだが、そんなモン不要だっちゅーねん。「初代ギャバンにスカウトされた2代目が復活しそうなマクーを退治する物語」ってトコに絞って作れば良いのに。
 せっかくシャリバンとシャイダーを復活させたのにギャバンとロクに絡みもしないってのもアレだし、初代と2代目の連携ももうちょっと見たかった。そのあたり、三角関係部分をすべて端折ればできたろうに(つか、個人的にはシャリバンとシャイダーも今回はいらなかった)。
 アクション出来る人を取り揃えておきながらアクションが少ない、ってのも勿体無い。変身後アクションもすごく少なめだったし。
 初代と2代目のシーンが総じて良かっただけに、もう少し何とか出来たんじゃないかなぁ?という印象(しっかし、大葉さんは動くなぁ。バリバリ現役な動きだったぞ)
 映画の内容以外での感想としては、大きいお友達率の高さ。小さいお友達もいたが、明らかに飽きてたし。一方で、「アンタ、放送開始の30年前から大きいお友達だったろ?」的な人が複数人いた(しかも皆独りで見に来ている)。
 オレもあと20年もするとそんなカンジになるのかね。
 あと、エンドロールの中で「映像協力:映画『北京原人』」って表示された時に劇場内が失笑で包まれたのが印象的。火星探査用ロケットの打ち上げシーンが該当箇所だと思うのだが、未だにネタ映画として人々の心に残っているのだな。
 どっかの局で地上波放送しねぇかなぁ。絶対2ch実況盛り上がるぜ。