真・こちんぴ雑記帳

 

                              7/1 7/3 7/5

7月1日 意外とビジネスライクな人間なので、会社外で仕事の関係者と遊ぶのは面倒臭い
 会社のボウリング大会に参加することになった。
 ボウリング嫌いな上、会社の懇親会イベントは極力不参加な方向なので、ハナっから行く気はなかったのだが、欠員が出たらしく幹事に請われて渋々(チームによる対抗戦なので欠員が出るのはマズイらしい)。
 ボウリング、5年以上やってないんだがなぁ。最後にやったのは所属していた研究室の面子と行った時だと思う。辛うじて100超えた記憶がある。
 基本的には70そこそこぐらいなスコアな印象。投げるとガーターが多い上、緊張感に耐えられないからかスペアやストライクの後に大崩れするタイプなので。スペア→ガーター→9本、的な。
 しかも、ボウリングに初めて行ったのが高校3年の時で、その後も年1行くか行かないかぐらいな頻度だったから、投げ方とか超自己流。
 ハタから見ると明らかにおかしいらしい。
 「助走の意味が無い」、「カーリング投法」、「レーンが可哀想」などと言われる。総合すると、助走をしているのに動きが全部止まるタイミングがあるらしく、そこで勢いを殺した後は腕の振りだけでレーンにボールを置きに行く(というか、ドスーンと落っことすのでレーンが可哀想らしい)ので、カーリングっぽく見えるそうな。
 やっている本人には自覚は全くない。
 参加するのは気が重いが、たまには仕方あるまい。

7月3日 人間の思考パターンって変わらんのね

 ウチの会社で従業員を対象にあるテストを実施した。
 で、テストサンプルの順番をいろいろ考えて出題したのだが、出題順が去年のテストと全く同じだったことが判明。
 まるで成長していない。
 自分の中では意外性等も考慮しつつ、練りに練った出題のつもりだったのに。

7月5日
 映画館によって3D方式は違うらしく、映画館Aで見れたから映画館BでもOK、というものでもないらしい

 映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」見に行ってきた。トム・クルーズ主演のSF大作。
 いやぁ、久々に面白い映画見たなぁ。いい意味でハリウッド映画ってカンジ。
 ちょっとラストに不満は残るが(ネタバレなので伏せるが、もっとビターなラストかと思っていたので)、全体的には満足。
 2時間最後まで楽しめる映画なのでマジオススメ。

 さて、映画といえば。
 今日は3D吹き替え版で見たのだが(トム・クルーズは森川智之が吹替で固定なので、安心して見られるし)、3D映画に行くときの心構え(?)が未だにわからん。
 やっぱ、マイ3Dメガネ持ってくべきなのかね?
 映画を見る時には基本的に前売り券を購入し、ネットで席予約して見に行くので、その時点で3Dだということは承知済み。
 なのに3Dメガネをわざわざ映画館に持っていくのは何となく抵抗がある。どんだけ映画見る気マンマンなんだよ!みたいな。
 値段が100円ってのもなぁ。100円を浮かせるためにメガネを持ち込むのも何となく大人げない気がしないでもない。
 とはいえ、どんどん3Dメガネが溜まっていくのだが。今日の分も含め、オレの部屋には4本あるぞ、3Dメガネ。