真・こちんぴ雑記帳

 

                            12/31 1/1 1/4 1/5

12月31日 明日初詣に行く前に、と思ってダルマに目を入れたものの、特に何かを成し遂げた感は無い
 今日で2017年も終了ですな。
 今年は本厄なので結構ビクビクしていたのだが、比較的波風の少ない1年だったように思う。
 仕事に関しては上司から「部下に仕事を任せて、もっと身軽に」と言われ、働き方改革を考えることに。正直、そこまで任せられてはいないのだが、一時期よりは負担は減ったような気がする。
 残業も月40時間とかだったのが今じゃ20時間前後だし。
 プライベートの方はもっと波風が立ってない。体調不安が気になるくらいか。人間ドックの数値は軒並み上がったし、人生初の直腸内視鏡で大腸ポリープが見つかって切除。腰痛も現状維持と言うか、騙し騙しだし。
 来年は来年で後厄なんだが、波風は無いに越したことないです。 (´・ω・`)

1月1日 ドラマ「風雲児たち」が期待以上に良かった。その後に見た「相棒」がガッカリな出来だっただけに

 あけおめことよろ。
 というわけで、2018年です。
 とはいえ、紅白歌合戦見ているうちにうたた寝してしまい、起きたら年を越していたんだが(なので、安室も桑田佳祐も見ていない。エレカシ出たトコくらいまでは覚えがある)。
 今日はとりあえずいつも通りに6時に起き、朝イチで隣の市の神社にお参り。後厄ですから。
 その後はダラダラTV見たりして無為に過ごした。
 明日と明後日で冬休みも終了なんだが、基本こんなカンジだろうな。

1月4日 ずーっと座りっぱなしでひたすらハナシを聞くのは割と辛い

 ウチの会社、今日から仕事始め。
 ここ数年の慣習として、町のホールを借りて講習会を行うことになっている。
 まぁ、ある種の苦行ですわ。 (´・ω・`)
 何が辛いって、会場が驚くほど寒い。年末年始にお休みで冷え切った館内に朝イチで出勤して講習なので会場が冷え冷え。こっちも例年の事なのでカイロを貼り、厚手のコートを着込んで参加したが、結局最後までコートを脱ぐことはなかった。
 しかも冷え切った館内を暖めるためにエアコンをガンガンに入れるので会場の乾燥っぷりがハンパない。ペットボトルのお茶を2本と、コンビニで買ってきたコーヒーを飲んだがそんなんじゃ乾燥に追いつかない(オレの飲む量が多いわけじゃなく、他の人もたいていこんなカンジ)。
 冷え冷えな中でみんな大量に飲み物飲むから、講習中だというのにみんなやたらとトイレに行く。っていうか、講習と講習の合間に普通は休み時間を入れるもんだが、何を思ったかガチガチに講習が詰め込んであったので講習抜けてトイレに行くしか無いんだけどさ。
 参加者も年末年始で体調を崩した人が多いのか、咳き込む人が多数。乾燥した部屋に風邪っぴきを複数入れて、会場締め切り。もはや狂気の沙汰だな。
 講習そのものも9:00から17:30とキッカリ通常勤務と同じ時間やる。お正月だからちょっと早めに終わらせよう、的な気遣いは基本無い。

1月5日 残業を手控えて土曜にちょこっと出勤する、ってのも考えたが、それは避けたいよね

 こういう記事を見るとなかなかに複雑ですな。そもそも「博士」って職業じゃないよね? (´・ω・`)
 博士はあくまでも資格であって、仕事ではない。「博士号を持っていたら月々決まった額のお給料が振り込まれます」とかだったら嬉しいけど。
 昔の人が天才児に対して言った「末は博士か大臣か」も比べる基準が違うと思う。まぁ、昔は博士=大学教授、みたいなイメージだったんだろうが、今の御時世は博士はそこまで珍しい存在ではない。
 オレの大学の同期だって、全部で約60人弱いた中で博士号取ったのはオレが知っている限りでオレも含めて5,6人くらいいるし(社会人になって取ったmochiyaも含む)。「大学生の1割が博士になります」と言うとグっと希少度が減るよね。実際には文系で博士号を取る人はかなり少ないだろうから、そこまで世の中が博士で溢れかえっているわけではないが。

 今日から本格的な仕事始め。早速、残業3時間だったけどな。
 会社に出勤してみると年末にバタバタと仕事が入っていてな。元々月初は忙しいというのもあり、一気に仕事がやってきた感。もう少し正月に浸っていたかったのに。
 明日からは3連休なのだが、会社から仕事を1件持ち帰り。