真・こちんぴ雑記帳

 このコーナーは管理人、こちんぴが思うがままに書き綴った日記とか雑記とかグチとか考えをいろんな人に読んでもらって管理人のストレス解消につなげようという、「王様の耳はロバの耳」企画である。
 まぁ、気軽なカンジで読んでもらえると幸いですな。

 

                              5/4 5/7 5/9 

5月4日 行った蕎麦屋以外にコレといった食事処がない、ってのも混んでた要因かと
 GW、ずーっと引きこもるのもアレだと思い、称名滝に行ってみた。
 日本一の落差を誇る、我が富山県ご自慢の滝。
 まぁ、行ったのが早すぎたらしく、(´・ω・`)ショボーンなカンジだったが。
 水量不足気味だし、滝壺は雪で覆われていて近くまではいけないし(通行止めみたいになってた)。
 雪解け&梅雨ぐらいなタイミングで行くのがベストなのかね。夏前にもう1回リベンジかな?
 ちなみに近くにある立山博物館にも行ってきた。こちらはもうお腹いっぱい。県の施設らしいが、あの建物に県民の血税をつぎ込んだのかと思うと複雑な気分だ。とはいえ、バブル全盛の頃に作られたと思われる紹介映像は一見の価値があったけど。
 あと、近くに評判の蕎麦屋があるというので行ってみたら40分待ちだった。せっかくなので待ち、注文後も20分ぐらい待たされて蕎麦が来た。
 ハードル上がりまくりだったからか、値段の割に普通、ってカンジ。

5月7日 感覚的には小学生相手ぐらいの印象。それぐらいガキっぽい

 三谷大河クル━━━━(゚∀゚)━━━━??
 スポニチのスクープ記事ってのがひっかかるが。今までの流れだとスポニチの大河スクープは外れるんだよなぁ。「大河ドラマの題材に明智光秀」とスクープした数週間後に発表されたのが「軍師官兵衛」だったり。
 題材予想が織田信長とか明智光秀ってのもどうかな?ってカンジだ。元記事だと役所広司とか佐藤浩市が主演候補になっている、とあるが、このへんの役者さんが主演だと年齢的にはかなり描かれる時期が絞られるわけで。
 流石に再来年還暦の役所広司が桶狭間の戦いやるのはキツかろう(とはいえ、「秀吉」では渡哲也が、「功名が辻」では舘ひろしがかなり無理のある若年信長をやってたので可能性がゼロとは言えないが)。
 三谷幸喜自身の過去の発言やドラマ化されていない戦国武将を考慮すると本命は真田だろう。真田三代を主人公にすれば役所広司や佐藤浩市でも違和感はないけど(その代わり信之や幸村に若手を登用)。

 今日、会社に中学生が工場見学に来た。
 中学生ってあんなにガキだっけ?
 男子とか会社パンフレット丸めてチャンバラしてたぞ。しかも服のホコリ取りを自分で操作できず、みんな引率の先生にやってもらってたり。
 あと昔の中学校だとクラスに少なくとも1人はヤンキーがいたが、全員真面目そうだったな。少なくとも盗んだバイクで走り出しそうなカンジはしない。

5月9日 タンパク質多めになったので、会社の自販機で野菜ジュースを購入。一応、その辺も気を使う

 何故か今日、来週とNHK-BSで「新選組!! 土方歳三最期の1日」の再放送がある。
 DVDも持ってるが、やっぱ見ちゃうよな。
 多分、日曜日の再放送の再放送(BS金曜時代劇枠は日曜日に再放送がある)も見ちゃうな。

 今日、両親が出かけていていなかったので、いつもより30分早く起きて(5:30起床)弁当を作った。
 別にコンビニで何か買って出社してもよいのだが、何となく負けた気がするじゃないですか!!
 ちなみにメニューは鶏の照り焼き、ネギ入りだし巻き卵、いんげんのベーコン巻き、ナスの味噌炒め、カブの酢の物。あとは小さいタッパーにプチトマトとグレープフルーツ。
 毎日弁当作るんだと、わざわざベーコンでいんげん巻いたりせずに普通に炒めるけどな。その辺はたまに作る弁当ですから。
 それにしても37歳の独身男が早起きして弁当作るのは何となくキモい。自分で言うのも何だが。