真・こちんぴ雑記帳

 

                              3/6 3/7 3/10 3/12

3月6日 隣の市のアイスクリーム屋さんにアイス買いに行こうか?とチラっと考えるくらいにポカポカ陽気
 今日の富山県、最高気温が23度だったそうだ。
 まぁ、確かに暑かった。ジムにトレーニングに行ったけど、ノースリーブのトレーニングウェア持ってったからな。長袖なんか着てられっか!
 ちなみに明日は予想最高気温が13度とのこと。それ自体はこの時期にしちゃ暖かいんだが、前日比-10度とかマジ勘弁してくれませんかね?

 22時過ぎ。
 ガム噛みながらMHXやってたらやたらと硬いモノが。
 銀歯取れた。 (´・ω・`)
 今週金曜日に15年ぶりに歯医者に行こうと予約入れたのだが、なんという虫の知らせ。
 というか、少し早いよ!!
 正直、この銀歯を何時入れたかサッパリ覚えがない。おそらく小学校高学年か中学の頃。
 とりあえず抜けたところは舌で触ると穴が開いている感が自分でわかる。
 どうしたモンかねぇ?早くに歯医者行くのに越したことはないが、明日は外せない会議が午後からあるし。
 つか、銀歯って外れるモンなんだ。1回はめたら一生そのままかと思ってたわ。

3月7日 銀歯はめるまで硬い食物は厳禁らしい。削った歯が割れると言われた

 昨日の雑記にも書いたが、ガム噛んでたら銀歯が取れた。
 というわけで、午後から時間休取って歯医者に行ってきた。歯医者に行くの、実に15年ぶり。
 やっぱ嫌なもんですね。独特の匂いもだし、診察台で長時間放置プレイされるカンジとか。
 歯医者に「銀歯って寿命は5年程度なんですが、何年前に治療されました?」って聞かれたので「25年位前ですかねぇ?」と言ったらすげぇ驚かれた。
 普通はそんなに持たないらしい。
 ちなみに外れた部分は虫歯になっていた。とはいえ、そんなには酷くなかったらしい。麻酔を打ってドリルで削ったが、それで終了。抜いてブリッジにするどころか、神経すら抜かず。
 削った後は熱いものや冷たいものがしみないように詰め物を入れ、とりあえずは樹脂の仮歯をはめて終了。あとは銀歯を新造して被せ直すそうだ。
 他の部分は小さな虫歯が1本ある程度で非常に綺麗だと褒められた。
 ただし、歯石が非常に多いらしい。まぁ、15年歯医者行ってないから仕方ないか(しかも行ってた時も歯石取りを途中で止めた)。
 しばらくは歯医者通いが続くことになりそうだ。
 ドリルは別にいいのだが、歯石取りは非常に痛いらしいので(そーいえば、15年前も血だらけになりながら取った気がする)、それは気が重い。

3月10日 旅行はいつも独り旅ですが何か? (´・ω・`)

 オレが率いるチームだが、土日にも業務があるので会社出勤日とは別のチームシフトがある。作成者はオレなんだが。
 (周期表があって、それに合わせて組み込む)
 来年度のチームシフトを作るために総務から来年度の会社カレンダーを貰った。
 (´・ω・`)
 基本カレンダー通りかよ、来年度。
 来年度、GWが飛び石になるのでどうなるのかなぁ?と思っていたら、そのまんま飛び石でした。
 休みを取ったら取っただし、何も好きこのんでGWに旅行にいく必要はないのだが、気分的にね。
 行きたいところはいっぱいあるんだよねぇ。
 長野県上田の大河ドラマ館に行きたいし、県外に桜を見に行きたいし、東京江戸博物館で開催される「真田丸」展にも行きたいし(上田にも巡回で来るそうだけど)、去年行こうと思ったら改装中で行けなかった彦根城博物館も行ってみたい。
 あとは去年も行ってるが京都。行きたい店もいくつかあるが、去年楽しかったので甲冑着用をやりたい。着たい甲冑もいくつもあるし。
 行ったこと無い場所で行きたいなぁ、と思う場所もいっぱいあるのだが、流石に遠いからなぁ。北海道とか東北とか九州。
 今年はJAM Projectのライブツアーもあるしな。参加するとすれば東京周辺の会場と北陸地区だろうが(新幹線も開通したし、金沢に来ると予想しているんだが。新潟市でやるよりも関東と関西両方の集客が見込めるし)。

3月12日 来年もやると思うが、多分行かないな

 ウチの町には海洋深層水の汲み上げ施設がある。今から10数年前に日本全国で海洋深層水ブームが起きた頃、出来た。
 当時、オレの所属していた研究室でも海洋深層水の食品加工への応用を研究し、後輩への実験指導というカタチでオレも関わったことがある。ぶっちゃけ、上手く行かなかったけど。
 必要な量のミネラル分を確保しようとすると濃縮するから塩分濃度がエラいことになり、脱塩処理をすると必要なミネラルも一緒に無くなってしまう、という。
 そんなわけで全国的にも海洋深層水ブームはあっという間に過ぎた。
 ウチの町もアワビ養殖に乗り出したが上手く行かず、海洋深層水の使用を前提とした工業団地にはオレの勤め先の会社しか今は存在しない。
 (ちなみに海洋深層水の水温が物凄い低いことを利用して、熱交換による冷却効果のために使用している)
 そんな中、ある企業がやってきた。牡蠣の浄化加工の会社。
 牡蠣はそのままだと体内にイロイロ持っているので、海洋深層水にしばらくつけて体内の老廃物をすべて吐き出させ、浄化する施設。源泉掛け流し(?)の海洋深層水で浄化しているそうで、町のアワビ養殖施設を買い取るカタチで設立された。
 そんなわけでうちの町は今や牡蠣タウンと化している。町内の飲食店では牡蠣がいつでも食べられるし、浄化加工センターの隣には牡蠣専門レストランが出来た。町の婚活イベントもそこのレストランでやるくらいだからな(行ったこと無いけど)。
 出来て半年ほど経ったが、ウチの家族は行ったことがなかった。値段が高いしな。家族の総意としては「行ってみたいが、自腹で行くほどか?そもそも、そんなに牡蠣好きか?ウチの家族」ってことで。
 まぁ、町の居酒屋で飲んだりすると出てくることがあるので、牡蠣自体は食ったことあるけどな。

 そんな中、町で「牡蠣祭り」なるイベントが開催された。
 会社の人で前売り券を手配できる人がいて、そのハナシを家族にしたら「ハナシの種に行ってみるか」ということになり、家族で行ってきた。
 まぁ、微妙なイベントだったけど。
 10時開始だというので10時前にウチを出発。駐車場がないのは想定済みだったので会社に車を停め(会社の近くでやってるので)、歩いて会場に着いたのが10:15頃。
 すでに牡蠣以外の物産類が軒並み売り切れ。
 長蛇の列に並ぶが、初めてのことでスタッフの客さばきも微妙。
 システムは1000円で買った前売り券を渡すといろんな産地の生牡蠣を10個もらえる(当日券だと7個)。いろんな産地、というのはあくまでも浄化加工のセンターなので牡蠣自体は全国から送られてくるから(別にウチの町で養殖しているわけではない)。
 何がビックリって、箸と取り皿は別料金(100円。あとは軍手が片手分と小さいナイフがつく)だということ。マジかー!!
 これを買わないとアツアツの牡蠣を味もつけずに手づかみで食うことになる。というわけで釈然としないが購入。普通はこういうの料金内に込み込みちゃうん?
 道路を閉鎖して設置された焼き場に買った生牡蠣を持って行き、自分たちで焼いて食う。味付け用に一応ポン酢が設置されてた。
 
  大きさがいろいろあるのはいろんな産地の牡蠣があるから
 
 味は美味かったけど、イベントとしては微妙。行って牡蠣焼いて食ったら終了だからね。
 ウチの家族は結局、牡蠣を食った後に昼飯食いに洋食屋さんに行きました。だって、牡蠣だけ食ってもお腹は膨れないもの。