真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                                 6/11 6/13 6/14 6/15

6月11日 能年玲奈ちゃんは「あまちゃん」のアキちゃんな

 明後日、某企業からの委託品の初回生産があり、その立ち会い時監査の準備で大変。
 何が大変って、某企業の品管(正しくは某企業の子会社の品質管理会社)の重箱の隅を16連射するような質問がウザい。
 ここ最近、「御社の製品、ボツリヌス菌対策はどうされていますか?」という商品仕様の根本部分の質問を延々受け続けている。
 無論、そんなモンは必要書類一式を数カ月前に提出しているし、事前監査の前にも散々説明しているのだが。
 先方が言うには「御社が対策しているのはわかったけど、それでもボツリヌス菌が繁殖する可能性があるかもしれないじゃないですか」との事だが、オレに言わせりゃ、そんなのは、オレの中で現在イチオシの女優さんの能年玲奈ちゃんとオレが結婚するぐらいにありえない。じぇじぇじぇ。
 そんなありえないような設定のことまで考えなきゃいけないもんなんですかね?その割に、某企業の製品はイマイチ感が拭えないのだけど。

6月13日 思わず帰りにビールでも買って帰ろうか、と思ったくらい。実際には買ってないが(独り暮らしだったら、たぶん独りで飲みに行ってた)

 合掌。
 世間的には「北斗の拳」のラオウなんだろうが、個人的には別の役のほうが印象深い。
 「Dr.スランプ」の千兵衛さんとか、「ドラゴンボール」の天下一武道会のアナウンサーとか、「鋼の錬金術師」のアームストロング少佐とか。あと、テレ朝のマグロ特番のナレーションとか。
 しかし、亡くなられたのはビックリだ。最近までアニメで聴いていた気がするので。例えは悪いが、納谷悟朗さんは「ルパン三世」SPでの衰えぶりやたまにTV出演した時の印象から亡くなられた時もある種、「とうとうきたか」的なカンジだったが、内海さんの場合は唐突な印象。
 そして、内海さん75歳ってのは声優界ではまだ若いほうなんだよな。野沢雅子や大山のぶ代のほうが年上だし、永井一郎や大塚周夫ももちろん年上。そう考えると、今後も子供の頃からお世話になってた声優さん達の訃報があるわけで、仕方ないこととはいえ淋しいモノだ。

 今日、某社の監査が無事終了。まぁ、そんなに無事でもないが、想像よりは傷は浅いカンジで。
 ここ最近、監査が続いており、名前を言うと「嗚呼、あそこか」というような業界内でも有数のやっかいな取引先が続いていたので、今日の監査が終わったのはオレの中では一段落感が強い。
 どのくらいかって、1ヶ月以上ぶりに18時過ぎに会社を退社できたので、思わずその足で床屋に行き、いつもより短めに髪を切った(というか丸めた。坊主なので)くらい。
 まぁ、一段落ついたと言っても「オレたちの戦いはこれからだ」ぐらいなカンジなんだが。実際、明日には20数人の団体客が見学に来るのだが、その案内&質疑応答を担当するし、来週には新規取引先の監査に対応するし。
 結局、忙しいのはさほど変わらない。まぁ、来週にようやく4月の休日出勤の振休を取れそうなカンジなので、多少仕事は楽になったな、という印象。

6月14日 「夏休みの宿題を夏休み前に終わらせる」とか「石橋をひたすら叩く」みたいなオレの性格は監査対応に向いている気はする

 Mステ見てたらB'zが出てた。25周年記念SP、みたいなカンジでファンの人気が高かった曲を歌っていたが、たまに聴くとテンション上がるな。
 特に当時はネタ曲のように思っていた「ultra soul」が思った以上にカッコ良かった。アレはライブで聴くと楽しそうだ。
 それにしても。「裸足の女神」が20年前の曲ですか。そりゃオレも歳取るわ。

 今、ウチの会社でオレは社外監査対応および工場見学対応の仕事を一手に引き受けている。別にやりたくてやっているわけでもないのだが、諸般の事情で。
 というか、
 社内で食品表示やウチの会社の製品スペックを把握している人間がオレしかいない → 外部提出書類をオレが全て作成 → 監査時に書類作成者の立ち会いが必要 → 監査に対応するハメに → 場数を踏んで場馴れする → 慣れているので書類作成や監査対応を任される
 という流れで、いつの間にやらウチの会社でこーいう仕事はオレがメインで受け持っている。会ったこともない親会社の営業から「こちんぴさん、取引先から依頼が来たんで後はお願いします」とメールや電話で仕事が飛んでくるし。
 今月も現時点で外部監査3件、役人の視察対応1件、業界団体の工場見学2件を担当。来週も工場見学1件と外部監査1件を受け持つ。再来週には大阪出張。
 ここらへんにプラスして本来の業務(製品検査およびチームの統率)やいろんな会議参加、新製品試作、外部提出書類の作成、派遣社員の受入時説明など、「品質管理課 ヒラ社員」の肩書き以上の仕事をこなしている。
 そりゃ残業も増えるわ。
 今日は業界団体の人々20数人の工場見学案内。
 仕切り役のハズの総務課長はオレに仕事を投げた後に不在になってしまい、工場長はお客が来るタイミングで有休とって帰宅。
 お客さん用のスリッパの用意とか、会議室のセッティングとか、そんなトコから独りで準備ですよ。
 会議室では20数人相手に社長とオレで質疑応答、というシチュエーションに。オレ、タダの平社員なんだが(しかも自己紹介の場も与えられなかったので、何者かすら最後まで不明だったに違いない)。
 流石に20数人のお客相手にバッチリ質疑応答が決まったり、工場見学を回せたりするとテンション上がるけど。あと、外部工場監査とかで先方の意地の悪い質問に対してズバっと回答が決まり、監査を受けている側なのに主導権を握ったというか手のひらで転がしてる感を感じた時は最高に痺れる。
 そーいう意味では自分に向いている仕事なのかもしれん、とは思う。
 とはいえ、ハンパなく神経は使う。確実にカラダには悪い。

6月15日 蕎麦も好きなのだが、父親の趣味が蕎麦打ちなので、実家に戻ってから外食で蕎麦を食ったことはない

 今日と明日は久々の連休。たぶん、1ヶ月ぶりぐらい?
 しかも会社の仕事も家に持ち込んでないので、本当に休みですよ。
 ってことで、今日は富山市内のマッサージ屋に行き、雑貨屋で買い物をし、ランチを食べ、お気に入りのケーキ屋さんに行くというOLさんのような休日を過ごした。
 まぁ、雑貨屋で買ったモノはペッパーミルだし、ランチはインド料理店なので、質実剛健なカンジ(?)だけど。
 基本的に外食で行くのはラーメン屋かインド料理屋。基本的には「家で食えないモノ」を外食で食いたいので、この2択になりがち(次点でピザ)。
 富山県、何故かはわからんがインド料理屋が多いそうだ。まぁ、オレも行きつけのインド料理屋が3軒あるし
 しかし自分でも思うが、カレー好きだよなぁ、オレ。
 もちろん、インドカレーだけでなく、普通のカレーも好物。独り暮らしの時は1週間に1回は必ずカレー食ってたし、2週間に1回は大鍋でカレー作ってた。
 前世はインド人だったのでは?と結構真剣に思う。