真・こちんぴ雑記帳

 

                              6/26 6/30 7/1

6月26日 流石に鮒寿司を居酒屋で注文する根性は無かったよ・・・(というか、すげぇ高いのな)。
 6/24~6/26で独り旅に行ってきた。
 いやぁ、楽しかった。
 初日は京都に行き、去年も行った撮影スタジオで甲冑着用撮影。今年は武田信玄

  これは面頬着用ver.

 感想としては兜が重い&視界が悪い。去年の真田信繁の具足に比べれば武田信玄の具足は型が古い。なので、全体的に重いのだよ。しかも白熊(白いモフモフ)あるしね。
 それにしても楽しかったなぁ。今年はメイクだけじゃなく、ヒゲもつけたので。自分で言うのもなんだが結構、サマになってた。
 その後はイロイロ買い物したり、下鴨神社にお参りに行ったり。行ってみたかった出町ふたばに行って豆餅も食った。
 その日のうちに彦根に移動。
 2日目は彦根城。ひこにゃんショーを最前列で見て、あまりの可愛さにスマホで動画撮影までしてしまった。
 午後から豊臣秀次が治めていた近江八幡へ。時代劇でもよく出てくる八幡掘を見たり、バスに乗ってちょっと離れた場所にあるバームクーヘン屋さんに行ったり。
 そのバームクーヘン屋の帰り、外国人観光客に英語で話しかけられ、英会話をするハメに。意外と通じるモンですな。というか、バス停で10分ほど雑談し、途中までバスが一緒だったのでバスの中でも多少話したけど。
 そして、滋賀に行ってから初めて知ったのだが、滋賀にはアニメ「けいおん!」の舞台となった学校のモデルがあって聖地となっているそうな。
 というわけで聖地巡礼に行ってきた。調べたら交通の便が異様に悪く、もともと行く気は無かったのだが、外人さんと別れた後に検索したら奇跡的にいい感じで電車が接続することが判明したので。
 いやぁ、NHK BSで「けいおん!」再放送中なの見ててよかった。

  見てない人にはただの学校

 廃校になった後、地区の交流センターになっているとのことで、地区の老人たちと全国のヲタクが混在するというカオスな空間。
 音楽室にはティーセットやお菓子の食品サンプル、楽器等が置いてあったが、すべてファン有志の寄付らしい。すげぇな。
 3日目は長浜へ。
 長浜城は正直展示物も含めて期待はずれだったが(コンクリ天守だしね)、長浜には何故か海洋堂ミュージアムがあるのだよ。
 いやぁ、ここは楽しかった。海洋堂の歴代製作フィギュアが置いてあったり、ジオラマがあったり。
 思わず幾つか買いたくなったくらいだ(高いのと荷物になるので購入見送り)。

  ケンシロウ等身大フィギュア。意外と小顔

 今回の旅行は総じて満足度が高かった。食事もどれも美味しかったし、ホテルも思いの外良かった(大浴場があったが、風呂に入りながら彦根城天守閣見えるし)。
 やっぱ社会人になっての旅行は満足度が高い。というか、金を考えなくていいってのはいいな。別にじゃぱんまねーぷっしゅ連発ではないが、例えば「せっかく滋賀に行ったんだし、近江牛食いたいなぁ」と思って、あんまり悩まずに注文できるとか。
 そのへんはオトナの余裕、ってヤツですかね?

6月30日 石田三成の甲冑とかいいよな、モフモフで

 旅行に行った際に撮った「武田信玄の甲冑を着た写真」のCD-Rが届いた。
 帰宅してからずーっと見てニヤニヤしつつ、LINEのアイコンをこの写真に変えたりしている(携帯で撮ったのはどうしても画像が荒くて暗いので)。
 流石に素顔を晒すのはイタい人感が否めないので、面頬着用Ver.だが(それでも十分にイタいと言うツッコミは無しの方向で)。
 正直なところ、コスプレには全く興味がなく、いくらガンダムが好きだからといってもシャアのコスプレをしたいとはコレっぽっちも考えないが、甲冑は別。
 アレも着たい、コレも着たい、的な。
 何が違うんだろう?と思ったが、歴史上の人物だからいいのかもしれん。
 例えばシャアは完全に正解があるが、武田信玄だったら中井貴一とか市川亀治郎(現:市川猿之助)とかいろんなパターンがあるわけで。何せ今や戦国武将が美少女キャラにされるご時世だからな。もはや何でもアリだろう。
 そんなワケで比較的、客観的に自分の武将姿を見られるのかもしれん。
 とはいえ、いくつか無理だろうなぁと思う武将はある。例えば上杉謙信の行人包は丸顔でやるとツラいだろうなぁ、と思う。アレはやや面長な人がやるとよい。
 (個人的にアレを1番キチンと着こなしているのは山本耕史だと思う)
 あとギミック好きな身としては、派手な甲冑がいいよな。

7月1日 ディーラーが地味に遠い&仕事で土日出勤があるのでスケジュール調整が大変

 ニュースで見たんでひょっとして?とは思っていたが、今日になって通知が届いた。
 オレの記憶が確かなら、プリウスは前にもリコールあったんだよなぁ。またかよ。
 通知を読むと2件のリコールが該当し、修理に4時間かかるらしい。
 しかも燃料タンクがらみのリコールのため、「燃料をある程度減らしてから修理に持って来い」という指示まで書かれていた。うわっ、面倒くさい。
 オレの車は来月に定期点検があるので、そこでついでに修理依頼をすることになるとは思うのだが、定期点検時には車のボディーコーティング処理も毎年行っており、それプラスリコール修理となるとかなりの時間を要するハズだ。
 というか、通常の点検+ボディーコーティングだけでもヘタすると1日車を預けるパターンなのに、リコール修理込みだと確実に1泊2日コースじゃないか!