真・こちんぴ雑記帳

 

                             12/5 12/7

12月5日 学校の先生って大変だなぁ、とつくづく思う

 ウチの部署に新人が入ってきた。
 で、新人教育をすることになった。今回の新人は立ち位置が微妙で、あえて言うと「オレが持っている仕事の大部分を移行することになる人」という扱いなので。
 というか、会社の商品開発を7年間オレ独りでやってた事のほうがおかしいと思うの。  (´・ω・`)
 とりあえず教育に関しては上司に委任(というか、丸投げ)されているので、独自に教育プログラムを作成し、教育資料も作り、普段の仕事もしながら教育することに。
 当然新人にはしばらくベッタリ張り付いてマンツーマンで教育するので、自分の仕事は停滞しまくりですよ。基本、残業とかで凌ぐカンジで。
 今日は初日だったのだが、思いの外疲れた。っていうか、1日ずーっと講義するってのは疲れる。恐らく聞いてる方も疲れたに違いないけど。
 こんなんがあと1ヶ月続く、と思うと、なかなか大変だな。

12月7日 2週間で3本のライブ参戦、となかなかハードなスケジュールであった

 今日、イエモンの復活ライブツアーに行ってきた。
 富山にあるオーバードホールの5階。思ったよりも見やすかったけど、見下ろす感ハンパねぇ。高所恐怖症の人だと多分ダメだな。
 ライブ自体は復活ライブなのでベスト的なカンジだと思っていたのだが、割と初期の楽曲とか、アルバム収録曲が多かった印象。ネットで見つけたセトリによると、
 
 Subjective Late Show
 ALRIGHT
 ROCK STAR
 I Love You Baby
 VERMILION HANDS
 聖なる海とサンシャイン
 FOUR SEASONS
 SHOCK HEARTS
 審美眼ブギ
 Foxy Blue Love
 SLEEPLESS IMAGINATION
 パンチドランカー
 赤裸々GO!GO!GO!
 太陽が燃えている
 SUCK OF LIFE
 FATHER
 砂の塔

 JAM
 バラ色の日々
 悲しきASIAN BOY


 とのこと。SLEEPLESS IMAGINATIONなんてインディーズの時のアルバムの曲だからなぁ。そりゃ聴いてもピンとこんわ。
 ちなみにライブ自体は盛り上がったが、時間はやや短め。短めと言っても2時間ちょいやってたんだが。どうもJAM Projectのライブがオレの中の基準になってるからなぁ。こないだの幕張なんて3時間半やってたし。
 (先週のKalafinaは2時間半やってたが、MCが異常に長かった、という事情があったので)
 体力的にもイエモンライブもそれなりに疲れたが、割と平気。やっぱJAMライブってすげぇのな、体力の消耗度。
 イエモンライブそのものは楽しかったので、来年の25周年ライブで富山に来るような事があればまた行きたいかな。