真・こちんぴ雑記帳

 

                       9/8 9/9 9/10 9/11 9/13 9/14

9月8日 ミリタリージャケットも自分用誕生日プレゼントとして1着購入。今持ってるの、10年以上着てたし
 今日、ジム帰りに寄った本屋でホビー雑誌を立ち読みしていて、こんなモンが発売されるのを知った。
 自他共に認めるガノタでシャア好きだけど、流石にこれは買わんわ。つか、高けーよ!!
 流石に今週末が誕生日でもポチらないわ。ちなみに昨日の雑記で書いた多治見要蔵フィギュアはポチったけどな。数年ぶりに買う人物フィギュアがよりによってアレかい!
 こっちは欲しいが、このシリーズ高いんだよなぁ。多分、ドモンも12000円前後だと思われる。220mmくらいのフィギュアって事でデカい上に、造形重視なので基本的に殆ど動かせないのもマイナスポイント。おそらく差し替え用の顔と、腕が付くくらいじゃないだろうか?過去シリーズの流れから考えると。
 発売が正式決定したら検討しよう。

9月9日 「いだてん」は毎週見ている。面白く見ているが、視聴率は取れないだろうなぁ、とは思う。クセ強いし

 出世したなぁ、メテオ。
 (知らない人向けに説明すると、「仮面ライダーフォーゼ」で2号ライダーの仮面ライダーメテオを演じていた)
 個人的には渋沢栄一は大河の題材としてちょっとどうなんだろう?という気がするけど。新1万円札になるし、波乱万丈なので大河の題材には向いているのかもしれないが、若い時からやると晩年はよほどの演技力がないと厳しいような気が。
 享年91歳だからねぇ。
 「具体的に何をやった人か?」と聞かれて明確に答えられないあたりも大河主人公としては厳しい。正直なところ、オレも「たくさんの会社を起業して、近代日本の商業界に大きな影響を与えた」くらいしか知らない。
 あと、「いだてん」で視聴率が壊滅的になった大河を立て直すには、戦国モノを連発するのが得策では?と思っていたので、視聴率が取りにくいとされる幕末~明治・大正をやるのはリスクあるなぁ、という印象。
 「麒麟がくる」の翌年にあえて戦国をもう1回持ってくるくらいで良かったと思うんだけど。石田三成とかな。
 そして、これで「西郷どん」から4年続けて男性主人公大河となる。こうなると2022年は女性主人公大河だろうなぁ、流石に。
 女性主人公でやるほどの偉人ってあんまり残っていないぞ。「いだてん」から数年はあまり冒険せずに手堅くやって欲しいんだけど。
 「視聴率は高いけど、全く面白くない大河」ってのも過去には少なからずあるので、視聴率が全てとは言わないが、ある程度取ってもらわないと時代劇そのものが危うくなるので困る。
 そのへんは難しいところだ。

9月10日 クレーム品を調査すると、お客様由来の原因ばっかりなんだけどな

 オレの所属する部署はお客さんのクレーム調査もやっている。
 担当者はいるんだが、上司のオレのところにもクレーム内容は届く。
 で、たまにどうしてそうなった?的なクレームが来る。
 今日来たクレーム。
 「製品を開けたら黒くなっていたが、そんなモンだと思って食べた。お腹が痛くなったがどうしてくれる?」
 (;゚ Д゚) …!?

 ちなみに製品は白米なんだが、黒かったら疑問に思おうよ。
 過去にあったヤツだと、「開けたら中身が液状化していた。食べたらお腹が痛くなったがどうしてくれる?」もあった。というか、割とコレはちょこちょこある
 ごはんが液状化してたら諦めようよ。 (´・ω・`)
 昔、残業していたらお客様相談窓口の電話でなく、会社の事務電話にものすごい勢いでクレーム電話してきたのに出ちゃったことがある。
 「開けたら変な臭いがして、色が変わっていたが、麻婆豆腐かけたらイケると思って食った。気持ち悪くて吐いたがどうしてくれる?」という内容だったが、変な臭いがして色が変わっている米に麻婆豆腐かけたらイケるようになる根拠を示してくれよ。
 麻婆にはヒーリング効果でもあるのか!?
 とりあえず言えることは、みんな勝負しすぎ
 きっと人生にはもっと大きな勝負のタイミングがあって、腐っているごはんを食って体調崩すかどうかは挑まなくていい勝負だと思うの。
 っていうか、その勝負、すでに負けてますし。

9月11日 「タイムスクープハンター」の劇場版見るのに、新潟の長岡まで高速飛ばして行ったことがある

 先週の雑記でチラッと書いたが、見に行きたい映画がある。
 三谷幸喜監督の「記憶にございません!」と京アニ制作の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」
 そして雑記にも書いたように、普段行くショッピングモール併設の映画館は改装中。
 仕方ないので県西部の映画館に行こうと思っていたのだが、ここでも問題が。
 県西部の映画館、ショッピングモールに併設しているが、そのショッピングモールが9/14に大幅リニューアルオープン。そして映画館自体もサービスデーで映画割引。
 どう考えても激混みである。
 さらに2本の映画をハシゴしようとすると上手く行かない。15分しか時間がないか、3時間間が空くか。両極端だな。
 せっかくなので映画の合間には美味しいモノとか食いたいじゃん。15分じゃ無理だぜ?どう頑張っても映画館のあまり美味くも無いのに高いフードメニューで空腹防ぐくらいしかできない。
 かといって、3時間もいらねぇ。帰りも遅くなるしな。
 今回のボトルネックが「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」なんだよね。富山で上映している映画館が県西部の映画館しか無い。
 実は金沢駅に隣接する映画館はちょうどいいカンジなんだが、流石に金沢はなぁ。高速道路で行くのも遠いし、新幹線も考えたが、往復で7000円くらいする。観光しに行くならまだしも、「映画見るために新幹線使う」は何か違う気がする。
 ちなみに来年の冬に「ガンダム Gのレコンギスタ」劇場版が公開されるが、富山での上映は無し。一番近いので金沢。
 さらに「ゴブリンスレイヤー」劇場版は最寄りの映画館が新潟市という。もはや最寄りでも何でもねぇ。

9月13日 人間ドック後にケーキ買って帰った。明日、誕生日だしいいよね? (・∀・)

 今日は年1回の不健康診断人間ドック。
 今までは隣の市の公立の病院に行っていたのだが、胃カメラつきドックで申請をすると全然予約が取れない。会社の総務に手続きを依頼したら、4月に申し込んだ時点で受診日は来年の1月、って言われた。
 馬鹿なの!?
 で、仕方がないので2つ隣の市にある民間の病院に行くことにした。数ヶ月前に、「深田恭子が会社社長と人間ドックデートで金沢にお忍び旅行」みたいな報道があったが、その系列病院。というか、今回オレが行ったのが本店(?)で、金沢のはセレブ向けらしい。
 ちなみに料金はベーシックプランで60000円(税抜)。去年まで受けていた公立病院のちょっといいプランより10000円お高い。ウチの会社、人間ドックには補助金が出るのだが、流石にこのお値段だと一部は自己負担じゃないのかな?(記憶が確かなら、会社負担の上限は50000円だったハズなので)
 その代わりと言っては何だが、いろいろと測定がつく。
 フィットネスジムを併設しているからか、ジムスペースで体力測定をやったり、体脂肪だけでなく、筋肉量や体の筋肉の付き方のバランスまで測定してくれる。
 肺もレントゲン以外にCT撮影したり、超音波測定も内臓だけじゃなく大動脈超音波を見たりする(脳梗塞とかのリスク判断らしい)。あとは全身の動脈硬化を見たり。
 アンチエイジング的な数値の測定もあったりする。
 さらに人間ドック後は意識高い系のランチが提供され、フットマッサージをマッサージサロンで受け、大浴場でお風呂に入る事ができる
 正直なところ、人間ドック後は意識高い系ランチじゃなく、カラダにクソ悪そうなメニューを食べたいのだが(ちなみにここ数年は休日だと激混みのイタリアンレストランに行ってピザ食ってた。平日昼間じゃないと男独りで行けないし)。
 とりあえず速報的な結果だけ聞いたが、深刻な問題はなさそうだけど不健康、というところだろうか?
 消化器系は例年指摘を受ける胃炎にプラスして、逆流性食道炎で要経過観察。
 肝臓には肝血管腫というものが見つかって要経過観察。名前の見た目はヤバそうだが、ネットで調べた限りでは細い血管が絡まってできる良性の腫瘍のようなもので、発生原因も不明なら、コレといった治療法もないらしく、経過観察して巨大になったら手術も検討するか?程度のモノらしい。
 血液検査の結果はいわゆる悪玉コレステロール(LEDコレステロール)のみギリギリ基準値を超えたが、それ以外はすべて基準値内。まぁ、基準値内とはいえ、基準値ギリギリで収まった、ってカンジ。
 血圧も病院での測定にしては珍しく、正常値で収まった。まぁ、3回も測ればそんなモンか(しかも3回目はすべての検査が終わって緊張感が無くなった頃だし)。
 個人的にショックだったのは、体力測定で片足立ちが18秒だった事。おじいちゃんか!
 あと、上半身の筋肉バランスが正常値なのに下半身の筋肉バランスが悪い、と診断されたのも地味にショック。脚の筋肉には自信があったが、今通っているジムは下半身を鍛えるトレーニング機器がほとんど無くて。
 これからはスクワットでも始めるかな?

9月14日 2020年冬公開だったはずの劇場版が、「鋭意制作中」と表示されるのは切なかった

 今日は誕生日。43歳になりました。
 正直、あまり感慨は無い。コレが45歳だったら感慨はあると思う。アラフィフになるわけだし。
 42歳から43歳はあんまり劇的な変化とは言えないよね。
 ちなみに今日は独りで映画を見に行った。2本ハシゴして見て、誕生日なのでよく洋服を買う店からもらった割引券を消費するために、ネクタイを購入。
 最近は出張する機会もあんまり無いんだけど。せっかく買ったネクタイを締めるのはいつの事だか。
 夕方に帰宅して、晩飯食った後にこの雑記を書いているが、夜はNHK-BSで放送の「全プリキュア大投票」を見る予定。
 そんな43歳。 (´・ω・`)

 映画の方は「記憶にございません!」はやや期待ハズレ。もっとガッツリコメディーなのを期待してたんだが。
 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は良かった。上映中、すすり泣く音が聞こえていたが、オレも何度か涙が出たわ。
 ストーリーもだが、映像の美しさがなぁ。ある意味で京アニの到達点みたいな映画で、改めてあの事件が無ければ、と思わざるを得ない。
 エンドクレジットが流れている間はもちろん、場内が明るくなるまで誰も出ていかなかったあたりも、見に来ていた観客の気持ちはひとつだったのかなぁ、という印象。
 映画自体はTVシリーズの外伝なので、初見だとハードルは高いと思うのだが、見に行ける方は見に行ってほしい。