真・こちんぴ雑記帳

 

                            9/17 9/19 9/20 9/21 9/23

9月17日 誕生日の夜に、晩御飯としてホテルの部屋で独りハニトーを食べる41歳
 長きに渡る出張の旅から戻った。
 まぁ、ずーっと出張だったわけではなく、

 9/11 午後に横浜入り
 9/12-9/15 横浜で講習。9/15の講習終了後に横浜から浦和に移動し、GURUとhirataさんと飲み
 9/16 大宮から日光に移動。華厳の滝、竜頭の滝、日光東照宮を観光した後に宇都宮に移動し、餃子食べ歩き
 9/17 宇都宮から大宮経由で帰宅

 ってカンジ。
 流石に6泊7日もホテルで過ごすと食生活の乱れっぷりがハンパない。特に横浜で泊まっていたホテルは「アルコール飲み放題。おつまみ・ラーメン食べ放題」という破格の無料サービスがあってな。
 初日にバーに行ったものの、この食生活をずっと続けるとヤバいな、と思って初日のみにしておいた。まぁ、講習始まったら勉強で忙しかったし。
 そんなわけで飲み放題に入り浸ることはなかったが、今回の裏テーマとして「新商品開発に必要な治験をお店が充実している関東で蓄積する」というのがあったので、食事の偏り感はハンパない。インドネシアカレーにタイカレー、カオマンガイ*2と独り東南アジア祭り
 しかもインドネシアカレーは辛さ80倍で。山があったら登るのと同様、激辛メニューがあれば食うでしょ?まぁ、そのせいで腸内細菌が全滅して1日調子悪かったけどさ。
 他にも泊まったホテルのサービスで9/14には無料でのハニートーストサービスがあり、独りでハニトー1斤を完食。宇都宮では餃子屋を3軒ハシゴ、と41歳の食生活とは思えない日々を繰り広げてきた。
 とりあえず、しばらくは自重します。 (´・ω・`)

 ちなみに初の栃木県は可もなく不可もなく。
 いろは坂からの華厳の滝は良かったが、竜頭の滝は若干拍子抜け。東照宮周辺は3連休の初日ということもあって、じっくり見るというよりはベルトコンベアで流動させられる的な観光というか。
 そして餃子は本命の店は17時の時点で餃子が売り切れており、別の店で1時間近く待って食事。その後、真向かいにあった客が1人もいないラーメン屋で餃子を食い、その斜め前のガイドブックに載っていた店でも餃子を食べてみた。
 結論としては、餃子はどこで食っても美味い、ということで。
 っていうかさ、カレーと餃子、特に焼き餃子は不味く作るほうが難しいよね。どんなにクソみたいなチェーン店でも焼き餃子はそれなりだもの。
 個人的嗜好としては2軒目の客が誰もいない店の餃子が一番美味かった

 なお、今日の14時に自宅に戻ってきたが、その後はずーっと家で講習のレポート作成。
 明日も勤務シフト的には休日なのだが、会社に行ってメールチェックして、各種書類を作って、上司とミーティングの予定。
 来週日曜からは神戸に出張だし、無駄に忙しすぎないか?

9月19日 正直なところ、果物の中でバナナの優先順位はすこぶる低い。リンゴ、梨、グレープフルーツあたりが個人的上位。加工品だとマンゴー一択

 ウチの親会社、国産バナナの生産をしている。
 で、ウチの会社にそれが届いた。1本600円以上するらしい。
 昼飯時に一口サイズにカットされたのが振る舞われたので、食べていた。
 ・・・。正直、高級と言ってもバナナはバナナだよね。 (´・ω・`)
 確かに安い果物よりも高い果物のほうが美味いとは思うが、ある程度のレベルから基本頭打ちになるような気がする。というか、バナナは基本の味が単純だから特に。
 ネットリ感とか、甘みとか、高いなりの特徴があったように思うが、自腹で買うか?と聞かれるとねぇ。
 個人的には600円のバナナ買うなら、600円のケーキが食べたい。

9月20日 再検査を受けないと人間ドック受信の補助が出なくなり、5万以上自腹になるので再検査は必須。まぁ、再検査は自腹になるけど

 先日受けた人間ドックの結果が届いた。
 幾つかの数値は去年より悪化していたものの(太ったからね)、概ね想定内。いつもの如く、「要経過観察」という名の高値安定
 ところが、ですよ。
 1箇所、「1ヶ月以内に要精密検査」の判定がついた。
 しかも便潜血。全く身に覚えがないだけに、動揺しまくりである。
 ネットでググった結果としては、便潜血陽性になるのは大腸がんとか直腸がんとか、大腸ポリープとか、要は大腸の腫瘍系の病気らしい。
 もちろん、腸壁に傷がついたとか痔でも陽性になるようだが。というか、そっちのほうが当然多い。
 自分で言うのも何だが、オレはちょっと度を越した辛いモノ大好き人間なので、腸に負荷はかかっているだろうし(とはいえ、ドック前は控えてたぞ、辛いモノ)。
 2日間分の検査で1日分だけ陽性だったので、「たまたま血でもついたのかな?」くらいに軽く考えていたのだが、どうやら腫瘍系の出血は出たり出なかったりらしいので、2日とも陽性にならずともその可能性はあるのだとか。
 とりあえずは再検査、ということになるのだろうが、そこもイマイチよくわからない。
 ネットで見たカンジだと「とりあえず再度検便して再検査」と書いている記事と「再検便には意味が無いから大腸内視鏡検査」と書いてある記事があってな。
 大腸内視鏡検査に至っては、前の日から断食し、検査当日に2L分の下剤を飲んで、お腹が空っぽになってから内視鏡を入れる。しかも医者が下手だと痛い場合もあるらしい、などと書かれていてそれだけでゲンナリする。
 とりあえず明日会社を早退して近所の医者に行ってみることにするが、おそらくは隣の市の総合病院に再検査に行けと言われるんだろうなぁ。そうなると初診で行って、内視鏡検査で行って、検査結果聞きに行って、と無駄に会社を休んで何度も病院に行く事に。
 同僚とかになんて言って休もうか?
 流石に「便に血が混じってまして(キリッ)」ってのは何か恥ずかしい。かといって、普段全く会社を休まない人間がいきなり何度も会社を休むのも不審だしなぁ。
 ただでさえ9月、10月はスケジュールが仕事のスケジュールがパンパンなので、そもそも病院に行く予定をぶっこめるのかも微妙。

9月21日 皆様もお体にはご自愛の程を

 昨日の続き。
 会社を早退し、近所のかかりつけ医に行ってきた。ちなみに同僚には正直に告白(今後も何度か休むだろうから)。「痔じゃない?」と身も蓋もないコトを言われたが、本人的には少なくともその自覚はない。
 痔だけにね。
 病院で待つこと、30分。
 「ウチじゃどうしようもないから、紹介状書くんで隣の市にある総合病院行って」と言われて5分で診察終了。ちなみにコレで診察代1600円也。
 その後、隣の市の総合病院に電話したが、電話で予約は無理とのことで仕事が落ち着いた頃に会社休んで朝から病院に行くことになりそう。
 おそらくその時は内視鏡検査の日程決定で終了で、別日に改めて内視鏡検査に行くことになるのだろう。
 こっちも心配ではあるのだが、むしろ今回の人間ドックの結果では持病となっている胃のほうが気になる。
 今回始めていつもの胃炎以外に「粘膜下腫瘍」なる診断がついて。腫瘍ですから。
 かかりつけ医にも確認したが、大きさが小さいので(10mm以下)、来年の人間ドックまで放置でいいらしい(人間ドックでの所見も「要経過観察。来年確認すること」となっていた)。ネットで見たカンジでは治療のガイドラインというのがあって基本的に20mm以下であれば問題はないようだ。
 基本的に、というのは見た目的に明らかにヤバそうな場合等を除いて、ということなのだろう。
 人間、40も過ぎるとカラダの節々にガタが出ますな。

9月23日 すべての泊まり出張は金曜日に設定すべきだと思うの (´・ω・`)

 夏クール終わりなのでニコ動で秋クールアニメの予習をしたが、見ようと思う作品が少ないなぁ。
 っていうか、2期モノ多すぎ。もっと完全新作でなんかやろうという気概は無いものか?
 個人的にはロボット分が皆無なのもマイナスポイントだな。
 夏は「アホガール」が覇権アニメだったが(異論は認める)、秋はどうなるのやら。

 明日から出張に行くので準備をしている。行き先は兵庫県。グループ企業の工場がやらかしたので、会議と監査のために上司と出張。
 昔は工場監査に何回か行ったこともあったのだが、4年ぶりぐらいの工場監査じゃなかろうか?ウチの会社、今は工場監査を専門に行うチームがあって、そちらが行くのがスジだし。
 監査に必要なのでデジカメも久々に用意。永らく使ってないなぁ。というか、10年位前だぜ、今のデジカメ買ったの。
 ちなみに明日は普通に出勤シフトに組み込まれていて、7:00~12:00まで会社で仕事。13:00に新幹線に乗り、17:00過ぎに神戸着。
 翌日は8:00前に移動して、終日会議と監査。富山に戻ってくるのは21:00過ぎの予定。
 楽しみとしては、晩飯何食おうか?くらいだなぁ。観光とか出来るわけでもないしね。
 日曜移動、月曜出張で夜遅くに帰宅とかまったくテンションが上がらん。