真・こちんぴ雑記帳

 

                            2/11 2/13 2/14 2/15

2月11日 2ヶ月に1回位しか行かない店なのに注文が特殊だからか覚えられているっぽい (´・ω・`)
 富山県、何とか天気が持ちこたえたので富山市までお出かけしてきた。
 ジョン・ウー監督最新作「マンハント」を見に。
 まぁ、ビックリするほど駄作だったわけだが。 (´・ω・`)
 前評判がイマイチだったので期待せずに行ったが、それにしても酷い。
 何が酷いって脚本のリアリティーの無さが。作品の舞台は大阪なのだが、郊外に広大な空き地があって唐突に鳩小屋が建っていたり、街の真ん中に巨大スラム街があったりする。
 銃撃戦がメインなので街ナカでドンパチは仕方ないとして、田舎にあるヒロインの家は使用人もヒロインも猟銃で武装し(一応、狩りのためだと説明は入るが)、和室には当然のように日本刀完備。
 ラストの製薬会社研究施設は無論、警備員全員が銃を携帯。
 ジョン・ウー映画なので銃火器に関してはツッコむと負けだが、それ以外にも主人公が事件に巻き込まれる理由がザルだったり、大阪が舞台なのに登場人物が全員標準語だったり、「銃は使ったことがないし人は撃てない」とか言ってた主人公が後半はバンバンワンショットキルしたり(職業が弁護士なのにやたらと強い)、主人公は精神崩壊する薬品を注射されても何故か自我を保っていたりする(理由は特になし。他の人は自我がコントロールできなくなっている描写あり)。
 昔のジョン・ウー作品は荒唐無稽な中にも一定のリアリティーはあったように思うのだが、そんなものは一切なし。とりあえず日本とは思わず、架空の国と思ってみるしか無いな。
 肝心のアクションも過去作品の焼きまわしというか、セルフリメイクっぽさが否めなかったしなぁ。
 褒めるべき要素としては桜庭ななみが可愛かったことくらいか。

 とりあえず、富山市に行ったらよく食いに行く「是空」の辛つけ麺食ってきたからヨシとしよう。
 (「是空」自体は福井が本店で石川と富山に数店舗ある)
 ちなみに写真のは辛つけ麺の激辛(普通、中辛、大辛、激辛の順。メニューで一番辛い)+激辛分の辛味追加、ライス、鶏唐揚げ。
 唐辛子でドロドロになったつけ汁にライス投入(゚д゚)ウマー

 

2月13日 結局のところ、今日の業務実働は1時間って事になるのだろうか?

 今日は東京日帰り出張。
 新幹線の時間が10時頃発だったので会社に寄ってから出発のつもりが富山が雪ガチ降りのため、自宅から直接向かうことに。
 ちなみに雪は長野まで行ったら全然無かった。あいつら、雪国のくせに裏切りやがって。
 若干新幹線は遅れたものの、12:30には東京着。
 付き合いのある資材メーカーと取引先に向かうことになっていたので、資材メーカーの東京営業所がある神田に。
 神田で昼飯を食うことになり、ウチの会社の同行者の意向でこの店に行ってきた。
 汁なし担々麺(゚д゚)ウマー。本当は特製汁なし担々麺(普通の担々麺に味玉とチャーシュー追加)を食いたかったのだが、資材メーカーの人がおごってくれる事になり、流石に自重した。自腹で追い飯用のライスは注文したけどな(食券制なので)。
 初めての店でリサーチ不足だったが、辛さと痺れの調整も可能だった模様。それなら激辛&山椒増しにしたのに。
 神田は地味に行ってみたいラーメン屋多いんだよなぁ。ココとか。
 で、銀座にある取引先に着いたのが14:00で、打ち合わせ終わったの15:00。
 これで東京での業務終了。早いな!
 銀座なんて普段はまず来ないので(多分、10年ぶりくらい)、せっかくなので銀座三越に行ってきた。
 会社の同僚に「銀座に出張に行く」というハナシをしたら当然のように「銀座で土産を買ってきて」というハナシになり、その流れで「そーいえば三越にはお歳暮でちょいちょい利用している店がある」と言ってしまったら「じゃ、そこで」ということに。
 鈴木君に送る御歳暮の洋菓子を「ジャン・ポール・エヴァン」で買うことがちょこちょこあるんだよなぁ。三越じゃなくて伊勢丹のサイトだけど。
 オレ自身、人に送るのにはちょこちょこ買うのに食ったことがないので行ってみることにした。
 失敗した。 (´・ω・`)
 明日、バレンタインデーだったわ。

 ジャン・ポール・エヴァン、チョコが有名だということもあって長蛇の列ですよ。しかも全員女性。明らかに男独りで列に並ぶのは誤解を招きそうな雰囲気。
 列に並んでいる時に従業員の方と少し雑談してみたのだが、
 ・3連休中のほうが行列は凄かった。今日は平日なこともあって比較的短いほう
 ・ジャン・ポール・エヴァンはチョコのコンディションを保つために販売エリアを他のフロアと隔離して空調管理し、人数制限をかけているので客が捌きにくい
 ・種類が多いのでお客さんがセレクトするのに時間がかかる
 という事を教えてもらった。 ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
 結局、30分以上並んで無事購入。チロルチョコ的な大きさのチョコが1個400円以上するのだが、会社の人達に値段的なことが気づいてもらえるのか不安だ。「お土産、チョコ1個ずつかよ!」と思われるとちょっとショック。
 ということで、保険にマカロンも買っておいた。マカロンも値段がわかりにくいお菓子だけどな。
 16:30の新幹線に乗り、富山に戻ったのは19:00過ぎ。これくらいだと普段残業した時程度の感覚なので気分的には楽。

2月14日 会社以外だと行きつけのマッサージ屋さんにも義理チョコもらっているのでお返しを用意せねば

 今日、会社の同僚からバレンタインデーのチョコとチョコバームクーヘンを頂いた。無論、義理。
 ありがたいはありがたいが、社会人的にはなかなか大変。
 オレの率いるチームは男がオレ1人で女性が5人。バレンタインデーは女性5人でオレに渡すことになるのだが、ホワイトデーは逆。
 1人で5人にお返しすると、諭吉君が確実に1人消える感じになるよね。
 向こうは1人1000円ずつだとしても、5人だから5000円となり毎年それなりに豪華なプレゼントを頂く。それに対するお返しともなるとこちらも気合を入れざるを得ない。
 幸か不幸か今年はちょうどホワイトデー前に東京で講習会に参加することになっており、東京土産&ホワイトデー的なモノになると思われ。逆にハードルが上がるのか?

2月15日 どーせ昼飯食って講習会参加して、そのまま帰るんだろうしな

 実は撮影自体は相当前に終わっていたらしい。小出恵介が出演していたので、再度撮影をし直したとか。
 「アクロイド殺し」自体は中学生の頃に読んで驚いた覚えがある。従兄弟に勧められて読んだ初クリスティが「アクロイド殺し」だったなぁ。
 ネタバレになるので細かくは触れられないのだが、映像化には非常に不向きだと思う。どうするんだろうね?

 来月、金沢に出張することになった。当然日帰り。
 実は隣の県なのに基本行かないんだよな、金沢。
 前に行ったのは2年ぐらい前に講習会参加のためだったが、会社の社用車で4人で行った記憶。その前も講習会でオレの運転だった。
 プライベートだと富山に戻って1年目とかに何を思ったか独り旅で行ったな。桜には早く、梅には遅いという中途半端なタイミングで兼六園に行き、21世紀美術館は改装工事中で見られる施設に制限がかかってた事しか覚えがない。
 北陸新幹線開業後も意外と行かない。今回は行き先にあまり駐車場がないらしい&車だと時間が読みにくい、って事で新幹線で向かう予定だが。
 とりあえず、美味しいランチのお店の情報希望。