真・こちんぴ雑記帳

 

                              5/7

5月7日 「趣味:甲冑」はそんなに許容されにくい趣味なんですかね? (´・ω・`)
 2泊3日の関西旅行から帰ってきた。
 初日は富山から姫路に移動し、姫路おでんを食って若干ガッカリし(入った店がイマイチだったのかね?)、姫路城へ。
 最初は行列にゲンナリして周りから見て帰るつもりだったのだが、せっかく富山から来て次に来れるのが何時かはわからないので天守閣入るための行列に並んでみた。
 並び始めから天守閣最上階まで2時間40分かかった。 (´・ω・`)

  聞いてはいたが、驚きの白さ

 最初の1時間は延々待ちながらDSやってて終わり(人がいっぱいいるからすれちがい通信の捗ること)、残りは並びつつ城郭を見ることが出来たので、時間ほど苦痛は感じなかったけど。
 とはいえ、この日はこれで終了。新幹線で京都まで戻り、宿に荷物置いて近くの居酒屋で独り飲み。
 2日目は年末に行った時に休館中だった京都国立博物館へ。思った以上に見応えがありとても良かった。テンション上がって博物館グッズ買い込んじゃったよ(実はいろんな博物館で売られている収蔵品クリアファイルを集めているので)。
 午後からはこちらも年末には休館していた井伊美術館で井伊家ゆかりの甲冑を見、お土産物を買い込み、15年前に学会で行った時以来となる八坂神社、平安神宮、南禅寺へ。特に南禅寺は三門に登ったり、小堀遠州作の庭園見たりと満足度高かった。
 夜は旅館で夕食を食べつつ(料理がウリの旅館なので、1食は夕食をつけてる)、独り飲み。
 で、最終日。大徳寺行ったり、近くにあった金閣寺に行ったりしたが、メインイベントはその後。
 太秦にあるスタジオでの甲冑着用体験。
 実は今回の旅行、姫路城を見に行くのは表向きの理由で真の目的はこっち。旅行プランを思いついたのが甲冑着用体験の申し込み締め切りギリギリ(1週間前までに予約が必要)で、しかもGW中はお休みで5/7から営業再開。これはもう運命だよな。
 事前に着用甲冑を選択するので来年の大河&赤備えと言う理由で真田幸村の甲冑を希望し、スタジオへ。せっかくなのでメイクや撮った写真のCG合成もお願いした。
 これまでも旅先で甲冑着用体験をやったことはあったが、今回は小袖や袴を着用し、顔にもメイクを施し、いろんな小道具を持ってセットで撮影だからな。意気込みが違う!
 (太秦で時代劇の甲冑等を用意する会社がやっているので、本格的なのです)
 で、撮った写真がコレ。長年このHPやってて顔出し写真は初めてなのだが、面頬だから恥ずかしくないもん!ってことで。
 (面頬ないVer.もたくさんあるのだが、そっちは載せない)

  面頬着用を希望する人は少ないそうだ

 雑談しながら撮影したのだが、独りでやってきて撮影する人は結構多いらしい。オレの前にも客がいたが、その人も独りだったそう。女性が独りでやってきて甲冑着て写真撮るのも結構多いとか。スタジオの方曰く「やっぱ、仲の良いお友達同士でも甲冑着て写真撮影するのは恥ずかしいんとちゃいますかね?全員が甲冑好きとかじゃないと」との事。
 Σ(゚Д゚;エーッ! そんなに甲冑着用って世間の人的にはイレギュラーな事なんですかね?
 甲冑着用とメイクで10000円(準備や着替え、撮影、メイク落とし等で90分位かかる)。さらに写真撮影代もかかるので結構な出費ではあるのだが、個人的には大満足。つか、次に京都行ったら別の甲冑着て写真撮ろうか?ぐらいの気分。

 そんなこんなで非常に大満足の旅行だった。とはいえ、短期間に京都にばっかり行ったのでしばらくはいいかな?(甲冑撮影はしたいけど)
 あと、北陸新幹線に初めて乗ったが想像以上に快適だな。っていうか、全座席にコンセントがある、ってのが便利。結構スマホつかったんで移動中に充電できるのは非常に助かった。